HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



3700年前に飛来した隕石の空中爆発で中東の一部が吹き飛んだ可能性



1:名無しさん:2018/12/05(水) 20:58:52.00 ID:CAP_USER9.net
3700年前に飛来した隕石(もしくは彗星)の空中爆発で中東の一部が吹き飛んでいた可能性(ヨルダン)

今から3700年ほど前、中東上空に飛来した隕石、もしくは彗星が、死海北部にあるミドルゴール(Middle Ghor)という地域を吹き飛ばしていた可能性があるそうだ。
 
その驚異的な衝撃波はミドルゴールを吹き飛ばし、熱を持った死海の海水が流れ出し土壌が荒廃していったという。

そうした破壊された都市の1つが、ヨルダンの古代都市トール・エル・ハマムである。

そのときの様子について、米国オリエント学会(American Schools of Oriental Research)に提出された論文には次のように説明されている。

「衝撃波で死海北部の500km2にあった都市や町の100パーセントが一瞬で吹き飛んだだけでなく、かつては農業に適した土壌までも剥ぎ取り、凄まじい熱で熱せられた死海の無水塩入りの海水がミドルゴールに浴びせられた」

「考古学的証拠によれば、土壌の荒廃と汚染から十分に回復し、ミドルゴール東部に再び文明が発生するようになるまでには、少なくとも600年はかかった」

考古学者が証拠として挙げるものの1つが、トール・エル・ハマムで発掘された見た目が異常な3700年前の陶器だ。

その表面がガラス化していたのだ。さらに陶器に含まれていたジルコンがガス化していることも判明した。これが生じるには4000度以上もの高温が必要になる。
 
だが、凄まじい熱量でありながら、その高温は陶器全体を燃やし尽くすほどは長引いておらず、陶器表面の下のほうは比較的無傷なままだった。

トール・エル・ハマム発掘プロジェクトの考古学者フィリップ・シルビア(Phillip Silvia)氏によると、こうした異常な破壊が起きうる自然現象は、隕石による空中爆発よりないという。

1908年のシベリアで発生したツングースカ大爆発など、こうした爆発は地球上でときおり生じている。

周辺地域の発掘調査からは、3700年前に生命が突然消失したらしいことも示唆されている。

現時点で付近からクレーターは発見されていない。またその原因が隕石だったのか、彗星だったのかもはっきりとしない。

だが500km2しか吹き飛んでいないということは、空中爆発の高度は低く、おそらくは地上から1km未満で生じたものだという。

比較してみると、たとえばツングースカ大爆発の場合は高度5~10kmで隕石が爆発したと考えられており、2150km2の範囲にわたって甚大な被害が出ている。

なお、こうした発見は予備的な調査によるもので、研究は現在も進行中である。

http://karapaia.com/archives/52268214.html


4:名無しさん:2018/12/05(水) 20:59:56.13 ID:mTuAosxM0.net
その破片が今の石油である
6:名無しさん:2018/12/05(水) 21:00:28.21 ID:ViUYwbRS0.net
ソドムとゴモラだろ
102:名無しさん:2018/12/05(水) 22:46:07.25 ID:/SWUj0yk0.net
>>6
これだな
13:名無しさん:2018/12/05(水) 21:03:46.76 ID:9Tp/1kOL0.net
旧約聖書のソドムとゴモラは実在したのか
災害の被害者をボロ糞にディスるユダヤ人www
12:名無しさん:2018/12/05(水) 21:03:23.45 ID:oI6FCG120.net
(-_-;)y-~
マクレーンを呼べ!
14:名無しさん:2018/12/05(水) 21:03:59.58 ID:UVvrHZ760.net
今爆破すりゃー世界平和になりそう
あと特定アジア
15:名無しさん:2018/12/05(水) 21:04:29.83 ID:4UE8TFyo0.net
ああ、確かにこうした遺物は過去にも発見され
古代に核戦争があった
何て言っている連中も存在するが
隕石の落下であれば、十分にありえるな

空中爆発のために大規模なクレーターが残らなかった
そういうことも考えられる。

死海のほとりで一瞬で滅んだ都市となれば、ソドムとゴモラが当然
連想されるな
この惨劇の記憶から出来た伝承ってのはあり得る話だ
18:名無しさん:2018/12/05(水) 21:06:51.06 ID:bR0uQPUD0.net
>>15
解説乙。
面白いなぁ
128:名無しさん:2018/12/06(木) 04:20:20.68 ID:ss9PaHo50.net
>>15
空中でどうやって爆発するのさ
136:名無しさん:2018/12/06(木) 08:55:47.50 ID:USFacD7o0.net
>>128
大気圏に突入した最の熱で隕石が熱膨張を起こし爆発するのよ
隕石の組成によってはこうした事が起こる

まあ、詳細はググってくれた方が早いからそうしてよ
138:名無しさん:2018/12/06(木) 09:30:07.59 ID:VTk1AFT90.net
>>128
チェリャビンスクの隕石と同じ様なものじゃないの。
あれだって上空30000m以上で発生したから、あの程度の被害ですんだけど、
1000mの高さで発生したらもっと悲惨な事になっていたかも。
130:名無しさん:2018/12/06(木) 04:23:47.09 ID:ss9PaHo50.net
>>15
超古代文明でコロニー落としが原因で滅んだって可能性だってあるはずだ
17:名無しさん:2018/12/05(水) 21:05:23.45 ID:j22IBqoG0.net
ラーマヤーナではインドラの矢とも言ったがね
19:名無しさん:2018/12/05(水) 21:07:01.48 ID:9Tp/1kOL0.net
ツングースカ大爆発は人の住んでないシベリアで発生
地表の7割は海洋なので都市の上空で大爆発とか運が悪過ぎる
23:名無しさん:2018/12/05(水) 21:08:35.29 ID:2oRgwX3F0.net
隕石か彗星か知らないけどさ

下手くそとだけ言っておくわ
27:名無しさん:2018/12/05(水) 21:09:12.32 ID:7PkyEccPO.net
大洪水に続いてソドムとゴモラも元ネタ判明か
神話って意外と史実に基づいているんだなぁ
62:名無しさん:2018/12/05(水) 21:31:46.61 ID:SQdwdMwb0.net
>>27
まったくゼロから話を作るのはなかなか難しいからね
世界中のほとんどの神話はもとネタになる事実があったと考えてもいいと思うよ
どういう風に事実が改編されているかを想像するのも面白いかと
29:名無しさん:2018/12/05(水) 21:10:07.98 ID:CLiOGOHZ0.net
ロマンがあるね
31:名無しさん:2018/12/05(水) 21:11:19.58 ID:eiEyTDd00.net
ソースがカラパイアなのがちょっと、、、な記事だな
33:名無しさん:2018/12/05(水) 21:13:13.75 ID:GoHpg08W0.net
>>1

どうかな。

もし事実なら、近くにあった「古代エジプト王朝」に多大な影響があったはず。
果たして、その記録が残っているのか?
44:名無しさん:2018/12/05(水) 21:19:39.40 ID:h8UEVjeu0.net
>>33
古代エジプト文明の謎として時代が下るにつれ技術などが進化ではなく
退化しているというのがあるから関係してるかもしれんね
51:名無しさん:2018/12/05(水) 21:25:37.09 ID:3WM7vrWg0.net
>>44
単純に国力や民度が下がれば技術の継承が蔑ろにされていくのはよくあること
49:名無しさん:2018/12/05(水) 21:24:48.89 ID:GoHpg08W0.net
>>44

まあ、

古代エジプト文字(ヒエログリフ)は、解読されてるからな。
遺跡に掘られてるそれらの文字から、古代エジプト王朝の実態はかなり詳細に把握されてる。

しかし、破天荒な天変地異が起きていたなら、その記録も必ず残ってるだろう。
35:名無しさん:2018/12/05(水) 21:15:04.71 ID:1/FIMvO/0.net
もしもこの隕石が宇宙人の仕業であったなら、古代に宇宙人が地球に来訪していた証拠となるであろう
40:名無しさん:2018/12/05(水) 21:17:55.42 ID:fMd3gj0F0.net
明日みんなに話して大丈夫?
42:名無しさん:2018/12/05(水) 21:19:33.04 ID:kkci93JK0.net
これ、モヘンジョダロ遺跡もそうじゃね?
ガラス化って全く同じ
古代核戦争説の所だよ
45:名無しさん:2018/12/05(水) 21:19:53.45 ID:9Tp/1kOL0.net
7300年前に発生した鬼界カルデラの大噴火の記録は残ってない
南九州の縄文人は何が起きてるのか分からないうちに全滅してしまった
55:名無しさん:2018/12/05(水) 21:29:03.42 ID:/SrbCmM60.net
何年か前にあったロシアのやつだな。
大きな光が空を横切ってガラス割りまくっただけだったけど、
運が悪けりゃ全員蒸発か。
61:名無しさん:2018/12/05(水) 21:31:26.96 ID:uG7QkZnd0.net
しかしまあ確定されたわけではないから、まだまだ仮説の段階だよ
だから、一部が吹き飛んでいた「可能性あり」って言ってるだろ

全て学説は仮説だから
いきなり信じるもんじゃないよ

多少とも学問やった人間なら
すぐ分かるだろうけど
65:名無しさん:2018/12/05(水) 21:32:43.30 ID:BabAEpyo0.net
創世記は一応読む価値あると思う。
80:名無しさん:2018/12/05(水) 21:47:56.16 ID:4UE8TFyo0.net
極端な話
人類の99%が死滅したとしても、六千万の人類が地球に生き残っているわけであり
人類ほどの大型の種としては充分な数が残されているわけだ
逆に言えば、現在の人類の数は、それだけ異常なのよ
それが生態系に影響を与えるのは当然
正常化のためには、上記のような人類の九割以上が死ぬしかないが
そんなことは誰も受け入れないな
116:名無しさん:2018/12/06(木) 01:24:35.46 ID:iq8fQLff0.net
3700年まえじゃ
事実だったとしても記録にも残らないだろうな
124:名無しさん:2018/12/06(木) 02:24:02.03 ID:ah3ZBsS60.net
>>116
口伝なら残るだろ

天の岩戸の神話だってあれも5千年前に起きた火山の爆発と火山灰が空を覆った話じゃないかと言われてる
21:名無しさん:2018/12/05(水) 21:08:08.55 ID:Tg48tMY20.net
すげぇ

真実は小説より奇なりとはこの事だな

3700年前に飛来した隕石の空中爆発で中東の一部が吹き飛んだ可能性
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1544011132
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する