HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



日本に戦車が登場してから100年、世界有数の「原産国」に至るまで



1:名無しさん:2018/10/19(金) 16:09:02.79 ID:CAP_USER.net
日本の戦車100年 始まりは神戸のマークIV、そこから世界有数の「原産国」に至るまで

■今年は日本に戦車が現れて100周年!

2018年10月17日、日本に初めて戦車がやってきてちょうど100周年を迎えました。100年前のこの日、イギリスより輸入されたマークIV戦車が、神戸に到着したのです。

初めて登場したのは1916(大正5)年9月15日、第一次世界大戦におけるイギリス、フランスの連合国軍とドイツ軍による「ソンムの戦い」でのことでした。

この新兵器は各国に衝撃を与えましたが、当然、日本陸軍(当時)も注目し、わずか1年後の1917(大正6)年には早くも戦車の購入に動き出します。そして調査委員として技術仕官を派遣したのですが、この時はまだヨーロッパでは第一次世界大戦が続いており、継戦状態のイギリスで新兵器「TANK」の調査を始めたのです(第一次世界大戦の休戦は1918年11月11日)。

そして早い段階でイギリス側に対して購入を打診しました。当初、日本は最新のマークV戦車を購入しようとしましたが、戦争中だったこともあり最新型は自国軍で必要とされたため譲ってもらえず、日本に対しては一つ前のタイプであるマークIV戦車が引き渡されました。

それでも日本にとってはようやく手に入れた最新兵器であり、教官役のイギリス人将兵5名(少佐1名、兵士4名)と共に貨物船で日本に向けて運ばれたのです。

こうして長い船旅を経てイギリスから日本に運ばれたマークIV戦車は、前述のように1918(大正7)年10月17日に神戸へ到着、ここで内航船に積み替えられて1週間後の10月24日に横浜へ届けられました。そして横浜港で陸揚げされると、鉄道に載せられて新橋(汐留)まで運ばれ、汐留からは信濃町までイギリス人将兵の操縦で夜間に自走して移動し、青山練兵場などで皇族や高級軍人たちにお披露目となったのです。

■自動車も普及していないのに戦車開発を決断

当時、日本はまだ自動車ですら黎明期でした。日本には1890年代末に自動車が入ってきたものの、当時は超贅沢品で1915(大正4)年の国内の自動車保有台数はわずか897台(日本帝国統計年鑑より)でした。

自動車工場も1907(明治40)年に東京で初めてできたものの、技術的には欧米の模倣がほとんどで、軍用自動車としても大阪砲兵工廠(当時)が細々と作っていただけだったのです。そのため日本陸軍が当初、導入/配備すると決めた戦車を輸入で賄おうと考えたのは致し方なかったといえるでしょう。

そこで陸軍は欧米の戦車メーカーと交渉を進めたのですが、本格的に戦車を開発生産していたのはイギリスとフランスしかなく、前者は自国軍向けの戦車供給で手一杯で日本向けのぶんまで生産する余力はないと断られ、後者は大戦中に生産した中古の戦車が大量に残っているので新規に生産する雰囲気ではありませんでした。なおフランスからは大戦型戦車(ルノーFT)であれば喜んで引き渡すといわれたそうですが、技術革新すなわち性能向上が著しい新兵器である戦車の場合、大戦型戦車(この場合、第一次世界大戦期の戦車のこと)では日本で運用を始めた途端に陳腐化し旧式化することは間違いなく、これらを鑑みて陸軍は戦車の国産開発を決断したのです。

こうして日本で国産戦車の開発がスタートしました。とはいえ、軍用自動車を製作していたのは前述した大阪砲兵工廠のみだったため、おのずと戦車開発もそこになりました。それでも初めてながら1925(大正14)年6月に設計に着手し、1927(昭和2)年2月にほぼ完成という、設計着手より完成までわずか1年9ヶ月という短期間で独自に戦車を作り上げたのですから凄いといえるでしょう。

完成した本車は「試製一号戦車」と名付けられ、3か月後の6月下旬に富士山の麓の御殿場で走行試験を行いましたが、問題なく動き、走行、射撃ともに陸軍の要求を満たしました。

この成功で、本格的に国産戦車にゴーサインが出たことにより、その後八九式軽戦車(後に中戦車に区分変更)や九七式中戦車などにステップアップしていったのです。



100年前、日本に初めて登場したマークIV戦車。日本が導入したのは機関銃装備型の「雌型」で、大砲は積んでいなかった











https://trafficnews.jp/post/81764


4:名無しさん:2018/10/19(金) 16:44:47.36 ID:2Xo6F1Ae.net
あのね
その百年の内
世界標準に追いついたのは
90式になってからだぞ
47:名無しさん:2018/10/19(金) 23:33:35.56 ID:NGNfYIWT.net
>>4
チハタンだって世界水準には追いついてたぞ、登場したばかりの時は。
日本戦車はその後は大戦中ろくすっぽ進化しなかっただけで。
5:名無しさん:2018/10/19(金) 16:49:19.49 ID:bDh/tiMn.net
太平洋戦争ではブリキの棺桶
15:名無しさん:2018/10/19(金) 18:40:38.80 ID:ja196/Sb.net
>>5
確か機関銃で撃たれただけで装甲のリベットが内部を跳ね回り乗員が死ぬとか聞いたな
45:名無しさん:2018/10/19(金) 23:18:12.03 ID:0gNtMz+p.net
>>15
因みに日本戦車のリベットの先端は
銃弾を弾き飛ばす跳弾効果をねらった円錐状に成型されている
16:名無しさん:2018/10/19(金) 19:12:52.51 ID:1VgolrYh.net
>>15
実際はどうだったのだろうね?

飛行機は搭乗員が書いた戦記物が一杯あるけれど、戦車は戦車兵が残した実情の戦記は見かけない
34:名無しさん:2018/10/19(金) 21:09:15.61 ID:HDcCU+Lm.net
>>16
鉄の棺桶の中の人がどうなったか、わかるだろ
18:名無しさん:2018/10/19(金) 19:36:18.02 ID:f8/LNF/d.net
>>16
防衛研究所には当時の戦車兵のクレーム集が残ってるらしい
ライフル弾が隙間から破片になって入ってきて負傷者が出たとか
22:名無しさん:2018/10/19(金) 19:55:01.80 ID:KuP/+h0w.net
>>16
日本では、戦車は完璧に秘密兵器。
戦後になってからでも、戦記とかにも秘密。

戦記で、遊撃軍というような名前で移動速度が
早いものは、戦車集団のことだ。読者各自で
かってに想像するように。マレー半島の銀輪部隊
という名前で、自転車部隊のことも戦車集団のことだ。

日本の戦車は戦後しばらく長い間は、写真すら
出版されなかった。
28:名無しさん:2018/10/19(金) 20:20:06.02 ID:1VgolrYh.net
>>22
> 日本では、戦車は完璧に秘密兵器。



普通に見せていたと思うけれど?
29:名無しさん:2018/10/19(金) 20:31:06.56 ID:KuP/+h0w.net
>>28
スゲー、数の戦車だな  それは、勝つわ
おれなんか、そういうフィルム見たの初めてだ

インパール作戦で、動物の象に乗って進軍する
写真はよく知ってるけどな。これもフェイクだったようだ
31:名無しさん:2018/10/19(金) 20:34:42.25 ID:1VgolrYh.net
>>29
インパール作戦って大半は山岳戦だったからなァ
牛や馬も程なく脱落した見たいだね
39:名無しさん:2018/10/19(金) 21:39:28.35 ID:3SYMMvjf.net
>>31
インパール作戦は、英本国から飛来したスピットファイア戦闘機部隊による
空からのロケット弾と8門の7.7mm機銃だよ。これで、日本軍は
地獄の戦場、インパールになったわけだ

欧州でも、空からの攻撃で簡単に撃破されまくった

6:名無しさん:2018/10/19(金) 16:51:34.40 ID:BFfZ+v2e.net
いや殺人専用の道具だぞ
めでたいことのように言うな
8:名無しさん:2018/10/19(金) 17:14:32.63 ID:gAAYReDt.net
>>6
戦車は、対人目的の兵器じゃないぞ
対人用兵器というのは、小銃や機関銃、毒ガスや火炎放射器
9:名無しさん:2018/10/19(金) 17:34:11.61 ID:Fb6x5XQ9.net
港湾の、陸揚げ設備(クレーンとか)の重量制限で、日本の戦車は・・・
軽量装甲車輛しか 作れなったとか
日本国内の道路の地下の上下水他ライフラインが マークⅣ移送中の重量に耐えられるか 一発勝負の移送だったり
作っても国内で使えない陸揚げ出来ないとか技師たちを鍛え、作った後のインフラ含め、様々な分野の基礎工業力を底上げした 教材だね

歴史に埋もれているが、様々な基礎を学んだ 一品ですね
14:名無しさん:2018/10/19(金) 18:23:22.38 ID:1VgolrYh.net
>>9
ばらして陸揚げした後に組み立てるって発想はなかったのかな?
17:名無しさん:2018/10/19(金) 19:29:41.74 ID:Fb6x5XQ9.net
>>14
豆タンク 3~6t
九七式中戦車チハ 15t
マウス 188t
ティーガーⅡ 70t
マークⅣ 28t
M4シャーマン 30t

近代戦の朝鮮戦争の事は詳しくは知らないけど、その頃でも、40tの現地改修のスーパーパーシングは不動の野砲、移動できるインフラが無くて戦車戦は、あったの?です
むかし、web図書館でチハの荷揚げ出来る港湾設備を調べた時に知りましが(たぶん小学館発行)、当時は荷揚げ設備の重量制限して設計したそうです

輸送、物流面からの視点だけど 戦争だから、組み立てたら使える兵器より 今からから使える兵器なんでは?

そして・・・物流面から見た 当時のアジアの荷揚げ能力が低いのは、日本以外が植民地で機械より激安の奴隷だったからか?
現地労働者が組み立てることができる、教育や基礎工業力も無かったかもですね
25:名無しさん:2018/10/19(金) 20:15:24.53 ID:1VgolrYh.net
>>17
> 輸送、物流面からの視点だけど 戦争だから、組み立てたら使える兵器より 今からから使える兵器なんでは?

米軍は製造した航空機をバラして箱詰めし、欧州戦線に送って組み立てていたヨ
10:名無しさん:2018/10/19(金) 17:45:51.35 ID:Gnhqse+P.net
で実践での評価は?
ディスプレイ用で何台作ったの?
12:名無しさん:2018/10/19(金) 17:57:38.47 ID:Fb6x5XQ9.net
>>10
中国と朝鮮とアジアでの港湾設備が貧弱で、重量優先で豆タンク量産運用が効率的だと 落ち着いたんじゃね?

重戦車開発しても、荷卸しできる港が殆どないから、現地生産する なんてアホだし

マークⅣは、アジアの貧相な所では運用できず 結局 クズ鉄で 消えたんじゃね?
20:名無しさん:2018/10/19(金) 19:45:30.63 ID:YdJQkShv.net
ガルパンおじさん達が来るぞ
32:名無しさん:2018/10/19(金) 20:45:48.26 ID:sYdIemOW.net
戦車が活躍する物語造りたいからって、国内に司馬遼太郎元戦車乗りがいるのに、
わざわざドイツのオットー・カリウスに戦車乗りの体験談聞きに行ったのが左翼ミリオタ宮崎駿。
38:名無しさん:2018/10/19(金) 21:39:27.63 ID:t01kNRCm.net
>>32
宮崎駿は、ミリオタこじらせて左に行ったんだよね。日本軍の戦車何ぞ描く気は全く無い。中島飛行機の末裔スバルも大嫌い。
35:名無しさん:2018/10/19(金) 21:18:49.04 ID:1VgolrYh.net
陸軍の予算の4割程は戦車だったんだよなァ
それであの体たらくって何なの?って思うゾ
特に対戦の後期になると、なんら活躍することはなかった
予算をパンツアーファウスト的な対戦車兵器につぎ込んだら遥かに有用だった
36:名無しさん:2018/10/19(金) 21:26:30.90 ID:z+pmgkSP.net
>>35
うむ。日本軍こそパンツァーファウスト系を開発して大量生産すべきだったな。
勇敢な日本兵に一番向いてる兵器かも知れん。
83:名無しさん:2018/10/20(土) 17:23:18.24 ID:1L5gxFQA.net
>>35
でも肝心の和製パンツァーファウストは
本家のドイツ製と比較して
発射できない可能性大だわ
傾斜してると不発するわ
命中率はクソでどれだけ活躍できたか怪しいものだ

そもそもパンツァーファウストやバズーカ系統の武器は
ドイツ側からの技術提供が遅すぎて、戦車の予算回しても間に合わないし
現物がないからコピーという近道もできない。
41:名無しさん:2018/10/19(金) 21:57:38.98 ID:7J0u3tzd.net
有数の原産国とかw

戦って性能を証明出来ない
高価なオモチャの間違いやろ…
51:名無しさん:2018/10/20(土) 04:44:01.22 ID:CYNE0gVW.net
>>41
オモチャで済んでるならいいじゃないか
お前さんは戦車が獅子奮迅の活躍する大戦争を望んでるのかな?
50:名無しさん:2018/10/20(土) 04:11:59.05 ID:UXAZEg31.net
10式戦車より90式が好き
59:名無しさん:2018/10/20(土) 10:18:07.45 ID:L4//zhko.net
>>50
90式は近代化改修しろよ
61:名無しさん:2018/10/20(土) 10:42:45.04 ID:XpJWhWOC.net
>>59
そんな予算余裕がない
なによりも、90式は日本の防衛&PKFに必要性が少ない兵器
90式の改修よりも、16式の軽量小型化の方が必要
53:名無しさん:2018/10/20(土) 06:16:45.23 ID:S9VZI9Vl.net
主戦場が、日本より兵器で劣る中国で、南方の方は戦車が使えないジャングルじゃ
戦車なんて無くてもなんとかなったんやなかろうか
66:名無しさん:2018/10/20(土) 11:29:34.64 ID:QUAPp040.net
>>53
それが沖縄戦の肉弾攻撃・・・
他に歩兵による対戦車戦法が・・・
野砲に頼るしか・・・
57:名無しさん:2018/10/20(土) 10:04:16.45 ID:Tq72rf5B.net
まともな国産ガソリンエンジン作れなかったのでディーゼルエンジン使ってたのは軍事機密です
(ガソリンエンジンだとガソリン漏れてエンジンかけると爆発炎上するから)
58:名無しさん:2018/10/20(土) 10:11:18.95 ID:a5HJetI9.net
>>57
普通、戦車のエンジンはディーゼルなのでは?
60:名無しさん:2018/10/20(土) 10:24:08.66 ID:KgfwSVEh.net
第2次大戦期だと、ソビエトがノモンハン戦以後、ディーゼル化。
アメリカとドイツはガソリンだったと思う。
ディーゼルの取り柄は燃費と対火災耐性。高圧燃料ポンプが大変で、別に技術的に易しくはないよね。
日本は、シール材の工業が特に未熟だったと言う事かなあ?
航空エンジンでも柿シブを染み込ませた紙だか布だかをシール材にしていた話があった気がする。
63:名無しさん:2018/10/20(土) 11:09:53.41 ID:SCjjjQlJ.net
国内防衛なら自走砲のほうが使い勝手がいいし安い
78:名無しさん:2018/10/20(土) 15:54:18.70 ID:SCjjjQlJ.net
>>63
自走砲じゃなくてC-2輸送機に搭載可能なタイヤ8輪の16式機動戦闘車 だった
68:名無しさん:2018/10/20(土) 11:56:02.10 ID:XpJWhWOC.net
>>63
自走砲は、動かない目標の攻撃には良いけど、動く目標の攻撃は不向き
敵戦車群と戦うには、戦車がないと厳しい
航空優性が有れば、上から叩けば良いけど、
相手が戦車を出す=こちらの航空優性はない、状態ですからね
79:名無しさん:2018/10/20(土) 15:56:12.26 ID:znQjIlOW.net
実際戦争になったら10式で対応できるんだろうか
64:名無しさん:2018/10/20(土) 11:15:37.23 ID:PKOQKwJb.net
軍事費なんて削って年金増やせよ。いざとなったら国民全員に拳銃くばれ

日本に戦車が登場してから100年、世界有数の「原産国」に至るまで
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1539932942
関連記事

おすすめ記事

コメント

12635

1980年頃に宮崎、大塚コンビを招いた雑誌企画の居酒屋座談会で74式戦車に話題が及び
「日本の軍事ドクトリンに合致した待ち伏せ狙い撃ち専門戦車」
「あれが2億数千万円で買えるなら猛烈に安い」
と大絶賛
「ようやく日本もあのレベルの戦車を生産配備できるようになったのか」
と感慨深げに語っていた

2018/10/21 (Sun) 09:15 |   #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する