HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



今まで読んだ本の印象に残っている一文を書いていくスレ



1:名無しさん:2018/10/12(金)22:20:26 L9V
「君はルートだよ。どんな数字でも嫌がらず自分の中にかくまってやる、実に寛大な記号、ルートだ」

小川洋子『博士の愛した数式』
2:名無しさん:2018/10/12(金)22:23:21 L9V
ある時は部屋全体が巨大なる万華鏡です。からくり仕掛けで、カタリカタリと廻る、数十尺の鏡の三角筒の中に、花屋の店をからにして集めてきた、
千紫万紅が、阿片の夢のように、花弁一枚の大きさが畳一枚にも映ってそれが何千何万となく、五色の虹となり、極地のオーロラとなって、見る者の世界を覆いつくす。

江戸川乱歩「鏡地獄」
4:名無しさん:2018/10/12(金)22:27:00 DrQ
>>2
いいね~
3:名無しさん:2018/10/12(金)22:26:15 L9V
「でもね、スペースシャトルが打ち上げられるフロリダの抜けるような青い空って、絶対、私に似合うと思うんだ。この点だけは、私は誰にも負けないと思うんだ。
私なら、フロリダの抜けるような青い空の下を、笑いながら発射台に向かって歩いてみせる」

向井万起男『君について行こう 女房は宇宙を目指す(上)』

補足:宇宙飛行士の向井千秋さんが旦那さんに言った言葉(ノンフィクション)
65:名無しさん:2018/10/12(金)23:38:50 kha
>>3
好き
5:名無しさん:2018/10/12(金)22:28:29 h8c
各人の魂のどん底には、彼を英雄たらしめる高貴な火花が潜んでいるが、その火花は華々しく燃えることに疲れ易い──ただ運命的な瞬間のくる場合だけ、それは焔となって燃えあがり、偉大なる行為を照らすのである。

トルストイ「セヴァストーポリ」
48:名無しさん:2018/10/12(金)23:25:44 Vlc
>>5
トルストイさすがな文ですね~
6:名無しさん:2018/10/12(金)22:29:31 L9V
「空っぽの寝台で生涯を送る男は、想像力のなかでしか生きられない」

『幻想図書館』 寺山修司
7:名無しさん:2018/10/12(金)22:30:44 h8c
人間が人間として完成しない限り、人間になるには今後もなお英雄的な心が必要だろうから。

フチーク「絞首台からのレポート」
8:名無しさん:2018/10/12(金)22:32:28 L9V
その人のことをだれも話さない、それに、だれにも話しかけてももらえない、なんてひとがいたら、そのひと、だんだん消えてってしまうに違いないぞ。
だって、自分がいるって、信じられなくなってしまうもの。

『ムーミンパパ海に行く』
9:名無しさん:2018/10/12(金)22:35:13 L9V
“知り合いがわんさといたって、友だちはひとりもいない”ってことは、ありうるんだよ。

『ムーミン谷の仲間たち』
10:名無しさん:2018/10/12(金)22:35:15 kF1
信じるに値しないことを信じる、それだけが本当の意味で、信じるっていうことなんだとぼくは思う

『エンジェル・ハウリング』
55:名無しさん:2018/10/12(金)23:33:17 Vlc
>>10
信念の少年や!
11:名無しさん:2018/10/12(金)22:38:19 L9V
私は、友が無くては耐へられぬのです。
しかし、私には、ありません。
この貧しい詩を、これを、読んでくださる方の胸へ捧げます。
そして、私を、あなたの友にしてください。

八木重吉『秋の瞳』

詩集の最初のページに書いてある言葉や
52:名無しさん:2018/10/12(金)23:29:11 Vlc
>>11
八木重吉 信頼できそうな人やね
57:名無しさん:2018/10/12(金)23:33:47 L9V
>>52
29歳の若さで病死した詩人やな
この人の詩は素朴でどこか寂しくて好きやわ
62:名無しさん:2018/10/12(金)23:36:19 Vlc
>>57
そんなに若くして…神がそばにおきたかったんやな
64:名無しさん:2018/10/12(金)23:38:28 L9V
>>62
八木重吉の詩は一部が青空文庫で読めるのでぜひ

自分語りやけどワイが家出して親元から離れた時にこの二冊だけ持っていったわ
12:名無しさん:2018/10/12(金)22:39:42 6aC
そうか、そうか、つまり君はそんなやつなんだな

ヘルマン・ヘッセ『少年の日の思い出』
13:名無しさん:2018/10/12(金)22:40:38 G0G
風立ちぬ、いざ生きめやも

堀辰雄『風立ちぬ』
14:名無しさん:2018/10/12(金)22:41:54 Vlc
秋は来ぬ紅葉はやどにふりしきぬ
道ふみわけてとふ人はなし

古今和歌集や
15:名無しさん:2018/10/12(金)22:43:00 L9V
>>14
古今和歌集が出てくるとは思わなかったわ
でもいい一文を教えてくれてサンガツ
16:名無しさん:2018/10/12(金)22:45:14 L9V
何の権利があって…そう思いました。
何の権利があって、俺を除け者にするんだ、と。
いったいどういう権限があって、他人の大切なものには何の価値もないと鼻で笑えてしまえるんだと。自分が持っているものだけが美しく、そして価値があるのであって、それはおまえなんかには一生手に入らないものなんだ、と馬鹿にできるのか。

西澤保彦『彼女が死んだ夜』
17:名無しさん:2018/10/12(金)22:47:19 G0G
花よ美しいものたちよ
なぜいつもおまえたちのそばに死があるのか

星野富弘
21:名無しさん:2018/10/12(金)22:48:44 L9V
自分の人生を他人に干渉してもらいたい。
それが、愛されたい、という言葉の意味ではありませんか?

森博嗣『すべてがFになる』
22:名無しさん:2018/10/12(金)22:50:48 L9V
憎しみで生きている人間にとって死ぬことなどこわいことではないのじゃ
生きる気力をなくしたまま生きることにくらべればな

いがらしみきお『ぼのぼの』
23:名無しさん:2018/10/12(金)22:51:33 6nF
手は人を殴る為でなく手を繋ぐため
その口は人を差別するためでなく
人と愛を語るため

白正男「テコンダー朴」
24:名無しさん:2018/10/12(金)22:53:01 Vlc
あの夏の終わり 今でもはっきりと思い出せる公園での日々
子猫とぼくは
たしかに
家族だったのです

ふたりのねこ ヒグチユウコ
25:名無しさん:2018/10/12(金)22:54:17 L9V
自分で在れ
自分だけで在れ
それによって
孤独を背負わされようともじゃ

スナドリよ
『ふり』などやめろ

自分以外のものを受け入れようとすれば
すべて『ふり』になる

いがらしみきお『ぼのぼの』
26:名無しさん:2018/10/12(金)22:58:11 L9V
ああほんとうにどこまでもどこまでも
僕といっしょに行く人はないだろうか

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』
27:名無しさん:2018/10/12(金)22:59:17 L9V
「期待して、人生に助平になってると、ガツーンて一発夢を壊されて、恥ずかしい状態になってしまう。」

漫画家のみぎわパンの言葉
28:名無しさん:2018/10/12(金)22:59:28 6nF
柔道の基本は受身
受身とは投げ飛ばされる練習
人の前で叩きつけられる練習
人の前でころぶ練習
人の前で負ける練習です。

相田みつを「作品集」
29:名無しさん:2018/10/12(金)23:00:41 vMd
全世界がひとつの舞台
そして人間はみな役者にほかならぬ

W・シェイクスピア 『お気に召すまま』
153:名無しさん:2018/10/13(土)00:51:10 WXu
>>29
ええなあ 名言やね
30:名無しさん:2018/10/12(金)23:01:47 iVV
文章記憶してるとか凄ヨ
31:名無しさん:2018/10/12(金)23:02:32 L9V
>>30
実はメモしてまとめてるんや……
157:名無しさん:2018/10/13(土)00:57:55 PlB
>>31
俺もメモアプリにタグ付けてまとめてるわ
あとで見返した時と書いてる時と受け取り方が変わったりしていいよね
35:名無しさん:2018/10/12(金)23:04:00 MlE
だからこそ我々は、前へ前へと進み続けるのだ
流れに立ち向かうボートのように、絶え間なく過去に押し戻されながらも

華麗なるギャツビー
40:名無しさん:2018/10/12(金)23:09:03 2o7
余談のようになりますが、私はいつだか藤村と云う人の夜明け前と云う作品を、
眠られない夜に朝までかかって全部読み尽し、そうしたら眠くなってきましたので、
その部厚の本を枕元に投げ出し、うとうと眠りましたら、夢を見ました。
それが、ちっとも、何にも、ぜんぜん、その作品と関係の無い夢でした。
あとで聞いたら、その人が、その作品の完成のために十年間かかったと云うことでした。

太宰治「小説の面白さ」
54:名無しさん:2018/10/12(金)23:31:53 Vlc
>>40
太宰くん おとぼけやなあ
41:名無しさん:2018/10/12(金)23:11:48 L9V
空襲で炎に包まれる、なんてことは、皆で一緒に不幸になる式のことで、孤立にくらべれば、リクリエーションみたいな感じさえすることなんだ。

色川武大『うらおもて人生録』
45:名無しさん:2018/10/12(金)23:18:39 Vlc
>>41
この人はこんな哲学的なこと書く人なんか!
42:名無しさん:2018/10/12(金)23:13:09 Vlc
彼のお母さんは彼を怪獣といいました すると彼はお母さんに
「お前を食っちゃうぞ」と言い返しました
すると彼は夕飯ぬきでベッドにいくはめになりました

怪獣達のいるところ センダック
47:名無しさん:2018/10/12(金)23:25:43 L9V
それから、ナイチンゲールは最後にひと声高く歌いました。白い月がそれを聞いて、あかつきを忘れ、そのまま空でためらっていました。
赤いばらがそれを聞いて、うっとりと全身をうちふるわせ、花びらを冷たい朝の空気に向って開きました。

オスカー・ワイルド「ナイチンゲールとばらの花」
49:名無しさん:2018/10/12(金)23:27:43 Vlc
>>47
ワイルドいいね
56:名無しさん:2018/10/12(金)23:33:34 2o7
桜の樹の下には屍体が埋まっている!
これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。
俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。
しかしいま、やっとわかるときが来た。
桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。

梶井基次郎「桜の樹の下には」
58:名無しさん:2018/10/12(金)23:34:39 OO9
わたくしといふ現象は 仮定された有機交流電燈の 一つの青い照明です
宮沢賢治 春と修羅より
61:名無しさん:2018/10/12(金)23:36:08 tLB
>>58
ほんま天才やで
66:名無しさん:2018/10/12(金)23:38:58 Vlc
>>58
宮沢賢治すこ 憧れる
59:名無しさん:2018/10/12(金)23:34:39 L9V
孤独なカウボーイよ。どこまでもゆくがいい。おまえが、忠実なピアノでモーツァルトを奏でるとき、ミニョース川ののたうつ流れが伴奏してくれるだろう。そして、雲までものが、神々しい音色の三十二音符たりとも聞き逃すまいと、足音をしのばせて静かに空を渡ってゆくだろう。

ジャンニ・ロダーリ「ピアノ・ビルと消えたかかし」
63:名無しさん:2018/10/12(金)23:38:09 2o7
八 火花

彼は雨に濡れたまま、アスフアルトの上を踏んで行つた。雨は可也烈しかつた。彼は水沫の満ちた中にゴム引の外套の匂を感じた。
すると目の前の架空線が一本、紫いろの火花を発してゐた。彼は妙に感動した。彼の上着のポケツトは彼等の同人雑誌へ発表する彼の原稿を隠してゐた。彼は雨の中を歩きながら、もう一度後ろの架空線を見上げた。
架空線は不相変鋭い火花を放つてゐた。彼は人生を見渡しても、何も特に欲しいものはなかつた。が、この紫色の火花だけは、――凄まじい空中の火花だけは命と取り換へてもつかまへたかつた。

芥川龍之介「或阿呆の一生」
67:名無しさん:2018/10/12(金)23:40:40 vMd
これから、ぼくの知っている秘密を教えてあげるよ
とても簡単なことさ
心でみなければ、よく見えてこない
大切なものは目には見えないんだ

サン=テグジュペリ 『星の王子さま』
68:名無しさん:2018/10/12(金)23:40:58 L9V
僕は二十歳だった。それが人の一生で一番美しい年齢だなんて誰にも言わせない

ポール・ニザン『アデン・アラビア』
72:名無しさん:2018/10/12(金)23:43:10 PD1
メロスは激怒した
必ずかの邪知暴虐の王を除かねばならぬと
メロスには政治がわからぬ

メロスただのバカやん…
73:名無しさん:2018/10/12(金)23:43:24 kha
>>72
74:名無しさん:2018/10/12(金)23:43:26 nV5
ものうさと甘さとがつきまとって離れないこの見知らぬ感情に、
悲しみという重々しい、りっぱな名をつけようか、私は迷う。

サガン「悲しみよこんにちは」
76:名無しさん:2018/10/12(金)23:43:37 L9V
自分が頭が悪かろうが、面がまずかろうが、財産がなかろうが、それが自分なのだ。それは“絶対”なんだ。

岡本太郎
83:名無しさん:2018/10/12(金)23:46:56 L9V
白いボールを投げて打って走ってるのんきな連中と、人には見えるかもしれない。でもね、誰にだって好きなことはあるだろう。どうしてかは、わからない。だけど、アリスは野球が大好きなんだ。

北村薫『野球の国のアリス』

野球好きにはグッと来る
84:名無しさん:2018/10/12(金)23:47:08 vMd
神か…最初に罪を考え出したつまらん男さ

寺沢武一 『COBRA』
87:名無しさん:2018/10/12(金)23:48:29 L9V
イタリー人が給仕していないイタリヤン・レストラン、中国人が給仕していない中華料理店、で食事する味気なさは、たとえばイギリス人の給仕で、イギリス料理を食べるのに匹敵すると思うのですが

伊丹十三『ヨーロッパ退屈日記』
91:名無しさん:2018/10/12(金)23:50:13 WBL
>>87
ひでえw
94:名無しさん:2018/10/12(金)23:51:13 8fG
僕は本当は十年も前に始められたことを、今やり始めたのだ。
二十年も待たなかっただけ、少なくとも僕は幸せだよ。

パウロコエーリョ『アルケミスト』
96:名無しさん:2018/10/12(金)23:52:15 Vlc
>>94
映画になった?
99:名無しさん:2018/10/12(金)23:53:40 8fG
>>96
なったん?
しらんわすまん
ワイは小説は好きでアルケミストは何度も読んでる
112:名無しさん:2018/10/13(土)00:06:05 WXu
>>99
調べたら映画化決定らしいが完成はまだらしい
紆余曲折あったらしいから完成は?や
本読んでみたいわ
95:名無しさん:2018/10/12(金)23:51:38 L9V
ただかけっこだけするには、僕らの人生はあまりにも美しい

パク・ミンギュ『三美スーパースターズ最後のファンクラブ』
101:名無しさん:2018/10/12(金)23:56:40 L9V
「お日さん、お日さん。どうぞ私をあなたの所へ連れてって下さい。灼けて死んでもかまいません。私のようなみにくいからだでも灼けるときには小さなひかりを出すでしょう。どうか私を連れてって下さい」

宮沢賢治「よだかの星」
105:名無しさん:2018/10/12(金)23:58:03 nXH
人間のつくりあげたシステムに絶対という言葉ほど似合わぬものはない。
そこに問題が生じる。その欠点を利用し利益を得るものもいる。

佐藤大輔『チンパンジーがシェイクスピアをタイプする日』
109:名無しさん:2018/10/13(土)00:02:36 8JQ
酒飲みのワイの為の漢詩

月下独酌
花間一壼酒
獨酌無相親
舉杯邀明月
對影成三人
月既不解飮
影徒隨我身
暫伴月將影
行樂須及春
我歌月徘徊
我舞影零亂
醒時同交歡
醉後各分散
永結無情遊
相期遥雲漢


花を愛でながら一人酒を酌む
杯を挙げて名月を迎え影と共に3人となる
しかし月は酒を解しないし
影は我が身にならうだけだ
まぁ暫く月と影をともに春を楽しもう
私が歌えば月はただよい
私が舞えば影もゆらめく
醒める時は互いに交わい
酔える時は別れよう
無情の月と影と長く親しみ
天の川で再会しようと話すのだ
124:名無しさん:2018/10/13(土)00:12:09 WXu
>>109
ええなあ 漢詩は
135:名無しさん:2018/10/13(土)00:17:31 WXu
>>109
もしかして訳はニキ?
138:名無しさん:2018/10/13(土)00:20:13 8JQ
>>135
てきとうやけどそうやで
111:名無しさん:2018/10/13(土)00:04:05 m20
Q .もし無人島に何か一つ持っていくとしたら?
A.明日

自殺した小瀬浩之がオリックスのファンクラブ向けの冊子で書いてた
自殺する数ヶ月前のことや
あとID変わったけど>>1
132:名無しさん:2018/10/13(土)00:15:47 WXu
>>111
繊細な天才だったんやろな こんな答え凡人はでない
136:名無しさん:2018/10/13(土)00:17:43 m20
>>132
自殺した少しあとに読んで泣いてしまったわ
小瀬自身が持つべき明日を持っていないことを誰よりも知ってたんやないかな
それでこの答えが出てきたのかなって
ほんまに繊細な野球選手だった
120:名無しさん:2018/10/13(土)00:11:28 8JQ
人の人生というのは君が考えているよりずっと脆いものなんだ。だから人は悔いの残らないように人と接するべきなんだ。公平に、できることなら誠実に。そういう努力をしないで、人が死んで簡単に泣いて後悔したりするような人間を僕は好まない。
個人的に

村上春樹「ダンス.ダンス.ダンス」

一部から毛嫌いされてる村上春樹やけど文章は誠実で真っすぐですこ
125:名無しさん:2018/10/13(土)00:12:31 trr
>>120
文体はすこやけどハルキストきらい
128:名無しさん:2018/10/13(土)00:14:09 8JQ
>>125
本って文章が全てやし他のことはほっといたらええねん
129:名無しさん:2018/10/13(土)00:14:27 trr
>>128
せやな
50:名無しさん:2018/10/12(金)23:29:05 kIF
ええスレやな

今まで読んだ本の印象に残っている一文を書いていくスレ
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539350426
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する