HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【オタスケマン】オタスケサンデー号と月~土曜のオタスケメカ、覚えてる?




【☞タイムパトロール隊オタスケマン

『タイムボカンシリーズ タイムパトロール隊オタスケマン』(タイムパトロールたいオタスケマン、英語表記:Rescueman)は、『タイムボカンシリーズ』第4作目としてフジテレビ系列で1980年2月2日から1981年1月31日まで毎週土曜夜6時30分 - 7時00分に全53話が放映された、タツノコプロで制作されたテレビアニメ。

本作はこれまでのシリーズにあった「モノ探し」の要素がなくなり、歴史を守る側と改竄を狙う側との戦いとなっている。敵と味方が同一の組織に所属している点や、各キャラクターの過去やその因縁といったものが描かれるようになったのも新しい試みである。また、悪玉側に敢えて新キャラクター(ゲキガスキー)を加えて4人体制としている。

また、それまではずっこけた時の台詞は「アラー!」と平凡だったが、本作では両手を上げて「ブレー!」と叫ぶ様となった。これが好評となり、以後『ヤットデタマン』の「コケー!」や『逆転イッパツマン』の「シビビーン!」などの様に、特徴有る台詞とポーズでやる事になり、更に総監督の笹川ひろしがタツノコプロを一時的に退社後に手掛けた藤子不二雄アニメでも、『忍者ハットリくん』の「ズコー!」、『パーマン』の「へコー!」、『オバケのQ太郎』の「オター!」と言った様に同様のパターンが踏襲された。

メカは動物スタイルを踏襲。従来シリーズのデザインと比べるとディテールが細かくなった。悪玉のメカデザインのコンセプトがシリーズ途中で変更されていて、顔メカ(肖像権の問題で中盤以降は登場しなくなる)→合体アニマルメカ→巨大海洋生物メカ→世界の珍獣メカ、となっている。

タイムボカンシリーズ第4作目、オタスケマン。
これも、よく見てました。
タイムボカンシリーズは、土曜日の18:30からやっていたので、ちょうど夕飯時。
そして、翌日は、日曜日で休みなので、何だか開放された気分で、ワクワクしながら見てましたね。
このワクワク感と、夕飯時の家族団欒のイメージが強くあって、タイムボカンシリーズには、かなり良い印象があります。
こういうのを「思い出補正」って言うのかな(^^;

はい、それでは、オープニングです。


オタスケマン OP



ああぁぁ、懐かしい!
歌い出しの「キラッキラッキラッキラッスター!スター!」って、もうヤバイ!
すっげーなついwww
よく覚えてるなぁ、この主題歌。

ちなみに、オープニングは、映像のみが差し替えられた後期バージョンもあります。

続いて、エンディング。
エンディング曲は、前期、後期の2種類あります。
まずは、前期バージョン。


オタスケマン ED(前期)


これも、懐かしいですねぇ。
歌の途中で入る「アぁウ~」とかの合いの手まで、ばっちり覚えてます(^^;

そして、後期。
後期エンディングだけの動画は見つかりませんでした。
代わりに、OP/ED 詰め合わせ動画を貼っておきます。

オープニングの曲は変わりませんが、映像が新しくなっていますので、違いをお楽しみ下さい(^^)
後期エンディングは、動画の3:30あたりから始まります。



こちらも、良いですね。
前期より後期の方がノリが良くて好きです。

ところで、オタスケマン。
キャラがズッこける時の「ズコー」みたいな掛け声の元祖だってのは知りませんでした。
今では、当たり前な感じがしますが、よく考えてみれば、不思議な動作ですよね。
でも、コミカルな感じが表現できてて違和感がない(^^;
海外の人達からしたら理解できないかもしれないけど、日本人は、こういったアニメによって、幼い頃からの刷り込みがあるのかもしれませんね(^^;

それから、悪役の「悪玉トリオ」に、少し毛色の違うキャラが加わるのも本作が最初。

ゲキガスギー
gekigasuki.jpg

gekigasuki2.jpg

この「メイン悪役3人+α」という設定は、その後のタイムボカンシリーズ(「►ヤットデタマン」や「►イッパツマン」等)にも引き継がれています。

gekigasuki3.jpg


それから、もう1つ。
現代では、定番となった巨大ロボットが、まだ登場してません。
ロボが初登場するのは次作の「ヤットデタマン」から。
毎回に楽しいアイデア、モチーフの「お助けロボ」で勝利するのは、本作までで、そういう意味では「純粋なタイムボカンシリーズ」の流れを汲む最期の作品、と言えるかもしれません。

ちなみに、オタスケマン関連の超合金はコチラ↓

オタスケサンデー号
otasuke-sundaygo.jpg

オタスケアシカ
otasuke-ashika.jpg

オタスケキンタ
otasuke-kinta.jpg

オタスケウータン
otasuke-utan.jpg

この他にも、オタスケガエルオタスケタヌキオタスケサイ、等が出てきます。
かっこいいロボットが主流となった今では、確かに、超合金としての魅力と言うか、男の子達の気を引くにはイマイチかもですね。

ちなみに、覚えている方も多いと思いますが、オタスケメカ(6機)は、それぞれ月~土(曜日)に割り当てられていて、毎回アミダクジで登場するメカが選ばれます。

オタスケサンデー号が名前の通り、日曜日で、コウノトリがモチーフ。
サンデー号から月~土のどれかのメカが出動する、という感じですね。

月:オタスケタヌキ・・・満月とタヌキのイメージから
火:オタスケサイ・・・よくわからん
水:オタスケアシカ・・・水(海)とアシカ
木:オタスケウータン・・・森の住人、オランウータンから
金:オタスケキンタ・・・金太郎、よく考えたら人型ロボだコレwww
土:オタスケガエル・・・土、地面を跳ねるカエルのイメージ?

う~ん、サイだけ、なぜ火曜なのかがイメージできません( ̄ー ̄;)

と、まぁ、いろいろと懐かしいオタスケマン。
今なら、YouTubeに全エピソード上がってるみたいですし、気になる方は見てみては。

以上



※みなさんの思い出、感想など、コメントくださいね
【オタスケマン】
オタスケサンデー号と月~土曜のオタスケメカ、覚えてる?
関連記事

おすすめ記事

コメント

91

オタスケサイは、一応、耐火仕様ということになっている
たぶん、見た目が頑丈そう(皮が厚そう)だから、耐火で
火曜なんだと自分は思ってる

2015/08/10 (Mon) 14:53 | あああ #OARS9n6I | URL | 編集
17251

忘れられないのが、「宇宙のタビ」。
「オタスケマン2号のスッポンポンも
見られるのねー!」と期待したのは
私も同じだった…

2019/10/06 (Sun) 01:32 | 名前 #0zP8qUP2 | URL | 編集
20991

オタスケマンのメカもどれもファンシーで可愛らしいデザインで良いと思います。オタスケサンデー号やオジャママンのアンドロメダマ号もディテールが細かくて格好良い。アンドロメダマ号は商品化されなかったんでしょうかね?

キャラクターは何と言ってもゲキガスキーですね。普段のやや腹黒いところや、終盤にシリアスモードになるのも良かった。

2020/07/09 (Thu) 21:02 | チョロ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する