HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



忍者はつらいよ!甲賀の古文書でお頭(かしら)が窮状を嘆くwww



1:名無しさん:2018/09/22(土) 00:28:42.84 ID:CAP_USER9.net
太平の江戸、忍者つらかった 甲賀の頭「秘術信用されない」

「70歳前後より若い者は役に立たない」「学問が盛んになり、秘術が信用されない」。

滋賀県甲賀市がこのほど刊行した資料集から、甲賀忍者が江戸時代の平和な世の中で自身の立場の衰退を嘆いたり、将来を不安視する姿が浮き彫りになった。


甲賀市が刊行した甲賀忍者資料集の第2弾(同市役所)

編集した市教育委員会は「忍者が重んじられない状況への危惧など、ここまで切実な肉声を記した記録は珍しい。甲賀に限らず、当時の忍者全体に通じる問題ではないか」としている。

尾張藩に仕官した甲賀忍者に関する古文書の訳文や解説を載せた資料集「甲賀者忍術伝書-尾張藩甲賀者関係史料Ⅱ-」で、昨年刊行した資料集の第2弾。同藩に伝わる文書を紹介し、市内の民家で発見された文書の現代語訳も併載した。

尾張藩の史料は、甲賀の地で暮らしながら「忍び」として同藩に仕えた「甲賀五人」の頭(かしら)である初代木村奥之助(1600年代半ば~1723年)が弟子に口述して書き取らせた「無窮会所蔵史料 甲賀忍之伝未来記」など7点。全て楷書体に直し、解説を載せた。

「未来記」には、昔は甲賀の忍術が一つの流派として世間に浸透していたが、現在70歳前後より若い者は役に立たない-などと、忍者の技術や立場の衰退を不安視する内容が並ぶ。

問題点として、

▽平和な世で業績がなく重宝されない
▽技術を試みる機会がなく、研鑽(けんさん)する気持ちがない
▽学問が盛んになり道理が重んじられ、秘術が信用されない
▽秘密性が高いため間違って伝えられることが多い-など13箇条を挙げている。

「内容は甲賀五人に限らず、江戸期の忍び全体に通じる問題だろう。 忍術の伝授に関する文書は多く残るが、心情にまで想像力が及ぶ史料は貴重」と市教委歴史文化財課は説明する。

また、「甲賀五人」を先祖に持つ同市甲南町の渡辺俊経さん宅で見つかった古文書類のうち11点の現代語訳を併せて掲載した。
尾張藩に「御忍(おしのび)役人」として出仕した契約書である「盟文之事」
▽藩役人との忍びの術に関する問答記録
▽徳川家に対する甲賀武士の軍功を記して奉公を求めた願書
など、「甲賀五人の藩での立場や具体的に何をしていたのかが分かる史料」(同課)という。

https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20180921000031


3:名無しさん:2018/09/22(土) 00:30:30.74 ID:GblCgXBU0.net
忍者ってマジで存在してたんだな
4:名無しさん:2018/09/22(土) 00:30:38.18 ID:yI0SqIa40.net
「産業スパイ」として生き残れば良かったのにな。
203:名無しさん:2018/09/22(土) 01:34:00.20 ID:9cdNQuM40.net
>>4
それ何てCIA?
445:名無しさん:2018/09/22(土) 04:38:26.71 ID:+IlF1DGb0.net
>>4
瀬戸の職人が有田焼の製法を盗んだ話とかまさに産業スパイだなあ
13:名無しさん:2018/09/22(土) 00:34:39.65 ID:PqJ6/SeO0.net
>>4
実際、そうなってたんだろうな。
技術よりも商業情報のスパイとして生き残ったんじゃないの。
275:名無しさん:2018/09/22(土) 02:01:41.16 ID:gkQYigQI0.net
>>13
明治以降は、薬で生き残った。
某有名製薬会社の創業者一族は甲賀忍者の末裔
813:名無しさん:2018/09/22(土) 11:39:10.28 ID:opk/GlkS0.net
>>275
甲賀は製造受託の中小製薬会社も多いね。
97:名無しさん:2018/09/22(土) 01:03:30.00 ID:0fHUgBJ50.net
>>4
産業スパイより、当時の警官として採用してもらえばよかったと思う
夜目が利くと思うし
360:名無しさん:2018/09/22(土) 02:47:42.04 ID:tZZ6cD7J0.net
>>97
当時の警察官は一部を除いて良くて足軽、下は所謂ところの被差別階級だが
346:名無しさん:2018/09/22(土) 02:38:27.24 ID:lOUc3nTQ0.net
>>13
>>97
実際、陸軍中野学校の教官として最後の甲賀忍者・藤田西湖が教えてたんやで

てか、こんな落ちぶれた状態からさらに200年以上経って
それでもあんな化物だったのに全盛期の忍者ってどんなんだったんだよ。。
350:名無しさん:2018/09/22(土) 02:40:53.90 ID:cN26+VEU0.net
>>346
そういう人物というか家系が、幕末の動乱期に何をやっていたのか興味あるな。
10:名無しさん:2018/09/22(土) 00:32:50.84 ID:AnUfWOON0.net
忍者も平和には勝てなかったでゴザル。ニンニン(´・ω・`)
312:名無しさん:2018/09/22(土) 02:16:43.18 ID:nS7YbzJS0.net
>>10
戦い関連は平和になると不用だからな
14:名無しさん:2018/09/22(土) 00:34:45.59 ID:ZmQPtVqx0.net
御庭番とか由比正雪とか服部半蔵とかって吉宗より前の本家時代か
18:名無しさん:2018/09/22(土) 00:35:17.32 ID:BczA5tdd0.net
悲しすぎるw
21:名無しさん:2018/09/22(土) 00:37:58.30 ID:R5nibIC80.net
結構外様大名の藩のお取り潰しに加担してたんじゃないの?
74:名無しさん:2018/09/22(土) 00:54:45.53 ID:rxkOFlA00.net
>>21
裏柳生だな
929:名無しさん:2018/09/22(土) 14:44:04.27 ID:+h7yAaV90.net
>>21
忠臣蔵の赤穂藩取り潰しのときに、隣の藩が赤穂城に忍者を忍び込ませて偵察したって記録があるぞ
明け渡しに抵抗するかどうか調べるためにさ
513:名無しさん:2018/09/22(土) 06:01:33.84 ID:Tndlq9DP0.net
>>21
幕府に雇われた忍者には公儀隠密の仕事があるが
普通の藩の場合には仕事がないということだろ。
748:名無しさん:2018/09/22(土) 10:01:40.72 ID:8xf3JoBe0.net
>>513
毛利は公儀隠密を倒す忍者雇ってたよね
522:名無しさん:2018/09/22(土) 06:07:49.83 ID:RYXwu+6Z0.net
>>513
むしろ隠密を使いこなせるかどうか君主のセンスが大きいんでね
島津が幕末に飼っていたお庭番があの人達だったりするわけだし
531:名無しさん:2018/09/22(土) 06:16:00.59 ID:Tndlq9DP0.net
>>522
島津は、他の普通の藩とは違って、江戸時代ずっと最後まで
幕府に対しては戦争モードを維持したからね。
篤姫のころは表向き宥和政策をとるが。
23:名無しさん:2018/09/22(土) 00:38:19.02 ID:/m5fVFVt0.net
なんつーかほんと陰陽のバランスってあるんだなって考えさせられるなw
25:名無しさん:2018/09/22(土) 00:38:35.47 ID:/kiGNsDn0.net
平和な時代に戦いを描いた軍楽書みたいな扱いだな
24:名無しさん:2018/09/22(土) 00:38:27.28 ID:zRd+xNJC0.net
>1 秘術が信用されない
まあ、自分の立場の弱さを嘆く人物は、いつの世にも居たのだろうが、
ここまでスッキリ明確に表現した文書が残っているのは珍しいかもね。
26:名無しさん:2018/09/22(土) 00:39:40.13 ID:8jyoOrkl0.net
現状を常に客観的に見る視点とそれを記述してどう対応するか考える姿勢は
やはり只者ではない証拠だろう
でも世の中の流れというのは恐ろしいもので
34:名無しさん:2018/09/22(土) 00:44:14.94 ID:azv+50XN0.net
これが忍者全体というよりは、変化に対応できずに年老いたベテラン忍者なんだろ。
気の利いた忍者は、大名に雇われたり、自ら盗賊になったり、軽業師として身を立てたり、
何かうまいこと転換していったんだろ。
257:名無しさん:2018/09/22(土) 01:53:04.35 ID:m55NhjI90.net
>>34
抜け忍になって仕事人になったりとかな
35:名無しさん:2018/09/22(土) 00:44:18.25 ID:/JC138No0.net
70歳以下が役に立たないってもう消滅寸前の職人の世界ではないか
それとも最近の若者は~みたいなバイアスかかった見方してたんだろうか
885:名無しさん:2018/09/22(土) 13:21:47.08 ID:td0CVuAu0.net
>>35
70歳以上が指導者として君臨する、器械体操とか新体操とかバレエとかの現在にも通じるよ。
いずれも、ブームが来て、駄目になる。
40:名無しさん:2018/09/22(土) 00:46:02.83 ID:KFIwtNQP0.net
世界には現代では再現不能な技術は多数ある
継承されず失われた秘術があったとしても何の不思議もない
41:名無しさん:2018/09/22(土) 00:46:17.33 ID:D1KFk8ZX0.net
秘術ってなんだ?
分身の術的な?
114:名無しさん:2018/09/22(土) 01:06:47.66 ID:J4ZHG+yo0.net
>>41
オーガニックな毒ガスとか、
経絡秘孔のモデルとかじゃね?
896:名無しさん:2018/09/22(土) 13:32:44.06 ID:td0CVuAu0.net
>>114
音を立てないで歩く術とか、全てに通じる基本的なことでは?
実戦では重要だけど、平時では派手なパフォーマンスばかりが注目され、日頃の鍛練が必要なしんどいことは忘れられ廃れていく。
42:名無しさん:2018/09/22(土) 00:46:37.03 ID:GblCgXBU0.net
なんか凄いな
これが書かれたのがアメリカ独立の半世紀前あたりか
そりゃアメ公が忍者に憧れて幻想持つはずだわ
62:名無しさん:2018/09/22(土) 00:52:20.05 ID:qfnfocSE0.net
>>42
そう書かれるとこの国ってスゲぇ国だな
ファンタジーかよ
44:名無しさん:2018/09/22(土) 00:46:45.69 ID:qfnfocSE0.net
今のジジイどもと言ってる事殆ど変わんねーな
49:名無しさん:2018/09/22(土) 00:49:40.98 ID:A0muUtoh0.net
だいたいあの十字手裏剣とか
どうやって持ち歩いたんだよ
戦闘時に取出す時に「イテッ」ってなるだろ
毒薬が塗ってあった説もあるが
自分が毒でやられるわ
442:名無しさん:2018/09/22(土) 04:35:16.14 ID:E00+yFe10.net
>>49
手袋
58:名無しさん:2018/09/22(土) 00:50:35.48 ID:0D62/N4I0.net
まあ治世になれば、武士の公務員化。
53:名無しさん:2018/09/22(土) 00:49:55.20 ID:Fg2tE3Xh0.net
風魔コタローなんて北条氏が滅びたら盗賊に成り下がったしな
71:名無しさん:2018/09/22(土) 00:54:31.35 ID:XHL1yy8F0.net
食えなきゃ盗賊になるわな
76:名無しさん:2018/09/22(土) 00:54:52.67 ID:GnqNaK8G0.net
時代劇で時々テロリスト紛いの忍者が湧いて出るのもしゃーなしだな
77:名無しさん:2018/09/22(土) 00:55:53.78 ID:cQPdssnP0.net
忍者に「私を信用して下さい」とか言われてもなあ
84:名無しさん:2018/09/22(土) 00:58:31.00 ID:UkCplkXF0.net
>>1
▽平和な世で業績がなく重宝されない
→分かってくれない世の中の方が悪い

▽技術を試みる機会がなく、研鑽(けんさん)する気持ちがない
→やる気になったらすごいけどやる気がでない

▽学問が盛んになり道理が重んじられ、秘術が信用されない
→俺の中の世界では俺最強

▽秘密性が高いため間違って伝えられることが多い
→下の奴がちゃんとしないからこんな事になった。俺の代まではセーフ


全力でアカン子やないか(´・ω・`)
597:名無しさん:2018/09/22(土) 06:58:19.86 ID:9Eix6o0I0.net
>>84
まるで氷河期
56:名無しさん:2018/09/22(土) 00:50:14.18 ID:rNRG0U/d0.net
昔の人も時代の流れに悩んでるんだね
親近感わく
57:名無しさん:2018/09/22(土) 00:50:24.21 ID:V/Htefyc0.net

いつの時代もかわらんな

忍者はつらいよ!甲賀の古文書でお頭(かしら)が窮状を嘆くwww
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537543722
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する