HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



夏が過ぎ←わかる 風あざみ←わからない



1:名無しさん:2018/06/22(金)01:53:23 115
井上陽水のボキャブラリーははっきり言って異常だ


2:名無しさん:2018/06/22(金)01:53:49 VS8
なんか雰囲気に流される
3:名無しさん:2018/06/22(金)01:54:59 G8E
夏の名曲扱いなんが一番謎やわ
13:名無しさん:2018/06/22(金)01:59:00 fE1
4:名無しさん:2018/06/22(金)01:55:15 hUI
曲中に「風あざみ」という言葉が出てくるが、これは陽水による造語で、植物のアザミが直接関係がある訳でもない。
風あざみという品種は存在せず、「アザミ」は元々春の季語でもある(2番の歌詞で同じ箇所に出てくる「宵かがり」も同様に陽水による造語である)。
陽水の作品にはそのような「造語」が散見されており、教育学者の斎藤孝は陽水の歌詞について、「高い音で伸ばすときは、多少詞が変になっても、ウよりもイで終わる言葉の方が、聴いている方は気持ち良い」と指摘している[3]。
んやで
5:名無しさん:2018/06/22(金)01:56:29 115
>>4
はえ~博識やねえ
6:名無しさん:2018/06/22(金)01:56:47 CQH
>>4
すごい博識やね!
8:名無しさん:2018/06/22(金)01:57:38 Ptr
>>4
さすがj民は博識やね~
7:名無しさん:2018/06/22(金)01:57:11 fE1
>>4
wiki J民すき
10:名無しさん:2018/06/22(金)01:58:40 pMl
あざみが風に揺れてるの想像してたわ
17:名無しさん:2018/06/22(金)02:03:11 VS8
今にして聞くと歌詞の意味が分かるようで分からんな
でも、耳に残る
11:名無しさん:2018/06/22(金)01:58:42 S56
中島みゆきの「ひとり上手」も造語なんやっけ?
14:名無しさん:2018/06/22(金)01:59:51 Ptr
ホテルはリバーサイド←わかる
川沿いリバーサイド←わからない
ウォッオッオ リバーサイド←は?
15:名無しさん:2018/06/22(金)02:00:35 2QJ
>>14
わかる、草
16:名無しさん:2018/06/22(金)02:02:04 Ptr
>>15
ホテルは川沿い
川沿い 川沿い
ウォッオッオ 川沿い
やからな
18:名無しさん:2018/06/22(金)02:04:59 G8E
北京←わかる
ベルリン←は?
ダブリン←またヨーロッパやんけ
リベリア←アフリカなんですが…

これでアジアの純真は無理ないですかね…
19:名無しさん:2018/06/22(金)02:09:38 Ptr
>>18
20:名無しさん:2018/06/22(金)02:11:28 2QJ
昔アラブの偉いお坊さんが~
イスラム教に坊さん(僧侶)は存在しない

アラブと呼ばれるイラク、クウェート、サウジアラビア、ヨルダンには坊さんが存在する仏教またはヒンズー教が流入した痕跡もない
21:名無しさん:2018/06/22(金)02:14:48 2QJ
でも良い曲なんだよなぁ

夏が過ぎ←わかる 風あざみ←わからない
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529600003
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する