HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



14億年前の地球の一日の長さは18時間だったことが判明

1:名無しさん:2018/06/12(火) 03:14:06.80 ID:CAP_USER9.net
14億年前の地球の1日は18時間と判明…地質記録から



地球と月の距離はゆっくりと離れていっている。そしてこれは地軸の回転などに影響を与えることにより「地球の一日」の長さを変える。新たな研究により太古の地球と月の関係を地質記録から導き出し、当時の地球の一日の時間も算出することができた。

■地球の長くなった午後

地球と月ができて間もない45億年前、一日の長さはわずか5時間程度だったとされる。しかし時が経つにつれて月は地球から離れていき、だんだんと日が長くなってきた。

この日射量の変動周期「ミランコビッチ・サイクル」は、地球の自転軸の傾きの変化や歳差運動、離心率の変化により起こるものだが、その様子は地質記録から知ることができる。

例えばこれは珊瑚などの化石の一日の日輪からも確かめることが可能だ。だが実際には地球と月の関係だけでなく、そして太陽と他の星々との影響もあり、特に時代が古い5000万年以上前の変動周期を正確に知るのは難しい。

■14億年前の一日



Proceedings of the National Academy of Sciencesに6月4日に発表された研究では、「ミランコビッチ・サイクル」で太古の地球の日射量変動周期を再現することで同時に太陽系の過去を復元するという試みが行われている。

今回の研究では地質記録、天文学理論、そして「TimeOpt」と「ベイズ・インバージョン」という統計学的手法を合わせている。「TimeOptMCMC」というアプローチにより14億年前の中国の地層と、5500万年前の南大西洋のウォルビス海嶺からの岩のサンプルを分析した。

これにより、今から14億年前は地球と月との距離が約34万0900km(± 2600km)であり、地球の一日はわずか18.68時間(± 0.25時間)だったと算出された。今回のアプローチを用いることで、地球の地質記録から、地球と月の関係、そして太陽系の歴史も垣間見ることができるのだ。

https://www.discoverychannel.jp/0000019519/


2:名無しさん:2018/06/12(火) 03:15:01.97 ID:nRR0gcMu0.net
早く回ってるってことは重力も弱かった?
17:名無しさん:2018/06/12(火) 03:25:21.74 ID:GeTwHbjT0.net
>>2
赤道付近の重力は今よりは小さいだろうね
遠心力が今より強いだろうから
187:名無しさん:2018/06/12(火) 10:17:50.94 ID:wLb1fVls0.net
>>2
重力って不思議だね
パルサーは秒速1000回転してるのに、凄い重力があるし
4:名無しさん:2018/06/12(火) 03:16:01.91 ID:1w4VDlN00.net
14年前は1日3発できた
今は3日で1発だ
158:名無しさん:2018/06/12(火) 07:51:32.98 ID:BhiQYAuP0.net
>>4
こんなんでwww
162:名無しさん:2018/06/12(火) 07:59:45.81 ID:qxpcJ3R00.net
>>4
ヽ(`;∀;´)人(`;∀;´)ノ
5:名無しさん:2018/06/12(火) 03:16:10.22 ID:0a59qUbd0.net
確かに子供の頃の夏休みはあっという間に終わったな
215:名無しさん:2018/06/12(火) 12:45:44.95 ID:FDRL/60X0.net
>>5
真理だな
238:名無しさん:2018/06/12(火) 13:34:25.60 ID:m4OfrLY/0.net
>>5
長年感じてた謎が解けた
278:名無しさん:2018/06/12(火) 21:15:22.65 ID:UG5p32yY0.net
>>5
逆だろ
新しい発見ばかりだったし一喜一憂する頻度も多くてとても長い時間だと感じた
逆に年取ったら感動が少なすぎて猛スピードで一年が終わる
143:名無しさん:2018/06/12(火) 06:07:49.84 ID:K/oj85YR0.net
>>5
子供のころは夏休みを満喫しただろ
むしろ大人になればなるほど早くなるわ
74:名無しさん:2018/06/12(火) 04:12:12.13 ID:rQy/ZGEJ0.net
>>5
年取ってからの就職活動もあっという間に月単位で過ぎていくよ
267:名無しさん:2018/06/12(火) 18:42:44.65 ID:SRwlJwL00.net
>>5
今年なんかもうあっという間に半分終わるぞ
6:名無しさん:2018/06/12(火) 03:16:33.69 ID:Sdj61U980.net
月が自転のエネルギー奪ってるんだよ
84:名無しさん:2018/06/12(火) 04:18:21.52 ID:dOxBpRc/0.net
>>6
潮汐による摩擦だろ
332:名無しさん:2018/06/13(水) 13:11:01.71 ID:mIsuDkKO0.net
>>6
原因にはなってるが奪ってはいない
月の公転周期が早くなってるわけではないから
342:名無しさん:2018/06/13(水) 13:26:56.67 ID:tcTVBwKR0.net
>>332
いや。月の速度は速くなっている。速度が増すから公転軌道は地球から遠ざかり、公転周期は長くなっている。

月の速度を上げるエネルギーは、地球の自転エネルギーから転換されたもので、
その分地球の自転が遅くなってる。
344:名無しさん:2018/06/13(水) 15:16:54.55 ID:YoXu1OaJ0.net
>>342
いや、遅くなるんだわ
円軌道を維持している前提で言うと
加速する>得たエネルギーの2倍分の高度が上がる>結果、速度が下がる
8:名無しさん:2018/06/12(火) 03:18:15.72 ID:+5IRODXm0.net
8時間寝るから1日10時間しか活動できないとか
人生あっという間すぎだろ
10:名無しさん:2018/06/12(火) 03:18:40.93 ID:q3fomMfl0.net
2億年後には、25時間になるんだとか
11:名無しさん:2018/06/12(火) 03:20:21.35 ID:V1C1yM3A0.net
天文学的知見からの推測じゃなく地質から?
わからん不思議
16:名無しさん:2018/06/12(火) 03:25:00.85 ID:G4Bw5nXa0.net
最終的には月はどっか行っちゃうんだろ
139:名無しさん:2018/06/12(火) 05:59:31.74 ID:PLCp1sMj0.net
>>16
スペース1999じゃん
もう過去の話だけどw
19:名無しさん:2018/06/12(火) 03:27:05.96 ID:LhM+v/y40.net
俺らの人生なんて一瞬だな
20:名無しさん:2018/06/12(火) 03:27:38.68 ID:9Vm7B7yo0.net
やだはやく歳とっちゃう
92:名無しさん:2018/06/12(火) 04:25:15.34 ID:+sNXAufx0.net
>>20
年の割には若く見えるんじゃね?
あら、奥さん若いわね
25:名無しさん:2018/06/12(火) 03:29:10.66 ID:8HUUCFBF0.net
公転も遅くなるのか
1年の日数は増えるのか減るのかどっちなんだ
31:名無しさん:2018/06/12(火) 03:34:06.15 ID:Nh+EAzUT0.net
>>25
日数は減って一日が長くなる、現代向きかもしれんな
1週間を6日にして土曜日なくせばいいんじゃね
28:名無しさん:2018/06/12(火) 03:30:31.26 ID:hKwFPMB70.net
14億年前だと高度な動物はまだ誕生してないのかな
30:名無しさん:2018/06/12(火) 03:33:32.01 ID:y71c4etP0.net
なら人の体内時計は25時間ってどこからきたんだよ
37:名無しさん:2018/06/12(火) 03:41:06.63 ID:QEd8BWwd0.net
>>30
第2回 体内時計25時間はウソだった!
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20121203/332679/?ST=m_labo&P=3

>体内時計の1日の周期の平均は、実は24時間10分(※)で、24時間にかなり近いんです。ただ、これも平均より長い人も短い人もいて、やはり正規分布しています。
34:名無しさん:2018/06/12(火) 03:36:34.26 ID:WzmuMtNa0.net
これが昔のどうぶつが大きかった理由ってこと?
51:名無しさん:2018/06/12(火) 03:51:17.09 ID:d7DzmhNg0.net
>>34
いや、この頃の生物は全部小さい
てかやっと目に見える大きさの生物が出てきたばっかり

古生代の巨大トンボ、中生代の恐竜、新生代の巨大哺乳類
全部ずーーーーと後の話
161:名無しさん:2018/06/12(火) 07:57:06.14 ID:U2egtbU30.net
ドラえもんのタイムマシーンで行っても酸素濃度違うから降りられないよな
165:名無しさん:2018/06/12(火) 08:21:59.42 ID:ZD+LuSfm0.net
>>161
14億年前じゃないけど
酸素濃度が今より濃かった石炭紀にはこういう生き物が



55:名無しさん:2018/06/12(火) 03:55:10.23 ID:aWWKwK7h0.net
何をもってして1日としてるのさ
60:名無しさん:2018/06/12(火) 03:56:33.19 ID:QEd8BWwd0.net
>>55
南中から南中まで
太陽が真南にくるだろ?その次に太陽が真南に来たら一日
125:名無しさん:2018/06/12(火) 05:08:22.44 ID:6zVhOCvl0.net
>>60
地球の自転速度じゃんね
月なんて1日となんの関連性もない
126:名無しさん:2018/06/12(火) 05:11:56.32 ID:QEd8BWwd0.net
>>125
月の(太陽のもあるけど)引力による潮汐力によって自転速度が落ちてるので、無関係ではない気がする
147:名無しさん:2018/06/12(火) 06:26:09.55 ID:q0NMJywH0.net
>>126
「自転と公転の同期」
でググれば分かりやすい

月が地球に、水星が太陽にいつも同じ面を向けるのと同じように
地球は月と同じ面を向けて回るようになる

つまり、東京の空の一点に月が固定され、
ニューヨークやロンドンは常に月なしの空
78:名無しさん:2018/06/12(火) 04:15:44.99 ID:l2mfNKpm0.net
そのうち月っていなくなっちゃうの?
80:名無しさん:2018/06/12(火) 04:16:30.99 ID:QEd8BWwd0.net
>>78
年に3cmずつ遠くに行ってるとかなんとか
89:名無しさん:2018/06/12(火) 04:21:01.10 ID:O5SaPmrr0.net
重力が無いところでずっとノーブラでいてもオッパイ垂れないのかな
99:名無しさん:2018/06/12(火) 04:33:00.81 ID:gsVZ/oxg0.net
>>89
ワロタw
何という汚れなき素朴な疑問w
93:名無しさん:2018/06/12(火) 04:25:51.52 ID:EFFqBQJQ0.net
14億年かけて3割くらい自転が遅くなったわけで
このペースなら14億年後には1日30時間位になるのかな?
101:名無しさん:2018/06/12(火) 04:34:15.00 ID:9XAIYg/h0.net
1日が48時間ぐらいあると助かる
132:名無しさん:2018/06/12(火) 05:34:26.18 ID:S/dY4lQe0.net
6時間短いのか、一日二食だな
131:名無しさん:2018/06/12(火) 05:31:35.52 ID:dHE77QhrO.net
18時間テレビ 愛は地球を救う
129:名無しさん:2018/06/12(火) 05:27:14.48 ID:S/dY4lQe0.net
地球は何回か球体がぶつかって現在に成ってるから
もともとは小さかったので理に適ってる
144:名無しさん:2018/06/12(火) 06:09:44.50 ID:znxX0Jd60.net
あー確かに隕石がぶつかるたびに地球の質量が増えていったなら今より地球は小さかったのだろう。これは納得いく
209:名無しさん:2018/06/12(火) 12:40:15.56 ID:DbbeMASO0.net
いずれ自転が止まって
人類滅亡だな
283:名無しさん:2018/06/12(火) 21:42:04.24 ID:OT1ZRmiA0.net
>>209
自転が止まる前に膨張した太陽に飲み込まれる。
212:名無しさん:2018/06/12(火) 12:42:17.27 ID:q96YZ++O0.net
宇宙が誕生して130億年くらい
地球が誕生して46億年くらい
宇宙年齢の1/3って、実は地球ってかなり古参じゃね?
214:名無しさん:2018/06/12(火) 12:44:59.49 ID:az8n7MKg0.net
>>212
まあ、第一世代ってことはないけどな
第二か第三か
277:名無しさん:2018/06/12(火) 21:14:08.64 ID:NfkF7j7x0.net
子供の頃は1年でも長かったのに大人の10年何にしてたかわからんうちに過ぎてた

14億年前の地球の一日の長さは18時間だったことが判明
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1528740846
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する