HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【サンバルカン】戦隊ヒーローに斬新なアイデアをブッ込んだ異色作




【☞太陽戦隊サンバルカン

『太陽戦隊サンバルカン』(たいようせんたいサンバルカン)は、1981年(昭和56年)2月7日から1982年(昭和57年)1月30日までANN系列で毎週土曜日18時00分から18時30分に全50話が放送された、東映製作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。「スーパー戦隊シリーズ」第5作にあたる。

『秘密戦隊ゴレンジャー』から連綿と受け継がれたコミカルな痛快活劇を中心としつつも、宇宙からの侵略者と手を組んだ悪の機械人間軍団に人間の英知と勇気、そして正義と友情、愛の心で立ち向かう主人公たちの地球人類の未来を賭けた戦いをハードかつドラマチックに描いた。当作品の放送時にはすでに書籍資料で「スーパー戦隊」という表現が使われているのが確認できる。

戦隊チームが男性3人のみで構成されており、女性メンバーが1人も存在しないことが最大の特徴である。この設定の意図は、マンネリ化しないように前作から人数を変化させることで強い印象を生むため、そして陸・海・空の3要素を際立たせるためである。しかし、これに対しては、放映当時から女児層をはじめとした視聴者から女性メンバーの復活を望む声が多数寄せられた。そのため、翌年の『大戦隊ゴーグルファイブ』では女性メンバーが復活した5人構成となり、以後男性メンバーのみの作品は製作されていない。また、後の戦隊シリーズでも開始当初3人メンバーの作品は幾つか存在するが、いずれもシリーズ途中で何らかの形で追加戦士が登場することにより最終的に5人以上のメンバーとなっている。

もう1つの大きな特徴として、前作『電子戦隊デンジマン』のラストで姿を消した敵役・ヘドリアン女王がブラックマグマの手によって復活した、という設定で引き続きレギュラー出演したことが挙げられる。ヘドリアン女王は本作中の台詞でデンジマンやバンリキ魔王のことに触れており、また嵐山長官がデンジマンやデンジ星人のことを詳しく知っていることも本編内で語られている。つまり『デンジマン』と『サンバルカン』は同じ世界のストーリーであり、本作は『デンジマン』の続編にあたる。『デンジマン』の項でも述べられているように、デンジマンに変身して戦った前作の5人がカメオ出演する案もあった。作品ごとに世界観をリセットするスーパー戦隊シリーズにおいて、クロスオーバー企画以外の続編が作られた唯一のケースである。ただし当初から続編を作ろうという試みがあったわけではなく、へドリアン女王役の曽我町子の演技を高く評価した東映の吉川進プロデューサーが、引き続き彼女が活躍できる場を作ったというのが実情である。

へぇー、「サンバルカン」と「デンジマン」って世界が繋がってたのか。
知らなかった。
しかも、世界観が同じだけでなく、デンジマンの敵役が登場したり、デンジマンに触れる台詞まであるとか、完全にデンジマンの続編なのに、その記憶が全くない(^^;

と言うわけで、オープニング、いって見ましょう。


サンバルカン OP



残念ながら、当時の映像はありません。
映像つきで聴きたかったな。
しかし、良い歌。
今でも歌詞覚えてる、英語部分は除いて(^^;

そして、エンディング。
エンディングは、2種類存在します。
こちらも映像はありません・・・

まずは、前期。

サンバルカン ED(前期)



そして、後期。

サンバルカン ED(後期)



うは、懐かしい。
特に後期のエンディングのサビ「1たす2たすサンバルカぁ~ん」wwww

しかし、映像付きの昔のアニメ、特撮、削除されまくってんだよなぁ。
いや、まぁ、違法なのは分かりますけど(^^;
オープニング、エンディングくらい、多めに見てくれても良くない?
逆に宣伝になると思うんだけど・・・
えっ、ダメ?
そうですね(^^;すみません。

はい、次、お約束の巨大ロボ、超合金です。

sanbalcan-chogokin.jpg

sanbalcan-chogokin2.jpg

名前は、サンバルカンロボ
そのまんま!

この猫耳みたいな特徴的なヘッド。
そして、戦隊ヒーローシリーズの巨大ロボの中で、初めて「合体」するロボットでもあります。

sanbalcan-robo.jpg

バルイーグルが操縦する「コズモバルカン(飛行機)」と、バルシャークバルパンサーが操縦する「ブルバルカン(戦車)」が合体。
まぁ、比較的単純な合体ですが、これが戦隊ヒーロー初。

それと、もう1つ。
メンバーが途中で交代する、という設定も初。
バルイーグルが戦死するでもなく、普通に「交代」するんですよねぇ。
交代の理由は、覚えてなかったけど、ウィキペディア読んでびっくりしたよ。

交代の理由、それは、初代バルイーグルが、「NASAのパイロットに選ばれた」から。
2代目に「後は任せた」って去っていくんです。

ええぇ( ̄Д ̄;)

世界平和の為に戦うことより、NASAへの就職を選ぶのかよっ。
・・・まぁ、命掛けて、化け物達と戦うよりマシか・・・

でも、それで、良いのかっ!
戦隊ヒーローwww、こんなヤッスい心構えで良いのかよっwwww

この設定は、バルイーグルを演じてた人(☞川崎龍介)も、直前まで知らなかったようで、台本を見て驚いたと語っています(^^;
プロデューサー的には、マンネリ化を防ぎ、番組を続ける為の刺激策だったようですが。

と、まぁ、3人組というだけでなく、いろいろと斬新なアイデアを盛り込んだサンバルカン。
戦隊ヒーローモノの中でも記憶に残る作品です。

以上



※みなさんの思い出、感想、コメントしてくださいね。

【サンバルカン】
戦隊ヒーローに斬新なアイデアをブッ込んだ異色作
関連記事

おすすめ記事

コメント

57

懐かしい。
いいね!

2015/08/02 (Sun) 18:29 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する