HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【あばれはっちゃく】ワンパク小僧と厳しくも愛のある父ちゃん、古き良き昭和が詰まってる




【☞あばれはっちゃく

『あばれはっちゃく』は、児童文学者、山中恒著の読売新聞社(現:読売新聞東京本社)から発刊された子供向け小説シリーズ(1970年 - 1971年)。

1979年 - 1985年にはテレビ朝日系列で毎週土曜日にテレビ映画として放送された。桜間長太郎(さくらま・ちょうたろう)という少年を通して様々な家庭・学校問題を描いた。

あばれはっちゃくという「ガキ大将」を主人公に据えた16ミリフィルム実写によるテレビ映画。

番組の最初に40秒ほどのショートストーリードラマがあり(これが本編の枕になることも)、それをバックに「俺は桜間長太郎」で始まる毎回定型の自己紹介があって、ここで「あばれはっちゃく」の言葉の意味も説明されていた。このドラマは長太郎本人のみで演じられており、最後にドジを踏む形でオチがつく。これに続けて、オープニング曲「タンゴ!むりすんな」が流れる(第5シリーズを除く)。

主人公・長太郎は「手におえない暴れん坊」というキャラクター設定だが、不良小学生ではなく「正義感が強い」「ドジで慌て者」という視聴者にとって憎めないキャラクターであり、このことがシリーズを長期間存続させる要素になったとされる。

サブタイトルの後ろに"マル秘作戦" (タイトル表示は㋪作戦。新聞の番組表ではこの表記のものもあれば○に秘のものもあった) を付けるのが本作の定番でもあり、家族構成は長太郎を中心に、父・母・兄(もしくは姉)に犬を加えたものであった。

ほぼ毎回のように、東野英心演じる父親が「このぉバッキッヤロー!」と言いながら息子を張り飛ばした後、「てめぇの馬鹿さ加減にはなぁ、父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ」と言うシーンが特徴(第5シリーズを除く)。

母親は長太郎の一番の良き理解者であるが、本当に怒った時は「あんたの馬鹿さ加減には、母ちゃん情けなくて涙も出てこないわ」と言う。また、どのシリーズにおいても理容室や洋裁店、クリーニング店など、自営業である。

あばれはっちゃく、懐かしいですね。
逆立ちして、「ひらめいた!」は、小さい頃、よく真似しました(^^)

シリーズとしては、第5作まであるようですが、私が見ていたのが、どのシリーズなのかは、よく覚えてません。
シリーズを通して、変わらなかったのが、「父ちゃん」と「母ちゃん」。
そして、オープニング曲は、シリーズ第1作から4作まで同じで、「タンゴむりすんな!」です。
当時の映像付き動画を貼っておきます。

あばれはっちゃく(シリーズ1、2、3) OP/(シリーズ2) ED


第5作目のオープニングは、動画を見つける事ができませんでした(T_T)
それから、各シリーズのエンディングも。

唯一見つけたのが、この動画。
動画後半に、シリーズ1作目のエンディングが入っています。
それでは、懐かしい音声をどうぞ。


あばれはっちゃく(シリーズ1~4) OP/シリーズ1 ED



オープニング曲、今でも歌詞を覚えてますねぇ。
ただ、オープニング曲の最期の方に「あばれはっちゃく、鼻つまみ」という歌詞があるのですが、ずっと「あばれはっちゃく 鼻詰まり」だと思ってのは私だけではないはず(^^;
エンディングは、ちょっと記憶にないですね。
年代的にもシリーズ1作目は、記憶に薄くて当然ですが。

ちなみに、あばれはっちゃくシリーズのタイトルは、以下の通り。

■あばれはっちゃくシリーズ

1.『俺はあばれはっちゃく』 (1979年2月3日 - 1980年3月8日、全58話)

abarehachaku1.jpg

abarehachacku1-2.jpg


2.『男!あばれはっちゃく』 (1980年3月22日 - 1982年3月27日、全102話)

abarehachaku2.jpg

abarehachaku2-2.jpg


3.『熱血あばれはっちゃく』 (1982年4月10日 - 1983年3月26日、全49話)

abarehachaku3-2.jpg

abarehachaku3.jpg


4.『痛快あばれはっちゃく』 (1983年4月2日 - 1985年2月23日、全93話)

abarehachaku4-2.jpg

abarehachaku4.jpg


5.『逆転あばれはっちゃく』 (1985年3月2日 - 9月21日、全27話)

abarehachaku5.jpg

abarehachaku5-2.jpg


はぉー、歴代あばれはっちゃく、こんな顔でしたかねぇ。
もう覚えてなかったので、改めてみると、みんなワンパクそうな良い顔してますね(^^)

子役だった彼らは、今、どうしてるんだろう。
と思って、調べてみたら、その後、俳優として成功はした人はいないようです・・・
やっぱり難しい世界なんですねぇ。

そして、シリーズ通して、お父さん役として出演した「☞東野英心」さん。

tounoeishin1.jpg

tounoeishin2.jpg

脳梗塞で2000年に逝去されています。
当時、まだ58歳だったんですね。
昭和の厳しいお父さん役がぴったりでした。
ご冥福をお祈りします。

東野英心さんは、初代、水戸黄門でお馴染の「東野栄治郎」さんの息子さんですね。

tounoeijiro1.jpg

tounoeijiro2.jpg


英心さんは、本シリーズが終了した後も、子供向けドラマの復活を願い、「はっちゃく募金」という運動を行っていたらしく、ドラマだけでなく、真剣に子供の育成を考えて取り組んでたんだなぁ、と思いました。

ドラマ内では、父ちゃんに殴られたりするシーンがあって、今では、クレーム入れる人が居そうですが(^^;
そこには、愛があって、親父の威厳もあって、昭和の子供達は、そんな大人の姿を見れたんですよ。
ああ、古き良き昭和・・・
なんて。
ちょっと感傷的になるなぁ、自分の知ってる俳優さん達が、もうこの世に居ないとか考えると。

以上



※みなさんの思い出、感想、コメントしてくださいね

【あばれはっちゃく】
ワンパク小僧と厳しくも愛のある父ちゃん、古き良き昭和が詰まってる
関連記事
スポンサーサイト

おすすめ記事

コメント

46

あばれはっちゃくって小説が原作だったのか
知らなかった

2015/07/29 (Wed) 22:14 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
48

あばれはっちゃく、もう、この単語自体が懐かしい(^^;

2015/07/30 (Thu) 12:09 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
52

閃いた!マネしてた!
逆立ちとかブリッジとか歴代のポーズが知りたい(笑)

2015/07/31 (Fri) 16:48 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
778

5代目はいちおう、百獣戦隊ガオレンジャーのガオブラックなんですけど、いまひとつでしたねえ・・・。(金子昇と玉鉄はブレイクしたけど)

2015/12/16 (Wed) 22:31 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する