HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



遠距離恋愛を続け16年、アフリカから欧州へ通い続けるコウノトリ



1:名無しさん:2018/04/14(土) 02:31:27.77 ID:CAP_USER9.net
アフリカから欧州へ通い続け…コウノトリのつがい、遠距離恋愛16年目に

クロアチアで、体の不自由な雌鳥の元へ毎年、アフリカから遠距離をものともせずに通い続ける、誠実な雄のコウノトリがいる。

越冬地であるアフリカ南部を飛び立った雄のコウノトリ「クレペタン(Klepetan)」は今年の3月後半、クロアチア東部の小さな町ブロドスキーバロシュ(Brodski Varos)に16年連続で戻ってきた。

その地でクレペタンは、こよなく愛する雌のコウノトリ「マレーナ(Malena)」と再会を果たした。このつがいはすでに62羽ものひな鳥をかえしてきたといい、その誠実な遠距離恋愛ゆえにクロアチアで有名になった。



地元の学校で管理人を務めていたスチェパン・ボキッチ(Stjepan Vokic)さん(71)は1993年、ハンターに羽を撃たれたマレーナを池の近くで見つけ、それ以降マレーナの世話を続けてきた。

マレーナは冬の間、暖房器具と水槽を備え付けられ、ボキッチさんが「即席のアフリカ」と呼ぶ倉庫で過ごす。

春になるとボキッチさんはマレーナのために、倉庫の屋根に大きな巣をつくる。

その一方、父親のクレペタンは8月に入ると、アフリカ南部へ飛び立つのを前に、ひな鳥たちに飛び方を教える。

その後クレペタンは最終的に、マレーナが暮らす町から約1万4500キロメートル離れた南アフリカ・ケープタウン(Cape Town)の近くまで、1か月以上かけて移動するという。

アフリカに行けないマレーナは、ボキッチさんと過ごす。ボキッチさんはコウノトリの生息地である湿地から離れているために、マレーナを風呂に入れたり、乾燥しないよう脚にクリームを塗ってあげたりする。

ボキッチさんはAFPに対し、「マレーナをアフリカへ連れて行ってあげることはできないから、釣りに連れて行っている。テレビを一緒に観ることさえあるよ」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000048-jij_afp-int.view-000


3:名無しさん:2018/04/14(土) 02:36:09.10 ID:J8C1snxc0.net
遠距離恋愛はやめとけ
ソースは俺
15:名無しさん:2018/04/14(土) 03:57:33.78 ID:k9uvve9z0.net
>ハンターに羽を撃たれたマレーナを池の近くで見つけ、

洋の東西を問わず、ハンターというのは人間の屑なんだな
日本でもサギと間違えたと称してコウノトリを射殺したゴミ屑ハンターがいたろ
5:名無しさん:2018/04/14(土) 02:44:20.28 ID:+SGdK+jW0.net
ハンティングをやめろ
6:名無しさん:2018/04/14(土) 02:44:28.08 ID:.net
NHKがドキュメンタリー番組にしてくれたらbilibiliで観るよ
8:名無しさん:2018/04/14(土) 02:46:31.96 ID:XsJh7b8Z0.net
長生きなんだなあコウノトリ
9:名無しさん:2018/04/14(土) 02:46:56.33 ID:XsJh7b8Z0.net
ところで遠距離恋愛って何キロから?
30:名無しさん:2018/04/14(土) 14:21:44.50 ID:3Wrhmv/Q0.net
>>9
新幹線使わなきゃいけないくらいの距離からなイメージはある
関西と関東とか
11:名無しさん:2018/04/14(土) 03:09:30.96 ID:GnvHlvO80.net
愛されてるのね
10:名無しさん:2018/04/14(土) 03:01:45.66 ID:vROPu9KH0.net
ただの現地妻やろ
13:名無しさん:2018/04/14(土) 03:44:11.81 ID:6ZddppbD0.net
コウノトリは浮気しないからな
26:名無しさん:2018/04/14(土) 06:07:32.00 ID:18t6mF9q0.net
>>13
アフリカに愛人もしくは本妻がいる可能性はないのか?
42:名無しさん:2018/04/15(日) 17:30:39.12 ID:wHyFUWjG0.net
>>26
だよな。本当に愛していれば、オスもアフリカ行きを諦めるはず
20:名無しさん:2018/04/14(土) 04:20:40.08 ID:VST5nJTH0.net
鳥類はオスメス1対1でペアを組んで子育てが基本
ペンギンみたいに毎年相手を変えるのもいるがツルみたいにずっと同じ相手とペアを組むのもいる

むしろ哺乳類は殆どがこうじゃない
熊や虎みたいにオスはヤり捨てで子育てはメスだけがやるのか、
ライオンやトドみたいにハーレムをつくるのかとかゾウのようにメスと子供たちだけで群をつくるか
いずれにせよオスは子育てに一切かかわらない
「父親」というのは人類の発明
22:名無しさん:2018/04/14(土) 04:40:50.74 ID:eu46DgPu0.net
>>20
ライオンのオスはペアになったメスに連れ子がいると、その子供を噛み殺してメスと新たに小作りするらしい
人間も見習った方がいいな
34:名無しさん:2018/04/14(土) 23:27:03.26 ID:P7Kr6MdA0.net
>>20
最近分かったが象は息子が産まれると幼い間は母親の群に子育てを一任してるが
一定の時期になるとどこからともなく母親の群まで息子を迎えに来る
そして2年間程父親と息子で生活してオスとしての生活を教えて息子象は大人象として一人で生活するようになるんだとさ
43:名無しさん:2018/04/15(日) 17:33:45.22 ID:EwqHaTsGO.net
渡りってわざわざ赤道を跨ぐ必要があるのかしら
29:名無しさん:2018/04/14(土) 07:28:41.90 ID:KeUv2YlK0.net
旦那が死ぬ確率けっこう高そうだが、心配だな
天敵とかそんなにいないのかな?コウノトリ
37:名無しさん:2018/04/15(日) 09:23:47.13 ID:j8vAwSbZO.net
どちらかが他界してある年突然会えなくなったら悲しいだろうなぁ
どちらも長生きしたってや
23:名無しさん:2018/04/14(土) 05:11:03.98 ID:/yI0wFcv0.net
暗いニュースよかこういうホッコリするようなニュースが増えるといいなぁ
25:名無しさん:2018/04/14(土) 05:25:48.84 ID:hU0hpJHi0.net
>>23
爺さんにすげー慣れてるな。卵があるのに。
普通は人とか近づけないだろ

27:名無しさん:2018/04/14(土) 06:19:45.92 ID:Gfw0vin10.net
>>1
イイ話ダナー!
目から汗が!

>>25
GJ!
38:名無しさん:2018/04/15(日) 16:56:31.20 ID:dXvKzS8P0.net
半分ペットみたいなコウノトリ
面白いね
7:名無しさん:2018/04/14(土) 02:46:00.79 ID:DDM6w801O.net
(´;ω;`) ちょっと感動した
24:名無しさん:2018/04/14(土) 05:19:03.01 ID:eLohfN300.net
素敵(*ノωノ)
35:名無しさん:2018/04/15(日) 02:13:30.06 ID:BEDvzhMB0.net
コウノトリでも奥さん子供がいるというのにお前らときたら

遠距離恋愛を続け16年、アフリカから欧州へ通い続けるコウノトリ
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1523640687
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する