HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【ゴールドライタン】見た目からは想像できない!超合金が大ヒット!




【☞ゴールドライタン

『ゴールドライタン』は、1981年(昭和56年)3月1日から1982年(昭和57年)2月18日まで東京12チャンネル→テレビ東京で放送された、タツノコプロ製作のロボットアニメ。全52話。放送時間は第5話までが毎週日曜日7時30分 - 8時00分、第6話以降は毎週木曜日18時00分 - 18時30分。

本放送時のタイトルは『ゴールドライタン』だったが、再放送時に『黄金戦士ゴールドライタン』(おうごんせんしゴールドライタン)に改題された。ただし、局によっては本放送版をそのまま流しているなど、統一されていない。当時の番宣ポスターや主題歌シングル、現在のDVD-BOXやBlu-ray BOX、オリジナルサウンドトラックなどの関連商品でも『黄金戦士ゴールドライタン』となっており、こちらが事実上の正式タイトルといえる。

真下耕一の初監督作品。本作はトランスフォーマーやマシンロボなどに先んじた、意思を持った変形ロボットの群集劇である。また、後続作品のトランスフォーマーシリーズや勇者シリーズでは、ロボットと少年との心の交流も重視しているが、本作もヒロとの友情が重要なテーマになっており、時代を先取りしているといえる。

ポピーの村上克司によると、ヘビースモーカーだった村上は複数のライターを所持しており、それらを眺めている内に思いついて、ライターに変形するロボットを1枚デザインしたが、特に注目されることはなかった。ところがある日、唐突に杉浦幸昌が「おい村上、あのライターロボットはどうなった」と言い出した。村上の仕事をいつも見ていて、しかも後々まで覚えていたのだという。「次はこれで行こう」の杉浦の一声で企画がスタート。ライタンは老舗ライター会社が商標登録していたが、交渉して格安で商標を譲ってもらった。アニメ化企画自体はポピーからタツノコプロに持ち込まれたもので、村上の説得によりタツノコプロは即座にアニメ化を決定したという。

はい、ゴールドライタンです。
キン肉マン」に出てきた悪魔超人(悪魔六騎士)「サンシャイン」ではありません(^^;
(いや、サンシャイン、絶対パクリだよね)

しかし、なんてシンプルなデザイン。
子供ながらに、「あ、これライターだ・・・」って分かったもんね。

そんなゴールドライタンのオープニング曲。


ゴールドライタン OP



懐かしいですね。
製作は、タツノコプロだったんですね。
改めて見ると、このオープニングの曲調も、人間のキャラクターの顔(特に目)が、タイムボカンシリーズに通じるものがあるように思います。

エンディングは、こちら。


ゴールドライタン ED



こちらは、あんまり覚えてないですが、タツノコプロ臭がします(^^;

そして、ゴールドライタンと言えば、変形する超合金。
変形と言っても、単なる「直方体」から手足が出るってだけなんだけど。

goldlightan-toy.jpg

goldlightan-toy1.jpg


仲間も沢山いましたね。

goldlightan-toy2.jpg

自分は、持ってなかったんですが、仲の良い友達が「円柱形」の奴、持ってて、羨ましかったんですよねぇー。
たぶんコレ↓

goldlightan-toy3.jpg

今見たら、地味・・・地味すぎるっ。
なんて、簡単(シンプル)な変形パターン(^^;
でも、当時は、コレを欲しいと思ってたんだんよなぁwwww

ちなみに、このゴールドライタンの超合金。
金箔が使われていて、更に表面に細かい模様(クリスタルカット加工)が施されています。
当時、3000円、という玩具にしては高額な値段だったにも関わらず、150万個を売り上げる大ヒット。
その為、日本中の「金箔職人」が借り出された、という逸話まであるようですね。
ゴールドライタン、恐るべし。

しかし、これ最初に企画した大人達は、どういう思惑で作ったんだろうね。
今より喫煙に対しておおらかな時代、大抵の場所でタバコが吸えて、ライターもお洒落アイテムの1つとして価値があった時代だとは思いますが。
ライターから子供用のロボットを作る、アニメにして、玩具を大ヒットさせてしまう、なんてマジスゲェわ(^^;

そして、敵のネーミングも凄いです。
ずっと忘れられない名前、ウヨッカーマンナッカーサヨッカーwwww
こいつらです↓


ウヨッカー
goldlightan-uyokkar.jpg


マンナッカー
goldlightan-mannakkar.jpg


サヨッカー
goldlightan-sayokkar.jpg


いやいやいやっ!って突っ込みたくなるネーミングwwww
今聞いたら、ネトウヨ?ブサヨ?とか連想してしまうよね(^^;

そんなゴールドライタン、設定としては、先進的で、「意思を持ったロボット」の先駆け的存在です。
トランスフォーマーがメジャーになった今となっては、気にする事もないですが、ロボット型宇宙人(別次元の住人)って、確かに斬新なアイデアだと思います。
それまでは、ロボットは、人が操作する(鉄人28号)か、人が乗り込んで操縦するモノ、だったのですから。

ゴールドライタン、見た目は、シンプル、というか、アイデア無くて投げやりに作っただろって感じwwwなのに、何かと凄いアニメでした。

以上



※みなさんのコメント、おまちしております

【ゴールドライタン】
見た目からは想像できない!超合金が大ヒット!
関連記事

おすすめ記事

コメント

36

ウヨッカー、サヨッカー、ワロタwwww
ネラーには、これから、これ使って欲しい

2015/07/26 (Sun) 23:21 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
37

ゴールドライタンの超合金は、何年か前に復刻版も出てましたね。

2015/07/27 (Mon) 14:33 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
39

どこからどう見てもサンシャインだよなぁ

2015/07/27 (Mon) 22:18 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
5584

日テレに出演するなら、ウヨッカーは、ハマカーンの浜谷さんに声優を担当させます。

2017/06/15 (Thu) 02:05 | ほっさん #- | URL | 編集
5586

ウヨッカー氏を「そこまで言って委員会」に出演させなさい。

2017/06/15 (Thu) 02:23 | ほっさん #- | URL | 編集
7787

懐かしいw自分はゴールドライタンが売っていなくて、スコープライタンを買ってもらいましたw

2017/11/17 (Fri) 14:32 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する