HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【トライダーG7】普通のロボットアクションアニメかと思ったら下町人情ストーリーだった




【☞無敵ロボ トライダーG7

『無敵ロボ トライダーG7』(むてきロボ トライダージーセブン)は、1980年(昭和55年)2月2日から1981年(昭和56年)1月24日まで、名古屋テレビを制作局として、テレビ朝日系列で毎週土曜日17:30 ‐18:00(JST)に全50話が放送されたサンライズ制作のロボットアニメである。

前番組の『機動戦士ガンダム』が高年齢層からは注目を集めたものの、本来の視聴者である低年齢層の間では今ひとつ人気が振るわなかったことから、純然たる子供向けアニメとして制作された。

いわゆるスーパーロボットアニメでありながら、出撃時に近所の住民にスピーカーで注意を呼びかける、敵と戦うときに経費を考えて戦う必要がある、などの生活感ある描写が数多く見られ、軍用兵器としてのロボット描写を重視したガンダムとは別の意味で、リアリティを追求した作品となった。またトライダーG7の高い性能についても、ロボット帝国から亡命した科学者による1機だけの設計であり、他の地球製ロボットに比べ、ずば抜けて優れていると説明がなされている。

地球侵略を狙うロボット帝国とトライダーG7との戦いを描いているが、ドラマはワッ太を中心とする下町人情物ストーリーが主に描かれ、ロボット帝国の正体は地球に知られておらず、「地球を襲ってくる謎の怪ロボット」程度にしか認識されていない。ロボット帝国側も、地球を襲撃するたびに迎撃に出てくるトライダーの正体を探ろうとするものの、偶然が重なり失敗が続く。結局、ロボット帝国が地球侵略を断念する最終回も含め、敵味方の両陣営にほとんどストーリー交流が無いという特異な構成となった。唯一の接点はトライダーG7を設計したのがロボット帝国の科学者・ナバロン(梅本)であるという事だが、それを知るのは主人公・ワッ太の亡き父親とロボット帝国の技術者クラードのみであり、他の主要登場人物は誰もその事実を知らない。最終回では戦闘はなく、ワッ太達の卒業式で締めくくっている。

また、ナレーションは前番組の『機動戦士ガンダム』で、シリアスな語りをしていた永井一郎が引き続き担当。前番組とは打って変わった弾けた語り口を披露している。

トライダーG7、内容はうろ覚え。
主題歌もサビの部分は良く覚えてますが、それ以外のパートは曖昧。
でも、記憶に残ってるってことは、それなりに見ていたんでしょうね。
思い出に残るようなエピソードがないので、その分、記憶が薄いのかもしれません。


トライダーG7 OP



フルコーラス版



トライダーG7って、かなりコメディっぽい設定だったんですね。
ウィキペディア見てびっくりしました(^^;
自分の記憶にあるのは、「真面目」なロボットアニメだったのですが、設定を読むと、日常系アニメにロボットシーンぶっ込んだ、みたいな内容です。

まず、敵の素性をほとんどの人間が知らないで、何か襲ってくるから、とりあえず倒してみた、的な(^^;
一種、ウルトラマン的、単純明快展開。

そもそも、主人公の下町人情ストーリーがメインである(^^;
ロボット出撃時に町内放送で危険を呼びかけるwww
経費を考えて戦う・・・あぁ、小学生社長だから経費を考えるのか、納得・・・って、社長って何だよΣ(゚Д゚)

と、思ったら、主題歌(エンディング)のタイトル、ズバリ「俺は社長だ」だったwww

triderG7.jpg


こんなストーリー全然覚えてないわ。

と言うことで、気になるエンディング「俺は社長だ」を聴いてみましょう。


トライダーG7 ED



フルコーラス版



う~ん、何か記憶あるような気がする。

それより、最終回。
戦闘シーンもなく、主人公の卒業式で終わる、とか・・・
そんなアニメだったのぉ~(; ̄Д ̄)

自分の記憶に残ってるのは、ロボットのシーン。
戦闘機形態に変形する、とか、必殺技は、火の鳥みたいになって、敵を真っ二つにする、とか。
なので、改めてストーリーを知って、ほんとΣ(゚Д゚)ぇぇです。

まぁ、低年齢層を対象に作られたようなので小難しい設定が無いのも納得です。
ストーリーを知らない私でも、ちゃんとロボットのシーンは覚えてるんだから、ある意味、成功でしょう。

動いてるトライダーG7が見たくなったので、ハイライト的動画も貼っておきます。


トライダーG7 ハイライト



これこれ、必殺技(バードアタック!)、これだよ。
でも、公園から出撃するシーン、覚えてなかった(^^;
これ、公園で遊んでる子供達、逃げ遅れたらヤバイだろっwwww

ついでなので、超合金も。

triderG7_GX-66.jpg

かっけーですな。
G7のデザイン、かなり私好みです。

アニメって子供の頃は理解できなくて、大人になって、「へぇ~、こんな深い設定があったのかぁ」と驚くことがよくあります。
トライダーG7は、まったく逆の意味で驚きでした(^^;
ロボットはかっこいいのにね。

以上



※みなさんのコメント、おまちしております

【トライダーG7】
普通のロボットアクションアニメかと思ったら下町人情ストーリーだった
関連記事

おすすめ記事

コメント

497

湾岸戦争のとき イスラエルの防衛の為のパトリオットが一発幾らってニュースを見てて専務を思い出した。

2015/10/30 (Fri) 19:02 | 豊川稲荷 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する