HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【ダグラム】子供には難しすぎた?サンライズ製作最長編アニメ




【☞太陽の牙ダグラム

『太陽の牙ダグラム』(たいようのきばダグラム)は、1981年(昭和56年)10月23日から1983年(昭和58年)3月25日までテレビ東京で全75話が放送された、日本サンライズ製作のSFアニメ(ロボットアニメ)。放送時間は第19話までが毎週金曜日18:00 - 18:30、第20話以降は毎週金曜日17:55 - 18:25。

高橋良輔のロボットアニメ初監督作品。同時期、若者の間で好評を博した『機動戦士ガンダム』や『伝説巨神イデオン』を意識し、子どもたちだけでなく、その父親層までも視聴者に取り込むことを目的とし、単なる勧善懲悪ではなく実際にあり得るのと同じ独立戦争をテーマとし、その発端から終結までを描く。登場人物たちはそれぞれの政治的使命や信念に基づいて行動し、単純な悪役が存在しないリアルなストーリーを追求している。そのため、少年向けアニメには珍しく複雑な社会構造を背景とした重厚な政治ドラマや戦略的駆け引きが展開される。また、喫煙シーンが多かったのも特徴的である。

第1話の冒頭に朽ち果てたダグラムを登場させるショッキングな演出があり、映画版のポスターやチラシも砂漠に放置されたダグラムの残骸のイラストが用いられた。この演出は戦場まんがシリーズ「鉄の竜騎兵」から着想を得ており、高橋は後にOVA「ザ・コクピット」制作のオファーがあった際、即座に同話の監督を希望したことを同作DVDの映像特典インタビューで語っている。

はい、今回はダグラムです。
ダグラムのロボットの特徴と言えば、やっぱり「頭部」でしょう。
これまでのロボットが人間っぽい顔(目、鼻、口がある)だったのに対し、ダグラムは頭部がコックピットになっており、ヘリコプターみたいな見た目になってます。
斬新と言えば斬新ですが、私は、好きではありませんでした(^^;
何か潜水用のヘルメット被ってる感じ。

これまで、何度か書きましたが、私の実家は、海が近くにある超・ど田舎です。
ごっつい装備で海に潜るおっさん(潜水士?)も、見慣れていたので、どうも、ダグラムの造形がダブって・・・
どうしてもかっこいいとは思えませんでした(^^;

いや、誤解しないで下さい。
潜水士もダグラムもDISってないし!
スゲーと思ってるし、大変な仕事だと分かってるし!

幼い頃のダグラムのファーストインプレッションが、「潜水用ヘルメットみたいwww」、だったという話。
以降、ロボットアニメで重要な「カッケー」とか「ロボ欲しい」とかいうワクワク感が見出せなかったです(^^;

ただ、今、見ると全然普通だよね。
と言うか、戦闘兵器として、かなりかっこいいと思えるデザインなんだけど。
ちなみに、プラモデル。いかす。

dagram-plamodel.jpg


あとは、話がよく理解できなかったってのがありますね。
かなり重厚なストーリーで、政治的、戦略的駆け引きが展開されます(と、ウィキペディアに書いてあるwwww)。

そんなダグラムのオープニングに行ってみましょう。


ダグラム OP



アニメ自体は、あんまり嵌ってなかったけど、これは懐かしい。
ロボットアニメとは、思えないバラード長のオープニング。
タイトルも「さらばやさしき日々よ」だし、谷村新司が歌っていても、何の違和感も無さそう(^^;
いろいろと斬新過ぎる、ダグラム。

そして、エンディング。
探したんですが、エンディングだけの動画は見つかりませんでした。
と言うことで、動画の1:29辺りから、ご視聴下さい。



イントロwww
昭和のデュエット曲っぽい。
んー、こっちはあんまり覚えてないなぁ。

ダグラムと言えば、ストーリーや曲より、こっちの方が記憶に残ってる。

dagram-poster.jpg

夕焼けの荒野にぽつんとダグラムが乗り捨てられてるポスター。
ダグラムの姿勢がまた人間ぽくて、哀愁を誘うんですよねぇ。

どういう経緯で入手していたのか、まったく記憶に無いんですが、私の部屋(兄と共用)には、映画のポスターがいろいろと貼ってあったんですね。
ジャッキーチェンの映画の奴とか、角川映画とか、「幻魔大戦」(なつい)もあったと思う・・・
定期的に、色んなポスターを入手していたので、それ関係の知り合いが両親にいたのかも?

その中に、このポスター(これと同じ物かどうかは覚えてませんが)もあって、子供心に、シンプルなのに、何か物悲しい感じがすごく伝わってきて、引き込まれる絵だなぁ、と思ってましたね。

そんな、私にとっては、記憶に薄いダグラムですが、視聴率は、好調だったようで、話数も75話とサンライズ製作のアニメの中では、最長のアニメになっています。
幼稚さを排除したストーリは、子供には難し過ぎましたが、比較的幅広い年齢層には受け容れられたようですね。

今見直したら、より理解できて、おもしろい作品かもしれません。

以上



※みなさんの思い出、感想、お願いします

【ダグラム】
子供には難しすぎた?サンライズ製作最長編アニメ
関連記事

おすすめ記事

コメント

25

ダグラム良いですね。
リアルタイムで見てはないですが、私は好きす。
当時はアニメ雑誌でも酷評されてたみたいですが。

2015/07/22 (Wed) 23:10 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
643

ダグラムはリアルタイムでよく覚えてる 革命が成功直前で挫折するのが強烈だった
ダグラムとボトムズはアメリカンニューシネマのセンス濃厚で、いまこういうアニメを作るの無理だ

2015/11/23 (Mon) 22:55 | ゆとりある名無し #- | URL | 編集
2579

当時のアニメ誌アニメックだったかファンロードだったか、さんざんダグラムをdisりまくって『(ガンダムの頭部が破壊されたときのセリフになぞらえて)たかがコクピットをやられただけだ、等』、とうとうサンライズを激怒させてしまい、一時期出禁を喰らってたってはなしを思い出した。


でも未だに人気高いよね、デスタンオチ

2016/09/16 (Fri) 22:33 | パジャマCBパーティー #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する