HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【キカイダー01】ビジンダーを演じた志穂美悦子は当時高校生だってよ




【☞キカイダー01

『キカイダー01』(キカイダーゼロワン)は、1973年(昭和48年)5月12日から1974年(昭和49年)3月30日までNETテレビ(現:テレビ朝日)系に毎週土曜日20:00 - 20:30に全46話が『人造人間キカイダー』の続編として放送された、石森章太郎原作の特撮テレビ番組。または、その主人公のヒーローの名前。

漫画版『人造人間キカイダー』の01登場後とはキャラクターの設定などが異なる。

2001年にOVA『キカイダー01 THE ANIMATION』が作られているが、これは漫画版『人造人間キカイダー』の後半部分をアニメ化した作品。

NETは前年1972年(昭和47年)に、当時土曜夜20時台からの一時間枠で視聴率を独占し、「お化け番組」と呼ばれた『8時だョ!全員集合』に対抗して、同時間枠にアニメ番組との組み合わせで「変身大会」と銘打ったプログラムを企画、『人造人間キカイダー』を放映していた。この「変身大会」は予想以上のヒット企画となり、後半のアニメ番組と併せて『8時だョ!全員集合』によく対抗してみせた。こうして『キカイダー』の続編の製作は73年の年明け早々に決定されることとなった。内容は前作の続編として、キカイダー / ジローも引き続き出演することになった。ネーミングは難航したが、最終的に『キカイダー01』と『01キカイダー』の二つの案が残り、東映の渡邊亮徳によって『キカイダー01』に決められた。

キカイダーに続いて、キカイダー01です。
キカイダーの続編ですが、設定上は、01の方が、キカイダーより先に作られた人造人間。
01は、キカイダー(ジロー)の兄、イチロー、という設定になっています。

見た目は、キカイダー同様、青/赤のカラーリングですが、キカイダーとは、左右逆になってますね。
あと、頭部や胸部、そして腕が透けて機械が丸見えになっており、キカイダーよりもメカメカしいです。

これ、キカイダーよりの先に作られたことを暗示するデザインなのか、それとも、単に続編として、より強く見せる為のデザインなのか、どっちなんでしょうね。




そんな、01のオープニング。


キカイダー01 OP



続いて、エンディング。
タイトルは、「01ロック」です。


キカイダー01 ED



前回、「キカイダー」で触れたように、01でも、ハカイダーが出てきます。
しかも、今回は、ハカイダー4人衆、というカルテットで登場です(^^;

hakaiders4.jpg

画像では、色が分かりづらいかもしれませんが、元祖ハカイダー(黒)、レッドハカイダーブルーハカイダーシルバーハカイダーの4人で、元祖ハカイダーがリーダーです。

この4人のハカイダーは、前作の敵組織(ダーク)の天才科学者達の脳が組み込まれている、という設定で、前作から世界観が続いているのが分かります。
そして、キカイダーも登場して、01と共闘したりします。
■追記
※情報ありがとうございました

ハカイダーは、1995年に主役として映画にもなっています。

人造人間ハカイダー

hakaider-movie.jpg

人造人間ハカイダー 予告編



ダークヒーローとしてのハカイダー、格好良いですねー。
この映画に登場するハカイダーは、原典とは設定が大きく異なり、名前とイメージだけを使用したスピンオフ作品、ということらしいです。
また、原作者「石ノ森章太郎」の生前最後の東映特撮ヒーロー作品、つまり遺作であるらしいので、その意味でも貴重ですね。

あと、01で忘れてはいけないキャラと言えば、ビジンダーでしょう。
このネーミング(^^;

bijinder.jpeg

ビジンダーは、最初、敵として登場しますが、01によって、「良心回路(不完全)」を組み込まれて、味方になります。
ウィキペディアを見る限り、これは、キカイダーを演じていた「伴大介」が、別の撮影(イナズマン)でスケジュールが厳しくなった為、代役としてビジンダーを登場させたみたいです。

そのビジンダーを演じていたのが、「志穂美悦子」ですね。

shihomietsuko.jpeg

80年代、志穂美悦子は、角川映画「二代目はクリスチャン」や、ドラマ「親子ゲーム」など主演しており、メジャーな女優でした。
特に、親子ゲームは、よく見ていたドラマで、思い出深いです。
このドラマがきっかけで長渕剛と本当に結婚したのは、有名ですね。
(正確には、このドラマの後、映画「男はつらいよ」でも恋人役として競演していますが)

ちなみに、ビジンダーを演じていた時の志穂美悦子、当時、まだ高校生だったらしいです。
ほぇ~、マジか(^^;
美人というか、凛々しいというか、大人っぽいよね。

そして、もう一人、個性の強いキャラ、ワルダー
またしても、このネーミング(^^;

waruder.jpg

敵なんだけど、悪ではなく(悪人面だけど)、ビジンダーに恋してラブレター書いたりする、憎めない奴(^^;

ところで、キカイダーも01も、2001年にOVAとしてアニメ化されています。
まったく知りませんでしたが・・・(^^;

動画は、英語吹き替え版ですが、アニメになると、どんな感じなのか、雰囲気は、伝わると思います。

キカイダー01 The Animation


アニメ版は、単に特撮版をアニメにしたわけではなく、オリジナル(石森章太郎の原作漫画に近い)となっているようです。
アニメの方が、アクションシーンなど、自由度が高いでしょうし、面白そうですね。

それより、今回、「イナズマン」、「親子ゲーム」など、懐かしいタイトルが出てきました。
これらも、いずれ、記事にしたいと思っています(^^)

以上



※みなさんのコメント、お待ちしております
【キカイダー01】
ビジンダーを演じた志穂美悦子は当時高校生だってよ
関連記事

おすすめ記事

コメント

27

キカイダー無印と01、意外と見た目が違うもんなんですね。
違う事はわかってても、どこが違うかは覚えてなかったです。
少しすっきりした気分になりました(^^)

2015/07/23 (Thu) 17:41 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
28

志穂美悦子高校生かー
大人っぽいなあ

2015/07/23 (Thu) 23:36 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する