HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



100万回のシミュレーションの結果、ネアンデルタール人は絶滅する運命だった



1:名無しさん:2017/11/07(火) 02:28:32.40 ID:CAP_USER.net
100万回以上のコンピュータシミュレーションで分かったこと。

何がネアンデルタール人絶滅させたのか。これはいまだに大きな論争の的だ。最新の研究によれば、その答えとしてはさまざまな要因が考えられるものの、ネアンデルタール人はいずれにせよ絶滅する運命にあったという。

進化論的に私たち現生人類に最も近い存在であるネアンデルタール人は長期にわたり欧州やアジアに生息していたが、アフリカで現生人類が誕生した後、約4万年前に消滅した。

ネアンデルタール人が絶滅した理由についてはこれまで、気候変動や感染症の影響であるとする説や、知能や文化面で優れていたであろう現生人類との競争に敗れたとする説など、さまざまな仮説が提唱されてきた。

今回の新しい研究の狙いは、「こうした各種の仮説に反論することではなく、そもそもネアンデルタール人は特別な原因がなくても絶滅していた可能性があると示すことにある」とスタンフォード大学のオレン・コロドニー氏は語る。

コロドニー氏と同僚研究者のマーカス・フェルドマン氏は10月31日に学術雑誌『Nature Communications』で論文を発表し、自分たちのアプローチを紹介した。

両氏は、ネアンデルタール人と現生人類のそれぞれ複数の小集団が欧州やアジアの各地に生息していたという想定でコンピュータシミュレーションを実施。そうした小集団のうち、無作為に選ばれた一部の個体群が絶滅し、同じく無作為に——絶滅した個体群の種とは無関係に——選ばれた別の個体群に置き換わるというシミュレーションだ。

シミュレーションは、どちらの種にも先天的な能力差はないとの想定で実施されたが、両者には1つだけ決定的な違いがあった。それは、ネアンデルタール人とは異なり、現生人類はアフリカから移住してくる増援隊によって常に補充されるという点だ。「巨大な波というよりも、むしろポツリポツリとした極めて小規模な動きだ」とコロドニー氏は語る。

それでもネアンデルタール人と現生人類の比率をひっくり返すには十分だった。さまざまな想定の下でシミュレーションを100万回以上実施したところ、大体はネアンデルタール人が絶滅するという結果になったという。

生存も死滅も運次第だったのだとすれば、現生人類の移住が何度も繰り返されたことによる影響は大きかったはずだ。「結局、ネアンデルタール人は負ける運命にあったということだ」とコロドニー氏は語る。

同氏によれば、こうした移住が実際に起こったという証拠は決定的というより示唆的なものであり、「あまり多くの考古学的痕跡は期待できない」という。

人類の起源を研究する専門家によれば、この論文は今後、ネアンデルタール人を絶滅へと導いたさまざまな要因を解明する上で役立つものとなりそうだ。

「この研究は、ネアンデルタール人の絶滅を、現生人類との行動能力の差異を想定せずに説明することを目指した最近の各種の研究とも合致する」とオランダのライデン大学のウィル・ローブレークス氏は語る。同氏によれば、近年はネアンデルタール人と現生人類の間にそうした差異があるとの仮説は誤りであることが概ね証明されているという。

ドイツのテュービンゲン大学のカテリーナ・ハーバティ氏は、今回の研究はネアンデルタール人絶滅の謎の解明には有用かもしれないが、なぜ現生人類がアフリカから欧州やアジアに拡散したのかという疑問を解消するものではない、と指摘。「その拡散の背景に何があったかを解明することが重要だ」と同氏はメールで述べている。


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/06/news078.html


4:名無しさん:2017/11/07(火) 02:42:48.00 ID:ql2KAUfe.net
そもそもネアンデルタール人と現生人類ってはっきりと別の生き物なのか?

黒人と白人程度の差異しかないんじゃないの?
黒人とゴリラほどの差異はあるの?
46:名無しさん:2017/11/07(火) 09:11:33.84 ID:x8t2DqaD.net
>>4
絶滅ってより、融合なんじゃなかろうか?って思う。
別けるから違うのであって、もっと境界のないもののような気がするけど。
違うのかな?
236:名無しさん:2017/11/09(木) 19:55:15.78 ID:lwpLbQcF.net
>>4
クロマニヨンとネアンデルタールの骨格はかなり違うらしい。
8:名無しさん:2017/11/07(火) 02:48:00.27 ID:CxLmnXNy.net
欧米へ中国人が常に補充される現代・・・
9:名無しさん:2017/11/07(火) 02:49:55.99 ID:GD5aYfoM.net
まるで難民や不法移民に乗っ取られる先進国のようだな
13:名無しさん:2017/11/07(火) 03:01:09.74 ID:+AS4b1Kb.net
さあね、生物種って化石でたどってみる限り、絶滅したヤツの方が多くて、
現生種の方が少ないそうだ。
226:名無しさん:2017/11/09(木) 14:02:12.35 ID:6askmsCk.net
>>13
結論を言えば現生人類は絶滅する宿命を背負って今を生きている

定めじゃw
17:名無しさん:2017/11/07(火) 03:22:21.67 ID:kbcj+BoC.net
現在の人類史について絶滅する運命かどうかをシミュレーションしなよ
23:名無しさん:2017/11/07(火) 05:59:15.71 ID:cSh+Z6c/.net
>>1 なぜ現生人類がアフリカから欧州やアジアに拡散したのかという疑問

逆に考えてなぜアフリカ人だけが生き延びたのかその理由解明が鍵。
古代において人類は大自然の脅威には抗うことが出来なかったと想像する。
微かに大洪水の伝承が残っているがそれ以外に太陽の大変動も考えられる。
そこでなぜアフリカ人の肌色が黒色なのか疑問に思えてくる。
アフリカ人だけが生き延びた理由がそこにあるとおもわれるが。
未だに人類解明にはほど遠いが現代科学技術がもっと進歩すれば
いずれ解明されるときが来ると期待する。
25:名無しさん:2017/11/07(火) 06:43:35.09 ID:JBk/4O8d.net
現生人類だけが増援される想定じゃ一色に染まるに決まってる。
とくべつアフリカからだけ人口が充溢して、残りの世界では
対等な陣取りゲームになったとする理由はなんなん
50:名無しさん:2017/11/07(火) 09:39:38.36 ID:ewV/sA1j.net
>>25
結果を見ればそうなってるからだろ。
51:名無しさん:2017/11/07(火) 09:44:40.48 ID:30bXVGND.net
>>50
つまり意味が無い
絶対数は現生人類の方が多く、同確立で絶滅するのなら現生人類が残るのは自明
29:名無しさん:2017/11/07(火) 07:25:14.58 ID:YI3UjZ9sj
欧州とかにいたネアンデルタール人が増援しないのは何故なんだぜ
33:名無しさん:2017/11/07(火) 08:10:59.75 ID:9mOgWlkU.net
前提としてアフリカから常に移民が来るということだよね。

つまり、アフリカの方が人口の増加率が常に高いし、
人口の移動は常に一定方向(アフリカ→ヨーロッパ・アジア)だということだよね。
34:名無しさん:2017/11/07(火) 08:23:07.43 ID:YI3UjZ9sj
ていうか
人とチンパンジーではDNAレベルでは2%しか違わないという
考え様によっては98%チンパンジーで、2%だけ人で絶滅寸前なんジャネw

どうしてネアンデルタール人が絶滅した側なん
35:名無しさん:2017/11/07(火) 08:15:09.53 ID:0Ic+YhMy.net
この条件ならシミュレーションしなくても結果はまあ想像できるけど
改めて言われると、この条件も不思議だね。

・現生人類はアフリカで生成され他の地域に継続的に供給される
・ネアンデルタール人はアフリカに侵入することができない

1点目もそうだけど、2点目は更に不思議。なんで逆流しないんだろう。
アフリカが暑くて住み難いから?いや、現生人類が増え続けて
他の地域に溢れる程度には環境は優れている。

よくアフリカを出発して南米まで辿り着く人類の旅が描かれるけど
なぜか一方通行。普通、行ったり来たりするもんじゃない?
174:名無しさん:2017/11/07(火) 22:35:14.82 ID:cny/PMVn.net
>>35
そっちから現生人類が来るんだからネアンデルタール人は押し出されるだけじゃね?
逆侵攻はちと考えづらい。
37:名無しさん:2017/11/07(火) 08:21:01.74 ID:/X3+8V/i.net
>>35
え?
単に拡散を図示しているだけで、
各地における拡散後の態様は図示の対象じゃないだけ
41:名無しさん:2017/11/07(火) 08:34:18.94 ID:9mOgWlkU.net
>>37
この研究の前提として、ネアンデルタールとホモサピエンスに優劣はなく、
病気などの要因もなかったことになっている。

ネアンデルタール人も同じくらい増えて、かつ、アフリカにも移動したと仮定する。
ネアンデルタールは何故、減少したのかの説明が無くなってしまうよ。
169:名無しさん:2017/11/07(火) 22:06:56.49 ID:xFeIDLRH.net
>>41
アフリカには人類がわんさかいたからこそ
人類が他の地域に押し出されて拡散していった

ネアンデルタール人がアフリカに行っても
数的に不利なので持続的生存にはより厳しい条件だ
38:名無しさん:2017/11/07(火) 08:35:44.23 ID:YI3UjZ9sj
現代の欧州移民問題に答えを見出すと
無知無学のイスラム土人の子沢山が知的欧州人の少子化問題にあるならば

ネアンデルタール人のほうが案外、知的だった可能性がww
40:名無しさん:2017/11/07(火) 08:42:15.50 ID:YI3UjZ9sj
確かネアンデルタール人のほうが脳の容積があったらしいし
44:名無しさん:2017/11/07(火) 08:55:53.17 ID:YI3UjZ9sj
あ ごめんすべて分かっちゃた

ネアンデルタール人のほうが脳の容積が大きかっただけ難産だったんだタブン
ようするに現世人類のほうが安産子沢山だから勝ったわけ 知的とか関係ない

NHK2ラジオでチンパンジーとか出産は5年に一度しかしないってやってた
母親が一人で子育てするからそうなっちゃうわけ
ところが人は家族で分担するから子沢山にできて世界中に進出できたとか
53:名無しさん:2017/11/07(火) 10:04:39.21 ID:oydP9Gon.net
人種間の力関係は人口動態が全てという

当たり前の話だな
57:名無しさん:2017/11/07(火) 10:26:54.93 ID:BRfl1Od8.net
ウルム氷期の頃って言ったら、大陸の位置なんかは今とさほど変わらないが
海が凍ってたり、海面が今より低くて結構陸地が多かった時代だよな

ジブラルタル海峡も陸続きで歩いて渡れたわけで、旧人類もアフリカへ行けたのではないかいな
59:名無しさん:2017/11/07(火) 10:33:33.11 ID:oydP9Gon.net
あの時代だとヨーロッパの方が食料が採れないから人口増えないんだろ
氷河期になると特にな

産業革命起きるまでは北に行けば行くほど未開の土人だからな
67:名無しさん:2017/11/07(火) 11:19:25.75 ID:Yu29LMJt.net
そもそもこの記事には現生人類とネアンデルタール人が
どのように違うのか繋がりがないのか書かれていない
68:名無しさん:2017/11/07(火) 11:22:38.43 ID:S8OgZ8vy.net
アラビア半島で混血が起こり 非アフリカ現世人類は ネアンデルタール人の dna を14%持ってるって言う事だよね
ネアンデルタール人は絶滅したという事にはならないよな
73:名無しさん:2017/11/07(火) 12:10:56.22 ID:CwyseVrc.net
なんかどうでも良いシミュレーション結果だな
75:名無しさん:2017/11/07(火) 12:32:32.91 ID:D9AnA1UQ.net
つい最近、日本人がいちばんネアンデルタール人に近い
という研究が発表されてるな:
http://sciencenews.co.jp/2016/02/22/post-1042/
80:名無しさん:2017/11/07(火) 12:54:25.38 ID:1Bh5p6sK.net
日本人に多いのはネアンデルタールというよりネアンデルタールの近縁種のデニソワ人の遺伝子で
なおかつネアンデルタールやデニソワ人由来の遺伝子が古いままの形で残ってる民族がいるところは
チベットみたいな高地や隔絶された島など、僻地すぎて新しい民族の波が押し寄せて塗り替えられなかった
(あるいは土着民の人口が多すぎて、僻地に流れてきた新しい民族の数では塗替えが効かなかった)ところ

日本の場合も東シナ海がかなりの荒れ海で氷河期が終わって孤立して以降は
新しい民族の波が来ても比較的少数でしかなかったこと
また、縄文時代の日本は世界的に人口の多い地方だったこと(縄文中期の関東など、当時世界有数に人口密集地だった)
の両方が相まって、古いDNAが残りました、というだけの話
82:名無しさん:2017/11/07(火) 13:09:10.41 ID:5n1CKfw4.net
>>80
日本人にデニソワ人の遺伝子が多く残っているというソースは何?

A world map of Neanderthal and Denisovan ancestry in modern humans
https://phys.org/news/2016-03-world-neanderthal-denisovan-ancestry-modern.html

この研究だとデニソワ人の影響が多いのはパプアニューギニアで
その後に南アジアが少し多めな位だよ
86:名無しさん:2017/11/07(火) 13:23:24.74 ID:Nz7cKPa8.net
>>82
パプアニューギニアと同じデニソワンだから、
欧米の人類学者は、日本人とパプアニューギニア人は
同種族だと言ってるよ

1万年以上いぜんは、氷河期だった。
(ノア箱舟の洪水以前ね!)
氷河は、大陸と日本列島をつないでいた。
90:名無しさん:2017/11/07(火) 13:38:29.40 ID:S8OgZ8vy.net
もしもネアンデルタール人との混血が起こらなかったら 全ホモサピエンス の見た目が アフリカ系黒人そのままだったんじゃないの
105:名無しさん:2017/11/07(火) 14:33:18.49 ID:n0KyGhug.net
>>90
その可能性は低く、地域ごとの環境に適応した見た目の違いは出ていたでしょう
逆に、環境への適応変化が出来なければ、ホモサピエンスは今のように
地球全体に繁殖できていない

サピエンスの体色が白色化したのは、紫外線・太陽光量の減少に対応したもの
ネアンデルタールとの混血で白色化が加速された可能性もあるが、
混血だけが原因で白色化したのなら、欧州に進出当初のサピエンスは、
交雑種が増えるまでは、弱い太陽光下で病的に不利で、
ネアンデルタールに駆逐されていたでしょうね
117:名無しさん:2017/11/07(火) 15:19:51.25 ID:wKHPg1kD.net
結局絶滅の原因がわかってねーじゃんwww
65:名無しさん:2017/11/07(火) 11:14:45.95 ID:alSGzUpU.net
未来にはAIが人類は絶滅する運命だったっていうんかね。

100万回のシミュレーションの結果、ネアンデルタール人は絶滅する運命だった
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1509989312
関連記事
スポンサーサイト

おすすめ記事

コメント

7734

何かよくわからんけど、結果ありきのシミュレーションて感じがするな

2017/11/14 (Tue) 09:31 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する