HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【はいからさんが通る】大正ロマンラブコメディ、40周年を記念して新作映画も公開予定!




【☞はいからさんが通る

『はいからさんが通る』(はいからさんがとおる)は、大和和紀による日本の漫画作品。また、これを原作として製作されたアニメおよび映画、舞台、テレビドラマ。

『週刊少女フレンド』(講談社)に1975年7号から1977年10号まで連載された(本編は1977年の7号まで。8・9・10号は番外編)。番外編を含めコミックス全8巻、文庫版全4巻が出版されている。

1977年(昭和52年)度、第1回講談社漫画賞少女部門受賞。

少女フレンド」にて連載された「大和和紀」のラブコメディ。

haikarasan-comics.png

大正時代を主な舞台とし、設定年代当時の様々な民間風俗、漫画連載当時のサブカルチャー(「►宇宙戦艦ヤマト」、「►科学忍者隊ガッチャマン」、「ロッキー・ホラー・ショー」、「►ゴジラ」シリーズなど)を由来としたギャグなどを織り混ぜながら、大正デモクラシー~シベリア出兵~関東大震災を駆け抜けて結ばれる一組の男女と、それをとりまく人々の恋愛模様を描くラブコメ作品です。

ストーリーは知らなくても、80年代を生きた人なら、このタイトルは知ってるんじゃないでしょうか?
何せ、80年代を代表するアイドル「南野陽子」主演の映画が公開され、同名の主題歌もヒットしましたからね。

■1987年12月12日公開(東映) はいからさんが通る

haikarasan-movie.png


はいからさんが通る 予告編



恋のお相手は、「阿部寛」ですね。
いやー、南野陽子も可愛いけど、阿部寛も若い!(^^;

ちなみに、この映画と同時上映だったのが、「ビーバップ・ハイスクール 高校与太郎狂想曲」ですよ(^^;
うんうん、80年代ですなぁ。

そんな、「はいからさんが通る」のテレビアニメは、漫画連載終了後、間もなくして放送が開始されました。
■テレビアニメ

haikarasan-title.jpg

テレビアニメ版は、1978年6月3日から1979年3月31日まで、テレビ朝日系で毎週土曜19:00 - 19:30に朝日放送(ABC)・日本アニメーション制作作品として全42話を放送。
当初は1年間の予定であったが、番組打ち切りによる終了でストーリーが最後まで描かれることはなかった。

■あらすじ

舞台は大正7年の東京。
帝国陸軍軍人・花村少佐の娘「紅緒(べにお)」は、礼儀作法よりも剣術に熱中するハイカラで好奇心旺盛な17歳の少女。

haikarasan-scene1.png

haikarasan-benio.jpg

そんな娘の将来を案じた父は、独断で自分の部下と彼女の婚約者を決めてしまう。
父親の身勝手さに憤る紅緒だったが、相手として現れた青年少尉「伊集院忍」は、そんな紅緒の心情に理解を示す好青年だった。

haikarasan-scene3.png

haikarasan-scene2.png

反発するはずの忍にいつしか魅かれていく紅緒。

haikarasan-scene6.png
haikarasan-scene5.jpeg
haikarasan-scene4.png

しかし激動の大正という時代は、二人の運命を大きく動かしていく。


それでは、オープニング、エンディング、行ってみましょう。


はいからさんが通る OP/ED






オープニングは、予想外の曲調ですね。
少女ラブコメって、もっと元気で明るい曲をイメージするもんですが・・・
これは、「大正時代」をイメージして作られたのかもしれませんね。

それから、エンディング。
こちらは、主人公・紅緒を歌った曲ですが、テンポもノリも良いですね。

オープニングもエンディングも派手過ぎず、どこか落ち着いた雰囲気があります。
歌っている「関田 昇介」の声の質がそう思わせるのかもしれません。


さて、はいからさんが通る。

haikarasan-scene7.png

アニメの他にも、これまでに数本の実写ドラマが製作されテレビ放映されています。

まず、1979年4月7日から1980年8月30日まで、KTV(関西テレビ)において、キャストに「宝塚歌劇団」の生徒が起用した連続ドラマが放送されました。
これは、宝塚歌劇としては珍しい、テレビ用のオリジナルミュージカルだったようです。

また、1985年には、2時間枠のスペシャルドラマ(CX系「月曜ドラマランド」)として、「三田寛子」主演のドラマも放送されました。

さらに、2002年には、TBSの『モーニング娘。新春!LOVEストーリーズ』の一つとして単発ドラマとして放送されています。

haikarasan-morningmusume.jpg


そして、なんと!なんと!

2017年には、40周年を記念して、装いも新たに 新作劇場アニメ が公開予定みたいですよ。

haikarasan-2017.jpg

この発表に伴い、「公式サイト」と「ツイッター」もオープン!

■はいからさんが通る 2017公開予定

どんなアニメになるのか、ちょっと気になりますね。


はい、という事で、はいからさんが通る。
大和和紀」の大正を舞台にしたロマン溢れるラブコメディ作品。
これまでに多くのメディアミックス展開がされてきましたが、40周年を記念して新作アニメ映画も公開予定と、今なお、その名は枯れていません。
しかし、残念ながら、映像ソフトは発売されていません。
どうやら、アニメが「打ち切り」になったことを原作者は快く思っていないようで、製作会社が自粛していると言われています。
実は、これまでに大和和紀の他の人気作品もアニメ化の話が持ち上がった事があるらしいのですが、すべて断っていたようですね。
そんな状況の中で、作られる新作映画。
ファンの方は、要チェックです。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております

【はいからさんが通る】
大正ロマンラブコメディ、40周年を記念して新作映画も公開予定!

関連記事

おすすめ記事

コメント

1737

アニメが打ち切りだったとは知らなかったです!

2016/06/03 (Fri) 19:58 | ゾフィJr. #- | URL | 編集
1738

子供の頃、姉がコミック持ってたなあ
漫画もアニメも見たこと無いけど、このタイトルが凄く懐かしい響き

2016/06/03 (Fri) 22:12 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1739

ハイハイハイはいからさんがと~る♪
大和和紀先生の得意とする文明開化物ですね。
先生が良く思ってないというのは私も知りませんでしたが、あの原作改変では致し方ないところです。
とはいえ、そもそもこれをアニメにする方が悪いと言えるんですが。
それとですね、舞台化もされてます。
詳細は不明ですが、その舞台中継をNHKで放送してたのを見た覚えがあります。
台詞回しがかなり独特で、演じてる役者さんもかなり年齢が高いようでした。全員白塗りなんではっきりしませんが。

2016/06/03 (Fri) 22:40 | 暇なおじさん #- | URL | 編集
1742

今度新しく始まるはいからさんのべにおのカットがなんかサクラ大戦のさくらに見えるだが…

2016/06/04 (Sat) 00:53 | あの頃は小学生 #- | URL | 編集
4864

ハイハイハイ肺から酸が通る~♪
というホラーイラストをデビュー前の西けいこ(字が出ない)が描いてたなぁ

蘭丸役の杉山佳寿子さんは当たり役だと思うな~

2017/04/16 (Sun) 09:33 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する