HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【魔法の妖精ペルシャ】野生児のペルシャの成長を描くぴえろ魔法少女シリーズ第2弾




【☞魔法の妖精ペルシャ

pelsia-title.jpg

『魔法の妖精ペルシャ』(まほうのようせいペルシャ)は1984年7月6日から 1985年5月31日まで、毎週金曜日18時 - 18時30分に日本テレビ系列(NNN・NNS)で全48話が放送されたテレビアニメ。

アフリカ育ちの少女・速水ペルシャが日本に帰国する途中、妖精から魔法のアイテムを託され、妖精の国・ラブリードリームを救うために、魔法の力で愛のエネルギーを集める物話。

台湾でも「貝露莎」というタイトルの中国語吹き替え版が放映され、香港でも「我愛莎莎」というタイトルの広東語吹き替え版が放映された。

「►魔法の天使クリィミーマミ」の後継番組で、「スタジオぴえろ(現・ぴえろ)」製作による「ぴえろ魔法少女シリーズ」の第二弾。
シリーズ中唯一の原案(原作)付き作品であり、また主役に本職の声優を起用した唯一の作品でもあるようです。
(本作以外のシリーズでは、主題歌を歌うアイドルが主役を演じています)

「原案」は、「週刊マーガレット」にて連載されていた「青沼貴子」の「ペルシャがすき!」ですが、これはターザンのパロディ的なスラップスティックコメディであり、魔法絡みの要素は一切登場しません。

pelsia-gensaku.jpg

また、アニメで原作の面影を残しているのは数人のレギュラーキャラクターの設定と初期数話のエピソードのみで、内容的にはほぼオリジナルと言える作品に仕上がっています。

こういった背景から、「原作」ではなく「原案」という扱いになっているようですが、掲載誌においては、本作は「ペルシャがすき!」のアニメ版扱いであり、本放送中には掲載誌のCMがオンエアされたり、付録としてアニメ版と原作の両方が描かれたカレンダーが付いたこともあるようです。

■あらすじ

主人公の「速水ペルシャ」は、アフリカで生まれ育った野性児である。

pelsia-scene1.png

11歳の夏に、両親の待つ日本にやってきた。

pelsia-pelsia.jpg

日本に向かう飛行機のなかで、異世界「ラブリードリーム」に引き込まれ、その妖精から「ラブリードリームを救うために愛のエネルギーを集めてほしい」と言われ、愛のエネルギーを集めるための魔法を授けられる。

pelsia-scene2.png
pelsia-scene3.png

また、ペルシャを助ける役として、アフリカから来たライオンの「シンバ(後に猫に変身)」やラブリードリームのカッパたち(ゲラゲラ、プリプリ、メソメソ)、妖精のボンボンなども加わる。

pelsia-kappas.png
pelsia-sinba.png

魔法によって、あらゆる職種のキャリアガールに変身できるようになったペルシャは、人々から愛のエネルギーを導き出すべく、持ち前のバイタリティとお節介焼きを発揮。
失敗を繰り返しながらも、さまざまな出会いを積み重ねて成長していく。


それでは、オープニング、エンディング、行ってみましょう。
曲は、前期・後期で2曲ずつあります。

まずは、前期(第1話~第31話)から。

魔法の妖精ペルシャ OP(前期)



ちょっと落ち着いた感じの曲調で、魔法少女モノのオープニングとしては珍しいですね。
野生児で魔法使い、というペルシャのオープニングなら、もっと元気でテンションの高い曲をイメージしましたが。
でも、メロディ自体は好きです。

歌っているのは、「岡本 舞子」。
曲は、「見知らぬ国のトリッパー」です。

一瞬、「トリッパー」に見えた自分は汚れてますわwww

ちなみに、曲はそのままで、映像が差し替えられたバージョンもあるようです。

魔法の妖精ペルシャ OP(前期 Ver.2)



それから、エンディング。

魔法の妖精ペルシャ ED(前期)



こちらも、岡本舞子。
曲は、「ラブリードリーム」。
明るい感じで、歌詞にも「ペルシャ」が入っていて、オープニングに使っても問題なさそう。

ちなみに、「岡本舞子」は、小さい頃から子役として活躍してて、本曲は、アイドル歌手として正式にデビューする前に歌った曲のようですね。
翌年(1985年)に正式デビューして、色んな音楽祭で新人賞や特別賞などを獲得しているようです。
うーん、でも、覚えてない(^^;

はい、続いて後期(第32話~第48話)。

魔法の妖精ペルシャ OP(後期)



テクノっぽい感じのメロディでノリが良いですね。
歌っているのは、「MIMA」。
曲は、「おしゃれめさるな」。

それから、エンディング。

魔法の妖精ペルシャ ED(後期)



こちらも、歌っているのは、MIMA。
曲は、「だいすきシンバ」。
明るくコミカルな感じが良いですね。

しかし、歌詞の最後、

♪ブタ猫でも そばにいて♪

って・・・ひ、ひどい!(^^;

ちなみに、「MIMA」は、80年代初頭に活躍した「コスミック・インベンション」というテクノポップバンドのボーカル。
結成当時メンバーが小中学生であることが話題になり、「YMOジュニア」とも言われたグループです。
1980年12月に行われた、YMOの日本武道館公演では、前座も務めたみたいですね。

代表曲は、「►みんなの歌」でお馴染の「コンピューターおばあちゃん」。


さて、魔法の妖精ペルシャ。

pelsia-illust1.jpg

当初は、「►ミンキーモモ」のように、魔法の国を救う使命を帯びたオーソドックスなタイプの魔法少女物としてスタートしました。
その為、魔法少女アニメ本来の年齢層を意識した構成でしたが、後半からは前作「クリィミーマミ」の後期と同様、徐々にペルシャ自身の内面や周囲の人々の心情風景の描写に重点が置かれるようになっていきます。
この深い心情表現と丁寧で繊細な日常描写は、本作の監督であり、「ぴえろ魔法少女シリーズ」の中心的スタップでもある「安濃高志」の演出手法の一端として評価されています。


はい、というこで、魔法の妖精ペルシャ。
青沼貴子」の漫画「ペルシャがすき!」を原案とした、「ぴえろ魔法少女シリーズ」の2作目。
映像ソフトは、2003年にDVD-BOX(COLLECTION BOX 1、2)が発売されています。

pelsia-dvd.jpg

興味のある方は、ぜひ。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております

【魔法の妖精ペルシャ】
野生児のペルシャの成長を描くぴえろ魔法少女シリーズ第2弾

関連記事

おすすめ記事

コメント

1642

こういう王道な魔法少女もの、あんまり見かけなくなっちゃいましたね~。今は大概戦闘しますから。

2016/05/18 (Wed) 22:17 | ゾフィJr. #- | URL | 編集
1646

OPの岡本舞子と言えば、ヴァーチャルアイドルのはしりである「臆病なヴィーナス」というPV風OVAアニメを思い出します。
当時のトップクリエータによる作画と岡本舞子の歌唱力に当時結構ハマりましたねw

臆病なヴィーナス
http://nicoviewer.net/sm2050550

2016/05/19 (Thu) 07:10 | いつもの情報屋さん #SFo5/nok | URL | 編集
1661

※1646

こんなアニメもあったんですね。
まさに80年代!
王道アイドルのポップな曲と映像が最高ですね(^^)
情報どうもありがとうございました。

2016/05/21 (Sat) 15:34 | 管理人 #- | URL | 編集
10863

あれ、新ED って歌ってたのペルシャ役の富永みーなじゃなかったんですか?
記憶違いか……

2018/06/23 (Sat) 07:40 | ワンナイト #AYsZAb.E | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する