HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事

【バトルフィーバーJ】バトルコサックは・・・欲しくなかった・・・




【☞バトルフィーバーJ

『バトルフィーバーJ』(バトルフィーバー ジェイ)は、1979年(昭和54年)2月3日から1980年(昭和55年)1月26日までテレビ朝日系列で毎週土曜18:00 - 18:30(JST)に全52話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。「スーパー戦隊シリーズ」第3作目に当たる。
現在の「スーパー戦隊シリーズ」へと到る転機となった作品でもあり、昭和から平成にかけての数年間はシリーズ第1作として扱われていた。

前述の通り「スーパー戦隊シリーズ」第1作目として扱われていたこともある本作品であるが、これは本作品以前の『秘密戦隊ゴレンジャー』と『ジャッカー電撃隊』が石ノ森章太郎原作の「戦隊シリーズ」、本作品以降は原作者の名義が八手三郎の「スーパー戦隊シリーズ」、と区別されて認識されていたためでもある。現行のスーパー戦隊シリーズのベースは次作『電子戦隊デンジマン』からの要素が強く、本作品は少し異彩を放った作品となっている。

私の記憶に残る戦隊ヒーローモノで、もっとも古いのが、コレ。

バトルフィーバーJ!

もちろん、当時は、バトルフィーバーの後ろに「J」が付くなんて意識してなくて、単に「バトルフィーバー」と呼んでましたね。

バトルフィーバーJは、もともとは「マーベルコミック」の「キャプテンアメリカ」の日本ローカライズ企画として始まったもので、東映特撮版の「►スパイダーマン」の後継作です。

キャプテンアメリカ
battlefever-capame.jpg

東映版スパイダーマンでとりいれた巨大ロボットの要素を引き継ぎ、さらに「►秘密戦隊ゴレンジャー」や、「►ジャッカー電撃隊」の要素を大胆に模倣して「戦隊ヒーローが悪の怪人と戦い、最後はロボット戦で決着をつける」というスーパー戦隊シリーズの基本フォーマットを作り上げたと言われています。

実際に作られた作品はキャラクターの名前も、本家「キャプテンアメリカ」とは無関係にものになってしまっていますが、コスチュームだけは、シルバー・エイジのアメコミヒーローを彷彿とさせる派手なものとなっており、日本の戦隊ヒーローの文脈で見るとかなり異質な作品です。

battlefever-pose.jpg

ストーリーにおいては、敵組織の「エゴス」は「バトルフィーバー」たちの正体に最初は気づいておらず、物語初期は一般市民を勧誘して悪用したり、毒入りの食べ物を撒くなどの無差別的な攻撃や、新兵器や宝を所持する者(主に科学者)を誘拐・殺害して横取りするなどの作戦がおおくあります。
しかし、物語中盤で全員正体を知ってからは、毎回メンバーの誰か一人をつけ狙う作戦をよくとるようになります。

battlefever-sugao.jpeg

battlefever-scene1.jpg

ちなみに、作品タイトルのネーミングは、前年の1978年に公開されたアメリカ映画「サタデー・ナイト・フィーバー」が大ヒットし、翌年の日本で「フィーバー」が流行語となっていたことが影響しているようです。

それでは、バトルフィーバーのオープニング曲は、行ってみましょう。
※動画が削除されたので差し替えています。


バトルフィーバーJ OP



この曲、すごく記憶に残っていて、サビの部分は、今でも歌えますねー。
ノリが良くて大好きです。

それから、エンディング。
こちらは、あんまり記憶にないですが、

バトルフィーバーJ ED



オープニング、エンディング共に歌っているのは、「Mojo」。
70年代は、「とみた いちろう」名義でフォークシンガーとして活動していたこともあるようですが、78年以降は「富田 伊知郎」名義でCMソングなどを歌う一方、「Mojo」名義で、アニメや特撮の主題歌を多数、歌っている方ですね。
例えば、アニメでは、「►ダイケンゴー」のエンディング、特撮では、「►ゴーグルファイブ」や「►ダイナマン」などスーパー戦隊の主題歌を歌っています。


さて、バトルフィーバー。
この作品については、ちょっとほろ苦い思い出があります(^^;

当時、バトルフィーバーのお菓子があって、そのオマケに、「キン消し」のような小さな人形が付いてくるものがありました。
その食玩で、私が手に入れたのは、バトルコサック
欲しくないリストNo.1=ミスアメリカの次にいらない奴ですwww

その後、おもちゃ屋さんで、父がソフビの人形を買ってきてくれたんですが・・・
それが、なぜか

バトルコサック!!

battlefever-sofb.jpg

えぇ~・・・あんまり嬉しくない・・・と言うか正直いらねぇwwwww

ほんとに欲しかったのは、バトルジャパン
次がバトルケニアだったのに・・・

子供は正直なので、上のような事をそのまんま父に言ってしまった私。
(いや、まぁ、一番欲しいのは、「超合金」の「バトルフィーバーロボ」だったけどね)

ちなみに、バトルフィーバーロボの超合金。

battlefever-robo1.jpg

battlefever-robo2.jpg

やっぱ、かっけー!!

戦隊ヒーローシリーズの中でも、一番、格好良いんじゃないかな。
これ、欲しかったなぁ・・・。

まぁ、しようがないので、バトルコサックで遊んでましたけどね(^^;
しかし、よりによって、なぜ父はバトルコサックを買ってきたのか。

どうやら、お菓子のオマケで手に入れたバトルコサックで遊んでいる私の姿を見て、バトルコサックを気に入ってる、と勘違いしたようです。

父は、子供の喜ぶ顔を期待して買ってきたのでしょうから、今考えると可愛そうです(笑)

ごめんね、おとうさん(^^;

それより、コサックだけ、なぜにコサック?
ジャパン、アメリカ、フランス、ケニア、と来て、どうして、お前だけコサックなんだよ?

以上



※みなさんのコメント、お待ちしております
【バトルフィーバーJ】
バトルコサックは・・・欲しくなかった・・・
関連記事
スポンサーサイト

おすすめ記事

コメント

87

バトルフィーバーロボ、かっこいいな
今でも欲しい(^^;
ミスアメリカはよく見ると怖いw

2015/08/09 (Sun) 20:28 | あの頃の名無し #nhjYTKoo | URL | 編集
379

初代コサックの最期がカッコ良かった記憶があります。変身できない状況で女の子を助けるために単身戦って…みたいな。二代目がぜんぜんタイプが違ったのもあって、初代コサック推しでしたよ、自分。

2015/10/07 (Wed) 02:11 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
575

バトルフィーバーは特撮ファンには感涙物
バトルケニアはギャバン
二代目バトルコサックはキカイダー
ミスアメリカの中の人はモモレンジャー
そして順隊員してるのが浅倉南
まぁ最後は関係なかったか…

2015/11/13 (Fri) 03:53 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
732

バトルフィーバーロボのデザインはいまでも全然おかしくない 超合金魂持ってる

2015/12/11 (Fri) 00:56 | ゆとりある名無し #- | URL | 編集
859

だって当時、バトルソビエトにするわけにいかないじゃん。

2016/01/01 (Fri) 02:36 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する