HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【ペリーヌ物語】感動するのに世界名作劇場の中でも知名度低くない?




【☞ペリーヌ物語

『ペリーヌ物語』(ペリーヌものがたり)は、フジテレビ系列のカルピスファミリー劇場枠で放映されたテレビアニメーション。放映期間は1978年1月1日から12月31日まで。全53話。日本アニメーション制作。

原作はフランス人作家エクトル・マロの『アン・ファミーユ』(En famille)。邦題は『家なき娘』(いえなきこ、いえなきむすめ)または、『家なき少女』(いえなきしょうじょ)。同じくマロ著作の『家なき子』(サン・ファミーユ)と対になる物語。原作クレジットが上記のため、この作品に使用された底本となる日本語訳は確定していない。

放映年の1978年は、元日も大晦日も放映曜日の日曜であったため放映があり、1年を通してプロ野球中継や特別番組等による休止もなかったため、世界名作劇場シリーズの中では全53話と最も話数が多い。

主人公ペリーヌを演じた靏ひろみは、この作品で声優デビューしている(本作が始まった時はまだ高校生だった)。また、脚本の宮崎晃は『続・男はつらいよ』をはじめ、山田洋次監督作品の脚本を何本も手がけており、前作『あらいぐまラスカル』から脚本を担当した。

この作品は、それ以前の『母をたずねて三千里』などの作品と違い、予算や時間的に現地取材をすることができず、手元の入手可能な資料のみで作成したという。そのため、シリーズでは同じフランスが舞台である『家なき子レミ』『レ・ミゼラブル 少女コゼット』とは異なり、フランスであるはずの風景がドイツのハイデルベルクの風景になっている場面や、セミがいないパリでセミが鳴いている場面などがある。


世界名作劇場の第4作目です。
この当時は、まだ、提供スポンサーがカルピス一社だった為、「カルピスファミリー劇場」というタイトルだったようです。

それでは、オープニング、エンディング行ってみましょう。

ペリーヌ物語 OP



ペリーヌ物語 ED



ついでに、第1話も貼っておきます。

ペリーヌ物語 第1話



年齢的に内容はうろ覚え、でも、オープニング、エンディング曲は、よく覚えています。
ただ、「ルンルン、ルルル、ルンルン」の始まりを聞くと、どうしても、一瞬、「►花の子ルンルン」を思い浮かべてしまうんですよね(^^;

それにしても、ストーリーを改めて読んだら泣ける話だよね、コレ(;_;)
原作が、1890年代の世界情勢の下、書かれたものなので、旅先で両親を失い、少女がロバと一緒に故郷への旅路を行く、素性を偽って祖父の下で働く、という設定は、さすがに現代では想像し辛く、「昔話」的な感じがしますが、その中でのヒューマンドラマは、時代に関係なく、人の心を打ちますね。

物語のクライマックス、祖父がペリーヌを実の孫と分かって抱き合うシーン。

ペリーヌ物語 感動シーン


これ、このシーンだけでも、感動が伝わりますが、1話から通して見てきた人なら、涙無しには見れないでしょうね。

しかも、このペリーヌ物語、世界名作劇場の中でも、特に話数の多いアニメでもあるようです。
全52話。
しかも、1978年1月1日開始、12月31日、最終回。
と、お正月に始まって、大晦日に終わりを迎えるという奇跡的な放送スケジュール(^^;

丸1年を通して、ペリーヌを取り巻くヒューマンドラマが繰り広げられ、年の終わりに感動のハッピーエンドになるわけです。
そりゃ、最期、涙出ますって。

NHKの連続ドラマ、「あまちゃん」が終わった時、「あまロス」なる言葉が話題になりました。
「あまちゃん」をずっと見て来た視聴者が、ドラマの最終回とともに、喪失感を味わった事を表現した言葉。
ペットロス症候群からの造語です。

もし、当時、この「○○ロス」と言う表現があったなら、きっと、ペリーヌ物語でも使われていたと思います(^^;
言うなれば、「ペリロス」? 「ペリーロス」?
何か、どっちも語感が悪いなwwww
特に、後者なら、黒船関連を想像しちゃいそう(^^;

まぁ、とにかく、さすが世界名作劇場。
その名に恥じぬ名作揃いです。
その中で、ペリーヌ物語、知名度が低い気がしますね、ちょっと、残念です。

以上



※みなさんの感想、思い出をぜお聞かせ下さい。

【ペリーヌ物語】
感動するのに世界名作劇場の中でも知名度低くない?
関連記事

おすすめ記事

コメント

3180

ペリーヌがおじいさまと和解シーンが印象的でした今まで辛く不安だったねペリーヌ!!おじいさまも本当は息子と仲直りしたかったのに素直になれなかったんだね、この作品で支えてくれる人を大切にしなさいということが伝わった!!

2016/11/12 (Sat) 11:24 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
7653

普通に人気はあったけど後番組が赤毛のアンだったおかげであっさり忘れられた。
原作も姉妹編の家なき子が有名すぎた上に、2002年に偕成社の改訳版が出るまで岩波文庫のやたらと古い翻訳しか手に入らなかった知名度が上がらなかった不遇な作品。

2017/11/08 (Wed) 12:36 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
7801

本日(2017.11.18)主人公ペリーヌの声を担当されていた鶴ひろみさんが亡くなられたことが報じられました。
ドラゴンボールのブルマ役が知られているとのことですが、私の中では圧倒的にペリーヌの声をされた方です。
リアルタイムで見ていました。逝去の報でまったくの同学年と知って驚いています。聡明なペリーヌの声が年下、中学生くらいかな、と思っていました。
当時はネットもなく、アニメ雑誌なども創刊されてはいなかったでしょうから知るすべもありませんでしたが。
世界名作劇場のなかでは一番に推す作品です。(あとは母を訪ねて三千里かハイジかラスカルでしょうか)。
子供に旧作のDVDで買い揃えて与えたのもこれが唯一です。それだけ人の情緒形成に訴えてることのできる作品だと思います。
突然の死を迎えられた鶴ひろみさんのご冥福を心よりお祈りします。

2017/11/18 (Sat) 14:03 | なうなぱぱ #PfIKTzPI | URL | 編集
12302

子どもの頃見た時の思い出は、ペリーヌが小屋で自活するお話です。
魚を釣って食べたり、食器や衣類、靴まで自作していたり。憧れました。
だんだん出世していく過程もすばらしいです。
特に気に入っているエピソードは、クリスマスに、お世話になったロザリー一家に
プレゼントを渡すお話です。
なんてことはないお話ですが、見ず知らずの娘に親切にして、報われることとか
プレゼントの1つ1つに、なんだかわくわくしたものです。
私ももっと人気出てもいいと思います。

2018/09/26 (Wed) 20:20 | あの頃の名無し #A7NPCS7o | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する