HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事

「キン肉マン」の人気が今なお衰えない理由とは?



1:名無しさん:2017/08/08(火) 07:06:44.76 ID:CAP_USER9.net
ここ数年、往年の人気漫画を題材にしたキャンペーン企画が何かと話題になっている。
「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.1」の開催に合わせて実施中の『週刊少年ジャンプ』with東京メトロスタンプラリー」もそのひとつだ。
「ドラゴンボール」「北斗の拳」「シティーハンター」など、『週刊少年ジャンプ』に連載されていた人気作品のキャラクターが東京メトロ各駅のスタンプやポスターに使われている。

■「キン肉マン」が今でも熱狂的な支持を受けている

最盛期には653万部を記録した漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』の歴史においては、誰もが知っているメガヒット作品が多数存在する。
なかでも「キン肉マン」の人気はいまだに根強いものがある。

「キン肉マン」はゆでたまご(嶋田隆司、中井義則)による漫画作品。
キン肉星の王子であるキン肉スグル(キン肉マン)が、次々に襲いかかる強敵たちと戦いを繰り広げるプロレスバトル漫画だ。

連載が始まったのは1979年。
ただ、2017年現在でもその人気は衰えていない。

フィギュア、Tシャツ、タオルなどの関連グッズが発売されているのはもちろん、アプリゲーム「キン肉マン マッスルショット」、「ビックリマン」とコラボした新商品「肉リマンチョコ」なども話題になっている。
単なるリバイバルブームの域を超えた驚異的な盛り上がりを見せているのだ。

なぜ「キン肉マン」は今こんなに熱狂的な支持を受けているのだろうか?
「キン肉マン」の連載が始まった年に生まれた「キン肉マン世代」の1人であり、同作品を幼い頃から愛読している生粋の「キン肉マン」愛好家である私が、その魅力を分析してみたい。

まず、「キン肉マン」がほかの往年の人気漫画と決定的に異なるのは、今も連載が続いている「現役」の作品であるということだ。
しかも、「関連作品」や「スピンオフ」ではなく、れっきとした「本編」が継続中なのだ。

最初の「キン肉マン」は1979年から1987年まで『週刊少年ジャンプ』に連載されていた。
いったん連載は終了したのだが、1997年には『週刊プレイボーイ』誌上で「キン肉マンⅡ世」が始まった。

これは、かつての主人公だったキン肉スグルの息子・キン肉万太郎を主役にしたスピンオフ作品である。
「キン肉マンⅡ世」の連載は2011年まで続いた。
そして、2011年に満を持して「キン肉マン」本編の連載がウェブサイト「週プレNEWS」で再開された。

■「懐かしの漫画」ではなく現役の人気漫画

その連載は今も続いている。
今年5月に1つのシリーズの完結パートが公開されたときにはウェブ上でも大きな注目を集め、「キン肉マン」がツイッターのトレンドワードになったこともあった。
「キン肉マン」は決して「懐かしの漫画」ではなく、れっきとした現役の人気漫画なのだ。

しかも、その内容が実に絶妙である。
往年のファンなら思わずうなってしまうような展開がしばしば見受けられる。

以前に出てきたキャラクターが新しい一面を見せたり、かつての名場面を連想させるようなシーンが次々と登場したりして、古参ファンのツボを刺激してくる。
過去の人気漫画が復活するケースは漫画界全体ではそれほど珍しくはないのだが、「キン肉マン」ほど過去の設定のアレンジが巧みな漫画はほかに見たことがない。

その理由として巷でささやかれているのは、編集者の有能さである。
現在、「キン肉マン」を担当しているのは、子供の頃からこの作品を読み続けてきた若手の編集者だという。

彼はもともと自分がファンだったからこそ、ファン心理をくすぐるような鋭い設定や演出を次々に提案できる。
今の「キン肉マン」には、ファンの目線に立った見どころが随所にちりばめられている。

いわば、作者が自分の作品の同人誌を描いているようなものだ。
それが連載再開以降の「キン肉マン」の作品としての大きな強みなのだ。

そして何よりも、「キン肉マン」には作品自体に圧倒的なパワーがある。
ファンには有名な話だが、「キン肉マン」ではその場限りの思いつきとしか考えられないような荒唐無稽な設定や演出がポンポン飛び出す。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170808-00182939-toyo-bus_all

※続きます
2:名無しさん:2017/08/08(火) 07:07:05.22 ID:CAP_USER9.net
※続きです

そして、そのほとんどは1回限りで使い捨てにされ、作品中には二度と出てこなかったりする。
登場人物が「重いものは軽いものよりも速く落ちる」という物理学の原理に反するような理論をぶち上げて、それに基づいた技を炸裂させたりする。
このような科学に基づかない独自のロジックはファンの間で「ゆで理論」と呼ばれている。

しかし、われわれファンは決して、そういった設定の矛盾や強引な展開に不満を持っているわけではない。
むしろ、そういう部分こそがこの作品の魅力であると感じているのだ。

漫画の世界でも、最近は設定がやけに細かく作り込まれているものが目立つ。
作者が頭の中で架空の世界を作り上げて、その世界のルールや常識や登場人物などをあらかじめ隅々まで決めているような作品が増えてきているのだ。
この手の漫画では、読者の目に見えるような形であからさまな矛盾が生じたり、ストーリーが破綻したりすることはない。

■箱庭的な漫画が増えている背景にあるもの

そういう箱庭的な漫画が増えている背景には、インターネットの普及があるのではないか。
SNSなどで誰もが気軽に意見を言える時代になってしまったため、作品を作る側はどうしても、批判されることを想定して、先回りして突っ込まれるすきをなくそうとしてしまう。
作り手が矛盾を指摘されることに敏感になりすぎているのだ。

だが、「キン肉マン」は矛盾を恐れていない。
そもそもつじつまを合わせるという作業に作者が何のこだわりも持っていないように見受けられる。
ページをめくるたびに矛盾点が次々とわいて出てくるような感覚だ。

ただ、そんな「キン肉マン」には、読者を力ずくでグイグイ引き込んでしまうような圧倒的な熱量がある。
細かい矛盾を気にする暇もないほど、ストーリーはどんどん進んでいき、熱いバトルが次々に展開されていく。

作中に登場するキン肉マンの決めぜりふに「へのつっぱりはいらんですよ」というのがある。
30年以上もこの作品を読んでいる私にも、このフレーズの意味はよくわからない。

ただ、これを口にするとき、キン肉マンはなぜか妙に自信満々なのだ。
そして、言葉の意味は不明だが、そのみなぎる自信だけははっきりと伝わってくる。

このフレーズは「キン肉マン」という作品そのものを象徴しているとも言えるのではないか。
細かい意味はよくわからないのだが、気持ちだけは伝わってくる。
それがこの漫画の本質だ。どんなにストーリーが行き当たりばったりで、細かい設定が矛盾だらけでも、人の心を動かす物語を作ることは十分可能なのだ。

かつて「キン肉マン」を愛読していた主な読者層は、現在30~40代の男性だが、最近は女性やそれ以外の世代にも支持層は広がってきているという。
今「キン肉マン」のリバイバルブームが起こっている理由は、この漫画が人を熱くさせる作品だからだ。

まだ読んだことがない人がいたら、この機会にぜひ。
「へのつっぱりはいらんですよ」と自信を持って推薦したい。

※以上です
3:名無しさん:2017/08/08(火) 07:08:38.96 ID:E18SCcRt0.net
キン肉マンが地球に来たのってそもそもブサイクだから捨てられたみたいなことじゃなかったっけ
でもその後ブサイクなのはマスクで素顔は超絶イケメソみたいな意味わからない設定になってんだけど
131:名無しさん:2017/08/08(火) 07:58:19.21 ID:JNWFgTjX0.net
>>3
ブタと間違われて捨てられたんだよ
でブタの方が王子として育てられた
あほな話だがまあギャグマンガだからな
9:名無しさん:2017/08/08(火) 07:10:25.19 ID:OtXHSIBR0.net
>>3
とりあえず原作1話から全巻、三回くらい見返せ
12:名無しさん:2017/08/08(火) 07:11:52.48 ID:1cddMSO3O.net
>>9
もっとストレートに辻褄を気にしたら負けと教えてやれよ
5:名無しさん:2017/08/08(火) 07:09:26.58 ID:OtXHSIBR0.net
今の編集者は優秀だな
webでタダで読ませるなんて集英社は太っ腹やん
タフもwebに移行してくれよ
7:名無しさん:2017/08/08(火) 07:09:41.95 ID:uBNXCQrF0.net
初代復活後が全盛期という奇跡の逆転ファイターゆでたまご
11:名無しさん:2017/08/08(火) 07:11:51.65 ID:YZIPrMWZ0.net
ブロッケンJr.って今でも出てくんの?
305:名無しさん:2017/08/08(火) 09:10:08.65 ID:mCUWBYqW0.net
>>11
当たり前や
画力も大幅パワーアップや









正義超人、悪魔超人、悪魔騎士、悪魔将軍、ネプチューンマン、シルバーマン(銀のマスク)みんな出てくるわ
330:名無しさん:2017/08/08(火) 09:20:24.31 ID:je7mhe4c0.net
>>305
絵うめぇwww初代しかしらないからこんな画力上がってんの知らなんだー
410:名無しさん:2017/08/08(火) 09:47:36.63 ID:uU1ASB3H0.net
>>305
父ちゃんキャメルクラッチで半分になったよね?
466:名無しさん:2017/08/08(火) 10:07:49.56 ID:Qsm6Sa/20.net
>>410
ラーメンマンに半分にされて
ラーメンにされて食われてしまったんだっけか
473:名無しさん:2017/08/08(火) 10:11:35.58 ID:Mk2+jveN0.net
>>466
それはアニメだけ
471:名無しさん:2017/08/08(火) 10:09:43.98 ID:4HZEak+f0.net
>>466
原作だと真っ二つにされて、カレークックがその血を舐めてたような気がスル
491:名無しさん:2017/08/08(火) 10:17:56.11 ID:Qsm6Sa/20.net
>>471
>>473
原作とアニメ違うのか
418:名無しさん:2017/08/08(火) 09:50:23.25 ID:/mRIUao/0.net
>>410
ブロッケンマンだけはなぜか死んだまま復活しないんだよね
444:名無しさん:2017/08/08(火) 09:59:51.55 ID:1WpYNQke0.net
>>418
真面目に働いて審査に合格すれば
復活してたはずだった。









541:名無しさん:2017/08/08(火) 10:35:16.85 ID:MJx6UhTi0.net
>>444
地獄ではなく天国に行ったんじゃないの?
15:名無しさん:2017/08/08(火) 07:13:47.36 ID:MYdu+Qsf0.net
主人公が人気ないのに成功した漫画って珍しいよな
27:名無しさん:2017/08/08(火) 07:19:40.09 ID:z4jCzg3s0.net
>>15
むしろ徐々に人気上昇中なんだが。
ついこの前の超人総選挙は2位だったし
293:名無しさん:2017/08/08(火) 09:03:53.26 ID:Jkx0AJ4L0.net
>>15
珍しくはないんじゃないかな

冨樫の漫画とか大抵主人公より脇役の方が人気あるし
18:名無しさん:2017/08/08(火) 07:15:25.65 ID:5QnQg8rf0.net
絵が上手くなったよな―
聞いてるか?高橋陽一秋本
23:名無しさん:2017/08/08(火) 07:16:59.71 ID:uBNXCQrF0.net
>>18
ただ絵がうまくなったせいでギャグやる雰囲気ではなくなってるよなw
136:名無しさん:2017/08/08(火) 08:00:03.22 ID:ESjifAMWO.net
>>23
だが、最新の話でウルフの助っ人にティーパックマン、カナディアンマン、
カレクック、ベンキマンが出てきた時は、
絵のかっこ良さもあって笑いも抑えられなかったw

カッコいいんだけどな。

19:名無しさん:2017/08/08(火) 07:15:27.11 ID:QZBfkQy0O.net
最近の漫画なら彼岸島が荒唐無稽なストーリーだな
22:名無しさん:2017/08/08(火) 07:16:24.77 ID:3IwUogbc0.net
ビッグボディーとかさ、
子どもでもこんな名前のチームはすぐ負けると予想できたもんだ
24:名無しさん:2017/08/08(火) 07:17:37.92 ID:4eJFAs9B0.net
>>22
そいつよりも人気があったレオパルドンw
28:名無しさん:2017/08/08(火) 07:19:59.64 ID:UwCpbo8i0.net
元々、プロレスを題材にした単なるギャグマンガだったんだよな
それが途中からジャンプ的なバトルものに変質していった
男塾もそうだった
ドラゴンボールもそうだった
210:名無しさん:2017/08/08(火) 08:31:07.98 ID:jBYfMnTZ0.net
>>28
幽遊白書も
30:名無しさん:2017/08/08(火) 07:20:37.27 ID:f6E6yRfB0.net
作者の二人とももう充分稼いだだろうにまだ描いてるのがすごい
漫画が好きなんだろうな
35:名無しさん:2017/08/08(火) 07:21:31.59 ID:MneXIZgh0.net
55:名無しさん:2017/08/08(火) 07:28:30.52 ID:qX+/FR/y0.net
>>35
よくわからんが凄く面白そうだ
ソルジャーチーム以来のワクワク感
229:名無しさん:2017/08/08(火) 08:37:00.96 ID:+nu+FEN10.net
>>35
カレークックとかベンキマンってそんな位置でいいの?ww
44:名無しさん:2017/08/08(火) 07:24:26.32 ID:+XP9tmM90.net
>>35
スペシャル・・・
47:名無しさん:2017/08/08(火) 07:25:01.84 ID:8ejb4V4N0.net
>>35
スペシャルマンがいない。
やり直し。
41:名無しさん:2017/08/08(火) 07:24:08.50 ID:hQFBiyy10.net
小学生低学年の時に始まった漫画だな、懐かしい
今さら取り上げられるとはな
49:名無しさん:2017/08/08(火) 07:26:39.91 ID:4eJFAs9B0.net
主題歌すら熱いからな
最近のタイアップ糞アニソンなんぞ相手にならん

50:名無しさん:2017/08/08(火) 07:26:45.76 ID:U2EjUQr+0.net
キン肉マンやドラゴンボール、北斗の拳など未だに人気があるのはコミックよりアニメが面白かった事にある
139:名無しさん:2017/08/08(火) 08:00:37.94 ID:eUeDi3xx0.net
>>50
聖闘士星矢も入れたって
あれまだ新シリーズ色々やってんのよ
107:名無しさん:2017/08/08(火) 07:48:34.53 ID:lygbjW5XO.net
全部の続編ものを読んだ訳じゃないが、絵、ストーリーともに旧作を超えているのは、俺の知る限りキン肉マンくらいよ
116:名無しさん:2017/08/08(火) 07:52:38.31 ID:ihJyoBBu0.net
今のゆで担当さんが有能過ぎる

「キン肉マン」の人気が今なお衰えない理由とは?
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502143604
関連記事
スポンサーサイト

おすすめ記事

コメント

6266

何か最近キン肉マンの話題多いな
そんなに盛り上がってのか

2017/08/09 (Wed) 15:19 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する