HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【マルコ・ポーロの冒険】小椋佳の主題歌が最高過ぎる、NHKの良質アニメ




【☞アニメーション紀行 マルコ・ポーロの冒険

marcopolo-title.png

アニメーション紀行 マルコ・ポーロの冒険(アニメーションきこう マルコ・ポーロのぼうけん)は、NHK総合テレビで1979年4月7日から1980年4月5日までの土曜夜7:30 - 8:00に放送されたテレビアニメ。全43話。

シルクロードブームに乗って企画され、アニメーションと実写ドキュメンタリー映像を折衷させた実験的かつ意欲的な作品。
原作はマルコ・ポーロの『東方見聞録』だが、アニメオリジナルのエピソードが大半を占める。全体として三部にパートが分かれ、「シルクロード編」(1~20話)、「中国編」(21~33話)、「南海編」(34~43話)で構成される。
音楽を当時大人気のシンガーソングライター小椋佳が担当したことも話題になった。また、マルコのビジュアルが当時人気だった『宇宙戦艦ヤマト』の主人公・古代進に似ている(特に中国編以降)という指摘がファンから多数寄せられたという(マルコの声を担当した富山敬が、古代進の声も演じていたため尚更その印象は強かった)。

シルクロード」ブームの中、NHKで放送された、冒険家マルコ・ポーロの「東方見聞録」に基づいて製作された冒険アニメ。
NHKでは、本作終了後、「NHK特集 シルクロード」というドキュメンタリー番組を放送しますが、この番組の取材によって得た情報や資料は本作にも活かされており、スケールの大きな冒険ドラマに仕上がっています。

いやぁ、シルクロード、懐かしい響きですね。
私も子供の頃、NHKのドキュメンタリー見てましたよ。

nhk-silkroad.png

うちの母が大好きだったので、一緒に見ていた想い出があります。
音楽は、シンセサイザーの演奏で有名な「喜太郎」でしたね。
映像と音楽がめちゃくちゃ合ってるんですよね。
「喜太郎」は、この番組での音楽が評価されて、一気に有名になったイメージがあります。

ちなみに、シルクロードとは、中央アジアを横断する古代の東西交易路のことで、当時、重要だった「」が運ばれたことから、19世紀のドイツの学者が、著書の中で「シルクロード」と記したのが最初で、その名が定着しました。
自然発生的に出来た交易路ですから、経路や起点、終点を決定することはできないみたいですが、中国側の起点は「長安(西安)」、欧州側は「ローマ」と見るのが一般的っぽいですね。

marcopolo-silkroad.jpg

私は、アニメ「マルコ・ポーロの冒険」の方は、あんまり覚えてないのですが、このアニメ、ちょうど「シルクロード」の取材時期に製作されていたんですね。
アニメとは言え、実写映像が多用された番組ですが、これらの素材が、全て実際に現地で撮られた映像だと考えると、かなり贅沢なアニメだったと思いませんか?

そんな、マルコ・ポーロの冒険のあらすじ。

マルコ」はベネチアの宝石商人の息子として生まれたが、東方との交易を行っていた父は長く家を空けていて、その間に母が他界、叔母の手で育てられた。

marcopolo-marco.png

やがて、父が帰郷するも元(げん)のフビライの下に使者として再び派遣されることとなる。
初めて対面する父に最初は複雑な心境だったマルコも、叔母の「自分の運命を切り開ける男になれ」という言葉に、父たちと東方に旅立つ決意をする。
そして、1271年、17歳のマルコは父と叔父とともに東方へ旅立っていく。

marcopolo-scene1.png

道中で様々な体験や色々な人々との出会いと別れ、冒険を繰り返しながらマルコは成長していく。


それでは、オープニング、エンディング、行ってみましょう。


マルコ・ポーロの冒険 OP



良いわ~

めちゃくちゃ良いわ、このオープニング。
タイトルは、「いつの日か旅する者よ」です。
何て格好良いタイトル(^^;
NHKらしい上品さの中に、冒険の匂いがするような映像とメロディ。
でも、どこか切ないというか、孤独な旅というイメージを受けますね。

歌っているのが「小椋佳」ってのが、また良いです。
この落ち着きのある歌い方が映像と合ってる気がします。

はい、続いてエンディング。

マルコ・ポーロの冒険 ED



ああ、この曲も良い歌だぁ。
タイトルは、「大空から見れば」。
こちらも、小椋佳の歌ですね。

しかし、イントロや間奏で使われている笛の音色が最高に好きです。
どことなく、中南米の雰囲気があって、NHKで放送されたアニメ「►太陽の子エステバン」を彷彿させますね。
「►母をたずねて三千里」でも描きましたが、私は、この笛の音色が好きなんですよねぇ。
この笛は、「ケーナ」や「サンポーニャ」と言って、これらアンデスの民族楽器を使った音楽を「フォルクローレ」と言います。
シルクロードと全然関係ないけども(^^;
まあ、荒涼とした土地のイメージは似てるかもしれません(笑)。

はい。
実は、本作のエンディングは、この曲以外にも、「また旅支度」、「それが夢ならば」、「誰でもいいから」、「蒼き狼」と、全部で5曲(いずれも「小椋佳」)あり、放送回によって、ランダムに使われています。

このうち、「誰でもいいから」の動画があったので、貼っておきます。
この他の曲は、前年ながら見つかりませんでした。

マルコ・ポーロの冒険 ED 「誰でもいいから」



これも、良い歌だ。
ちなみに、本作の主題歌を収録した小椋佳のアルバムも発売されています。

marcopolo-ogurakei2.png

marcopolo-ogurakei.png

これは、聴いてみたいかも。


さて、マルコ・ポーロの冒険。
主人公・マルコのビジュアルが当時人気だった「►宇宙戦艦ヤマト」の主人公「古代進」に似ている(特に中国編以降)ということも反響があったようです。

マルコ
marcopolo-marco.jpg

古代進
marcopolo-kodaisusumu.png

こうやって並べると違うんだけど、まあ、似てると言われるのは何となく分かる気がする・・・(^^;
マルコの声は、古代進と同じ「富山 敬(とみやま けい)」が担当していたため、いっそう、その印象を強めていたようですね。

あと、マルコのビジュアルが少年時代から壮年まで(17歳~37歳の間)若い姿のままで、ほとんど変わらない点も、よくファンから指摘されていたようです。

えぇ~、そこは別に良いだろ(^^;

キャラクターデザインは、「杉野昭夫」が担当していますが、一応、老けたマルコもデザインしてたみたいですね。
ただ、見た目が変わったら視聴者が混乱する、とNHK側からダメ出しくらった、と後のインタビューで語っています。

NHKの言い分は分かる。
私も見た目が変わらないほうが良い気がするけど・・・。
でも、実際は、裏目に出た感じ?(笑)


はい、という事で、アニメーション紀行 マルコ・ポーロの冒険。
シルクロード」のブームに乗じて製作されたNHKの良質アニメ。
当時人気のあったシンガーソングライター「小椋佳」が音楽を担当したことも話題となった作品です。
しかし、残念ながら、映像ソフト化はされていません。
NHKには本作のマスタービデオテープ(ドキュメンタリー部分と組み合わせて音声まで完全パッケージされたもの)が現存していないらしいです。

何やってんだNHK!!

こんな素晴らしい作品が、もう二度と再放送も、映像ソフトも出せない状態だとは、非常に残念ですね。
BS含めて、ちゃんと受信料払ってるけど、こういう話聞くと怒りがこみ上げます(^^;
今や全話視聴は難しい作品ですが、ドキュメンタリー「シルクロード」と共に、いつまでも語り継がれる作品であって欲しいですね。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております
【マルコ・ポーロの冒険】
小椋佳の主題歌が最高過ぎる、NHKの良質アニメ
関連記事
Tag: NHK

おすすめ記事

コメント

1262

何? このおっさん歓喜のアニメwww (褒め言葉)

小椋佳の、この、LP買ったわwww
多分 LPってなんや? って 若い衆 多いんだろうなwww

ちなみに、あのアニメージュの表紙飾った ことも有ったな

マルコ・ポーロって、日本に縁あって世界史に1度は出るけど、
あんな、孤独氏みたいな、氏に方をしたのを知ったのわ、このアニメの最終回だったな~

実写とアニメうまく 合わせた作品だよな>

2016/03/08 (Tue) 20:18 | なつかしや~ #GCA3nAmE | URL | 編集
1267

懐かしいですねぇ。
このアニメとにかく雰囲気が大好きでした。
音楽も良いですよね。
今OP、ED見ると涙出そうになる(笑)
もう再放送もDVD化もできないって、本当に残念ですね。
こういう良質なアニメを今の子供達にも見せてあげたい。

2016/03/08 (Tue) 21:23 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1268

なつかしや~様

情報ありがとうございましたm(__)m

最終回はなんか切ないですねー。
でも最後のシーンからEDまでの流れは完璧です!
曲とアニメのイメージがハマリ過ぎなくらい合ってますね。
やっぱり小椋佳は良いです。

2016/03/08 (Tue) 21:50 | 管理人 #- | URL | 編集
1287

シルクロード自体はBGM・ナレーション含め良い番組だったけど
NHKがロケの許可と引き換えに、かなり中国政府におもねったという噂が気になってなあ
撮影に使った機材を全て無償で置いていったとか、おそらく技術指導なんかもやらされたんだろう
それらが全て悪名高き受信料に反映されてたと思うと、複雑だよね
それとも現在進行形で抑圧されているマスコミ界隈では反日の空気は薄いのだろうか?

2016/03/12 (Sat) 02:31 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
4038

受信料で作った映像を保存管理せずに来て
保存管理したらしたで受信料でまかなっているのに
保存閲覧料金払え―。
各家庭に受信料を徴収し、受信料を徴収されている
個人の集合体の組織にも請求する矛盾。
さらに公正中立であるべき立場でドラマやニュースに
そっと偏向ませてくる手口がイヤらしくも恐ろしい。
マルコポーロの冒険、もう見れないんだ。
タイムトラベラーももう見ることはできない。

2017/02/02 (Thu) 11:14 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
29072

うわー、リアルタイム世代です。
この物語の、マルコが仕えた元の国王フビライは、アニメの中でも屈指の、もの凄く威厳溢れる格好いい皇帝だったと思う。元という国の強大さがすごく伝わってくる。声が森山周一郎さんなのも最高。この人のテーマ曲からして「王の中の王、フビライ」なんだよね(皇帝だからちょっと違うんだけど)。
最終回は切なかったなあ。マルコがどんなに話しても、そのスケールが凄すぎて、当時の人には伝わらなくてほら吹き、下手するとおかしい人扱いになってた、とあった。「晩年のマルコは、決して幸せではなかったといいます…」というナレーションを、今でも覚えてる。

2023/06/22 (Thu) 16:47 | ななし #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する