HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



淡路島の銅鐸、紀元前4世紀ごろ埋めたか?付着植物片で判明!



1:名無しさん:2017/06/06(火) 21:02:43.96 ID:CAP_USER9.net
 兵庫県南あわじ市(淡路島)で見つかった青銅祭器「松帆銅鐸(まつほどうたく)」7個(弥生時代前期―中期)は紀元前4~前2世紀前半(弥生時代中期前半)に埋められたとみられることが付着していた植物片の放射性年代測定で分かり、市教育委員会などが6日発表した。



 銅鐸の埋められた年代が科学的な分析で分かるのは初めて。市教委は「銅鐸は一緒に出土する遺物が少なく、年代が分かりにくい史料だけに、付着していた有機物から埋納時期を特定できた意義は大きい」としている。

 銅鐸は時代とともにつり手部分が薄くなり、古いものから菱環鈕(りょうかんちゅう)外縁付鈕(がいえんつきちゅう)扁平鈕(へんぺいちゅう)突線鈕(とっせんちゅう)に分類され、前3者が古いタイプで「聞く銅鐸」突線鈕は新しいタイプで装飾が多いことから「見る銅鐸」と考えられており、銅鐸の役割が変わったとされている。

 松帆銅鐸は、1号が菱環鈕、2~7号が外縁付鈕という古いタイプばかり。古いタイプは西暦0年ごろ(弥生中期末)に、新しいタイプは2~3世紀(弥生後期末)に埋められたとする2段階説が有力だが、古いタイプよりも150年以上前に埋められていたことになり、銅鐸の埋納の意味を巡り論議を呼びそうだ

(全文は以下から)


http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H93_W7A600C1CR8000/
4:名無しさん:2017/06/06(火) 21:04:35.22 ID:0xSmPZqU0.net
あれは何なの?鈴?
23:名無しさん:2017/06/06(火) 21:17:28.55 ID:HMVUU2Ka0.net
>>4
シャーマンの超能力を増幅するためのものだよ
810:名無しさん:2017/06/07(水) 18:34:45.02 ID:5Vj2sekl0.net
>>4
鈴だよ
物部が祭祀で使ってた
そも後、物部が鈴木になったのは偶然ではない
822:名無しさん:2017/06/07(水) 18:44:12.91 ID:WhgvMlES0.net
>>810
それで蜷川新右衛門さん(物部守屋の子孫)は寺社奉行だったのか。
903:名無しさん:2017/06/07(水) 23:17:42.50 ID:NfIW9ij60.net
>>810

鈴木という苗字は、穂積と同じで、稲束を積み重ねた、という意味だぞw
7:名無しさん:2017/06/06(火) 21:06:35.97 ID:QXOOJ9Xp0.net
伊邪那岐、伊邪那美が淡路島を作ったんだっけ?

国津神やら天津神やら、大和朝廷やら卑弥呼やら、繋がりがよーわからん
762:名無しさん:2017/06/07(水) 17:46:12.72 ID:AWoJ7nGC0.net
>>7 国津神=出雲、縄文人 天津神=朝鮮半島や外国からきた勢力 大和朝廷=日向からきた外国勢力 卑弥呼=紀記には載ってない未知の人物 邪馬台国=九州 卑弥呼墓=九州
767:名無しさん:2017/06/07(水) 17:51:21.20 ID:G8fvnQW30.net
>>762
日向が本拠地なはずなのに、当時の大和政権の勢力圏外なのはなぜだ
772:名無しさん:2017/06/07(水) 17:56:47.41 ID:JsFToIkt0.net
>>767
熊襲とかに圧迫されて日向脱出=神武東征開始
とか?
771:名無しさん:2017/06/07(水) 17:55:43.60 ID:AWoJ7nGC0.net
>>767 日向から、一部を除いて一族ろうとう皆が移動シタンジャマイカ
773:名無しさん:2017/06/07(水) 17:59:07.01 ID:G8fvnQW30.net
>>771
本拠地捨てるのは普通負けて追い出される時だけでは
大規模遠征する位の食料や人員を供給できる地を捨てる意味がない
9:名無しさん:2017/06/06(火) 21:07:54.00 ID:xDTreIKr0.net
実は銅鐸の本当の使い方は…
321:名無しさん:2017/06/06(火) 23:58:35.30 ID:tcRpNBBy0.net
>>9

最新の研究では、古代のオナホだって言われてるな
328:名無しさん:2017/06/07(水) 00:02:42.45 ID:u9wlFgF+0.net
>>321
最大級の銅鐸の大きさ知らないだろ
10:名無しさん:2017/06/06(火) 21:08:25.65 ID:gD6UwQxy0.net
知ったところで何の役に立つのやら
11:名無しさん:2017/06/06(火) 21:08:42.29 ID:wiV6XuCt0.net
紀元前なら大和王朝以前か
島ベースということは、徐福の末裔たちの技術だろうか
38:名無しさん:2017/06/06(火) 21:21:54.71 ID:pgOyBU3h0.net
>>11
紀元前4世紀なら徐福の前
12:名無しさん:2017/06/06(火) 21:09:41.65 ID:ekuiVHY90.net
淡路なんだから用途はタコ壺だろ。
36:名無しさん:2017/06/06(火) 21:21:32.02 ID:S8+xkMNU0.net
>>12
天才発見
14:名無しさん:2017/06/06(火) 21:11:23.37 ID:FWJy1BtL0.net
弥生も初期の初期の初期頃じゃねえか
118:名無しさん:2017/06/06(火) 22:23:26.87 ID:EDFxsvRZ0.net
>>14
最近は弥生時代の始まりがどんどん前にずれている
127:名無しさん:2017/06/06(火) 22:27:08.88 ID:nsQByPBX0.net
>>118
急に米作りが始まったなんて無理があるだろう
情報伝達が乏しい古代のことなんだ
狩猟・採取・米作りが渾然となってた時代が十数世紀あったとしても
不思議ではない
311:名無しさん:2017/06/06(火) 23:48:42.94 ID:XXCz9ZoM0.net
>>127
ねーよw
稲作や灌漑を当たり前に使いこなしていた長江に住んでた倭人が移住してきただけだから。
15:名無しさん:2017/06/06(火) 21:11:31.13 ID:UiKFZly00.net
項羽と劉邦の頃か、中国から調査兵団が来たって事?
411:名無しさん:2017/06/07(水) 00:54:03.63 ID:rg4qH4Fz0.net
>>15
進撃みたいw
254:名無しさん:2017/06/06(火) 23:28:15.05 ID:1KrealcL0.net
>>15
呉が滅亡したころと重なる
日本人の呉人説が濃厚になりますね
323:名無しさん:2017/06/06(火) 23:58:51.43 ID:Xyn3K0Jy0.net
>>254
徐福、呉説は昔からあるが物証がでてこない

稲ぐらい
18:名無しさん:2017/06/06(火) 21:13:06.18 ID:CzvEJYnH0.net
神話以前の時代の信仰だもんなあ
ものすごい神秘だわ
79:名無しさん:2017/06/06(火) 21:48:24.98 ID:H2H7pkXm0.net
>>18
いやいや神話そのものですやん
大国主命知らんのか
21:名無しさん:2017/06/06(火) 21:16:56.64 ID:bpe45CbL0.net
この頃、中原じゃ編成された軍で仕事として戦争やってたのに日本だと神話だもんなぁ
33:名無しさん:2017/06/06(火) 21:20:09.44 ID:BQzqDIut0.net
>>21
他人と争うことにかけちゃ、中華民族の右に出る者は居らんな。
313:名無しさん:2017/06/06(火) 23:50:53.54 ID:n8j/R7i30.net
>>21
大和朝廷以外の権力者に抑えられていたって事だな。 普通に考えて、大陸は文化人 日本はウホウホ言ってる猿ってのは現実的ではないので、分割にしろそうでないにしろ治められていたはず。
それは夏の時代も同じはず。
562:名無しさん:2017/06/07(水) 09:04:41.02 ID:H2LK8fp90.net
>>21
まぁ確かに古代中国より劣ってたんだろうな。
しかし、口伝→書物として当時の記録が現代まで残されてるんだから、それなりに凄いと思うわ。
22:名無しさん:2017/06/06(火) 21:17:08.49 ID:w+cj7Bs/0.net
淡路島はあんな狭いのに 淡路 一国なんだよな
あと、安房も狭いのに一国
28:名無しさん:2017/06/06(火) 21:19:03.28 ID:yO6HOcWc0.net
銅鐸て何なの?
千年以上も使い方分かってないとか考古学者無脳すぎワロタ
692:名無しさん:2017/06/07(水) 15:58:44.47 ID:h1bxMJvx0.net
>>28
最初期は鐘で間違いない
65:名無しさん:2017/06/06(火) 21:41:53.94 ID:Xyn3K0Jy0.net
>>28
銅鐸も中国だよ

鏡の祭祀も中国

モモの神仙思想も中国

中国の銅鐸、青銅器のクオリティすさまじい
82:名無しさん:2017/06/06(火) 21:49:50.87 ID:/YX6Ci4B0.net
>>65
中国は銅鐸の原型となる陶鐸が作られてたって
最近どっかで読んだ
30:名無しさん:2017/06/06(火) 21:19:39.68 ID:xf7onXE10.net
魔除けってやつかね
41:名無しさん:2017/06/06(火) 21:24:26.25 ID:FWJy1BtL0.net
>>30
獣除け
31:名無しさん:2017/06/06(火) 21:20:02.53 ID:zxsHvG8c0.net
素人目で見て、何で日本で一番古い歴史が本州や四国に囲まれてる淡路島にあるのかわからん。
793:名無しさん:2017/06/07(水) 18:15:16.72 ID:WhgvMlES0.net
>>31
水で隔てられた2つの陸の間にある土地は聖域だからな。
59:名無しさん:2017/06/06(火) 21:38:25.02 ID:wiV6XuCt0.net
>>31
舟でやってきた開拓者たちが陸の原住民から身を守るには、そのまま舟で海上に留まるか、島を拠点にするのが合理的でしょ
数で劣る移住者たちにとって、島は天然の要塞も同然なわけで
37:名無しさん:2017/06/06(火) 21:21:51.67 ID:2CUar72F0.net
邪馬台国は淡路島
170:名無しさん:2017/06/06(火) 22:54:42.38 ID:Ti0JIZ5X0.net
>>37
くそ・・・書こうと思ったのに。
でもみんなもそう思ってしまうでしょ?
422:名無しさん:2017/06/07(水) 01:00:56.78 ID:nI7NjP6o0.net
>>37

岩手県の八幡平が邪馬台だよ
42:名無しさん:2017/06/06(火) 21:26:12.46 ID:bpe45CbL0.net
関西人だけど畿内説は・・・そりゃ九州から東征だろ
なのに、なんで淡路が最初に出来たって話になってるのか。
憚る勢力がいたって事なんか?
43:名無しさん:2017/06/06(火) 21:26:45.27 ID:2CUar72F0.net
国造り神話で最初に出来た陸地が淡路島ということは
ここに何かがあったんやろな
44:名無しさん:2017/06/06(火) 21:27:32.62 ID:FWJy1BtL0.net
そりゃ大阪湾の制海権を淡路島が握ってたからだろ
46:名無しさん:2017/06/06(火) 21:28:51.22 ID:juDqL9Ne0.net
紀元前200年に埋められたとすれば
製造年代はいつ頃か気になる
47:名無しさん:2017/06/06(火) 21:29:37.91 ID:RbhLIXw80.net
銅鐸の最古記録更新?

輸入品だろうけど、紀元前4世紀にそれを必要とした勢力があったってだけですごくね?
49:名無しさん:2017/06/06(火) 21:30:58.51 ID:PIStFpBY0.net
前4世紀つったら七雄が鎬を削ってた頃だろ?
向こうからこんなとこまで来るとも思えんし
こっちから向こうに行くのもピンとこないが
なんかとてつもないドラマがあったんだろうか雷火みたいな
51:名無しさん:2017/06/06(火) 21:32:07.77 ID:3yqePgkx0.net
神が生まれる400年も前に人間が淡路島に住んでたのかw
64:名無しさん:2017/06/06(火) 21:41:30.72 ID:PIStFpBY0.net
>>51
そら上沼恵美子を生んだ土地だかんな
40:名無しさん:2017/06/06(火) 21:23:12.31 ID:5axnzOzH0.net
上沼恵美子の先祖?
56:名無しさん:2017/06/06(火) 21:36:32.26 ID:bpe45CbL0.net
日本列島もブリテン島みたいに複数回の勢力の侵入があったって事なんかな。
ピクト人がいてケルト人が来てアングロサクソンが来てローマ人が来たけど帰ってデーン人が来てフランスに居ついてたノルマンディー人が来た
58:名無しさん:2017/06/06(火) 21:38:03.75 ID:5rB8/hTm0.net
お祭りは銅鐸で演奏会をしてたのかな。
ソロパートの美味しい部分で、あの子のハートも鷲掴み
って妄想を弥生時代のティーンボーイは膨らましてたのかも
70:名無しさん:2017/06/06(火) 21:44:29.16 ID:nXYCWZCn0.net
当時は貴重品だったろうに、地面に埋めたら
あとで掘り出してもさびついてて光沢が失われるぞ。なんで埋めたのやら。
60:名無しさん:2017/06/06(火) 21:38:53.46 ID:HL5W/Jl80.net
卑弥呼が銅鐸を禁止したんだろ
だから急いで埋めた
67:名無しさん:2017/06/06(火) 21:42:57.35 ID:juDqL9Ne0.net
銅鐸の実物を見ると解るけど以外と薄く出来ていて製造は高い技術が必要。叩いて使える物ではないよ
69:名無しさん:2017/06/06(火) 21:44:24.77 ID:Xyn3K0Jy0.net
>>67
叩いてた時期もあるし
観賞用で大型化した時期もあるし
72:名無しさん:2017/06/06(火) 21:44:46.70 ID:HL5W/Jl80.net
初期の銅鐸は鳴らしていた
鳴らすための棒が出土してるし
叩いた跡も残っている
88:名無しさん:2017/06/06(火) 21:57:36.23 ID:msMl/e2S0.net
>>72
島根の加茂岩倉遺跡から出土した物かな
以前出雲大社近くの資料館に行った時展示してあった
まさしく叩いた跡が残っていた
77:名無しさん:2017/06/06(火) 21:47:45.48 ID:nXYCWZCn0.net
>>72 だから出土した銅鐸はどんな音がするのかな?と
現代ではうかつに叩くことができないんだよな。当時、叩いていたかどうか跡を
調べるから。
86:名無しさん:2017/06/06(火) 21:53:44.58 ID:/YX6Ci4B0.net
>>77
レプリカとして作られた銅鐸なら
栃木県の小山市立博物館に
体験学習用に展示されてて
叩いて音を鳴らせるよ
87:名無しさん:2017/06/06(火) 21:55:23.08 ID:Xyn3K0Jy0.net
>>77
複製したのどこでもおいてるよw

想像通りの音だよw
74:名無しさん:2017/06/06(火) 21:45:55.38 ID:5Y4HaCwn0.net
俺らのイメージだと青くくすんだ色だけど
実物は黄金色だからな
単純に埋めたとは考えにくい
80:名無しさん:2017/06/06(火) 21:49:06.48 ID:nXYCWZCn0.net
>>74 金ぴかだよね。黄金製かと勘違いするくらい。(大げさ)
84:名無しさん:2017/06/06(火) 21:53:07.95 ID:YeuW4/vF0.net
僕らのタイムカプセルが
102:名無しさん:2017/06/06(火) 22:08:16.76 ID:XXZDSJPT0.net
ヤマタイカで空飛んでたな

114:名無しさん:2017/06/06(火) 22:22:06.98 ID:7fSJ/5Rz0.net
>>102
懐かしい・・・
ヤマタイカと宗像教授シリーズはオレの愛読書っす

淡路島の銅鐸、紀元前4世紀ごろ埋めたか?付着植物片で判明!
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496750563
関連記事
スポンサーサイト

おすすめ記事

コメント

5506

>>7 国津神=出雲、縄文人 天津神=朝鮮半島や外国からきた勢力 大和朝廷=日向からきた外国勢力 卑弥呼=紀記には載ってない未知の人物 邪馬台国=九州 卑弥呼墓=九州

こんなアホなことこと考えてる奴まだいるのか
日本神話の神=民族とか言うのはみんな左翼の連中だぞ
天津神が大和朝廷、国津神が先住民って考えもそう。政治と結び付けて闘争史観に帰結させようとしてるだけ
そういや昔「海外には星辰の神話や神々がいるのに、日本には無いのは、日本の先住民が星を進行する民で、太陽を進行するヤマトが滅ぼしたせいにちがいない」って無根拠の妄想を爆発させて、さも史実のように言いふらしてた奴もいたわ


実際は、神々の司るものを見ればわかるが、自然や現象をそれぞれ擬人化したものにすぎない
オオクニヌシやスクナビコナはそれぞれ「生産活動の擬人化」「米の擬人化」で、オホゲツヒメの説話は、それまで自然収穫だったのを、人間が意図的に栽培し収穫する方式に変えたことの擬人化、寓話
神道はそういう自然や仕事に対して、感謝や敬意を払うことを教義とするもの
そもそも天皇だって、神の行為を現世で代替するもの(儀式)であるから現人神と言われてるわけで、つまりキリスト教でいえば教皇のそれと変わらん
神というから、アホが「人間を神として崇めさせてる!」って言うが、毛唐も左翼も本当にアホだわ

2017/06/09 (Fri) 08:48 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
5508

>知ったところで何の役に立つのやら

必ずこういうこと言い出す奴いるよねw

2017/06/09 (Fri) 13:34 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する