HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事

【ハイスクール!奇面組】アニメよりも「うしろゆびさされ組」と「うしろ髪ひかれ隊」




【☞ハイスクール!奇面組

『ハイスクール!奇面組』(ハイスクール きめんぐみ、HIGH SCHOOL! KIMEN-GUMI)は、新沢基栄による日本の漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメ、劇場版アニメなどの作品群である。

新沢の漫画家デビュー作『3年奇面組』(さんねん きめんぐみ、SAN-NEN KIMEN-GUMI)において中学生だった主人公の高校進学に伴い、『ハイスクール!奇面組』にタイトル変更したものが本作である(アニメ版では中学生編を含め『ハイスクール!奇面組』として制作された)。

集英社『週刊少年ジャンプ』にて、『3年奇面組』は1980年10月13日41号から1982年4月12日17号まで、『ハイスクール!奇面組』は『3年』が終了した翌週の1982年4月19日18号から1987年7月6日30号まで連載された。

■テレビアニメ
1985年10月12日から1987年9月26日までフジテレビ系列局ほかでテレビアニメが放送された。放送時間は毎週土曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

アニメ放送開始前にコミックスにてアニメ化の告知が掲載され、新沢は「反対派の意見もあるだろうが、自分なりによく考えた結果だ」とコメントしている。また、原作終了後に近況報告をコミックスに掲載した際、「アニメ化は3度目のオファーでOKしたが、それ以前は諸事情により断った」とも語っている(実写ドラマ化の話もあったが流れた[要出典])。

新沢はアニメ化にあたり、スタッフに対する指示[2]を兼ねて自らあらためて設定資料を描き下ろしている。設定資料はスタッフ側から依頼された際、アニメに必要な設定がどの程度なのかわからず、主要キャラクターごとの全身、後ろ姿、顔の正面・斜め・横(表情に至っては喜怒哀楽など7 - 8パターン)の各アングルや、役どころや性格などの詳細を記したプロフィール、キャラクター同士の立ち位置に関する注意などを描いて渡したところ、スタッフに「こんなに細かい指定をされたのは初めてです」と驚かれたという。

ハイスクール奇面組、ジャンプの中でも好きな漫画で、毎週読んでました。
バカバカしいギャグ漫画でしたが、それがウケる年代だったのもあると思います。
私は、完全に「ハイスクール」の年代でしたが、「3年」の頃から読んでた人も多いかもしれません。

アニメについては、内容は、それほど印象に残ってませんが、オープニング/エンディング曲は、よく覚えています。
ちょうど、「おニャン子クラブ」から「うしろゆびさされ組」、「うしろ髪ひかれ隊」が出てきて、ヒット曲を出していた時期ですね。
(と言うか、このアニメでメジャーになった)
プロデューサーは、もちろん、「秋元康」です。

今でも、AKB48など、アイドルを沢山世に出している秋元康ですが、素人娘をアイドルとしてデビューさせる、という手法は、おニャン子クラブ(夕やけニャンニャン)で培われたと言っても間違いではないでしょう。

そして、同年代の方なら、ご存知の方がほとんどだと思いますが、秋元康の奥さんは、「うしろゆびさされ組」の高井麻巳子ですね。
更に、「うしろ髪ひかれ隊」のメンバーだったのが、工藤静香
で、現在は、キムタクの奥さん。
こうやって、改めて考えると、結構、すげぇー時代ですな。

ちなみに、私がおニャン子の中で、印象に残ってるのは、「会員番号32番・山本スーザン久美子」です!

yamamoto-susan-kumiko.jpg

いや、別にかわいいと思ってたわけではなくて、名前のインパクト!
これ、忘れないわwwww

それでは、オープニング/エンディングに行ってみましょう。
・・・と思ったら、めっちゃ多いやん!

前回の「めぞん一刻」も多いと思ってたんですが、それ以上だった(^^;
たぶん、「うしろゆびさされ組」、「うしろ髪ひかれ隊」が新曲を出す度に、それが主題歌になっていたんでしょうね。

オープニング曲は、以下の7曲。

  • うしろゆびさされ組」(第1話 - 第23話)- うしろゆびさされ組

  • 象さんのすきゃんてぃ」(第24話 - 第36話)- うしろゆびさされ組

  • 渚の『・・・・・』(なぎさのかぎかっこ)」(第37話 - 第49話)- うしろゆびさされ組

  • 技ありっ!(第50話 - 第59話)- うしろゆびさされ組

  • かしこ(第60話 - 第65話)- うしろゆびさされ組

  • 時の河を越えて(第66話 - 第78話)- うしろ髪ひかれ隊

  • あなたを知りたい(第79話 - 第86話)- うしろ髪ひかれ隊


で、動画を探していたら、OP/EDをまとめた動画を見つけました。
ありがたやーありがたやー。
製作者さんに感謝です。


ハイスクール!奇面組 OP


■ハイスクール!奇面組 OP特集
https://www.youtube.com/playlist?list=PLIbDPsCwoh76hRilWe7rxpLcAWTBPjoMI


やっべぇ~!
全部、歌えるwwww
懐かしいね。

アニメ自体は、そんなに見ていた記憶ないんですけどね。
まぁ、当時のヒット曲、というのもあるんでしょうけど。
特に、「うしろ髪ひかれ隊」の「時の河を超えて」が好きです。

そして、エンディング。
エンディングは以下の8曲。

  • 「女学生の決意」(第1話 - 第8話)- うしろゆびさされ組

  • 「バナナの涙」(第9話 - 第23話)- うしろゆびさされ組

  • 「猫舌ごころも恋のうち」(第24話 - 第36話)- うしろゆびさされ組

  • 「のっとおんりぃ★ばっとおるそう」(第37話 - 第49話)- うしろゆびさされ組

  • 「ちょっと辛いあいつ」(第50話 - 第59話)- 息っ子クラブ

  • 「ピタゴラスをぶっとばせ」(第60話 - 第65話)- うしろゆびさされ組

  • 「うしろ髪ひかれたい」(第66話 - 第78話)- うしろ髪ひかれ隊

  • 「立つ鳥跡を濁さず」(第79話 - 第86話)- うしろ髪ひかれ隊



ハイスクール!奇面組 ED


■ハイスクール!奇面組 ED特集
https://www.youtube.com/watch?v=sVwcQHf1LCE&list=PLIbDPsCwoh76tnmZJhxsDmMzrEp69DA_X



ん?んんん?(´・ω・`)?
何か1曲、変なのが混じってたwww
男のグループが歌ってる曲、全然、知らねぇー(^^;
それ以外は、全部、覚えてますね。

知らない曲が気になったので、調べてみたら、「☞息っ子クラブ」というアイドルグループが歌ってました。

ウィキペディアによると、1年間だけしか活動してないみたいですね。
どうも、「おニャン子クラブ」の男版、と言うことで「夕やけニャンニャン」でオーディションやったみたいです。
織田裕二や奥田民生も、オーディションに出てた、という事実に吹きました(○゚ε゚○)プププー
しかし、解散コンサート、武道館だったみたいなので、それなりに人気はあったんでしょうね。
いやいや、まったく覚えてないです。

しかし、オープニングもエンディングも、アイドルの曲らしく、キャッチーで良いですね。
その中で、やっぱり工藤静香の歌唱力が目立ってる気がしました。

当時から、そして今でも、ずっと最前線でトップアイドルをプロデュースし続ける秋元康、恐るべし。

はい、ということで、ハイスクール!奇面組。
映像ソフトは、2001年にDVD-BOX(全3巻)が発売されているほか、2007年には、COMPLETE DVD-BOX(全2巻)も発売されています。



こちらには、先のDVD-BOXには未収録だった映像や設定資料なども入っているようです。

興味のある方は、ぜひ。


以上



※みなさんのコメント、おまちしております

【ハイスクール!奇面組】
アニメよりも「うしろゆびさされ組」と「うしろ髪ひかれ隊」
関連記事
スポンサーサイト

おすすめ記事

コメント

8

おニャン子クラブ懐かしいですね。
新田恵理派と国生さゆり派がありましたよね。
私は、国生さゆり派でした。

2015/07/12 (Sun) 16:47 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する