HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



昔の時代劇見ていておかしいと思うところ



1:名無しさん:2017/05/22(月) 20:07:14.42 ID:0.net
助走もなく屋根の上に飛び乗る奴がやたら多い
3:名無しさん:2017/05/22(月) 20:08:41.15 ID:0.net
数十人の剣客相手に主人公がバッサバッサと切り捨てていくところ
4:名無しさん:2017/05/22(月) 20:10:07.71 ID:0.net
室内が明るすぎ
6:名無しさん:2017/05/22(月) 20:11:11.03 ID:0.net
一介の役人が老中だの御三家だの幕府の要職切りまくり
9:名無しさん:2017/05/22(月) 20:13:47.18 ID:0.net
十七世紀に拳銃が出回ってる
7:名無しさん:2017/05/22(月) 20:12:02.47 ID:0.net
乳母車に機関銃

10:名無しさん:2017/05/22(月) 20:15:33.10 ID:0.net
三味線糸投げつけて人の首筋に巻き付けて吊る上げて殺してること
11:名無しさん:2017/05/22(月) 20:16:44.58 ID:0.net
町奉行が遊び人に成りすまして町を徘徊して下手人探索してること
12:名無しさん:2017/05/22(月) 20:17:58.55 ID:0.net
将軍が身分を隠して町を歩き回って悪党退治
13:名無しさん:2017/05/22(月) 20:19:01.96 ID:0.net
松平定信が将軍より偉い
14:名無しさん:2017/05/22(月) 20:20:29.06 ID:0.net
実際は天守閣なんてほとんど使われてないのにいつも上様がいる
15:名無しさん:2017/05/22(月) 20:20:45.45 ID:0.net
殺しの時自ら名乗ってることが多い中村主水が一向に捕まらないどころか疑いもかけられないこと
16:名無しさん:2017/05/22(月) 20:20:48.24 ID:0.net
人を斬った時の音
18:名無しさん:2017/05/22(月) 20:23:40.70 ID:0.net
数十m先にピンポイントでチャリ銭投げつけてしかも大きなダメージ与えられることができる岡っ引きがいる
19:名無しさん:2017/05/22(月) 20:24:27.92 ID:0.net
死体から血が出てない
21:名無しさん:2017/05/22(月) 20:26:35.04 ID:0.net
人二人以上殺してるのに情状酌量で江戸処払いで済む奴が多い
248:名無しさん:2017/05/23(火) 00:14:22.21 ID:0.net
>>21
江戸の刑罰はどんな罪を犯したかだけではなく誰が起こしたかで罰が変わった
放火は火あぶりの刑と原則決められていたが
吉原の遊女はあまりにも過酷な身の上であることを情状酌量して遠島で済むことが多かった
23:名無しさん:2017/05/22(月) 20:28:21.17 ID:0.net
徳川忠長の遺児が大勢の幕閣切りまくってるのに何のお咎めもないこと
38:名無しさん:2017/05/22(月) 20:40:25.98 ID:0.net
>>23
家光から生涯勝手のお墨付きもらってるから
24:名無しさん:2017/05/22(月) 20:30:07.85 ID:0.net
切られた主人公が川の中に飛び込んで一切泳ぐ姿なく
何故か向こう岸について助かってること
28:名無しさん:2017/05/22(月) 20:31:34.95 ID:0.net
人を殺して「あっしには関わりのないことで」で立ち去る奴
29:名無しさん:2017/05/22(月) 20:32:20.65 ID:0.net
昔の時代劇といっても70年台と80年代以降とで全然おかしい意味合いが違うな
30:名無しさん:2017/05/22(月) 20:32:58.74 ID:0.net
目が見えない按摩が最強
31:名無しさん:2017/05/22(月) 20:34:09.38 ID:0.net
あちこちで人切りまくってる座頭市や紋次郎を代官たちがちっとも本気で追ってない
34:名無しさん:2017/05/22(月) 20:37:21.05 ID:0.net
現代語を喋ってる
37:名無しさん:2017/05/22(月) 20:39:56.68 ID:0.net
仕事人と知り合いになる奴が必ず理不尽な殺され方をして
何故か死ぬ間際にこの金で仕事人に頼んで殺してくださいと最初から知ってたかの如く語ること
41:名無しさん:2017/05/22(月) 20:41:38.26 ID:0.net
市中引き回し打ち首獄門を見た事ない
45:名無しさん:2017/05/22(月) 20:45:11.52 ID:0.net
主人公は敵に捕まってもすぐに殺されずにどこかに閉じ込められるだけなとこ
52:名無しさん:2017/05/22(月) 20:51:57.30 ID:0.net
小判が一万円札あつかい
53:名無しさん:2017/05/22(月) 20:54:23.37 ID:0.net
年代にもよるが一朱が二万円程度が適正なのか
55:名無しさん:2017/05/22(月) 20:55:31.69 ID:0.net
古典落語だと1両あったら1か月暮らせるって説明しているな
57:名無しさん:2017/05/22(月) 20:57:19.72 ID:0.net
一両って今の貨幣価値でいうと20~30万ぐらいのはずなのに
どの文献見ても10万円となってる
たかが10万円であんなに庶民動揺しないだろうに
62:名無しさん:2017/05/22(月) 21:00:13.42 ID:0.net
>>57
江戸期でも時期によって違うんよ
幕末は5万円くらいまで貨幣価値は下がってたらしい
59:名無しさん:2017/05/22(月) 20:59:03.51 ID:0.net
悪党が退治されるのはいいけど
その悪党たちにも親子供兄弟とかいるはずで
身内を殺された人たちの嘆きと恨みがちっとも描かれてないよね
71:名無しさん:2017/05/22(月) 21:02:29.35 ID:0.net
>>59
病死急死で片付けられたらまだしも武家だと閉門蟄居で実質の家名断絶だったりな
61:名無しさん:2017/05/22(月) 20:59:52.12 ID:0.net
丁半博打でみんな丁に賭けているのに半無いか?半無いか?
と言われて半に賭けてすってしまいイカサマだと騒いでボコボコにされる
63:名無しさん:2017/05/22(月) 21:00:33.14 ID:0.net
あれだけ大勢で斬りかかって主人公一人仕留められない悪党共のトロさ
93:名無しさん:2017/05/22(月) 21:11:30.99 ID:0.net
>>63
刀だと大勢できりかかれない
槍ならよかったのにね
70:名無しさん:2017/05/22(月) 21:02:21.43 ID:0.net
喧嘩してて相手が手強いと分かるとすぐに刃物を抜く悪党が多すぎる
そいつらを素手であしらって懲らしめる超人主人公
79:名無しさん:2017/05/22(月) 21:05:42.26 ID:0.net
越後屋は悪
83:名無しさん:2017/05/22(月) 21:07:29.41 ID:0.net
悪党が同じような手口で人を陥れてるのに
一向に探索しない町奉行所の役人たち
90:名無しさん:2017/05/22(月) 21:09:46.61 ID:0.net
人の体を貫くバズーカ砲撃つ仕事人がいるのに
そんな物騒な武器持ってる人間を探索しようともしない町奉行所の連中
109:名無しさん:2017/05/22(月) 21:15:56.15 ID:0.net
遊び人の金さんは高齢ニート
117:名無しさん:2017/05/22(月) 21:18:25.14 ID:0.net
中村主水の優秀さに周囲の誰一人気づかないってどう考えてもおかしいよな
120:名無しさん:2017/05/22(月) 21:19:11.37 ID:0.net
>>117
村野様は気づいてたろ
119:名無しさん:2017/05/22(月) 21:19:07.52 ID:0.net
そうはいうけど俺の優秀さには周囲のだれひとり気づいてないみたいだぞ?
126:名無しさん:2017/05/22(月) 21:20:58.88 ID:0.net
年老いた同心の一人が気づいて仕事人についての調べ書きをしたためてたら
何故かその人が仕事人呼ばわりされて殺されてしまったという回あったな
その人は中村主水にあなたが仕事人じゃないかと思ってるって直接言ってた
141:名無しさん:2017/05/22(月) 21:28:06.52 ID:0.net
>>126
いい話だなそれ
どのシリーズだ?
144:名無しさん:2017/05/22(月) 21:28:57.11 ID:0.net
>>141
必殺仕事人(Ⅰ)
137:名無しさん:2017/05/22(月) 21:26:11.03 ID:0.net
現代でいうと医学部受験生みたいな立場のひかる一平が
何故か悪党の外科手術を任されて見事にやり遂げるとかあったな
145:名無しさん:2017/05/22(月) 21:30:03.31 ID:0.net
白菜の漬物
どう見ても西洋ニンジン
とかは本当萎える
だけど、きちんと時代考証した食い物を
「これ見よがし」に映す鬼平とかもちょっとね
さりげなくでもリアルって無理なのか
155:名無しさん:2017/05/22(月) 21:35:46.33 ID:0.net
>>145
猫殿は本放送時のグルメブーム乗っかった感あってうざかったな
原作も確かに食い物描写たっぷりだけども
165:名無しさん:2017/05/22(月) 21:40:56.25 ID:0.net
>>145
でも鬼平のエンディングの花火は偽物
当時の花火はあんなに鮮やかな色は出なくて単色だった
147:名無しさん:2017/05/22(月) 21:31:34.76 ID:0.net
昔の団子が本当に現代みたいなみたらしとかこしあん団子みたいになってたのか甚だ疑問
150:名無しさん:2017/05/22(月) 21:33:12.94 ID:0.net
日本刀で斬りかかる侍の刀を十手で受け止める銭形平次
超人かよ
162:名無しさん:2017/05/22(月) 21:39:31.37 ID:0.net
十手はそもそもそういうように作ってるんだろ
172:名無しさん:2017/05/22(月) 21:42:56.04 ID:0.net
十手は身分証明であって戦う道具ではない
刀相手にするときはずっと長いのを使う
152:名無しさん:2017/05/22(月) 21:34:27.33 ID:0.net
石のとうろうを刀で真っ二つにする
169:名無しさん:2017/05/22(月) 21:42:03.95 ID:0.net
忍者が正々堂々と刀で戦う
171:名無しさん:2017/05/22(月) 21:42:50.92 ID:0.net
子供の頃はなんで印籠見せただけで全員ひれ伏すのか理解できなかった
176:名無しさん:2017/05/22(月) 21:44:11.59 ID:0.net
あと徳川将軍がなんでそこらへんの下級侍と斬り合いしてるの?とも思ったな
あれなんか由来あるんだっけ
192:名無しさん:2017/05/22(月) 21:52:31.58 ID:0.net
>>176
水戸黄門と同じ時代劇風ドラマだから
193:名無しさん:2017/05/22(月) 21:53:18.44 ID:0.net
鼠小僧が処刑されたことにされて実は遠山の金さんの手下になって悪党の探索をする
198:名無しさん:2017/05/22(月) 21:55:44.51 ID:0.net
>>193
それはあり得るような気がする
もともと岡っ引きはそんな感じだし
200:名無しさん:2017/05/22(月) 21:57:14.35 ID:0.net
鬼平の手下の盗賊たちは鬼平が罷免になったらどうするんだろと考えてしまう
195:名無しさん:2017/05/22(月) 21:53:30.19 ID:0.net
着物が化学繊維っぽい
204:名無しさん:2017/05/22(月) 22:07:22.24 ID:0.net
武家の生活は厳しい規則で縛られていて借金をしてまでも規則を守らなきゃならないって話を聞いてから
仕官してる下級武士の頭がツルツルじゃない昨今のリアル系時代劇映画は間違いなんじゃないかと疑っている
205:名無しさん:2017/05/22(月) 22:09:36.90 ID:0.net
まあ武士なんて実質公務員だからね
206:名無しさん:2017/05/22(月) 22:11:05.76 ID:0.net
いつも殺される人が同じ

208:名無しさん:2017/05/22(月) 22:12:21.34 ID:0.net
いたる所に悪代官がいる
211:名無しさん:2017/05/22(月) 22:16:29.24 ID:0.net
水戸黄門はあんなに地方の庶民にまで知名度あったのかね
212:名無しさん:2017/05/22(月) 22:22:50.78 ID:0.net
>>211
ネット普及してから誰にでも知られてるTVタレントって少なくなっただろ
それと一緒で不便で娯楽の少ない時代ほど特定の有名人の知名度高いんじゃないの
213:名無しさん:2017/05/22(月) 22:28:25.52 ID:0.net
>>211
大名や代官のの立場で考えると黄門に領内をウロウロされていろいろ詮索されるのが嫌だから
領民に顔写真を配って黄門様御一行を見かけたら通報させるシステムが出来上がってるのかもしれない
215:名無しさん:2017/05/22(月) 22:33:04.74 ID:0.net
>>211
御三家のうちの一家の前当主なんだからそりゃ世間的な知名度自体はあるよ
顔は誰も見たことないけど
216:名無しさん:2017/05/22(月) 22:35:16.77 ID:0.net
水戸は御三家ではないが…
227:名無しさん:2017/05/22(月) 23:04:54.38 ID:0.net
黄門様は旅など一切しておりません
220:名無しさん:2017/05/22(月) 22:45:03.10 ID:0.net
時代考証を厳密にすると時代小説なんか書けないって池波正太郎が言ってた
226:名無しさん:2017/05/22(月) 23:00:23.55 ID:0.net
>>220
だって現代劇だって所々リアリティ無視してるもんな

昔の時代劇見ていておかしいと思うところ
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1495451234
関連記事
スポンサーサイト

おすすめ記事

コメント

5322

>>57
どの文献にも10万と書いてあるなら10万なんやろ
20~30万だと思った根拠はなんやねん

2017/05/25 (Thu) 10:04 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
5324

書状とか見たら何書いてるかわからないけど、
話す言葉ってどうだったの?
「なんとかにて候」とかしゃべってたのか

2017/05/25 (Thu) 10:47 | 芸ニューの名無し #- | URL | 編集
5335

主人公が1人で悪党の屋敷に殴り込みに行ってるのに、襖が両側同時に高速で開く

2017/05/26 (Fri) 11:52 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する