HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【巨神ゴーグ】遂にスパロボ大戦にも登場!謎解き冒険活劇を目指したロボットアニメ




【☞巨神ゴーグ

『巨神ゴーグ』(ジャイアントゴーグ、GIANT GORG)は、日本サンライズ制作のSFアニメ(ロボットアニメ)。1984年4月5日から同年9月27日までテレビ東京系で毎週木曜日、19:00 - 19:30の枠にて全26話が放送された。

安彦良和が原作、監督、レイアウト、キャラクターデザイン、メイン・メカデザイン、作画監督を手がけた。戦闘車両や戦闘機のデザインは、そのほとんどを永野護が手がけた。

当初は1983年秋からの放送が予定されていたが、スポンサー企業から「売れるコンセプトが見つからないから時間がほしい」と言われるなど諸般の事情により延期され、半年遅れの放送開始となった。制作作業自体は当初の予定通り行われたため、放送時にはほぼ全話が完成していた。このため、放送とほぼ同じスケジュールでビデオが発売された。

ガンダム」で有名な「安彦 良和(やすひこ よしかず)」が「宝島」をモチーフに一人で何役もこなしながら製作したロボットアニメ。
スポンサーの都合により、テレビ放映の開始が遅れた為、放送時には、全話が完成していたという珍しい作品。
スケジュールに追われなかったことが良かったのか、「安彦」監督の手腕か、作画は非常に安定していると評価は高いようです。
ただし、興行的には振るわず、「安彦 良和」自身も、「演出的に盛り上げられず、(自身の)能力の限界を感じた」と、作品的には成功できなかった事を認めているようですね。

ちなにみ、ゴーグは、2015年8月に発売された「スーパーロボット大戦BX」というニンテンドー3DS用ソフトに登場しています。

giant-gorg-bx.jpg

giant-gorg-superobo.jpg

巨神ゴーグ」が「スパロボシリーズ」に登場するのは、これが「」です。

そんな、ゴーグのあらすじ

サモア諸島東南2000キロに浮かぶ「オウストラル島」。
地図からその名を消去された島の秘密を探るべく「田神悠宇(たがみ ゆう)」は、亡き父の遺志を継ぎ、冒険の旅に出る。

giant-gorg-yu.png

父の友人「ドクター・ウェィブ」と、その妹「ドリス、ウェイブ」、その友人で「船長」と名乗る男の手を借り、島に向かう悠宇。

giant-gorg-wave.png

giant-gorg-doris.jpg

giant-gorg-sencho.jpg

そこを、巨大複合企業「GAIL(ガイル)」と「レイディ・リンクス」率いるギャング団「クーガー・コネクション」が狙う。

GAIL創始者 ロイ・バルボア
ginat-gorg-gail.jpg

ギャング団のボス レイディ・リンクス
giant-gorg-lynx.jpg

ようやく島に降り立った悠宇たちだが、突然、謎の怪物に襲われる。
絶体絶命と思われた時、目の前に「青い巨人」のようなロボットが現われ怪物を破壊、悠宇を救う。

giant-gorg-gorg.jpg

初めて出会う人智を越えた存在にも関わらず、何故か暖かさと懐かしさを感じる悠宇。

giant-gorg-gorg3.jpg

giant-gorg-gorg2.jpg

島の住民から“神の使い”と呼ばれる巨人ゴーグの導きのもと、GAILの戦闘部隊の追撃を躱しながら悠宇が辿りついたのは、地下深くに隠されていた異星文明の遺跡と、3万年の眠りから目覚めた異星人との出会いだった。


はい、それでは、オープニング、エンディング、行ってみましょう。


巨神ゴーグ OP
「輝く瞳(bright eyes)」



爽やかなメロディですね。
主人公・悠宇のはつらつとしたイメージや、本作の「謎解き冒険活劇」のイメージにぴったりの曲だと思います。

歌っているのは、「TAKU」ですよ!

と、言っても、誰もわからないと思いますが・・・(^^;
私にとっては、意外でした。

「TAKU」は、「横浜銀蝿」のメンバーの一人で、ベースを担当してた人です。
これまでにも何度か書きましたが、私、小学生ながら、横浜銀蝿が大好きだったんですよ(^^;
そう、あのリーゼント頭で、つっぱりスタイルの横浜銀蝿。

giant-gorg-ginbae.jpg

左がTAKUさんです。

まさか、ロボットアニメの主題歌も歌っていたとはねー。
まあ、横浜銀蝿は、本作が放送される前年、1983年末に一旦、解散しているので、ソロ活動はじめて、すぐくらいの時期の歌ですね。
TAKUさんは、作曲家、音楽プロデューサーとしても、多くの有名人に楽曲を提供しているので、才能は確かなんだと思います。

はい、話を戻して、エンディング。


巨神ゴーグ ED
「BELIEVE IN ME, BELIEVE IN YOU(君を信じてる)」



このバラード調のメロディ、良いですねー。
映像も、ゴーグがただ歩いてるだけってのも、曲の雰囲気と合ってる気がします。
こちらは、歌っているのは、「STEAVE」。

・・・誰やねん(^^;


さて、巨神ゴーグ。
ロボットのデザインの方も見てみましょう。

giant-gorg-style3.jpg

giant-gorg-style2.png

パッと見は、かなり地味に見えますよね。
カラーリングも青一色だし。

でも、よく見ると、胸、肩、腕、脚、それぞれ、凄く端正なデザインでよく出来てるんですよ。
派手過ぎず、シンプルな中に力強さを感じるデザイン。
その素性は、3万年前にオウストラル島に飛来した異星人の創造物にして、「ガーディアン」という設定なので、それに合った造形だと思います。

もし、頭部のデザインが近代のスーパーロボット風だったら、もっと格好良く見えるんでしょうけどね。
でも、そうしたら、「ガーディアン」というイメージでは無くなってしまいそうだし、やっぱり、このシンプルさが味わいがあって良いんだと思います。

ちなみに、メカニックデザインを担当したのは、「佐藤 元(さとう げん)」と、「永野 護(ながの まもる)」。
佐藤さんの方は、デザイナーというより、アニメーター、イラストレーターとして原画製作などに携わっていることがおおいようですが、「永野 護」は、結構、有名ですね。
「►エルガイム」のデザインをした人で、漫画「ファイブスター物語」の作者です。

いわれて見れば、シンプルなエルガイムとゴーグ、どことなく似てるかも。

エルガイム
giant-gorg-elgaim.jpg

ゴーグ
giant-gorg-style.jpg

・・・そうでもないか(^^;


それから、ゴーグ以外にも、「マノン・ガーディアン」、「ラブル・ガーディアン」などのロボットが登場します。

■マノン・ガーディアン
giant-gorg-manon.png

「マノンタイプ」とも呼ばれる。
ゴーグとフォルムは似通っているが目など細部の形状は異なる。
武器を持たないゴーグと異なり、背中に二丁のレーザー砲を備える等、明確に戦闘に特化した機体となっている。


■ラブル・ガーディアン
giant-gorg-rabul.png

異星人達の量産型兵器。
ゴーグやマノン・ガーディアンとは形式が異なる。
携行式のレーザー砲を装備。

どれも似たようなデザインですが、やっぱり「ガーディアン」ってイメージに合ってると思います。


はい、という事で、巨神ゴーグ。
安彦 良和」が製作したSF版「宝島」とも言うべき、謎解き冒険ロボットアニメ。
巨人の秘密、島の秘密をめぐる、主人公・悠宇の冒険活劇!
・・・とは、いうものの、評価はイマイチみたいですねー(^^;

しかしながら、映像ソフトは、2005年、2009年、2012年と、たびたび、DVD-BOXが発売されています。

giant-gorg-dvd.png

また、2015年には、遂に、「スパロボ大戦」にも登場しましたし、根強い人気がある作品ってことじゃないでしょうか。
興味の在る方は、ぜひ。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております
【巨神ゴーグ】
遂にスパロボ大戦にも登場!謎解き冒険活劇を目指したロボットアニメ
関連記事

おすすめ記事

コメント

1001

やっぱり作画は凄く良いですよね。
ただストーリーは・・・
最初は冒険活劇を想像してワクワクしたけど、地味な印象しか残ってない(笑)
リアルロボット系みたいにいろんなメカが出てくるわけでもないですしね。

2016/01/30 (Sat) 22:25 | あの頃の名無し #X.8VYYtM | URL | 編集
1002

ロボットアニメの中では一番好きな作品
そしてBOXで買った初めてのアニメ

とにかく作画が凄かった。綺麗だけではなく表情の動き
眉をひそめる、まばたきをする。
そんな当たり前の動作だけど、それだけでキャラクターの状況、感情を表現できている
もうね、最高です

2016/01/30 (Sat) 23:50 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1003

残念ながら絵だけアニメ。最後が宇宙人のオーバーテクノロジーで全て解決と、主人公が血筋だけの話だった。
ストーリー的なカタルシスや新しさが無くて正に安彦さんの限界を見た。
マジメな話、題材が宝島じゃなくてエロ関係な話が良かったと最終回の水着シーンで思いました。

2016/01/31 (Sun) 02:00 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1006

最終的には話し合いで決着してるから全体的に地味ではある。
作画自体は時間をかけただけあってものすごく綺麗だけど、物語の展開がなあ・・・。
今考えると話ももう少し掘下げることができれば、と思ってるけど、
個人的には始めて目にしたロボットアニメだから印象が強い。
これをきっかけにしてガリアンやレイズナーなどにはまっていったし。

2016/01/31 (Sun) 08:37 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1037

当時小学生だったけどかなりハマって見てましたねえ
毎週欠かさず見てたし、コミックボンボンに連載されていたマンガは
切り取って保存して何回も読み返してました
ゴーグの頭に乗ってみたかった(笑)

2016/02/05 (Fri) 23:40 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1811

ゴーグ本体のデザインは安彦さんで、
派生のマノンタイプ等は、安彦さんのゴーグデザインを踏襲しつつ
永野氏がバリエーション的にデザインしたものです。

また、ビーグルや戦車などのデザインは永野氏が中心に起こしています。

2016/06/19 (Sun) 13:57 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する