HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事

【じゃりン子チエ】下駄と関西弁の女の子、昭和の香りがする日常形ドタバタアニメ




【☞じゃりン子チエ

『じゃりン子チエ』(じゃりんこチエ)は、はるき悦巳による日本の漫画作品、およびそれを原作としたアニメなど派生作品の総称。

『漫画アクション』(双葉社)にて1978年10月12日号から1997年8月19日号まで約19年間連載された。全786話。第26回(昭和55年度)小学館漫画賞受賞。単行本の発行部数は3000万部。

1981年4月にアニメ映画化され、その後1981年10月・1991年10月と2度にわたりテレビアニメ化された。ほか、1980 - 2010年代にかけて度々舞台化・ゲーム化されている。

大阪市西成区西萩町(現在花園北2丁目付近)を舞台に、自分でホルモン焼き屋を切り盛りする元気な女の子「チエ」と、彼女を取り巻く個性豊かな人々の生活を描いている。

はい、じゃりン子チエ。
懐かしいですねー。
原作は、「漫画アクション」に連載されていた「はるき悦巳(はるき えつみ)」の漫画。

jarinko-chie-manga.jpg

jarinko-chie-comic.jpg

漫画の方は、1978年から1997年まで、19年も続いていたんですね。
単行本は、全67巻、発刊されています。

私は、このアニメを見ると、「夏休み」を思い出してしまいます。
私の地域では、夏休みになると、「ウルトラマン」と「じゃりン子チエ」が続けて放送される「夏休み子供スペシャル」みたいな番組が放送されていて、いつもそれを見てました(^^;
うろ覚えですが、もしかしたら、ウルトラマンは、ウルトラシリーズのどれかで、毎年、作品が変わっていたかもしれません。
でも、「じゃりン子チエ」は変わらず、毎年、放送されてたんですよねw

じゃりん子チエ、作品全体から昭和の香りが漂っていて良いですよね。
昭和を舞台にした作品と言えば、「3丁目の夕日/夕焼けの詩」がありますが、なぜか、これと同じ雰囲気を感じます(^^;

jarinko-chie-yuhi1.jpg

jarinko-chie-always.jpg

下駄を履いた小学生、しかも女の子、なんて今時あり得ねーけど(^^;
服装や街並みが何かノスタルジック。

「じゃりン子チエ」は、特に決まったストーリーがあるわけではなく、小学生でホルモン焼き屋を切り盛りする「チエ」ちゃんと、父の「テツ」、そして、それを取り巻く人間模様を描いた日常系ドタバタアニメなんですが、何か見入ってしまう。
やっぱり、「関西弁」というのが、面白さを引き立てるのに大きな要素になってると思います。

ちなみに、テレビアニメは、1981年10月放送開始の第1期と、1991年放送の第2期、の2つがあるようですね。
また、テレビアニメの放送に先駆けて、1981年4月には、アニメ映画「じゃりン子チエ(劇場版)」が公開されています。

■劇場版じゃりン子チエ
jarinko-chie-movie.jpg

いやー、1991年の第2期テレビアニメ、全然、記憶にないわ(^^;

ということで、簡単ですが、アニメ2作品を順に紹介していきます。
まずは、第1期から。
■じゃりン子チエ(第1期)

jarinko-chie-tv1.jpeg

毎日放送(MBS)制作で1981年10月3日から1983年3月25日まで放送された。全65話。

チーフディレクターとなる高畑勲の意向により、チエ・テツ・ミツル役は映画版と同じ配役で、他主要キャストにもナチュラルな大阪弁を話すことができる声優・関西在住の俳優・子役が配された。また、オープニングアニメーションは映画版のものが転用されている。また第10話までは映画版の内容をテレビ版キャストがアフレコをし直したうえで基本的にはそのまま描き(一部場面の追加・手直しはある)、第11話以後(第2期も同)は原作の劇画を基としたアニメ版のオリジナルで描かれる。

へー、チーフディレクター「高畑勲」(※「宮崎駿」と共にジブリ作品で有名な人)だったんですねー。
確認したら、劇場版の監督もやっていたみたいです。
で、劇場版のDVDは「ジブリがいっぱいコレクション」シリーズで2004年に発売されていました。

jarinko-chie-move-dvd.jpg

「じゃりン子チエ」がジブリと繋がってるなんて・・・知らなかった。

ちなみに、テレビアニメの最高視聴率は、29.1%だったようで、当時、凄い人気があったことがわかりますね。

では、主題歌です。

じゃりン子チエ OP
「バケツのおひさんつかまえた」(※テロップでは、「じゃりン子チエ」)


じゃりン子チエ ED
「ジュー・ジュー・ジュー」



これこれ!

このオープニングとエンディング、懐かしいわー。
歌えるわー(笑)
覚えやすい歌詞とメロディですよね。
ちなみに、歌詞は、原作者の「はるき悦巳」が作詞しています。

オープニングは、「花札」をモチーフにした映像が渋くて綺麗ですね。
実は、子供の頃、よく花札で遊んでたんですよねー。
父に教わって、「絵合わせ」みたいな感覚ですぐに覚えました。
で、「じゃりン子チエ」を見ると、何か刺激されて、やりたくなって(^^;
兄と遊んでましたねー。

それから、エンディングは、ペットの「小鉄(こてつ)」がけん玉してる映像。
よく覚えてるわ。
可愛いよね、小鉄。
でも、実際は、喧嘩が強い、おっさんの極道猫です(^^;


はい、続いて、第2期。
■チエちゃん奮戦記 じゃりン子チエ

jarinko-chie-tv2.jpg

1991年10月19日から1992年9月22日まで「チエちゃん奮戦記 じゃりン子チエ」として前作と同じく毎日放送制作で放送されたが、関東地方のテレビ局では放送が見送られ、現在に至るまで放送されていない。全39話。

当時のりお・よしおが解散状態にあったためミツル役の上方よしおは出演していない。
また、前作や映画版とは異なり大阪弁を話せない声優も起用されている。

このアニメは、全く記憶に無いですね。
と言うか、90年代に「じゃりン子チエ」やってたんですね。
ちなみに、新聞のテレビ欄では「じゃりン子チエ奮戦記」として表記されていたみたいです。

で、人気はどうだったんでしょう。
たびたび、放送時間が変更されているようですし、「次回からは土曜17時から放送します」とテロップが出たものの、新作の放送はしばらく無く、再放送が続いた、とあります。
で、37話~39話は土曜枠で放送されたが、それをもって放送は終了となった、と。
何か、最後、迷走してる気がしますね(^^;
視聴率は良くなかったのかな。

ただ、「チエちゃん」と「テツ」の声は、「中山千夏」と「西川のりお」で変わってなくて良かったです。
やっぱり、この声の印象が強いので、変わったら違和感あるだろうな。
特に「西川のりお」は、セリフ棒読みで上手くないけど、何か味があったと思うんですよ。

はい、では、主題歌です。
動画は、第1期、2期の詰め合わせしかなかったので、そちらから。
動画の2:30あたりから、第2期のオープニング、エンディングが始まります。

じゃりン子チエ(第2期) OP/ED
OP:「絶唱!!とっぴんしゃん音頭」
ED:「三日月ロンリネス」



オープニングは、第1期と同じようなコミカルで和風な感じが踏襲されてて良いですね。
でも、エンディングは、ガラッと変わって綺麗なメロディ(^^;
ロンリネス」とか横文字まで使っちゃって、「じゃりン子チエ」からはイメージ付かない仕上がりです。
でも、この曲、良いわー。
好きです。


はい、ということで、じゃりン子チエ。
私には、夏休みを思い出す、昭和の香りがする、どこか懐かしさを感じるアニメです。
映像ソフトは、第1期、2期、共にDVD-BOXが発売されています。

jarinko-chie-dvd1.png
jarinko-chie-dvd2.png

オリジナルのままだと、ちょっと時代設定が古すぎて、現代では流行りそうにないですが(^^;
現代風にリメイクされるのも、ちょっと嫌だなぁ。
でも、このまま風化させてしまうには、もったいない作品。
これからもずっと愛され続け、いつまでも残って欲しいですね。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております

【じゃりン子チエ】下駄と関西弁の女の子、昭和の香りがする日常形ドタバタアニメ
関連記事
スポンサーサイト

おすすめ記事

コメント

978

頻繁に再放送されて、その都度、見てた記憶があるけど、
じゃりんこチエの始まりと、最終回は一切記憶に無いw

2016/01/26 (Tue) 20:12 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
980

漫画は最初の方は下町人情漫画だった
その頃が好きだったな
そのうち人情味が薄れてきて、 ただのドタバタギャグ漫画になってしまったのが残念
人情モノで長期連載するのはやっぱり難しかったのだろう

2016/01/27 (Wed) 18:29 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1080

ドタバタコメディも面白かったですよ。そう…ありきたりで安っぽいお涙頂戴漫画なんざになるより一兆倍ましだと思ったもんです。

2016/02/13 (Sat) 19:02 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
4102

キャラクターと声優のイメージがピッタリだったのが良かった。あれほどピッタリ合っている作品はなかなかお目にかかれない。

2017/02/06 (Mon) 13:43 | 岬寿司 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する