HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【ガンバロン】人気のバロンシリーズ、3作目は大幅路線変更、その結末は?




【☞小さなスーパーマン ガンバロン

『小さなスーパーマン ガンバロン』(ちいさなスーパーマン ガンバロン)は、1977年(昭和52年)4月3日から同年12月24日まで全32話が日本テレビ系列で毎週日曜日18:30 - 19:00(25話まで)、毎週土曜日7:00 - 7:30(26話から)に放送された、創英舎製作の特撮テレビ番組。

『スーパーロボット レッドバロン』『スーパーロボット マッハバロン』に続くバロンシリーズの第三作とされるが、日本テレビ側の意向により前二作とは大きく方向転換された。

視聴者と同世代の子供が主人公となり、変身ヒーローものの要素が加わった。後半からの変身ヒーローが巨大ロボットに乗るという構図は本作品がエポックメイキングであったとされる。ストーリーはコメディ色が強く打ち出された一方で、レギュラーとして特撮ファンにも馴染みの深い黒部進、天本英世らが起用された。

好評だった「►レッドバロン」、「►マッハバロン」に続き、「創英舎」によって製作された、ガンバロン。
バロンシリーズ3部作の3作目となります。
シリアスだった前2作から変わって、子供を主人公としたコメディー色の濃い少年変身ヒーローものとなっています。
また、番組中盤以降は、巨大ロボット「ダイバロン」も登場し、変身ヒーローがロボットを操縦するという、それまでに無かった設定を特撮の世界に持ち込みました。
番組の開始当初は、視聴率的にも好調でグアムでロケを行うなど、資金的にも恵まれていたようです。
しかし、スポンサーだった「ブルマァク」が倒産し、資金繰りが困難になり、後半は大幅に制作規模を縮小。
結果的に、全32話で打ち切りになってしまいました。
なんだか、レッドバロンの時と同じ境遇ですね(^^;

■あらすじ

ある日、街に巨大な「オソロシゴリラ」が出現し大暴れ。

ganbaron-gorira.jpg

現場に急行した「少年タイムズ」の少年記者たちが見たものは超科学で社会を混乱に陥れる謎の怪人「ドワルキン」。

ドワルキン
ganbaron-dowarukin.jpg

実は、ワルワル博士が変身した姿
ganbaron-waruwaru.jpg

オソロシゴリラもドワルキンが発明した薬でゴリラを巨大化させたものだった。

記者の一人である「天道 輝(てんどう てる)」が帰宅すると、丁度、執事のムッシュが亡き祖父の遺したジグソーパズルを完成させていた。
すると、巨大コンピューター「ゴエモン」が起動し、輝に「ガンバロン」に変身できる能力を授けた。

パズルを完成させると・・・
ganbaron-scene1.jpg

巨大コンピューター「ゴエモン」が現れる
ganbaron-scene2.jpg

輝は、ゴエモンに吸い込まれ、ガンバロンに変身して登場
ganbaron-scene3.jpg

輝はガンバロンの力と、3つのメカが合体して誕生する巨大ロボット「ダイバロン」を駆使してドワルキンの悪巧みを打ち砕く!


はい、それでは、オープニング、エンディング、行ってみましょう。


ガンバロン OP



※フルコーラス版



ボクが~ やらなきゃ~ だぁれ~がやるぅ~

良いですね、この曲。
イントロも格好良いです。
ただ、ガンバロンや、マッハバロンに比べて、かなり子供向けを意識した曲調になってますね。
全2作からの路線変更は、テレビ局側の意向、ということみたいですが、こういう分かり易い曲が、ヒーローものとしては合っていると思います。

それから、エンディング。
残念ながら、良い動画が見つかりませんでした。
ニコニコ動画へのリンクを貼っておきます(アカウント持ってる人はご視聴下さい)。

ガンバロン ED

友達のガンバロン
ganbaron-ed-pic.jpg



こっちは、ゆったりとしたスローテンポのメロディで良い曲ですね。
ちょっとノスタルジックな感じが好きです。

ちなみに、これらの曲は、2007年5月に、「ガンバロン30周年記念」として、『小さなスーパーマン ガンバロン オリジナルサウンドトラック』のタイトルでCDとして復刻されました。
また、CD発売の翌日には、川崎市渡田東町町内会館内特設ステージにおいて、歌い手の数名が登場し「CD復刻記念サイン会&握手会」がファンクラブの手によって行われたようです。
いやー、こういう熱意のあるファンが未だにいるんですねー。
凄いです。


さて、ガンバロン。
そのヒーローの雄姿を少し見てみましょう。

ganbaron-style.jpg

ganbaron-pic.jpg

ヒーローとは言え、どこか可愛らしさのあるスタイルしてますね。
頭や足元が大きくて、地方の「PRキャラ(ゆるキャラ)」にも居そうなデザインです(^^;

顔は、と言うと、こんな↓感じ。

ganbaron-face.jpg

口元が可愛い(笑)

ストーリー自体、子供達が主体でもありますし、ヒーローのガンバロンも輝少年が変身した姿なので、格好良さよりも、子供達に親しみやすいデザインにしたんでしょうね。

それよりも、この特徴的な「」。
これ↓を思い出しました。

diamondeye-face1_20160122133308a70.jpg

ダイヤモンドアイ!

ちなみに、ガンバロンは、輝少年が「ガンバローン!」と叫び、「バロンパーツ」を身につけることで身体がパーツと同化し強化され、ガンバロンに変身します。
このバロンパーツで変身できるのは、「4月3日6時47分6秒47」に生まれた輝少年のみ、という設定なのですが、実はこれ、「ガンバロンが初めてテレビに登場する、誕生シーンが放送される時刻」らしいです。
気の利いた設定ですよね。

はい、それから、ガンバロンでは、第14話以降、巨大ロボ「ダイバロン」が登場します。
ダイバロンは、小型高速戦闘飛行機「トブーン」、支援飛行機「ヒライダー」、攻撃戦車「バクシーン」の3機が合体してできるロボットです。

ganbaron-mecha.jpg

ganbaron-toboon.png

ganbaron-hiraider.png

ganbaron-bakseen.png

ダイバロン
ganbaron-daibaron.jpg


ついでに、合体&戦闘シーンを貼っておきます。

ガンバロン ダイバロン



はい。
と、いう事で、小さなスーパーマン ガンバロン。
バロンシリーズ3部作最後の作品。
前2作から大幅な路線変更をして、子供が主人公のコメディ色の強いヒーロー番組となりました。
当初は、資金も潤沢だったせいか、当時の人気アイドルをゲスト出演させるなど、一風変わった演出がされています。
ちなみに、第1話では、なんとジャニーズの「フォーリーブズ」が出演しています。

ganbaron-fourleaves1.jpg
ganbaron-fourleaves2.jpg

第2話には、「ピンクレディー」が出演する予定だったようですが、スケジュールが合わず「ザ・リリーズ」が替わりに出演しました。
結局、この路線はスケジュール調整や予算面での難しさから、短期間で放棄されたみたいですが(^^;
そして、スポンサーの「ブルマァク」倒産。
残念ながら全32話で打ち切られて終わりました。
第32話のラストは、「また来週も見てね」と、次回も続くような終わりになっていながら、不本意な最後となってしまったようです。

そして、上で主題歌の紹介でも書きましたが、2007年5月に、本作を未だ愛するファンたちの熱意により、「ガンバロン30周年記念イベント」が開催された際、出演者の「石川 進」自ら「また来週」の真相が語られ、そこには、30年の月日を越えたドラマがあったと評されています。
何か熱いですねー。
本編より、こっちの方が良い話しだなぁ~ってなる(^^;

映像ソフトは、「レッドバロン」、「マッハバロン」と同様、DVD-BOX、廉価版DVDなど、発売されています。

ganbaron-dvd.jpg

また、インターネット動画配信サービス「バンダイチャンネル」などで全話視聴が可能みたいです。
興味の在る方は、ぜひ。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております

【ガンバロン】
人気のバロンシリーズ、3作目は大幅路線変更、その結末は?
関連記事

おすすめ記事

コメント

969

全2作と作風が違い過ぎてバロンシリーズで一括りにするのは
何か違和感がありますね。
ダイバロンが登場して、ようやく関連性ができた感じがしますが
これも実際のところはテコ入れっぽいですよね。

2016/01/24 (Sun) 21:45 | あの頃の名無し #VFORgblw | URL | 編集
970

作風的に言えば直系というより宇宙刑事シリーズとメタルヒーローシリーズっぽいつながりを感じますね。
そこへ東映不思議コメディーのエッセンスを加えた感じ

2016/01/24 (Sun) 22:56 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
977

ダイバロンに乗ったとき、ガンバロンがフェイスオープンしてましたけど、むしろキケンなんじゃ?と子供心におもいました。
それにバクシーンはあの下半身の形状になるのは無理があって不思議でした。

2016/01/26 (Tue) 13:42 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1005

意外と見落とされがちだが、ダイバロンは実写特撮ヒーロー史上初の合体巨大ヒーローロボットであり(同時期に対をなす存在として、実写特撮ヒーロー初の本格的巨大変形ロボである大鉄人17が登場しているのも興味深い)、なおかつ等身大変身ヒーローと巨大ロボットのコラボも、この『ガンバロン』が初めてである(東映版スパイダーマンより1年早い!)

2016/01/31 (Sun) 02:47 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
8803

Super Post, celkom s vami súhlasím, ale niekoľko i aspekty Tine sporná.
iste Váš blog tento blog zaslúži rešpekt. Myslím, že napriek tomu som klesať.

2018/02/03 (Sat) 06:07 | Modne znacky #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する