HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【マシーン飛竜】タツノコプロ製作のスーパーカーレースは異色のギャグアニメ




【☞とびだせ!マシーン飛竜

『とびだせ!マシーン飛竜』(とびだせ!マシーンひりゅう)は、1977年(昭和52年)10月5日-1978年(昭和53年)3月29日まで、東京12チャンネルの水曜日19:30-20:00枠で放送された、東映・タツノコプロ制作のテレビアニメ。全21話。

いわゆるスーパーカーブームを受けて、この1977年秋(10月初頭前後)には、カーレースアニメだけで『激走!ルーベンカイザー』『超スーパーカー ガッタイガー』『アローエンブレム グランプリの鷹』そして本作と4本も同時に放映された。本作はその中でも唯一の、ギャグアニメとして制作された作品である。

70年代後半のスーパーカーブームに乗じて製作されたレースアニメが乱立した中の1本。
「►ルーベンカイザー」、「►グランプリの鷹」などと、ほぼ同時期に放送されていた「タツノコプロ」が製作したカーレースアニメです。
この時期のスーパーカーアニメは、「グランプリの鷹」を除き、どれも短命に終わるのですが、本作も例に漏れず、全21話で終了しています。
ただ、本作は、他の作品とは違い、唯一、コメディの要素を前面に押し出した作風となっており、他作品との差別化が図られています。
この辺りは、さすが、「►タイムボカン」や「►ヤッターマン」で、メカとギャグの組み合わせをこなして来た「タツノコプロ」ならでは、という感じでしょうか。

■あらすじ

リッキーたちの岬コンツェルンの飛竜チームと、

machine-hiryu-zen.png

オッカナビッチたちのガッポリンコンツェルンのゼニゼニチーム

machine-hiryu-aku.jpg

珍レースの勝負を繰り広げる。

ゼニゼニチームのキャラクターを見るだけで、タツノコプロってのが分かるなあ(^^;

はい、それでは、オープニング、エンディング、行ってみましょう。


マシーン飛流 OP/ED



楽しさ溢れる主題歌ですねー。
ちょっと、スーパーカーというテーマからは、想像できないコミカルな曲調です。
同時期のカーレースアニメが、マシンの格好良さや、スピード感を強調するような硬派なイメージなのと対照的ですね。
例えるなら、タイムボカンシリーズのメカが、スーパーカーに変わっただけ、って感じ?(^^;
タイムボカン風チキチキマシーン、というべきか。


さて、マシーン飛竜。
実は、このアニメ、当初は、「ガンダム」など多くのロボットアニメで有名な「富野由悠季」が監督をする予定になっていたみたいです。
残念ながら、「►ザンボット3」の製作を理由に断られてしまった、と(^^;
もし、富野由悠季が作ってたら、どうなってたか、凄く興味がありますね。
ギャグアニメじゃなくて、もっとシリアスな作品になっていて、途中で登場人物達が事故死したりするんだろうか(^^;

ちなみに、本作のメカニックデザインは、「大河原邦男」です。
こちらも「タイムボカンシリーズ」や「ガンダム」をはじめ、多くの格好良いメカを生み出してきた人物ですね。

それでは、マシーン飛流のメカを見てみましょう。

machine-hiryu-mecha.jpg


■マシーン飛流

machine-hiryu-hiryu.jpg

主人公のリッキーこと、「風間力(かざま つとむ)」が操縦するマシン。


■飛竜コプター

machine-hiryuu-copter.jpg

チュウ太ヒデキが運転するヘリコプター。


■飛竜ダンパー

machine-hiryu-danper.jpg

ナナが運転するトランスポーター。
マシーン飛竜と飛竜コプターを格納する。


これだけ見ると、格好良いデザインでヒーローらしさが漂うマシンですよね。

一方、ゼニゼニチームのマシン(ゼニゼニマシーン1号)は、ギャグ要素が強いデザインです。
ただ、画像が見つからないんので困る(^^;
ゼニゼニチームのメカは、玩具化されてないんでしょうね。

まあ、1号は、毎回壊れるので、毎回違うマシンなのですが、一応、オープニングでは、サメをモチーフにした「虎鮫号(第1話のマシン)」が登場しています。
その他にも、「ライオンギーニ」(ランボルギーニのことかw)、「ブスタング」(これは、マスタングだなw)、あと、タコ型のマシンだったりと、いろいろと面白いマシンが登場します。
この辺の展開も、タイムボカンシリーズで、悪側のトリオが毎回送り出す奇抜なメカを、善側のメカが圧倒する、というお馴染のパターンに似てるかもしれません。

ちなみに、2号と3号は、ヘリコプターで、2号がトランスポーター(1号と3号を格納)の大型ヘリコプター
3号は、小型のジェットヘリコプターです。
こちらも、共にオープニングで登場していますね。


はい、という事で、とびだせ!マシーン飛竜。

machine-hiryu-record.jpg

スーパーカーブームの中、製作されたカーレースアニメとしては珍しいギャグアニメという異色の作品。
そこには、タツノコプロの経験が活きているようです。
残念ながら、映像ソフト化はされていないようなので、今となっては、視聴は難しいアニメのようですね。
まあ、全21話で終了したマイナーな作品なのでしようがないかな。
いつの日にかDVDが発売される日が来ると良いですね。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております
【マシーン飛竜】
タツノコプロ製作のスーパーカーレースは異色のギャグアニメ
関連記事

おすすめ記事

コメント

954

本編見たことないけど、77年のカーレースものアニメでこのもっさいウエスタン調のOP/EDはないわ

2016/01/22 (Fri) 20:26 | ゆとりある名無し #- | URL | 編集
956

悪玉トリオモドキw
レースに負けるとドライバーのおデブキャラが美女キャラにおしおきされてましたね。
良くも悪くもタイムボカンシリーズの影響が強すぎるような・・・

2016/01/22 (Fri) 21:56 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1543

幼稚園のころ大好きだったよ。子供にはリッキーも飛竜も十分格好いいのよ。
40年ぶりに主題歌聴きました。再放送も多分あまりなかったしね。

2016/04/30 (Sat) 02:57 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
9058

富野由悠季がこの作品の監督を受けてたらザンボット3、ダイターン3、ガンダムはどうなっていたか?
あるいは無かったかもと言うのを知って驚愕。

2018/02/19 (Mon) 08:03 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する