HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【マッハバロン】バロンシリーズ第2作目 レッドバロンの後を引き継いだロボット特撮




【☞スーパーロボット マッハバロン

『スーパーロボット マッハバロン』は、1974年(昭和49年)10月7日から1975年(昭和50年)3月31日まで、日本テレビ系で放送された日本現代企画製作の特撮テレビ番組、およびその劇中に登場する巨大ロボットの名である。放送時間は毎週月曜19:00 - 19:30 (JST) 。全26話。

『レッドバロン』に続く「特撮ロボット戦記 バロンシリーズ第2弾」と銘打って製作されたが、前作とのストーリー上の関係は全くない。
本作終了から2年後に創英舎によって製作された『小さなスーパーマン ガンバロン』を含め、「バロンシリーズ3部作」と称されるが、製作元はそれぞれ異なる。しかし本作は前述のように前作で制作協力(外注先)だった日本現代企画の製作ゆえ主要スタッフは前作と大きな変更がなかった。

「►レッドバロン」が好評のうちに、スポンサーの倒産というアクシデントから打ち切りを余儀なくされたため、あらためて巨大ロボット特撮作品の決定版を目指して製作されたのが本作、マッハバロン。
「レッドバロン」、本作、そして、後に製作された「ガンバロン」、と合わせて、「バロンシリーズ3部作」と称されるようですが、その意味では、バロンシリーズの2作目にあたります。

本作も、前作「レッドバロン」の原案だった「渡辺一彦」、「斎藤汎司」の2人に企画を依頼するという形でスタートしました。
しかし、実際に製作された作品は、渡辺と斎藤によって考えられた企画案から「マッハバロン」というネーミングや敵側の設定のみを採用し、他は大幅に変更されたものになったようです。

「レッドバロン」は、巨大ロボット特撮にくわえて、等身大のアクションシーンがかなりの割合を占めており、ストーリーも明朗でスパイアクションの要素が強いものでした。
しかし、本作では等身大のアクションシーンは、ほとんどなくなり、巨大ロボットやメカの特撮に見せ場を絞った作りとなっていることが特徴です。
特にマッハバロン発進シーンの特撮描写は高く評価されているようですね。


■あらすじ

嵐田 陽一郎」博士はドイツの天才科学者「ゲオルク・ララーシュタイン」博士の元でロボット工学を学んでいた。

ララーシュタイン博士
machbaron-shutain.jpg

しかし、彼の「ロボット帝国」による世界征服の野望を知り、自らが設計して完成直前だった巨大ロボット「マッハバロン」を、人類侵略の道具にされないために爆破、設計図を携えて妻子を連れてドイツを脱出し、旅客船で日本を目指す。

嵐田陽一郎博士
machbaron-scene1.jpg

幼き日の陽
machbaron-scene2.jpg

しかし、追撃を受けて船は沈没、陽一郎と妻は、息子「」に設計図を託して命を落としてしまう。

その後、陽は、大企業の経営者である祖父「竜之介」に引き取られ、来るべきロボット帝国の侵略に備えて、マッハバロンのパイロットとしての訓練を受けていた。

祖父・竜之介
machbaron-scene3.png

竜之介は息子・陽一郎の遺志を継ぎ、私財を投げ打って対ロボット帝国組織「KSS」を設立、10年の時をかけて秘密裏にマッハバロン2号機を建造していた。

マッハバロンの完成近しとの情報を得たララーシュタインは、自身の前に立ちふさがるであろうマッハバロンの破壊を企て、嵐田邸を襲撃、竜之介を殺害する。
陽は瀕死の祖父から、マッハバロンとのドッキングユニットであるスーパーカー「マッハトリガー」を貰い受け、KSSの海底秘密基地へと向かう。
そこにはKSSの司令「村野博士」によって改設計・建造されたマッハバロンが待っていた。

野村博士
machbaron-scene4.jpg

10年後の陽
machbaron-scene5.jpg

陽は村野博士の導きによってマッハバロンを起動、家族の仇であり、人類の敵であるロボット帝国の壮絶な戦いが開始された。

ララーシュタイン博士、すげぇな(^^;

何て分かりやすいマッドサイエンティストな風貌w
陽一郎博士も、よくこいつの元で働いてよなー、というツッコミは置いといて・・・

オープニング、エンディング、行ってみましょう!


マッハバロン OP



うは~、凄いオープニング曲(^^;
子供向け特撮ヒーロー番組としては、かなり斬新な曲ですね。
エレキギターの演奏で始まるイントロはインパクトあるし、ロック調の主題歌は、当時としては珍しかったんじゃないでしょうか。

ちなみに、この曲は、「フィンガー5」のボーカル「玉元 晃」がカバーしたり、「甲本ヒロト」が「ブルーハーツ」以前に結成していたバンド「ザ・コーツ」時代にカバーしていたり、あと、「ローリー寺西(現・ROLLY)」もカバーしたことがあるなど、ミュージシャン達にも人気のある曲みたいです。

一方で映像は、ウルトラシリーズで定番のシルエットを使った演出。
曲の斬新さと見慣れた感のある映像が何とも不思議な組み合わせです(^^;

確認したら、本作を制作した「日本現代企画」は、元々、円谷プロに所属していた技術者達が独立して立ち上げた会社みたいです。
なるほど、なので、ある意味、円谷作品の特徴とも言えるシルエット映像を使ってるんですねー。

はい、続いて、エンディング。

マッハバロン ED



これまた、オープニングの勢いとはえらい違いですね(^^;
オープニングの激しさから、打って変わってアコースティックで叙情的なメロディ。
昭和のフォークソングを彷彿させる曲調ですね。

オープニング、エンディング、共に歌っているのは、「すぎうら よしひろ」。
ノラ(NORA、野良)」というフォーク・ロックバンドのボーカルをしていた人みたいです。

ちなみに、両曲とも、昨年(2015年7月)発売のアルバム『宣弘社&日本現代企画「特撮GREATEST HITS」』で、約40年ぶりとなる、すぎうら歌唱の新録バージョンが収録されているようです。
アルバムが発売されたってのも凄いけど、40年ぶりにレコーディングってのも驚きですね。
すぎうらさん、年齢、65歳超えてるんですけど(^^;


さて、マッハバロン。
やっぱり気になるのは、レッドバロンとの見た目の違い。
と、言うわけで、2体の姿を見てみましょう。

machbaron-rb.jpg

machbaron-robo.jpg

赤いボディに、ベルトを巻いている、という基本的なスタイルは同じですね。
ストーリーは、全く別物ですが、前作が人気だったので、そのイメージを崩さないよう、大幅なデザイン変更をしなかったのかもしれませんね。

ただ、全体的に均整の取れた体型になってますし、顔もロボットらしいイケメンになった気がします。
あと、当然ながらベルトの文字は、「RB」から「MB」に変わってますね。

マッハバロンは、「マッハトリガー」という空陸両用の自動車とドッキング(脚先に格納)することで操縦可能となります。

machbaron-trigger.jpg

machbaron-trigger-toy.jpg

machbaron-trigger-join.jpg

マッハトリガーが脚部に格納された後、座席ごとエレベーターで頭部(額)のコックピットに移動し、マッハバロンを起動します。


マッハバロン 起動&バトル



ところで、マッハバロン関連の玩具は、当時、目覚しい売り上げを記録し、商品化収入は制作費を軽く超えるほどの黒字を生んでいたようです。
特に、「超合金」とプラモデル「合体ロボ」は好調だったみたいですね。
「合体ロボ」は、当時の、もっとも売れた商品に贈られる賞「プロフィット賞」を受賞しています。

machbaron-toy.jpg

machbaron-pramo.png

この「合体ロボ」という商品、ちょっと面白いです。
劇中でのレッドバロンは、変形も合体もしませんが、このプラモデルは、別売りの4機のマシンを揃えると、マッハバロンに合体できる、という商品。
また、接着剤を使わずに組み立てられることもヒットの要因だったようです。

子供達としては、マッハバロン欲しさに、どうしても4種類集めたくなりますよね(^^;
これは、メーカーの販売戦略の勝利ですよw
しかし、劇中とは全く関係ないコンセプトで玩具作っちゃう所が、現代ではちょっと考えられない気もしますね。
今ならクレーム来そう(^^;


はい、という事で、マッハバロン。
人気がありながら、不運な打ち切りを余儀なくされた「レッドバロン」を引き継ぐ形で製作されたロボット特撮作品です。
前作よりも視聴率は下がったものの、一定のラインは維持し、また、関連の玩具の売れ行きは好調で、製作元やスポンサーを大いに潤しました。
しかし、残念ながら、第1次オイルショックなどの影響もあり、全26話で終了することになってしました。
最終回も、ララーシュタインとの決着は付かないまま終わってしまっています。
映像ソフトは、レッドバロンと同様、度々、DVDが発売されていますが、近年では、2008年にDVD-BOX、2014年7月には廉価版のDVD(全6巻)が発売されています。

machbaron-dvd.png

興味の在る方は、ぜひ。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております
【マッハバロン】
バロンシリーズ第2作目 レッドバロンの後を引き継いだロボット特撮
関連記事

おすすめ記事

コメント

946

いろいろな作品のオマージュで有名な「トップをねらえ!」ですが、
その主役メカの必殺技が「バスターコレダー」でした。

https://www.youtube.com/watch?v=pXcz58PJ4kI

2016/01/21 (Thu) 18:30 | いつもの情報屋さん #SFo5/nok | URL | 編集
948

マッハバロンの人形を持ってたなあ
いつもお風呂の友だった
懐かしい・・・

2016/01/21 (Thu) 21:41 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
949

上に紹介されてるアオシマの合体ロボのシリーズにドライガーというシリーズオリジナルのロボがいて、これがマッハバロンとほぼ同じデザインながら顔などがちょっとちがって体色も銀色に青の縁取りでカッコよかった

このアオシマのロボのシリーズにはいまも根強いファンがいて、あるサイトではこのドライガーとマッハバロンがタッグを組んで、襲いくる悪のロボット軍団を蹴散らす燃えるイラストが挙げられていた 真紅のマッハバロンと白銀のドライガ―の対比が美しくて、この胸躍るシチュエーションをドラマ中で見たかったと強く思った

2016/01/21 (Thu) 22:44 | ゆとりある名無し #- | URL | 編集
958

コレダーって「バスタード」のアビゲイルにもオマージュされてましたね。ww
スタイルも良くなって、両腕もぎ取られたりのハデなアクションとか見てて面白かったです。
あれで指が固定されてなければ・・・w

2016/01/23 (Sat) 13:37 | 通りすがり #- | URL | 編集
979

レッド、マッハ、どちらも見ていましたが、マッハバロンの方が印象に残ってますね。
OPも独特で、敵のロボットも記憶に残る個性的なデザインだったように思います。
でも、レッドバロンの方が視聴率良かったんですね・・・。

2016/01/26 (Tue) 21:29 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1595

内容は全く覚えてませんが、超合金を持ってました。
足元の車は速攻で無くしました。

2016/05/11 (Wed) 01:54 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
4096

エンディングの「眠れマッハバロン」は、特撮ソングの中で異色の最高傑作だと思っています。
初めて聴いた時、「本当に、言われてみればその通りだ!」と深く納得しました。
「警察とか病院は暇な方が良い」という理屈と同じです(←こう言ってしまうと間抜けですが)。
「戦う機械でなくしてあげたい」「(使命を終えた時に)皆が平和の歌声を聞かせる」…行け、戦え、敵を倒せ、といった、単純なヒーローソングの対極にあります。
あの時代、酷いのになると「殺せ」なんて歌詞までありましたから、一服の清涼剤にも感じました。

2017/02/06 (Mon) 09:20 | 岬寿司 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する