HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【バトルホーク】巨大な斧で敵をなぎ倒す、ちょっとシュールな永井豪初の特撮作品




【☞バトルホーク

『バトルホーク』は、1976年(昭和51年)10月4日から1977年(昭和52年)3月28日まで東京12チャンネル(現:テレビ東京)系で毎週月曜日19:30 - 20:00に全26話が放送された、東洋エージェンシー(現:創通)・ナック(現:ICHI)製作の特撮テレビ番組、及び作品内に登場するヒーローの名称。

石川賢による漫画が『冒険王』に連載されていたが、ストーリーは大きく異なる。

当時のカンフーブームの影響を受け武芸を題材とし、「永井 豪」が初めて実写特撮ヒーローの原作を担当した作品。
また、「石川 賢」による漫画も「冒険王」に連載されていました。

battle-hawk-manga.jpg

バトルホーク達3人の主役キャラクターは、同作者(石川 賢)による漫画「快傑シャッフル」に登場する悪役「トマホーク三兄弟を原典としているようです。
■追記
※情報ありがとうございます

快傑シャッフルには、「トマホーク3兄弟」なんて登場しないみたいです(^^;
バトルホークのウィキペディア情報では、(『永井豪TVアニメ大全』 p.170) からの引用として書いてありますが、何か間違いっぽいですね。

battle-hawk-shufle.png


ちなみに、「石川 賢」さんは、「永井 豪」のアシスタントをしていたこともあり、絵が似てますね。
永井豪作品のコミカライズや、永井豪との共作を多く手掛けていましたが、2006年に亡くなられています。

バトルホークは、トマホーク(斧)を用いた豪快なアクションが特徴でしたが、後半は剣が主要武器となり、また、コメディ要素の強い内容へと路線変更しています。

■あらすじ

世界をテロと殺戮で混乱させようと企む悪の組織「凶鬼の掟」。
そのアジア地区を支配するのは「紅鬼大人」であった。

battle-hawk-teki1.png

世界有数の武道家「楯哲舟」を祖父に持つ「楯彰吾」、「大二郎」、「ユリカ」の楯三兄妹は、

battle-hawk-char1.jpg
battle-hawk-shogo.jpg
battle-hawk-daijiro.jpg
battle-hawk-yurika.jpg

祖父・哲舟を謀殺した紅鬼大人に復讐を誓う。

哲舟がアメリカで修行中の頃、伝説に生きるインディアン・シャスタ族の酋長にもらった3つの「ゴッドトマホーク」を手にした三兄妹はゴッドトマホークを打ち合わせることによって、伝説が生んだ不滅の戦士「バトルホーク」、「ビッグホーク」、「クインホーク」に化身。

battle-hawk-char2.jpg

兇鬼の掟が送り込む殺しのプロ、闇が醸した憎しみの妖精、テロル闘人と死闘を繰り広げる。

それでは、オープニング、エンディング、行ってみましょう。


バトルホーク OP/ED



オープニングは、勢いがあって特撮ヒーローの主題歌としては、まあ定番な感じですね。
エンディングは、スローテンポですが、勇壮な感じが出てて良いと思います。
歌っているのは、「池田 鴻(いけだ こう)」。
「►グロイザーX」の主題歌を歌っていた人ですが、もっと有名なの、歌ってますよ。
声で分かった方もいるかもしれませんね。

そう、「ガンダム」の主題歌。

♪燃えあが~れ~!燃えあが~れ~!ガンダムぅ!

の人です。
ええ、私は気づきませんでした(^^;
ちなみに、池田さんは、ガンにより、1988年48歳の若さで亡くなれていますが、俳優としても活躍しており、「太陽にほえろ」や「Gメン’75」、「特捜最前線」などの刑事ドラマ、そのほか時代劇などに多く出演されていたようですね。

はい。
それから、作詞は、「高円寺 博(こうえんじ ひろし)」。
永井 泰宇(ながい やすたか)」の名前で、小説を書いたり、シナリオライターをやってる人。
そして、本作の原作者「永井 豪」の実のお兄さんでもありますΣ(゚Д゚)!
漫画原作者としては、「高円寺 博」のペンネームを使っていたみたいですね。
ちなみに、最初に紹介した石川賢の漫画「快傑シャッフル」は、「高円寺 博」の原作です。


さて、バトルホーク。
オープニングの映像だけでも、ツッコミどころ、沢山ありますね。

まず、遊園地で遊んでる3兄弟ってのが微笑ましくって良いです(^^;

たーのすぅいぃ~!(大二郎だけビビッてそうw)
battle-hawk-scene1.jpg

負けないぞー
battle-hawk-scene2.jpg

そんな、キャッキャウフフな時間をぶち壊す「凶鬼の掟」の空気読めない感w

battle-hawk-scene4.jpg

というか、3兄弟の私服。
派手過ぎじゃね?
普段から、こんな格好してんのかね。

ちなみに、この遊園地は、今は無き「小田急御殿場ファミリーランド」です(^^;
現在は、「御殿場プレミアム・アウトレット」になっていて、観覧車は残っていましたが、昨年(2015年8月)をもって、観覧車も営業を停止したみたいですね。

はい。
それから、バトルホークは、全体的にチープさが漂っていて、そこがまた良いです。

battle-hawk-scene5.jpg

伝説の斧ぉwww

ショボい。

そして、何よりも、主役であるヒーロー3人が、ヒーローっぽくないところが伝説級の面白さです。

battle-hawk-heros.jpg

斧、でけぇー!www
これ、殺人鬼が持ってるヤツじゃね?

いや、まあ、「快傑シャッフル」に登場する悪役がモデルになってる、ってことなので、見た目の凶悪さは、しようがないのかな。
ある意味、斧が武器の斬新な設定のヒーローだったと考えるべきか。

でもなぁ・・・

後ろから殴りつけるバトルホーク・・・
battle-hawk-kill.jpg

あかーん!

後ろから・・・後頭部を・・・斧で・・・。

これ、やっぱり殺人鬼がやるヤツじゃね?

この他にも、敵の首を刈ったり、逃げ惑う敵に容赦なく斬りかかるシーンをスローモーションにする演出もあったり・・・。
さらに、敵を殺した後に天に向けて手を上げて何か祈りだす事もあって、敵の死体が転がってる中で祈ってると、まるで何かの儀式をしているみたいです。

よし、これくらにしといてやろう
battle-hawk-scene5_20160115143037426.jpg

まあ、トマホークは、インディアンから貰ったものなので、確かに「インディアンの守護神」というイメージに合わせた演出なのかな。
そういう意味では、チープな感じのする衣装もインディアンをイメージした・・・?

battle-hawk-queen.jpg

いや、これ、どー見ても「►アクマイザー」寄りだね・・・。

そもそも、彼らは祖父の復讐のために戦ってるのであって、端から「正義のヒーロー」とは程遠い存在なのかもしれません。

ちなみに、トマホークを授けたインディアン部族「シャスタ族」はカリフォルニア州に実在するインディアン部族らしいですが、トマホークを宝とする文化は、当然ながらありませんので、あしからず(^^;


はい、ということで、バトルホーク。
かなり斬新な設定の特撮ヒーローでしたが、視聴率は伸び悩み、全26話で打ち切られました。
「兇鬼の掟」は、当初、頭領の「黄金大帝」を頂点に、その下に集う格闘技のビッグファイブこと「五色衆紅鬼大人、暗黒鉄人、白虎道士、緑魔夫人青龍騎士)」の5人の幹部が存在し、各幹部10話ずつの全50話の構成だったとされています。
しかし、予定されていた「青龍騎士編」が路線変更され、紅鬼大人と白虎道士を倒し、兇鬼の掟・極東支部が壊滅したところで物語が完結となりました。
映像ソフトは、2005年と2013年に、DVD-BOXが発売されています。

battle-hawk-dvd1.jpg

battle-hawk-dvd2.jpg

2度もDVD-BOXが発売されるあたり、カルト的な人気がある証拠かもしれませんね。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております
【バトルホーク】
巨大な斧で敵をなぎ倒す、ちょっとシュールな永井豪初の特撮作品
関連記事

おすすめ記事

コメント

934

今もあるかわからないけど、昔レンタル店に置いてあったのが気になってた。
どの巻もレンタルされてなくて、いつも全部揃ってたな。
パッケージ写真見てチープな臭いがプンプンしてて、 借りようか迷ったけど
結局、一度も借りた事がないw

2016/01/19 (Tue) 16:22 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
943

中盤から日本刀で敵を倒すようになったのが残念。
それまでのイメージと何か違い過ぎた・・・
やっぱりバトルホークは斧を振る方が合ってるw
何で巨大な斧より貧弱な日本刀で倒すのかと、当時は不満だったけど、
たぶん敵とは言え斧で殴りつけるのはイメージが悪すぎて変えられたんだろうなw

2016/01/20 (Wed) 21:17 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1075

「快傑シャッフル」に「トマホーク三兄弟」なんて出てきませんぜ?
何かと勘違いしてませんか?

第1話の敵が「ハンドソー・ジャコブ」 香港映画に出てきたフライングギロチンみたいな回転のこぎりの使い手。
第2話の敵は「マッドボンバー・コワルスキー」 全身爆発物だらけの危ない男。身体の構造が気になる。
第3話(最終回)の敵は「大男(無名)」 シャッフルのマシンガン・カードで両腕を切断された可哀想な純情派。

2016/02/13 (Sat) 07:40 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1079

※1075

失礼しました。
また、情報どうもありがとうございますm(__)m
記事に追記させて頂きました。

2016/02/13 (Sat) 12:06 | 管理人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する