HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【飛べ!孫悟空】ニンニキニキニキ・・・ドリフのメンバーをモデルにした西遊記




【☞飛べ!孫悟空

tobe-songoku.png

『ヤンマーファミリーアワー 飛べ!孫悟空』(ヤンマーファミリーアワー とべ そんごくう)は、1977年10月11日から1979年3月27日まで毎週火曜 19時00分 - 19時30分 (JST)に、 TBS制作のテレビ人形劇。TBS系列などで放送された。ヤンマーディーゼル(現・ヤンマーホールディングス)の一社提供かつ同社の冠スポンサー番組である。全74話。

『西遊記』をモチーフにしたドリフのメンバーを『西遊記』の登場人物にたとえ、メンバーそっくりの人形を登場させ、各メンバーが声を充てた。『西遊記』の三蔵一行の4人に対してドリフは5人だったため、加藤茶だけは彼の代表キャラクターである酔っ払いハゲ親父の「カトウ」役(オープニングのテロップでは「カトー」)で出演した。また、一行のお供の馬の「ヒヒハハハハー」という特徴ある甲高い鳴き声は、当時ドリフの準メンバーだったすわしんじによるもので、三蔵との掛け合いなどでのセリフもあり、挿入歌にも彼のセリフが入っている。

ザ・ドリフターズ」の西遊記。
人形劇ですが、人形がドリフのメンバーに似ていて、よく出来ていますね。

tobe-songoku-chars.jpg

三蔵法師=いかりや長介
孫悟空=志村けん
沙悟浄=仲本工事
猪八戒=高木ブー
カトー(カトちゃん)=加藤茶

これ、絶妙な組み合わせだと思うんですよ。
西遊記のキャラクターとドリフのキャラクターが、うまい具合に噛み合ってる。
まあ、カトちゃんは、ご愛嬌(^^;

ちなみに、この「加藤 茶」だけ西遊記のキャラではない事は、度々ネタにもされていて、作中では、カトーが孫悟空に、
お前(志村けん)がいなければ俺が主役だったのに
と絡む楽屋ネタがあったりします。
また、1979年に放送されたフジテレビ「新春かくし芸大会」の中国語劇による西遊記では、加藤が孫悟空、志村は猪八戒役となり、
TBSで評判良かったんだから、こっちも俺が(孫悟空)演れば良かったんだ
と発言した志村に、加藤が
本当は人形劇も俺が(孫悟空)演る予定だったんだ
と返す一幕もあったみたいです(笑)

いや、面白いですねー。
「►堺正章版・西遊記」はスケールの大きさや完成度の高さで思い出深い作品ですが、それとはまた違った懐かしさのある番組です。

ですが、当時の「大人たち」の反応は、あまり良くなかったようですね。
ドリフの番組全般が、「子供の教育に良くない」と思われていたようですが、本作も、1978年に日本PTA全国協議会から「ワースト番組」に挙げられたようです(^^;

子供に見せたくない番組、と言えば、「ロンドンブーツ」がやっていた「ロンハー」を思い浮かべますが、それに比べれば、かなり子供向けな番組だと思うんですけどねえ。

ちなみに、本作は、「山根あおおに」によるコミカライズもされていたみたいです。

tobe-songoku-manga.jpg

これは、知りませんでした。
ストーリーは天竺を目指すのでなく、「カトウのインチキ商売に毎回皆が騙される」というギャグ漫画みたいです。

テレビ版の方は、一応、「西遊記」の本筋を抑えていて、ゲストの芸能人をモデルにした「西遊記」の登場人物の人形も登場。
声も本人があてており、このゲストと繰り広げるドタバタギャグが、この人形劇の特色であり魅力となっています。

それでは、主題歌、行ってみましょう。


飛べ!孫悟空 主題歌



おおー、ピンク・レディー
この歌、そして、メンバーがそれぞれ他を突き飛ばして登場する映像、何か覚えてますねー。

ピンク・レディーは、番組の狂言回し役としても登場します。
それから、場面転換の際には、「キャンディーズJr.(後に、トライアングルに改名)」が登場し、物語の状況を説明する短い歌を歌うシーンもありました。

飛べ!孫悟空 キャンディーズJr.




ピンク・レディーやキャンディーズJr.の方を懐かしく思う方も多いかも知れませんね。
ちなみに、キャンディーズJr.は、「キャンティーズ」解散後に、「キャンディーズの妹分」という触れ込みで売り出そうとしたアイドルグループですが、キャンディーズの熱狂的なファンの猛反発を受け、「トライアングル」に改名することになりました(^^;

当時、私は、まだアイドルに(*´Д`*)ハァハァするような年齢ではなかったので(笑)、こちら↓の方が、数倍、懐かしいですね。

飛べ!孫悟空 挿入歌
ゴー・ウエスト


ドリフの西遊記と言ったら、真っ先にこの曲を思い出します。
「ニンニキ ニキニキ ニンニキ ニキニキ・・・」のフレーズ。
これは、忘れられません(^^)

西(天竺)を目指すので、タイトルは「ゴー・ウエスト」。
そして、メロディも「ウエスタン調」になっているんですね。
今なら、より理解できますな。


はい、という事で、飛べ!孫悟空。
ザ・ドリフターズのメンバーをうまくモデルにした人形劇です。
当時の人気芸能人も人形にしてゲスト出演させ、ドタバタギャグを展開するあたり、まさに、ドリフのコント番組をそのまま西遊記と言う舞台に置き換え、人形劇にしたような面白い作品ですね。

残念ながら、今の所、映像ソフト化はされていません。
本作のVTRは、長い間、「ほとんどが上書きされ残っていない」と思われていたようです。
しかし、最近になって放送局内で大半のVTRが保存されていることが判明。
2014年9月から、TBSオンデマンドにて配信が開始されました。

■TBSオンデマンド

映像は、しっかりと残っているようなので、もしかしたら、今後、DVD化される日が来るかもしれませんね。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております
【飛べ!孫悟空】
ニンニキニキニキ・・・ドリフのメンバーをモデルにした人形劇
関連記事
Tag: TBS系

おすすめ記事

コメント

892

コレの写真絵本を持ってましたよ。
懐かしー!!

2016/01/10 (Sun) 22:39 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
893

面白い番組でしたね。
ゲストも豪華だったし、人形も良く出来てた。
ドリフを抜けた荒井注も出てましたけど、複雑な気持ちだったんじゃないかと邪推してしまいますね。
そういえば、PTAが文句言っていたのは、ゴーウェストの歌詞が
ニンニキニキニキ「にしが三蔵」 
ニンニキニキニキ「にしが悟空」
となっているせいで、九九が正しく覚えられないとか言うこじつけのような内容だったと思います(笑)


2016/01/10 (Sun) 23:16 | あの頃の名無し #bpRWTi.M | URL | 編集
895

戦闘でしょっちゅう悟空の鼻が切り落とされていた気がする

2016/01/11 (Mon) 07:53 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
896

長さんが亡くなってから、もうすぐ12年経つのか・・・早いな

2016/01/11 (Mon) 13:07 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する