HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【流星人間ゾーン】東宝初の巨大化ヒーロー、ゴジラも登場し人気爆発!・・・のはずが




【☞流星人間ゾーン

『流星人間ゾーン』(りゅうせいにんげんゾーン)は、1973年(昭和48年)4月2日から同年9月24日まで日本テレビ系で毎週月曜日19:00 - 19:30に全26話が放送された、東宝映像制作の特撮テレビドラマ、およびそれに登場する架空のヒーロー。

第2次怪獣ブームがピークを迎えた時期に、東宝映像が初めてテレビ向けに製作した巨大ヒーロー番組。元々はゴジラを主役としたテレビシリーズ企画に端を発した作品であり、その流れからゴジラやキングギドラなどの「有名怪獣ゲスト」の登場が売りの一つであった。スタッフ面でも、本多猪四郎や福田純の両監督はじめとする東宝特撮映画常連のスタッフが多く関わっている。また、小栗康平がフリーの助監督として参加、後に21話、26話で監督デビューを果たした。

東宝」が製作したウルトラマンみたいな巨大ヒーロー番組。
監督以外のスタッフの多くは、前年放映の「►ウルトラマンA」に関わっており、怪獣の声などの効果音は東宝作品のみならずウルトラシリーズからも流用されています。
いわれて見れば、主役ヒーローである「ゾーンファイター」のデザインも、「ウルトラマンA」に、どことなく似ているような気がします。

ryuuseiningen-zone-face.png

ultraman_a.jpg

ちなみに、第3話以降劣勢時のゾーンファイターの声に、ウルトラマンAの声(納谷悟朗版)が併用されたり、飛行時の声も同じくAのもの(中曽根雅夫版)が使用されているようです。

ここまで、ウルトラマンAに似せて、どこで差別化してるのか・・・
はい、心配後無用。
ゾーンファイターは、光線技じゃなくて、実弾を使うというオリジナリティがありますからw

ryuuseiningen-waza.png


そんな流星人間ゾーンのあらすじ

平和な星ピースランド星は、ガロガバラン星人の侵略を受けて壊滅。
ピースランド星人たちはファミリーごとに宇宙船パンドラカプセルに乗りこみ、安住の地を求めて流星人間となった。
彼ら難民のうち、地球に辿り着いたある一家は、地球人「防人(さきもり)家」としての生活をスタートさせた。
その一家こそ、「流星人間ゾーン」。

ryuuseiningen-family1.png

ryuuseiningen-family2.png

ryuuseiningen-family.png

しかし、地球を第二の征服目標と定めたガロガは宇宙要塞ステーションを建設し、恐獣ミサイルを地球に送り込む。
地球を第二の故郷と思う防人一家は、「新地球人」として、ピースランドの二の舞を阻止すべく、敢然とガロガを迎え撃つのであった。


それでは、主題歌、行ってみましょう。


流星人間ゾーン 主題歌(前期)



格好良い曲ですね。
映像も光学合成の背景にメカや登場人物がかぶさる、ウルトラシリーズ風の作りになっています。
歌っているのは「子門真人」。
特撮ヒーローにピッタリの曲だと思います。

ちなみに、主題歌は、2クール目から映像のみが変更されているようです。

流星人間ゾーン 主題歌(後期)



前期の映像は、ゾーンファミリーを強調した映像でしたが、後期からは、敵怪獣と戦うゾーンファイターの映像になっていますね。
巨大な敵、巨大化ヒーローを強調するような、よりウルトラシリーズを意識した映像になっているように思います。

ところで、みなさん、お気づきになったでしょうか。
主題歌のクレジットが「流星人間ビクトリー」になっていることに。
番組開始とほぼ同時期に発売されたレコードでは、ちゃんと「流星人間ゾーン」となっていることからも、これは、明らかにクレジットの誤植です。
ただし、実の所、「流星人間ビクトリー」という曲は「副主題歌」として存在はしているみたいなので、全く的外れな間違いとも言えなくはなさそうですけどね・・・。
しかし、番組タイトルと同名の曲を間違えたり、しかも、映像が差し替えられた後も誤植が修正されていないのは、如何なものかと(^^;
ちなみに、レコードでの歌手名は、「布川富美雄」となっており、これは、「子門真人」の別名義のようです。

はい。
それから、もう1つ。
歌詞テロップにおいても、「りゅうせいにんげん」が「りゅせいにんげん」、となっているところが何とも。
こういう間違いも放置されっぱなしな所が時代の緩さを感じさせますね。
まあ、ネタとしては貴重でありがたいですけど(笑)

さて、流星人間ゾーン。
本作では、敵怪獣のことを「恐獣」の名で統一していますが、この恐獣のデザインを手掛けたのもウルトラマンAで怪獣(超獣)をデザインした「井口昭彦」みたいですね。
なので、似たような怪獣が登場します。
例えば、コレ↓

■超獣バキシム(ウルトラマンA)
ryuuseiningen-bakisim1.png

■恐獣スパイラー(流星人間ゾーン)
ryuuseiningen-bakisim2.png

たしかに、「バキシム」の派生タイプが「スパイラー」って感じですな(^^;

ちなみに、これら恐獣との戦いは、ジャンケンや輪投げで勝負したり、倒された恐獣の墓(天使の輪までついていた)が立つというコミカルな演出がされる回がある一方、敵が油断した隙に目を引きちぎったり、無防備な敵に対して一方的に攻撃するなどの少々過激な表現も存在するようです。

それから、流星人間ゾーンの特徴と言えば、「►ゴジラ」、「キングギドラ」など東宝のお馴染の怪獣が登場することでしょう。

ryuuseiningen-godzilla.png

ryuuseiningen-kinggidora.png

こういった、知名度の高い怪獣を登場させることで、子供達にアピールを狙ったんでしょうね。
しかも、ゴジラにおいては、もはや準レギュラーw

ryuuseiningen-godzilla2.png

ryuuseiningen-godzilla3.png

この画像だと、もはや、「ゴジラ」そのものだ(^^;
(あくまでも、「流星人間ゾーン」(第10話)の1シーンですw)


はい、と言うことで、流星人間ゾーン。
視聴率は、初期の数話こそ10%台をキープしていたものの、後半からは降下し、21話では6.6%まで低下。
その影響か、2クールで番組は終了してしまいました。
最終回はシリーズに区切りをつけるような内容ではなく、ガロガとの決着も付かないまま終了しています。
東宝の人気キャラクターを登場させてまで挑んだのに・・・残念ですね。
映像ソフトは、2001年7月に、全話収録のDVD-BOXが発売された他、2002年11月から2003年1月にかけて、単巻のDVD(全6巻)も発売されています。

ryuuseiningen-dvd.jpg

興味のある方は、ぜひ。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントして下さいね
【流星人間ゾーン】
東宝初の巨大化ヒーロー、ゴジラも登場し人気爆発!・・・のはずが
関連記事

おすすめ記事

コメント

872

やっぱりゴジラ登場がマズかったかしらん?昔なんかの本でゾーンの評があって
「ゴジラが登場てソレちばてつやが新作マンガに矢吹ジョー出すようなもんだろ あまりにも大物キャラすぎて
新作の世界観が成立せんだろ」とツッコまれてた

まあそれ以前にゾーンが地味すぎる気がしたが ミサイルマイトてジャイアントロボのフィンガーミサイル意識したんかもしれんがロボットじゃない巨大ヒーローもので曳光弾的フィッニッシュはちょっとなあ

あと時期もマズかったか 昭和48年ったら仮面ライダーブームの真っただ中じゃん 本家ウルトラシリーズがライダーに苦戦してた時期にゾーンでは勝負にならんわな

2016/01/06 (Wed) 18:00 | ゆとりある名無し #- | URL | 編集
1144

ウルトラマンみたいなテイストにすればいいのになんでこんな設定したんだろう家族で地球防援軍するのは無理があるな
ゴジラのゲストは良いけどそれだと主役が霞むよね
なんか無理やりいろいろ詰め込み過ぎて自滅しちゃた感じ

2016/02/21 (Sun) 01:44 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1405

スパイラーはバキシムにも似てるけど、背中の突起物はベロクロンを連想するね

2016/04/01 (Fri) 13:07 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
17017

ヒーローがいるのに、確かにゴジラが出てきたのもマズかったのかもしれんが、(製作が東宝だから)ヒーローゾーンファイターの二段変身(ダブルファイト)のまどろっこしい設定と、本作のヒロイン(ゾーンエンジェル)役の北原和美がブスいのも原因の一つかもよ。
北原は『超人バロム1』にも、苗字が違う役者名で、バロム1に変身する主人公の一人 木戸猛の 姉 紀子(のりこ)役 『きこではない』で出ていたが、こちらのほうがよかったかも…。
むしろ、同時期放送の『快傑ライオン丸』の沙織(九条亜希子)のミニスカ衣装や、『変身忍者嵐』のカスミ(前半)(林寛子)のミニスカ衣装のように、視聴者へのアピールが足りずに、存在感がなさすぎたのかも…。

2019/09/21 (Sat) 18:44 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する