HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【銀河鉄道999】宇宙を駆ける列車って夢あるよね、エターナル編も完結させてくれ




【☞銀河鉄道999

『銀河鉄道999』(ぎんがてつどうスリーナイン、Galaxy Express 999)は、松本零士作のSF漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ番組、アニメ映画である。略称は「999(スリーナイン)」。

1977年から1981年にかけて、少年画報社「少年キング」にて、同誌の看板作品として連載された。ヒットコミックス全18巻。第23回(1977年度)小学館漫画賞を受賞した松本零士の代表作。連載中にテレビアニメ化、劇場アニメ化されて大ヒットしてアニメブームの原点を確実なものとし、『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』とともに昭和50年代の松本零士ブームをも巻き起こした。

■テレビアニメ
フジテレビ系列で、1978年9月14日 - 1981年3月26日に全113話 + テレビスペシャル3話が放送され、翌1982年に総集編が放送された。東映動画製作。文化庁推薦作品。最高視聴率は22.8% 。なお後述する劇場アニメ版の製作はテレビシリーズ放送開始の3日前に決定されていた。

はい、銀河鉄道999。
こちらも有名作品なので、特に解説は不要だと思います。
主人公の「鉄郎」が「無料で機械の身体をくれるという星」を目指し、謎の美女「メーテル」とともに銀河超特急999号に乗り込み、旅を続ける物語。

鉄郎
gingatetsudo999-tetsuro.jpg
鉄郎の声は、「野沢雅子」(DB「悟空」)でしたね

メーテル
gingatetsudo999-metel.jpg
メーテルの声は、「池田昌子」さん。
優しくて品のある声がメーテルにピッタリです。

原作の漫画は、1981年に連載が終了し、当初は、これをもって完結し、続編もない、としていましたが、その後、1996年になって小学館「ビッグゴールド」誌上で続編の連載が始まりました。
1999年の「ビッグゴールド」誌の休刊後は、「ビッグコミック」を経てWebで不定期連載。
松本は999話まで描きたいと語っていたようです。
2004年までに41話が掲載され、2005年の松本の漫画家50周年を記念した「ビッグコミックスペリオール」の増刊に描き下ろし4話が掲載されたのを最後に新エピソードが描かれず、伏線の多くは回収されないままとなっています。

テレビアニメは、1978年から81年にかけて全113話が放送されました。
基本的には原作の漫画をトレースする形でアニメ化されていますが、原作のストックが尽きた場合などは、松本零士の別の短編作品や、オリジナルエピソードが盛り込まれました。
また、テレビアニメ版の最終回は漫画版終了前の放送であったため、原作の結末とは違う独自の展開となっていますが、終着駅の消滅やメーテルとの別離など、基本的な流れは踏襲されています。

はい、それでは、オープニング、エンディング、行ってみましょう。


銀河鉄道999 OP



良いですよねー、この曲。
汽笛から始まるイントロも格好良いし、「ささき いさお」の渋い声で、

「汽車はぁ~ 闇をぬ~けて」

と、歌い出されると、ゾクゾクします(^^;
あと、何と言ってもサビ。
子供達とのコーラスと共に曲が盛り上がっていくところ、格好良いわー。

それから、エンディング。

銀河鉄道999 ED



よい!よいよ!!
この曲も大好きです。
ただ、いつもに思ってたのが、冒頭でクルクル周ってるコレ↓

gingatetsudo999-ed1.jpg
gingatetsudo999-ed2.jpg

コレは何なのだ!?
誰か教えろ下さい(^^;
追記
これ、第1話で哲郎が母から貰ったペンダントなんですね。
情報頂きました。
どうもありがとうございますm(__)m

ところで、銀河鉄道999。
ほとんどの人にとって、「鉄郎」と「メーテル」と共に、忘れられないインパクトのあるキャラがいるはずです。
そう!
車掌さん」ですね。

gingatetsudo999-syasyou.jpg

帽子と制服の間から見える顔の部分が黒い影となっており、そこに黄色く光る丸い目が見えるというユニークな姿。
ゲームソフト「FF(ファイナルファンタジー)」の「黒魔道士」見た時、「車掌さん」を思い出した人は、私だけではないはず(^^;

gingatetsudo999-kuro3.jpg

FF9「ビビ」と車掌さん
gingatetsudo999-kuro.jpg

ちなみに、車掌さんの声は、「肝付兼太(きもつき かねた)」さんですね。
「ドラえもん」の「スネ男」や「►怪物くん」の「ドラキュラ」や、「►ハットリくん」の「ケムマキ」など多くの作品で主人公の身近なキャラを演じている名脇役です。

ところで、車掌さんの制服の下、どうなってるか知ってますか?

車掌さんの制服の下は・・・

実は、こうなっています。

gingatetsudo999-syasyou2.jpg


透明!wwww

・・・まあ、私が知ってるくらいだから、有名な話だとは思うけど(^^;
車掌さんは、実は非実体の透明人間で、「高圧ガス体」という設定なんですよね。

では、どうして、「高圧ガス体」になったのか?
知ってますか?

車掌さんは、優柔不断な性格のキャラですが、そのために「機械体」と「生身の身体」とを選ぶことができず、保留する形で非実体の身体になった、と。
で、本人にとってその事は恥と捉えていて、その事実を暴かれることを極端に嫌っている、という設定みたいです。
へえー、こんな設定があったとは、これは、私も知りませんでした。


さて。
銀河鉄道999は、これまでに、3本のアニメ映画が製作されています。

まず、1作目が1979年に公開された「銀河鉄道999 (The Galaxy Express 999)」。

gingatetsudo999-movie1.jpg

本作では、鉄郎の年齢が10歳から15歳へと5歳引き上げらたことと、漫画版・テレビアニメ版に比べ鉄郎の顔が男前になっていることが特徴です。

Before
gingatetsudo999-tetsuro1.jpg

After
gingatetsudo999-tetsuro2.jpg

確かに、男前になり過ぎですね(^^;
主題歌は、「ゴダイゴ」が歌う「銀河鉄道999」。

銀河鉄道999(映画) 主題歌


ゴダイゴは、良いなあ。

はい。
それから、映画2作目が、1981年公開の「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」。

gingatetsudo999-movie2.jpg

映画第1作目の続編で、前作の2年後の世界が舞台となっています。
主題歌は、「メアリー・マッグレガー」の「SAYONARA」。

さようなら銀河鉄道999 主題歌


この曲は、30万枚を売り上げるヒットとなりました。

そして、1998年に公開されたのが「銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー」。
これは、1996年に連載が再開された漫画版を下敷きに映像化された作品です。

gingatetsudo999-movie3.jpg

鉄郎の容姿は、原作やアニメ版と同じになっています。
「999の年」ということから翌1999年完結編となる2時間超の長編が予定されていたこともあり、本作はストーリー的には導入部のみで完結しておらず、時間も54分という中編作品となっています。
しかし、残念ながら、当初、配給収入7億円を目標としていた配給収入は、約2億円の興行結果に終わり、1999年公開予定の完結編は製作中止となってしまいました・・・。

主題歌は、「THE ALFEE」の「Brave Love ~Galaxy Express 999」。

銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー 主題歌



本作は、「999」では初めて、全編デジタル彩色で制作されたり、999号が「3DCG」で描かるなど、力を入れていただけに、興行収入が伸びなかったのは痛かったのでしょう。
完結編が製作中止になって、本当に残念ですね。


はい、と、言う事で、銀河鉄道999。
ここで紹介した以外にも、プラネタリウムで上映される映像作品であったり、WEBアニメーションであったり、JRや、その他企業のイベント映像に使われたり、と、様々な所で目にすることができる作品です。
おそらく、これらかも、この人気は衰えることないでしょうね。
できれば、現在は、休止している漫画の連載再開や、アニメ化など、新しい動きがあれば良いんですけどね・・・・
無理かなぁ~(^^;

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております

【銀河鉄道999】
宇宙を駆ける列車って夢あるよね、エターナル編も完結させてくれ
関連記事

おすすめ記事

コメント

681

999好きだけど、見終わった後、寂しさを感じるんだよなぁ。
全体的に暗い雰囲気だし、BGMやエンディングが切ない。

2015/11/30 (Mon) 22:35 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
682

くるくる回ってるアレ、一話で母が鉄郎に遺したペンダントですよ~

2015/11/30 (Mon) 23:41 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
683

> 682
ありがとうございます、ホントにありがとうございます。
長年の謎が解明されました!
そうですかー、お母さんの形見だったんですねー。
いやー、すっきりです。
これで、ゆっくり眠れます(笑)

2015/12/01 (Tue) 18:41 | 管理人 #- | URL | 編集
704

漫画版、TV版、映画版と3つあるけど、一番好きなのはTV版だなあ。3つの中では最終回のオチが一番わかりやすくてすっきりしていた。哲郎の父親.の設定は3つとも矛盾しているんだよな。原作漫画第一話では人間が機械の体になることに反対していて殺されたと哲郎が話していて、暗に機械支配に反対していた政治家とか学者とかいう職業を暗示していた。だけどTV版では、哲郎の回想シーンで、家族が食事をしているシーンが出ているけど、父親はいかにも貧しい低学歴日雇い労働者って感じだった。映画版では機械帝国に寝返った高い地位にいた元人間だっけ?哲郎の父親設定だけは未だ自分の中ではすっきりしないんだよな。

2015/12/05 (Sat) 20:13 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
2293

原作の続編はなかった事にしてほしい。(封印してほしい。)

2016/08/15 (Mon) 12:52 | g.n #- | URL | 編集
3104

歌の話をします。

私は劇場版は第1作だけ映画館で、他の2作品はビデオで見ています。
999をリアルタイムで経験した世代にもかかわらず、テレビ版は未見でした。
ささきいさおの歌うテレビ版主題歌もあまりよくは知りませんでした。

私にはゴダイゴの曲が刷り込まれており、近年カバーもされるほどの曲なので
あれもあれで押しも押されもせぬ名曲なのは紛れもない事実ではありますが、
齢50を数えた今聴いて心に響いてくるのは、圧倒的にテレビ版です。
ゴダイゴ版が凡作と思えてくるほどです。まあ、異論は認めますけども…

2016/11/05 (Sat) 09:34 | あの頃の名無し #nreZnn6c | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する