HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【角川映画 予告編5】Wの悲劇、天国にいちばん近い島、二代目はクリスチャン、他




【☞角川映画

角川映画(かどかわえいが)は、KADOKAWAないしその前身企業である角川書店ないし角川春樹事務所(1976年設立、1988年角川書店に吸収。1996年設立の同名企業とは別)、角川映画株式会社(2002年設立、2011年角川書店に吸収合併)によって1976年より製作された一連の映画の通称・総称及び映像事業ブランドである。

一般的に「角川映画」という呼称は、角川書店による映画を元にしたメディアミックス展開の一例として捉えられる場合が多い。「角川商法」としてメディアミックスの成功例の代表として取り上げられている。

80年代、輝いていた角川映画。
その懐かしい予告編を紹介する第5弾、そして、今回が「角川映画 予告編」のラストとなります。
それでは、さっそく行ってみましょう。


まずは、この映画から。

Wの悲劇


【☞Wの悲劇

『Wの悲劇』(ダブリューのひげき)は、1984年12月15日に公開された日本の青春映画。監督は澤井信一郎。薬師丸ひろ子主演。カラー・108分。併映は原田知世主演の『天国にいちばん近い島』。15.5億円の配給収入は1985年の邦画で4位となった。

夏樹静子の小説『Wの悲劇』が原作とクレジットされているが、小説は本映画中で上演される舞台劇の原作という形になっており、ストーリーはその舞台を演じる女優の成長と恋を描いた青春映画である。

作品および監督の澤井、主演の薬師丸、助演の三田はこの作品で数々の賞を受賞し、特に、薬師丸ひろ子がアイドルから大人の女優に成長した映画としても有名である。また、薬師丸による主題歌もオリコンチャート月間1位を記録するヒット作となった。

薬師丸ひろ子」主演した映画。
この作品で、薬師丸ひろ子は、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を獲得し、一人前の女優として認められるようになりました。
私は、この映画、大人になってから見たのですが、いや、結構、引き込まれて見てしまいました(^^;
予想していたより、ずっと面白かったですw
映画の中で、薬師丸ひろ子が舞台女優として成長していく過程が、リアルとリンクしているようで。
※YouTubeには、前編(約1時間50分)がアップされていますので、気になる方はチェックしてみて下さい)

それから、主題歌もヒットしましたね。

Woman "Wの悲劇"より-薬師丸ひろ子


暗いけど、良い歌だー。
何度も書きますが(えー、しつこいです)、私は、薬師丸ひろ子の歌、結構好きなんです。
ベスト版のCD(ry


続いて2本目の映画はこれ。

天国に一番近い島


【☞天国にいちばん近い島

『天国にいちばん近い島』(てんごくにいちばんちかいしま)は、森村桂の旅行記。1966年に出版された。
また、1984年に原田知世主演で映画化された。

■映画
ニューカレドニアはフランスの植民地で、映画の撮影が行われた翌1985年から独立運動が激化した。撮影当時1984年夏の時点でも既に危険な雰囲気があったという。しかし大林はあえてニューカレドニアの美しい自然をそのまま撮り、映画を観た人が「なんて素晴らしい国なんだろう」と思い、同時に新聞で流血の独立運動が起きていることを知るという作品にしたいと考えた。
このため「政治」や「社会」は何も描いておらず酷評された。ニューカレドニアは日本からは非常に遠く、当時はまだ馴染みのない国であったが、この映画のおかげでブームをひきおこし、日本人観光客が増え、ロケが行われたウベア島には、島内に唯一のリゾートホテル「パラディ・ド・ウベア」ができたという。

原田知世」主演の映画。
なぜか、妙に記憶に残っていますねー。
この映画で、「ニューカレドニア」という地名を覚えました(^^;
まあ、私だけでなく、日本人の多くがこの映画に影響されたことは間違いありません。
この映画のおかげで、日本人観光客が増えてリゾートホテルが出来た、というくらいですからね。

主題歌も、良いです。

天国に一番近い島-原田知世


この曲を聴くと、映画に出てくるニューカレドニアの綺麗な風景が目に浮かびます。
ニューカレドニア、一度で良いから行ってみたい(^^;


はい、続いては、こちらの映画。

早春物語


【☞早春物語

『早春物語』(そうしゅんものがたり)は、赤川次郎の小説。これを原作として1985年に映画が、1986年にTBSでテレビドラマが制作された。

■映画
角川映画10周年記念映画。原田知世主演。
原作とはかなり違う内容となっている。

赤川次郎」+「角川映画」+「原田知世(角川事務所のアイドル)」。
角川映画、定番の組み合わせですね。
映画の翌年には、テレビドラマにもなり、この時の主人公は、「荻野目洋子」が演じています。

早春物語-原田知世


ああ、懐かしい歌だー。
良いですね、この曲。
何か昔を凄く思い出すんですけど(^^;

当時、この曲を使った、こんなCMも。

なつかCM 森永ハイクラウン


このCMも記憶にあるわ(^^;

ちなみに、原田知世は、この曲で第36回「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たしました。


はい、続いては、この映画。

二代目はクリスチャン


【☞二代目はクリスチャン

『二代目はクリスチャン』(にだいめはクリスチャン)は、(旧)角川春樹事務所創立10周年記念作品として製作された、井筒和幸監督による日本映画。1985年9月14日公開。配給元は東宝。

原作は「蒲田行進曲」のつかこうへい(脚本も担当)。監督は井筒和幸、撮影は北坂清がそれぞれ務めた。神に仕える敬虔なシスターが、あろうことかヤクザの2代目を襲名!?笑いと涙のパワフルアクションコメディ!

「早春物語」と同時上映だった、角川映画10周年記念映画。
志穂美悦子」が綺麗、そして、格好良いですねー。
予告編の最後にもある啖呵を切るところとか、シビれます(^^;

主題歌は、BIRDS(原田知世、渡辺典子、原田貴和子、野村宏伸)となっているのですが、予告編やテレビCMでは、「DAREK&EVE」が歌うバージョンが使われていますので、こちらの動画を貼っておきます。
※そもそも、BIRDSバージョンの動画が見つからない(^^;

二代目はクリスチャンのテーマ-DAREK&EVE


こっちのバージョンの方が良いはずだ・・・と思うんだけど(BIRDSのメンバー見る限り)。

はい。

そして、ラストを飾るのはっ!

この映画です。

僕らの七日間戦争


【☞ぼくらの七日間戦争

『ぼくらの七日間戦争』(ぼくらのなのかかんせんそう)は、1985年4月に発行された宗田理の文庫書き下ろし小説。ぼくらシリーズの第1作目。
管理教育に抑圧された中学生が、学校教師や大人に「戦争」を挑む。
映画化もされ、続編『ぼくらの七日間戦争2』も製作された。
作者によれば、物語の舞台のモデルとなったのは宮城県仙台市青葉区とのこと。

■映画
角川映画作品。1988年8月13日から東宝系劇場にて公開された。同時上映は『花のあすか組!』。

原作にはない61式戦車なども登場する。宮沢りえ主演第1作としても注目された。

2011年に角川映画35周年記念としてデジタル・リマスター版が発売され、2012年には「角川ブルーレイ・コレクション」の一作品としてブルーレイディスク化された。

一気に新しい時代の映画に飛んだ感じがしますが、本作は、88年公開。
まさに昭和最後の年。

85年の「早春物語」以降、「角川アイドル」主演の映画は無く、86年は、5作品公開、そのうち2本はアニメ(「時空の旅人」、「火の鳥 鳳凰編」)、87年は「黒いドレスの女」と「恋人たちの時刻」の2作しかありません。
80年代後半になり、角川映画の衰退がちょっと分かる気がします。

さて、僕らの七日間戦争。
宮沢理恵」が初々しいですね。
当時、映画の主人公達と同年代だったので、この予告編を見ただけで何だかワクワクしました。

そして、何と言っても、「TMネットワーク」(「TMN」改名前)の主題歌「Seven Days War」が好きでした。

Seven Days War


いやー、良いですよね、この曲。
「►シティハンター」の記事でも書きましたが、この時期にリリースした「Seven Days War」も収録されたTMネットワークのアルバム「CAROL」。

TMNETWORK-carol.jpg

このアルバムは、本当に名曲揃いです。


はい、ということで、角川映画予告編、第5弾。
いかがでしたか?
これまで、5回に渡り予告編をお送りしてきましたが、思い出の映画はありましたでしょうか。
私は映画館で見たものよりも、テレビのロードショー番組で見たものの方が多いですが(^^;
それでも、予告編を見ると当時を思い出して、懐かしく感じますね。
私と同じように、今回の特集で少しでも、当時を懐かしんで頂けたのなら幸いです。

「角川映画」のような括りで日本映画を表すことは、もはやできませんが、懐かしい映画はまだまだあります。
そういったものを今後も紹介していけたら良いなあと思っています。
それでは、またの機会に。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております
【角川映画 予告編5】
Wの悲劇、天国にいちばん近い島、二代目はクリスチャン、他

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 昔の映画 | Genre: 映画
Tag: 邦画

おすすめ記事

コメント

1098

少年ケニヤとか火の鳥、幻魔大戦、カムイの剣とかの印象が強いな

2016/02/15 (Mon) 12:10 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する