HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【快傑ライオン丸】時代劇+変身ヒーロー、斬新なアイデアで人気を博した特撮ドラマ




【☞快傑ライオン丸

『快傑ライオン丸』(かいけつライオンまる)は、1972年(昭和47年)4月1日から1973年(昭和48年)4月7日までフジテレビ系で毎週土曜日19:00 - 19:30に全54話が放送された、ピー・プロダクション製作の特撮テレビ番組。

『スペクトルマン』の好評を受けて企画されたこの番組は、当初から時代劇としての体裁を考えていたわけではなく、うしおそうじの企画案は『ライオンマン』という等身大ヒーロー作品だった。これはうしおが暖めていたアニマルヒーローの企画と、『仮面ライダー』のヒットなどから連想したものと言われている。

時代劇になった経緯については、当時のピー・プロダクションの一員でこの作品にも深く関わっている篠原茂が、2007年にフジテレビ721で放映された『ピープロ魂』の中で「誰が言い出したのかまでは覚えていませんが、確かフジテレビとの企画会議の際に現代劇では魅力がないという意見が多く出て、舞台設定を時代劇にして、このライオンの顔をしたヒーローを主人公にしたらどうだろうという話になったんだと記憶しています」と証言している。関連書籍『スペクトルマン VS ライオン丸』によれば時代劇という案を出したのは当時のフジテレビ編成局長で、『スペクトルマン』の企画を後押しした武田信敬(のちに日本テレワークの初代社長となる)だったとされている。『超人画報』でも、時代劇となったのは局側の意見とし、他作品との差別化が意図されていたと記述している。

ピープロダクションが「►スペクトルマン」の成功を受けて、それまでとは違った独自の企画を考案し、「時代劇の変身ヒーローもの」という新たな分野で挑んだのが本作、快傑ライオン丸。
シリアスなドラマ路線だった前作「スペクトルマン」とは打って変わり、痛快明朗な時代劇アクションとして作られていましたが、中盤以降シリアスなドラマにも磨きがかかり、後半はドラマチックな展開の作品に仕上がっています。
ちなみに、「►快傑ズバット」と同様、よく間違えられますが、「怪傑」ではなく「快傑」ですからね。

■あらすじ

時は戦国時代。
ヒマラヤ山中で邪悪な妖術を身につけた1人の男が「大魔王ゴースン」を名乗り、戦乱の日本征服を目指して乗り込んでくる。

lionmaru-gosun.png

彼は自分と同じようにチベットで修行し、妖術を身につけている偉大な忍者「果心居士」の存在を危険視して、手下のオロチを人間に化けさせて刺客として送り込んだ。

lionmaru-orochi.jpg

その頃、飛騨山中に住む「果心居士」は、自らが育てた「獅子丸」、「沙織」、「小助」の教え子3人に形見分けをしていた。

lionmaru-kashinkoji.jpg

lionmaru-3nin.jpeg

lionmaru-scene1.jpg

獅子丸には居士がチベットでの師匠から受け継いだ「金砂地の太刀」、沙織には「男に負けない力」を発揮する小太刀、小助には自分の魂の化身となる天馬「ヒカリ丸」を呼ぶだった。
そして3人の弟子にゴースン打倒を命じた居士は、自らが予期した通り、オロチによって命を落とす。

獅子丸は太刀の力を用いた「忍法獅子変化」で、白いたてがみをなびかせた獅子面の剣士「ライオン丸」に変身してオロチを倒す。

lionmaru-lionmaru.jpg

そして3人は居士の遺志を受け継ぎ、ゴースンの送り込む暗黒魔人達を倒すため諸国を行脚して戦う。

lionmaru-scene2.jpg


はい、それでは、オープニング、エンディング、行ってみましょう。

ライオン丸 OP


ライオン丸 ED


どちらも、和風な感じ(尺八の音色とか)もありながら、ノリの良いメロディが素晴らしいですね。
ちゃんと、「時代劇風」な雰囲気と、「変身ヒーローもの」の雰囲気が感じられる曲だと思います。
ちなみに、どちらの曲も、「子門真人」によるカバーバージョンも存在します。
「子門真人」が歌うと一気に「仮面ライダー風」になりそうだけど(^^;


さて、ライオン丸。
時代劇と変身ヒーローの融合、という新しいドラマなわけですが、その反響は大きく、当時の子供達には、仮面ライダーと同じように変身シーンを真似ることが流行ったようですね。
また、当時、プロ野球「大洋ホエールズ」に所属していた「ジョン・シピン」を始め、長髪の若者が「ライオン丸」と呼ばれるほど、この「ライオン丸」の名は全国的な認知度を獲得していました。

「ライオン丸」の愛称で親しまれたジョン・シピン
lionmaru-sipin.png

確かに、子供だった頃、奇抜な髪型してる「お兄さん」達に、「ライオン丸みたいな髪型してー」とか、おっさん、おばさんが言ってたわ(^^;
まあ、この場合は、ほめ言葉ではなくて「不良」とか「ツッパリw」とか、ネガティブなイメージなんですけど・・・

このように世間一般に認知されたライオン丸ですが、人気があったのは、主役のライオン丸だけではありません。
ライバルである「虎 錠之介」と、その変身した姿「タイガージョー」の存在もストーリーを盛り上げました。

lionmaru-tora.png

lionmaru-tiger.png

タイガージョーは、第27話で登場し、第30話でいったん出番を終えます。
しかし、あまりにも人気が出た為、第36話で再登場し、以降、レギュラーキャラとなりました。

ライオン丸 vs タイガージョー(第2回)
※第1回目の対決動画が削除されていたので、第2回に差し替えました



変身ヒーロー物では、よく敵でありながら、人気を博す格好良いキャラが登場しますが、タイガージョーは、まさに、こういった「アンチヒーロー」キャラの先駆けとも言えます。
ちなみに、タイガージョーのアイデアは、「ライオンのライバルなら虎だろw」的な超安易な発想から生まれたみたいです(^^;
まあ、当初は、物語中盤の数話だけ登場する予定だった事を考慮すると、それも納得できますね。

ちなみに、タイガージョー(虎 錠之介)を演じていた「戸野広 浩司」さんは、シリーズ中に事故死しています。
(撮影中ではなく、ロケ先の宿舎で事故に合われています)
まだ、25歳という若さでした。
2代目タイガージョーは、「福島 資剛」さんが演じています(第42~54話)。

はい。
それから、人気キャラと言えば、もう1人。
紅一点、「沙織」嬢を外すことは出来ないでしょう。

lionmaru-saori.jpg

そして、特撮に出演する女性キャラが必ず通る道、そう、それが「パンチラ」。

lionmaru-panchira1.jpg

lionmaru-panchira2.jpg

ひゃっほーい。

見える!見えるぞっ!!

と言うか、敢えて見せてるんですけどね。
製作者の「うしおそうじ」によれば、コスチュームは、真っ先に沙織のデザインを決めたらしいですし、ミニスカート風衣装にして「パンチラで大人受けを狙った」とも語っているくらいですから。

ライオン丸 沙織ピンチ


ちなみに、沙織を演じているのは「九条亜希子」さん。
九条さんは、このドラマがきっかけで、獅子丸役の「潮 哲也(うしお てつや)」さんとご結婚されました。
悲惨な事故もありましたから、これは良かったですね。

それから、本作終了の翌週からは、「風雲ライオン丸」という番組が放送されています。
【☞風雲ライオン丸

huun-lionmaru.jpg

『風雲ライオン丸』(ふううんライオンまる)は、1973年(昭和48年)4月14日から同年9月29日までフジテレビ系列で、毎週土曜日19:00 - 19:30に全25話が放送された、ピー・プロダクション制作の特撮テレビ番組。『快傑ライオン丸』の後番組。

前作『快傑ライオン丸』の好評を受けて制作された作品。主人公である獅子丸役には、前作でも主人公を演じた潮哲也がキャスティングされた。主人公役の役者が後番組にも主人公として登板する変身ヒーロードラマが稀であると同時に、本作の場合は同じ名前の別人となっている。
また、第11話からはライバル役のタイガージョーJr.に福島資剛が起用され、主役・ライバルともに前作と同じ役者だがキャラクターは別人、という異例な作品となった。前作との関連は特に語られていないが、第9話に快傑ライオン丸の登場シーンがある。

主人公やライバルの名前、キャラクターは前作と同様でありながら、物語としては関係がない別人という珍しい設定です。
また、「時代劇」スタイルだった前作とは違い、各所に独自性が盛り込まれ、「西部劇」を意識した作品になっているようです。


風雲ライオン丸 OP



風雲ライオン丸 ED


■追記
※情報どうもありがとうございます

なんと、快傑ライオン丸は、2006年にリメイクされていました。

lionmarug.jpg

『ライオン丸G』(ライオンまるジー)は、2006年10月1日から同年12月24日までテレビ東京系列局で放送されていた特撮テレビドラマ。全13話。

ライオン丸G OP


オープニングも『快傑ライオン丸』をリメイクしたものになっていますね。
また、主要登場人物の名前もそのまま使われており、タイガージョーなども登場します。
しかし、ストーリーは、西暦2011年の「ネオ歌舞伎町」が舞台の現代(近未来)劇になっているようです。

主人公の職業は、「ホスト」(^^;
そして、ヒロインは、「キャバクラ嬢」みたいですw
どうやら、深夜番組だったので、下ネタも含む、より大人向けの番組だったようですね。

何か面白そう(^^)

はい。
と、言う事で、快傑ライオン丸。
時代劇に変身ヒーローを登場させた斬新な作品。
戦国時代が舞台でありながら、怪人との戦いが繰り広げられるファンタジックな世界観、そして、豪快なチャンバラ・アクションがとてもうまく組み合わさった作品です。
映像ソフトは、2002年に放送30周年を記念して、DVD-BOX(全2巻)が発売されています。
また、2008年には、全話収録のDVD-BOX(CUSTOM COMPOSIT BOX)が発売された他、「時代劇専門チャンネル」では、再放送も行われたようです。

lionmaru-dvd.jpg

また、再放送される日が来ると良いですね。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております
【快傑ライオン丸】
時代劇+変身ヒーロー、斬新なアイデアで人気を博した特撮ドラマ
関連記事

おすすめ記事

コメント

658

途中から短パンみたいな衣装になってパンツ見えなくなったんじゃなかったっけ。
それにしても、何十年経ってもパンちラが話題になるんだから凄いよね(笑)

2015/11/27 (Fri) 22:21 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
660

ライオン丸の撮影の時に獅子丸役の潮さんが怪我して歩けなくなり
それでも車椅子でアクションをこなし撮影したらしい
まさに役者根性だな
確かにそれじゃ奥様の亜希子さんも惚れるわな(笑)

2015/11/28 (Sat) 04:27 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
664

こんな特撮番組を今のピープロに制作する余裕は無いのだろうな

2015/11/28 (Sat) 09:51 | 名無しのアニ特さん #StcmbDTo | URL | 編集
1482

とりあえず、怪傑の流れを汲む「ライオン丸G」もよろしく。

おっさんからすると、主人公獅子丸(源氏名)にイラッとするけど
そこそこ面白い。

OPだけでも管理人さんに観てもらいたいな。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm84236

2016/04/16 (Sat) 19:18 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1486

※1482

ライオン丸、リメイクされていたんですね。
情報どうもありがとうございますm(__)m
記事にも追記させて頂きました。

2016/04/17 (Sun) 18:31 | 管理人 #- | URL | 編集
1487

掲載ありがとうございます。
(ザボーガーのお笑いCM以来ですwww)

私も先日見終わったところなのですが、全13話では尺が収まっていない感があり
ヒーロー感が希薄な上最終回付近も駆け足過ぎて、不完全燃焼感が著しいです。

おっさんホイホイ的な色のリメイクなので、スピード感が増してカッコイイOP以外は
万人にはお薦めできませんwww

2016/04/17 (Sun) 20:16 | おっさん(48) #- | URL | 編集
1869

ドラえもんの作中にライオン仮面だかお獅子仮面だかが出てきたけど
アレ、ちゃんと元ネタあったんだな

2016/06/29 (Wed) 13:42 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する