HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【スペクトルマン】チープな特撮とトラウマになりそうなシリアスなストーリーが魅力




【☞スペクトルマン

『スペクトルマン』は、1971年(昭和46年)1月2日から1972年(昭和47年)3月25日にかけてフジテレビで土曜日19:00-19:30に全63話が放送された、ピー・プロダクションが企画、制作した特撮ヒーロー番組の題名。およびその番組に登場するヒーローの名称。

番組開始当初の題名は悪役を冠にした『宇宙猿人ゴリ』であったが、その後『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』を経て、最終的に『スペクトルマン』へと改題された。第二次怪獣ブーム(または「変身ブーム」)の先駆けでもある。

■あらすじ
惑星Eから追放された悪の天才科学者・宇宙猿人ゴリは地球に到達した。美しい地球に魅せられるゴリだったが、公害による地球汚染を見て憤激、自分が人間にとって代わって地球の支配者になろうと考える。彼は公害などを利用して次々と侵略怪獣を送り出すが、ネビュラ71遊星の指令で地球に派遣されたエージェント、スペクトルマンがその前に立ちはだかる。

「►ウルトラセブン」の終了後、約2年ぶりの怪獣と戦うヒーローの番組となった本作、スペクトルマン。
「►帰ってきたウルトラマン(TBS、1971年4月放送開始)」の企画を知ったフジテレビ側が、これに先んじて新年早々からの放映開始を目指して製作されました。
裏番組は、「►巨人の星」、また、ウルトラシリーズなどに比べ格段に少ない予算のため、光学合成などできない制作環境など、厳しい状況にも関わらず、人気シリーズとなり、第15話で「巨人の星」の視聴率を追い抜き、放送も延長され、最終的に全63話の作品となりました。

また、「少年チャンピオン」や「冒険王」といった漫画雑誌においても、「一峰大二」作画による漫画が連載されました。

spectolman-manga.jpg

spectolman-manga2.jpg


スペクトルマンは、母星(ネビュラ71遊星)からの指令により常にその行動を管理されていて、その指令がないとスペクトルマンに変身できません。
地球防衛のためとはいえ非情な命令を下されて苦悩したり、さらに無敵のヒーローではなく強敵怪獣に圧倒されて敗北することも少なくないなど、独自の作品世界を決定付ける新機軸が盛り込まれていまず。

spectolman-1.jpg

チープな特撮や、垢抜けないヒーローのマスク、コスチュームデザイン等、どこか荒さを感じますが、子供向けとは言え、シリアスなストーリー展開や、メッセージ性のあるシナリオが評価される作品です。


ところで、スペクトルマンは、放送開始時点では、「宇宙猿人ゴリ」というタイトルで、悪役が主役、正義のヒーローが脇役という逆転の演出となっていました。
また、放送当時社会問題となっていた「公害」がストーリーに盛り込まれ、怪獣も公害を意識したものが登場します。

■宇宙猿人ゴリ(第1話~第20話)
spectolman-title-gori.jpg

■ゴリ
spectolman-gori.jpeg

悪の天才科学者。

■ラー
spectolman-lar.jpeg

ゴリの忠臣・・・こっちの方が「ゴリ」って感じだろw
二人で「ゴリ・ラー」って(^^;

しかし、公害問題を題材にすることへのテレビ局側からのクレームや、「悪玉が主人公なのは、おかしい」と言った意見により、「宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン」というタイトルへの変更を余儀なくされます。
そして、公害問題から離れ、パワー重視の純粋な怪獣を登場させ、正統派の怪獣バトル路線を目指していくこととなりました。

■宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン(第21話から第39話)
spectolman-title-2.jpg

そして、第40話からは、「スペクトルマン」をタイトルに据え、怪獣よりもゴリと手を組んだ悪の宇宙人との戦いがメインとなり、当時人気であった「►仮面ライダー」を意識した等身大での戦闘シーンが増えました。

■スペクトルマン(第40話~第63話)
spectolman-title-3.jpg


はい、それでは、オープニング、エンディング、行ってみましょう。
曲は、それぞれ2曲ずつあります。
まずは、1曲目のオープニング「スペクトルマン・ゴーゴー」(第1話 - 第39話)から。
映像の変更や、タイトル変更などを含めると3つのバージョンが存在します。

スペクトルマン OP - 1 ver.1
■「宇宙猿人ゴリ」前期バージョン


スペクトルマン OP - 1 ver.2
■「宇宙猿人ゴリ」後期バージョン


スペクトルマン OP - 1 ver.3
■「宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン」バージョン



はい、続いて、1曲目のエンディング。
宇宙猿人ゴリなのだ」(第1話~第35話・第63話)

スペクトルマン ED - 1


スペクトルマン ED - 1 Full



続いて、2曲目のオープニング。
スペクトルマン・マーチ」(第40話 - 第63話)

スペクトルマン OP - 2



そして、2曲目のエンディング。
ネビュラの星」(第36話~第62話)

スペクトルマン ED - 2



さて、スペクトルマンは、子供向けとは言え、トラウマになりそうなハードな内容も多いのですが、中でも第59話(前編)と第60話(後編)は、よく話題になるエピソードです。
驚異的な予知能力を持つ少年・ジュンと主人公・譲二の交流を描く回で、ゴリ配下の宇宙人が特殊な薬品で死人を蘇生させて、凶悪な殺人鬼に変えてしまうのですが、それらが街中で次々と人を殺していきます(^^;
また、失明して戦えないスペクトルマンを助けるべく超能力を使い果たした少年が死んでしまう、というショッキングな展開でした。

spectolman-ep60.jpg

このエピソードは、後に「►イナズマン」の第18話でリメイクされています(ただし「イナズマン」では少年は助かる)。
ちなみに、この話に登場する少年・ジュンを演じたのは、この1か月後に、「►海のトリトン」で声優デビューする「塩屋 翼」ですΣ(゚Д゚)
「►ガッチャマン」の「燕(つばくろ)の甚平」の声の人ですね。


はい、と言うことで、スペクトルマン。
予算が少ない上に裏番組は「巨人の星」、更に数ヵ月後には「帰ってきたウルトラマン」が放送開始されるなど、逆境にありながらも人気を博した作品です。
また、度重なるタイトルの変更や、インパクトのあるシナリオなど、妙に印象に残る作品です。
映像ソフトは、2002年3月にスペクトルマンの頭部型ケースの全話収録DVD-BOXが発売されました。

spectolman-dvd1.jpg
spectolman-dvd2.jpg

また、2007年にも、廉価版DVD-BOXが発売されています。

興味のある方は、ぜひ。

■追記
※情報ありがとうございます

スペクトルマンの企画段階(パイロット版)の映像も残ってるようですね。
DVDとかには、特典として入っているものもあるようです。

その映像の一部がこちら↓

【パイロット版】スペクトルマン



ええ~(´Д`;)

全然違うwww

spectorman-pilot.jpg

つか、怖ぇよ(^^;

何か、コレ↓思い出した。

spectorman-alian.jpg

たぶん、同年代の人達なら知ってるであろう、トラウマになった宇宙人の画像(笑)

ちなみに、企画段階での、このヒーローのタイトルは、「超人エレメントマン」だったみたいです。

いや、今のスペクトルマンも評価するほど格好良いわけではないですが・・・
少なくとも、コレにならなくて良かったなぁって思いました(^^;

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております
【スペクトルマン】
チープな特撮とトラウマになりそうなシリアスなストーリーが魅力
関連記事

おすすめ記事

コメント

652

スペクトルマンってサイボーグという設定なんだよね
子供の頃はその辺全く意識してなくてウルトラマン的な見方してたけど

2015/11/26 (Thu) 13:39 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
657

帰ってきたウルトラマンも見てたけど
スペクトルマンの方が面白くて好きだったな
怪獣も独特で大好きだった

2015/11/27 (Fri) 19:32 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
665

ゴリ、ラーってwwwこれ何て猿の惑星?

2015/11/28 (Sat) 11:28 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
725

「アルジャーノンに花束を」をモチーフにしたエピソードが自分はトラウマ。
天才になった少年が徐々に怪物化していき、その天才を維持するために
脳標本をむさぼり食うさまが子供心に恐怖を植え付けるに十分だった。

2015/12/10 (Thu) 09:09 | 名無しさん@ニュース2ch #- | URL | 編集
929

スペクトルマンのパイロットフィルムです。
ピープロって結構パイロット版がたくさん出てくるんですよね。

https://www.youtube.com/watch?v=SNHisX7aiGY

それにしてもデザインが違い過ぎるw

2016/01/18 (Mon) 21:04 | いつもの情報屋さん #SFo5/nok | URL | 編集
936

※929

情報ありがとうございました。
記事に追記させて頂きました。

2016/01/19 (Tue) 18:34 | 管理人 #- | URL | 編集
4205

>929
パイロット版のスペクトルマンは、オープニングで一瞬だけど出てきます。
これはパイロットフィルムの一部をオープニングに流用したためです。
スペクトルマンは団次郎さんが演じる予定があったらしいですよ。

それにしてもピープロ作品って、何か全てに「意あって力及ばず」みたいなところがありましたね~。
従来の特撮番組にないテーマや、変化球的なストーリーは興味津々だったのに、ただそれだけになってしまっていて、テーマの重さが後々まで何かを感じさせるとか、カタルシスを感じるとか、そーゆーのに欠けていて、ただ「やってみた」的な稚拙さが否めませんでした。
それが魅力と言えば言えたかもしれないけど、一部の作品を除いて、成功したとは言い難いと思います。

2017/02/14 (Tue) 00:24 | 岬寿司 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する