HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【赤影】忍者モノと言えばコレ、アニメにも映画にもなった人気のキャラクター




【☞仮面の忍者 赤影

『仮面の忍者 赤影』(かめんのにんじゃ あかかげ)は、横山光輝作の忍者漫画、およびそれを映像化した特撮テレビ番組、テレビアニメ作品、劇場映画。それらに登場する主人公の名前でもある。

出ました、赤影。
原作は、「週刊少年サンデー」にて連載された「横山光輝」の「飛騨の赤影」。

akakage-manga.png

東映京都と関西テレビによって特撮テレビドラマ「仮面の忍者 赤影」として実写化されました。
(これに合わせ、原作漫画の「飛騨の赤影」のタイトルも、「仮面の忍者 赤影」に改められている)

テレビで見たことは無くても、このキャラクターを知ってる方は多いんじゃないですかね?

akakage-3nin.jpg

首に巻いたスカーフの色から分かる通り、左のおっさんが「白影」、真ん中の子供が「青影」、右が主役の「赤影」ですね。

私もかなり幼い頃に見た記憶があるだけですが、赤影のぴっちり七三に分けた独特の髪型や、マスクを付けていても分かる整った顔立ちは、特に印象に残っています。

akakage-face.jpg

赤影を演じていたのは、「坂口祐三郎」。
この他に、「坂口 徹郎」、「坂口 徹」など、いくつかの芸名で活動していたようですね。
と、言うのも、「赤影」が人気がありすぎたせいで、赤影のイメージが定着してしまい、その後は活躍の機会が減ってしまった、と。
そこで、芸名を変えて活躍の場を求めていたという、何とも皮肉な芸能人生を送られています。
坂口さんは、2003年に61歳という、現代では比較的若くしてご逝去されています。

ちなみに、こちらが若かりし頃の坂口祐三郎。

akakage-sakaguchi.jpg

ああ、こりゃ本当にイケメンだね(^^;

ついでなので、白影、青影も紹介しておきましょう。

akakage-shirokage.jpg

白影を演じていたのは、「牧 冬吉」。
当時、白影はかなり年のいったおじさんだと思ってたし、そのイメージがずっと記憶にありましたが、実は、当時、牧さんは、まだ37歳だったみたいです(^^;

マジかーwww

たしかに、画像を見ると、顔に皺がないし、肌もツヤツヤしてますね。
樹木希林」が若い頃からおばあさん役やってたようなもんか。

それから、青影。

akakage-aokage.jpg

「だいじょ~ぶ!」www

青影を演じていたのは、「金子吉延」。
当時は、13歳。
で、今年、還暦を迎えられたみたいです(^^;
今、60歳かよ・・・

金子さんは、23歳で本業としての俳優は引退したみたいですね。
その後は、会社経営したり、企画物のビデオには出たりしてるようですよ。

いやー、人生いろいろだ。

と、大事なことを忘れてた。
赤影の主題歌、行ってみましょう。
■仮面の忍者 赤影(特撮)

放送期間:1967年4月5日 - 1968年3月27日(全52話)
放送時間で毎週水曜日19:00 - 19:30 関西テレビ及びフジテレビ系列

原作は正統派の忍者漫画だが、テレビ特撮版は怪獣、UFOなど何でもありの世界観で人気を博した。

赤影 主題歌



♪手裏剣 シュッ シュッ シュッ シュッシュッ!♪

ヤバイ、凄く聞き覚えがあるw
昭和の香りが漂う主題歌、味がありますね。


さて、特撮のイメージが強い「仮面の忍者 赤影」ですが、実は、1987年にはアニメも製作されています。
■仮面の忍者 赤影(アニメ)

放送期間:1987年10月13日から1988年3月22日(全22話+1話未放送)
東映動画(現:東映アニメーション)制作、日本テレビ系列

この放映に合わせて週刊少年チャンピオンにて、横山によって新作漫画『新・仮面の忍者赤影』が連載された。

特撮版を全話手がけた伊上勝の息子である井上敏樹が脚本に加わっており、親子二代で同シリーズに携わることとなった。

いやー、このアニメ、全然、記憶に無いですねー。
1987年、昭和最後の年ですね。
ちなみに、こちらが、アニメ放送と平行して連載が開始された「新・仮面の忍者 赤影」の原作漫画です。

akakage-manga-new.jpg

この頃に「赤影」って、どうなんでしょう。
ちょっと時代的に古臭さがあるような気がしますが・・・。

それでは、オープニング、エンディングをどうぞ。

赤影(アニメ) OP



オープニング、結構、格好良いじゃねーか!
「手裏剣 シュシュシュ」とか、特撮のオマージュっぽい歌詞もあるし。
と、言うか、アニメの作画自体が、原作の漫画より60年代の特撮を意識したようなキャラクターになっているように思います。

それから、エンディング。

赤影(アニメ) ED



おいおい、こっちも良い曲じゃねーかー(^^;
好きなノリの曲です。

はい。
それから、赤影は、2001年に映画にもなっているんですねー。
タイトルは、「RED SHADOW 赤影」。
これは、すっかり忘れていたよ。
RED SHADOW 赤影

akakage-movie-2001.jpg

『RED SHADOW 赤影』(レッドシャドー あかかげ)は、2001年製作の日本映画。

本作品は、制作配給元の東映創立50周年記念作品として制作された。

横山光輝の人気忍者漫画である『仮面の忍者 赤影』を原作としているが、原作における赤影のトレードマークであった「仮面」を廃するなど大胆なアレンジが施され、特殊効果を駆使した現代風アクション時代劇となっている。

またタイアップ企画として、漫画版が加倉井ミサイル執筆で月刊エースネクストにて連載された。

RED SHADOW 赤影 予告編1


RED SHADOW 赤影 予告編2



確かにありましたね、赤影の映画。
赤影役は、当時、一世を風靡した!?イケメン俳優「安藤 政信」。

akakage-movie-ando.png

それから、どれくらい重要な役なのかわかりませんが、「布袋寅泰」も出演してますね。

akakage-movie-hotei.jpg

こちらは、原作漫画とも特撮版とも、ほとんど関連のないオリジナルな内容みたいなので、赤影のイメージを抜きに「忍者映画」として楽しめる(かも)しれませんね。


はい。
と、言う事で、赤影。
特撮版の映像ソフト化は、度々行われていますが、今年(2015年)3月と5月にBlu-ray BOX(1巻、2巻)が発売されています。

akakage-dvd.jpg

また、Youtubeの「東映特撮 YouTube Official」においては、2015年9月1日よりネット配信が開始されています。

■東映特撮 YouTube Official
仮面の忍者 赤影

興味のある方は、この機会にぜひ。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントして下さいね

【赤影】
忍者モノと言えばコレ、アニメにも映画にもなった人気のキャラクター
関連記事

おすすめ記事

コメント

620

アニメ見てたわ
逆に特撮があることを知らずに後から存在を知ったよ

2015/11/18 (Wed) 20:27 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
622

自分も白影はおじさん、というか、おじいさんだったと記憶してた
こんなに若かったんだなあ
当時の白影より年取ってしまったとは・・・

2015/11/18 (Wed) 23:02 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
623

赤影参上!の登場セリフがカッコイイ!BGMが合う登場でした。
夏休みこども劇場の再放送で良く見てたなぁ。
けっこう大胆な特撮で、子供特有の想像力補正が加わってかなり面白かった。

2015/11/19 (Thu) 10:28 | 通りすがり #- | URL | 編集
629

子供の頃は何故か夏休みになると赤影の再放送してたな
途中怪獣なんかも出てきたからいつ赤影が変身して巨大化するのかワクワクしてだけど、そんな事はなかったな…
ナルトは赤影をオーマジュだな

2015/11/21 (Sat) 01:16 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する