HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【ゴーディアン】マトリョーシカ方式の斬新なアイデアで後のロボットにも影響を与えたアニメ




【☞闘士ゴーディアン

『闘士ゴーディアン』(とうしゴーディアン)は、タツノコプロ・読売広告社が制作し、1979年10月7日から1981年2月22日まで、東京12チャンネル系列で放送されたロボットアニメ。全73話。西部劇調の雰囲気が特徴。再放送時にはオープニングが変更され、『分身合体 闘士ゴーディアン』と改題された。

キー局での放送時間は第26話までは毎週日曜日 10:00 - 10:30、第27話以降は毎週日曜日 7:30 - 8:00。

■あらすじ
彗星ソコネス、惑星ウカペ、惑星スカルプの異常接近により起きた「ビッグカタストロフ」は、地球に天変地異をもたらし、全ての文明を破壊した。復興を始めた人々は各地に都市(タウン)を創り、そのタウンごとに暮らすことを余儀なくされる。その混乱に乗じて、謎のドグマ大帝統率いる秘密結社「マドクター軍団」は各タウンへの侵略を開始した。アメリカ西部のヴィクトールタウンを守る、メカニカル・コンバット部隊(メカコン)第18連隊に加入した「ダイゴ」は父の遺したゴーディアンを駆使して、マドクター軍団と戦う。

ロシアの民芸品マトリョーシカみたいな特殊な合体をするロボットアニメ、ゴーディアン。
敢えてマトリョーシカを説明すると、大きな人形の中に、一回り小さい人形が入っていて、その人形の中には、更に一回り小さい人形が・・・

godian-matryosika.jpg

ってな感じで、入れ子状態になってる人形ですね。
これと、ほぼ同じ概念で、「人間」→「小型ロボ」→「中型ロボ」→「大型ロボ」と、段々と大きくなっていく、斬新な設定のロボットがゴーディアンです。

godian-toy.jpg

なので、ロボットに乗って操縦、合体する、と言うよりは、「着る」と言った方がしっくり着ますね、いや、来ますね。
作中では、この合体に、「分身合体」という言葉を使っています。

この画期的な設定自体は、印象に残っている人が多いかも知れませんが、「ゴーディアン」という作品としては、ややマイナーなロボットアニメではないでしょうか。
しかし、タツノコプロ製作のアニメとしては、「►ヤッターマン」と並ぶ長寿番組であり、約1年半、全72話が放送されています。
また、小型ロボが大型ロボに格納されるという設定は、「►ゴッドマーズ」、「マシンロボ」、「忍者戦士飛影」、「フラッシュマン」、「勇者エクスカイザー」、「ヴァンドレッド」など、数々のアニメ・特撮ロボットに受け継がれており、本作はそのエポック的存在でもあります。

それでは、オープニング、エンディング、行ってみましょう。


ゴーディアン OP



オープニングのイントロが格好良いですよね。
曲調は、ロボットアニメとしては地味な感じがしますが、サビの部分はテンポが良くて好きです。
映像も、足で踏みつけたり、蹴散らす様子がロボットの大きさ、力強さを強調してて印象に残ります。
それから、主人公・ダイゴの横に付き添う犬、クリント

godian-crint.jpg

godian-crint-toy.jpg
godian-crint-toy2.jpg


あっ、クリントは、ヒョウのロボットだったw
この映像、同じタツノコプロ製作のキャシャーンを連想させますね。

godian-cashern.jpg

ちなみに、オープニングは、再放送時には映像が差し替えられているようです。
こちらが、再放送時のオープニング。

ゴーディアン OP 2



本放送時より、ロボットの動きが素早く派手になってますね(^^;
ロボットアニメの王道的な敵を軽快に駆逐していく映像になってます。
こちらのオープニングの方が、ゴーディアンの特徴(人間がロボットを着ているイメージ)を表してる気がして好きです。

はい、続いて、エンディング。

ゴーディアン ED



結構、ロボットアニメのエンディングってバラード調のものが多いんですが、これは、オープニング以上にノリが良いですね。
短いですが、好きです。

さて、ゴーディアン。
小型→中型→大型、と3段階に大きくなっていくわけですが、それぞれのロボットを紹介しておきましょう。
まず、主人公・ダイゴが乗り込む小型ロボット、プロテッサー

■プロテッサー
godian-protesser.jpg

身長2.5m、カラーリングは青・赤・白がベース。
形式としてはパワードスーツに近い。
小柄な機体を利用して敵を翻弄したり、ダイゴの特技であるアメフトを活かし、タックルなどの体当たり攻撃を得意とする。

godian-protesser-toy1.jpg
godian-protesser-toy2.jpg

アメフトのプロテクターをイメージさせるデザイン。
これ見て、「►ダイアポロン」を思い出しました(^^;

godian-daiapron.jpg


続いて、中型のデリンガー

■デリンガー
godian-delinger.jpg

身長5m、赤・白ベース。
主に格闘戦にすぐれ、起死回生に転じての攻撃や武器を利用した攻撃を仕掛ける。
他の2体に比べると使用頻度はやや少ないが、活躍する場面は多い。

godian-delinger-toy1.jpg
godian-delinger-toy2.jpg


そして、最大ロボ、ガービン

■ガービン
godian-garbin.jpg

身長15m、青・白ベース。
その巨体を利用し、小型の敵を踏み潰したり、大型の敵と格闘する。
一番外側の機体であるため、防御力は桁外れに高い。

godian-garbin-toy1.jpg
godian-garbin-toy2.jpg


しかし、玩具も上手く再現してますねー。
画像は、当時、発売されいた超合金ではないですが、当時の超合金も売れ行きは好調だったようです。
特に、本放送のゴーディアンは、日曜日の朝に放送されていたことから、視聴率は悪かったにも関わらず、です。

当時の超合金
godian-chogokin.jpg

ポピー(現・バンダイ)が発売した超合金は、作中の分身合体を見事に再現しており、また、合体状態でも腕・脚の関節を無理なく動かす事が出来るなど完成度の高さから評判になりました。


はい、と言うことで、ゴーディアン。
その斬新なアイデアで、後のアニメ、特撮ロボに影響を与えたパイオニア。
残念ながら放送時間等の影響もあり、視聴率は高くなかったようですが、それでも、1年半に渡る長期放送を達成していますし、商業的にも成功したと言えるでしょう。
映像ソフトは、DVD-BOX(全3巻)が発売されています。

godian-dvd.png

もっとメジャーになれたら良いですね(^^;

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております。

【ゴーディアン】
マトリョーシカ方式の斬新なアイデアで後のロボットにも影響を与えたアニメ
関連記事

おすすめ記事

コメント

616

ゴーディアンだったか
確かにロボットinロボットのアニメは記憶にあったけど、タイトルは覚えてなかったw

2015/11/17 (Tue) 21:06 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
621

オープニング、今見たら笑えるね
躍動感ゼロで淡々と敵メカを踏み潰していくガービンwww

2015/11/18 (Wed) 20:38 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1096

作画も演出も最低レベルで、色塗りミスやら撮影ミスが日常茶飯事の酷いアニメでした。
なにしろ、直前のシーンまで車の右座席に乗っていた人物が、知らぬ間に左座席に乗っている
なんてザラで大いに呆れたものです。
マドクターの平隊員は、メカの上で焚き火してるし。

後半にやっと持ち直したけれど、もうこの頃からタツノコプロの抜け殻化は進行していたんですな。

2016/02/14 (Sun) 23:26 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する