HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【ジャンボーグA】乗り物が変身、操縦者とシンクロ、新しい巨大化ヒーロー像を創出




【☞ジャンボーグA

『ジャンボーグA』(ジャンボーグエース)は、1973年(昭和48年)1月17日から同年12月29日まで、NET系の水曜日19時30分 - 20時00分(10月6日からは、土曜日19時00分 - 19時30分)枠で放送された毎日放送、円谷プロダクション制作の特撮テレビ番組。全50話。また、劇中に登場した、宇宙サイボーグの名称でもある。

円谷プロ創立10周年記念番組として「単純明快なヒーローアクション」を目標に製作された経緯をもつ。また、タイでも放映され人気を博し、第48話と最終話を再編集した『ジャンボーグA&ジャイアント』というオリジナルの劇場映画も製作、上映された。

1969年に田口成光によって提出された企画書をもとに、1970年に小学館の学年誌(『小学一年生』など)に漫画『ジャンボーX』および『ジャンボーグA』として連載された(#漫画参照)。その後は、円谷プロによる『ゴッドマン』(東宝企画の同名作品とは別物)や『ザ・グレイトマンAD2000』などの企画を経て、毎日放送が放送枠を用意することで映像化に至った。

円谷プロ創立10周年記念番組として、「►ファイヤーマン」、「ウルトラマンタロウ」と共に製作された本作、ジャンボーグA。
見た目は、「►ウルトラマン」に似ていますが、主人公「立花ナオキ」の意思通りに動くロボット。
作中では、「サイボーグ」と呼ばれていますが、公式の説明では、「人間がロボットに搭乗するのを人間と機械が一つになる」と解釈することで、あえてサイボーグと明記している、とのこと。
ジャンボーグAの名前も「ジャンボ」+「サイボーグ」から取ったネーミングとなっています。

■あらすじ

地球から遥か15光年離れたグロース星から、「グロース星人」が巨大怪獣による地球侵略を開始した。
グロース星人に兄を殺された民間航空のパイロット「立花ナオキ」は、宇宙全体の平和を願う地球の兄弟星「エメラルド星人」から、地球を守るための巨大ロボット、「ジャンボーグA」を贈られる。

エメラルド星人
jumborg-a-emerald.jpg

ナオキは愛機の小型プロペラ機「ジャンセスナ」から変形するジャンボーグAを駆り、防衛戦で戦死した兄が隊長を務めていた地球パトロール隊「PAT」とともに、グロース星人と戦う。
第27話からは、軽自動車(ホンダ・Z)から変形する2号ロボ「ジャンボーグ9(ナイン)」も登場、ナオキがAと9を状況に応じて使い分けることとなった。

ちなみに、エメラルド星は、M78星雲の中にあって、ウルトラマン達と同盟関係にあるらしいです(^^;

それでは、主題歌に行ってみましょう。


ジャンボーグA 主題歌



いかにも特撮ヒーローって感じの勢いのある曲ですねー。
この歌声は、「子門真人」だね?

と、思ったら、歌っているのは、「谷あきら」?

はい、「谷あきら」は、「子門真人」の別名義です。
「子門真人」はこの他にも、「藤 浩一(ふじ こういち)」名義で活動しており、こちらは主にアニソン以外のシングル曲で使っていたようですね。


さて、ジャンボーグA。
あらすじにも書いている通り、ジャンボーグAは、セスナ機=「ジャンセスナ」が変形(変身)する巨大ロボット(サイボーグ)です。

jumborg-a-style.jpg

ジャンっ!ファイトっ!!
の掛け声で、ジャンボーグAに変身します。

ジャンボーグA 変身&戦闘シーン



ジャンボーグAは、こんな感じで↓

jumborg-a-fight.jpg

立花ナオキの動きにシンクロして、動くわけですが、
これは、当時の巨大化ヒーローでは、画期的、かつ斬新なアイデアですよね。

乗り物から変形したり、パイロットの動きにシンクロするという設定は、「トランスフォーマー」や「エヴァンゲリオン」を先取りしていたと言って良いかも(^^;

また、シリーズ後半からは、ジャンボーグAに加え、更に、軽自動車ホンダ・Z=「ジャンカー」から変形するジャンボーグ2号が登場します。
その名は、ジャンボーグ9。

jumborg-9.jpg

何か、キカイダーみたいな配色(^^;
Aよりは、「サイボーグ」っぽさが出ている気がしますが・・・
中で人が操縦してるロボットとは思えないですね。

ジャンボーグ9 変身&戦闘シーン



ちなみに、ジャンボーグ9は、こんな感じ↓で操縦します。

jumborg-9-fight.jpg


ハンドルwww

9は、空を飛ぶ事が出来ませんが、腕力と装甲はAを上回るため、Aでさえ手こずった敵怪獣にも対抗できる力を持っています。

jumborg-A9.jpg

全長は、A=40メートル、9=50メートルという設定です。
セスナより小さい軽自動車から変身するのに、Aよりデカイくてパワーがあるという矛盾(^^;


ところで、ジャンボーグAは、「►ミラーマン」の主要スタッフが制作を担当していました。
その為、第32話には「ミラーマン」に登場した防衛隊である「SGM」が戦闘機ジャンボフェニックスとともに登場します。

jumborg-a-phenix.jpg

jumborg-jumbophenix.jpg

更に、SGMの村上チーフが「PAT」の隊長に就任するなど「ミラーマン」の作品世界と繋がっている演出がされています。
また、「ミラーマン」で主演した「石田信之」も、第12、13話に「岸京一郎」役でゲスト出演したりしています。


はい、と言うことで、ジャンボーグA。
ウルトラマンと似たスタイルですが、乗り物から変身、操縦者がいる、という新しい巨大化ヒーローの姿を生み出した作品です。
また、ミラーマンと世界が繋がっていたり、エメラルド星人がウルトラマンと繋がっていたり、と、その設定においても、円谷プロのバックボーンが生きています。

あと、メインスポンサーであった「万創」がシリーズ途中の1973年6月19日に倒産。
本作の独占商品化権を持っていた為、放送局(毎日放送)や円谷プロに経済的な大きなダメージを与える、という悲惨な経験をした等、ネタに尽きない作品でもあります。

映像ソフトは、1987年以降、ビデオ(1987年)、LD(1990年)、DVD-BOX(2004年)と、たびたび発売されていますが、直近では、2015年5月に、単品版DVD(全10巻)も発売されました。

jumborg-a-dvd.jpg

興味のある方は、ぜひ。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております

【ジャンボーグA】
乗り物が変身、操縦者とシンクロ、新しい巨大化ヒーロー像を創出
関連記事

おすすめ記事

コメント

566

ジャンボーグA、あったねー懐かしい
ニセジャンボーグAの登場した回が印象に残ってる

2015/11/10 (Tue) 20:24 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
567

乗り物が変身巨大化するのが新鮮でしたね。
しかも変身前のセスナが自己所有では無く、主人公の勤める航空会社の所有物って
いう設定とか、地上勤務を命じられて飛べなくなったり、さらには会社の都合でセスナが
売られてしまったり、ってのが何とも面白い。
従来のヒーロー物では考えられないピンチが堪能できますね(笑)

2015/11/10 (Tue) 23:35 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
568

物語自体はあまり印象に残っていないんですが、PAT隊員は結構殉死したり異動が多かったですよね。
ウルトラシリーズでも隊員の降板自体はありましたが、本作ほどではないと思います。
終盤で大羽隊員が死んだことには驚きました。
こんな終盤で死なせなくても、と(^^;

2015/11/11 (Wed) 13:00 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
574

今でいうメディアミックス戦略だったのでしょうか、
確かにジャンボーXという漫画もありましたが名前しか覚えていません。
その後、内山まもるが小学館の雑誌に描いたジャンボーグAが印象に残っています。
友達の家で見ただけでしたが。読み切り漫画だったのでしょうかね?

管理人さんが実写版で紹介されたのと同じ操縦の仕組みで
小学生、立花ナオキ少年が動かしていました。
内山まもるはとても絵の上手い漫画家でしたので、
ジャンボーグAは実写版より漫画版のほうがカッコ良かったです。
実写版は眼が大きく頭も大きいですから、漫画みたい(笑)です。


管理人さんはエメラルド星とM78星雲の関係を書かれておいでですが、
ジャンボーグA、ミラーマンそして多分ファイヤーマンも、
「銀河連邦」という統一された世界の中にあり、
ウルトラマンと繋がるように考えられていたと聞いています。

結局、銀河連邦の設定は道半ばとなったみたいですが。
同時期のウルトラマンAの主題歌に、この銀河連邦の名が出てきます。

2015/11/13 (Fri) 00:13 | 名無しさん #aO7ArIDQ | URL | 編集
1108

>ジャンボーグAvs殺し屋超獣バラバ

何故これにw

2016/02/15 (Mon) 21:34 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1123

ウルトラマンAの主題歌の「ぎんがれんぽう」は、「銀河連邦」ではなく「銀河連峰」が正しいとの声もあります。
「銀河連峰 遥かに越えて 光と共にやって来る」

地底人ファイヤーマンは無関係だと思うが・・・

2016/02/18 (Thu) 23:45 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1203

操縦者がひとりだけなんで、Aと9二大ヒーロー揃いぶみが見れないのが残念!あとたしか
Aとナインのあいだにほかのジャンボーグがあるという設定があるんだとか

2016/02/29 (Mon) 19:27 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
2958

連動するのはいいけど、痛覚まで共有するなよ。
(攻撃を加えられると乗っている人間までダメージを与えられているように見えた描写があった)
と、子供心に思ったものです。
アレって、作劇上の都合以外に意味があるんですかねぇ?(小並感)

2016/10/22 (Sat) 18:53 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
3554

2958 あれはフィードバック系への衝撃が搭乗者に過大な電気信号の形で伝わっているのではないかと。

2016/12/18 (Sun) 18:04 | 小岩変電所 #- | URL | 編集
15322

パシフィックリムの関係者は日本の怪獣モノでやっていない事をやったつもりだったそうなので、もっと欧米にも知られてほしい

2019/05/20 (Mon) 11:58 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する