HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



トラウマ級の因果応報… 手塚治虫『火の鳥』“子ども心に怖すぎた教訓エピソード”



1:名無しさん:2024/03/26(火) 14:26:06.43 ID:bjenPAy39.net
トラウマ級の因果応報… 手塚治虫『火の鳥』“子ども心に怖すぎた教訓エピソード”

1954年、学童社『漫画少年』で連載がはじまった、“マンガの神様”と称される手塚治虫さんの代表作『火の鳥』。2024年の今年で連載開始から70周年を迎えるが、昭和から平成、令和になった今でも読み継がれる言わずと知れた名作だ。

本作は不死の鳥である“火の鳥”が、人類とかかわりながら地球の未来や過去を見続ける壮大なストーリーである。“人間の業”をテーマにした作品も多く、罪を犯した人間がその後どのように生きていくかも興味深い。しかし『火の鳥』で描かれる罪人たちに課せられた罪はあまりにも重く、子どものころに読んでショックを受けた人も少なくないはずだ。

今回はそんな『火の鳥』に登場する、怖すぎた教訓エピソードをいくつか紹介したい。

■尼を殺して一件落着のはずが…永久に続く無限ループが恐ろしい『異形編』

残虐非道な父を倒すために行動した結果、恐ろしい無限ループに陥る物語がある。それが1981年『マンガ少年』に掲載された『火の鳥 異形編』である。

領主の娘である左近介は、父から男として生きることを暴力的支配で強制され、武士として育てられてきた。そんな父がやっと病に倒れるも、八百比丘尼という800年を生きる不思議な尼の治療により回復しそうになってしまう。女として生きたい左近介は父を亡き者にすべく、八百比丘尼を斬り殺した。しかしなぜかその尼寺から出ることができず、時が過去に遡っていることを知る。

そのうち寺には怪我や病気で苦しむ者たちが来て、助けを求めるようになった。左近介は尼に変装して火の鳥の羽を使い、苦しむ人々や妖怪たちまでも助け続け、時が過ぎる。

ある日、領内の百姓の情報により、自分が世の中に誕生したことを知る。それにより左近介は、以前殺害した八百比丘尼は自分自身のことであり、これから先は今、誕生した自分により殺される運命を知るのであった…。

人を殺したことにより、あまりにも過酷な運命を背負った左近介。しかも火の鳥のお告げによると、その無限ループは永遠に続くという。残虐非道な父を葬るための行動だったのに、その罪はあまりにも重くないか?とも思ってしまう。ただしどのような人でさえ、人は人を殺してはいけないという教訓なのだろう。

最後は左近介自身が罪を認め、穏やかな顔で斬られているのが印象的だ。なにより左近介に生涯をかけて尽くした家来の可平だけは、何とか現世に戻れたのが唯一の救いである。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/092e3940a7b1f95b4c0fa46945b42bb93ae00872


2:名無しさん:2024/03/26(火) 14:27:25.54 ID:cHweO8oy0.net
くそ鳥
4:名無しさん:2024/03/26(火) 14:28:46.16 ID:3sQ0PJXK0.net
デビルマンのラストのほうがトラウマ級だが
61:名無しさん:2024/03/26(火) 15:05:24.17 ID:XHWMS+ze0.net
>>4
 
原作終盤の戦慄ぶりならデビルマンが有名だけど、
キカイダーの原作の方が最後がより哲学的で、こっちの方が衝撃が大きかった。

しかもキカイダーの兄の01(ゼロワン)や美人ダーはTVでは冠番組が放映され人間の味方の主人公だったのに、
原作終盤ではダークサイドに陥り人間を抹殺しちゃうし。

んでハカイダーや01、OO(ダブルオー:キカイダーの弟) や美人ダーはキカイダーを引きずり込もうと画策。
けど良心回路のおかげで騙されす、洗脳されたフリをしてただけのキカイダーに、不意打ちをくらう。
「危険なんで封印してきたこの兵器をためらいもなく使えるようになったんで、友達(美人ダー)や兄弟(01とOO)を殺すのはいとも簡単」
と言い放ち、全員を瞬殺してしまう。

子供心に、キカイダーは気が狂ったのか?とさえ思った。
正義のヒーローで優しかった主人公が、かつての仲間を皆殺しにちゃうんだから。

んで
「ピノキオは果たして人間になれて幸せだったのだろうか?」
っていう重たいテーマをキカイダーが背負って終わるという。。。
64:名無しさん:2024/03/26(火) 15:18:03.12 ID:wa3U+Rbw0.net
>>61
キカイダーの原作ってそんなバッドエンドだったのか
204:名無しさん:2024/03/26(火) 19:39:38.57
>>64
石森章太郎は厨二病の元祖みたいな人ですから
79:名無しさん:2024/03/26(火) 15:35:22.77 ID:GFjy2evy0.net
>>64
その後イナズマンで誰かに洗脳されて帰ってくるジロー
253:名無しさん:2024/03/26(火) 21:04:40.32 ID:8kI1NoZ/0.net
>>79
キカイダー連載終了後、女性読者から「あれではジローがかわいそうすぎる」と抗議の手紙が来たんだってね
その読者にジローは元気だと知らせるためにイナズマンに登場させたんだって
329:名無しさん:2024/03/27(水) 02:03:44.96 ID:lSSxASRG0.net
>>4
デビルマンはラストより美樹一家と不動明の仲間全員がヤられて串刺しにされてたところの方がよっぽどキツいわ
331:名無しさん:2024/03/27(水) 02:28:26.86 ID:sEYnqtty0.net
>>329
人の醜さをこれでもかと描いて
デーモンが勝利して人間が死滅するのが大団円に感じられるのはエグいラストだなと思った
347:名無しさん:2024/03/27(水) 10:30:17.59
>>331
ちょっと違う、デーモンが勝利したわけではない
デーモン勢とデビルマン勢が決戦する随分前に人間は滅びてしまってた
決戦で生き残ったのはサタンのみだったが、
神が降りてきてこれから世界を作り直すだろうというとこで終わり
デーモンも人間もデビルマンも誰も勝たなかったからサタンは「私が愚かだった」と悔いた
5:名無しさん:2024/03/26(火) 14:29:44.31 ID:GvlQB9CH0.net
輪廻転生を知ったのも小学生のときに読んだ火の鳥だったなあ
7:名無しさん:2024/03/26(火) 14:30:47.68 ID:BYXS+Haa0.net
鳥人殺して何度も老化、赤ん坊に戻って死ねない方が怖かった
9:名無しさん:2024/03/26(火) 14:31:11.39 ID:0d0arAuj0.net
鳥の気まぐれで運命は何とでも
10:名無しさん:2024/03/26(火) 14:31:32.73 ID:MQevnL5u0.net
農場みたいな所でアンドロイド?に抱かれて未動き取れなくなった少年の話が怖すぎた
268:名無しさん:2024/03/26(火) 21:33:19.06
>>10
これ
256:名無しさん:2024/03/26(火) 21:09:36.90 ID:JrL1klnZ0.net
>>10
復活編のワンシーンだったかな?
で、探しにいったロビタが全責任負わされるという。
270:名無しさん:2024/03/26(火) 21:36:58.09
>>256
復活編だったか ありがとう
12:名無しさん:2024/03/26(火) 14:33:01.26 ID:mcv84qVN0.net
正直どいつもこいつも「生」や「遺伝子を何がなんでも残す」ことに積極的すぎて感情移入出来なかった
作者が戦争経験者だからなのか?
13:名無しさん:2024/03/26(火) 14:33:42.23 ID:uIR3n5ed0.net
このクソ鳥の猿田一族に対するストーキングは異常
447:名無しさん:2024/03/29(金) 07:05:28.98
>>13
なんであそこまで業を背負わされるんや
14:名無しさん:2024/03/26(火) 14:33:50.60 ID:3OM2uYkJ0.net
いやブラックジャックの人面瘡だろトラウマは
62:名無しさん:2024/03/26(火) 15:08:53.88 ID:pBJdofVE0.net
>>14
手塚版ど根性ガエル
216:名無しさん:2024/03/26(火) 19:56:17.50
>>14
脳の無いカエルみたいな赤ちゃんがトラウマ
365:名無しさん:2024/03/27(水) 16:30:38.11
>>216
これな
24:名無しさん:2024/03/26(火) 14:38:19.00 ID:Wv3qs7Ns0.net
漂流教室も怖かったがこれもな
25:名無しさん:2024/03/26(火) 14:38:54.07 ID:6p6VpQqL0.net
崖の下に閉じ込められて数世代かけて脱出する話も気が狂いそう
175:名無しさん:2024/03/26(火) 18:32:58.83
>>25
何それ興味深い
176:名無しさん:2024/03/26(火) 18:34:54.46
>>175
黎明編 市川崑版では田中健
207:名無しさん:2024/03/26(火) 19:42:01.44
>>25
あれはラストシーンが感動的だったろ
あの希望あふれる後ろ姿が忘れられない
363:名無しさん:2024/03/27(水) 15:15:51.83
>>207
ヤマト編でその後描いてたよね
30:名無しさん:2024/03/26(火) 14:43:42.13 ID:n02ldTfP0.net
火の鳥はアニメは記憶残ってるけどまんがはあんまり記憶ない
ムウとかアドルフに告ぐあたりがすごいよね
32:名無しさん:2024/03/26(火) 14:46:25.43 ID:+SDeFUUs0.net
MWムウって作品ではエログロ同性愛ネタまで扱ってたな
手塚治虫って興味あるネタを片っ端から描いてんだよな
201:名無しさん:2024/03/26(火) 19:36:11.17
>>32
プライムローズでロリコンに挑戦
33:名無しさん:2024/03/26(火) 14:46:33.96 ID:944P+7tC0.net
火の鳥は永遠とか死ねないということに恐怖を植え付けられたシリーズだけど嫌いじゃない
35:名無しさん:2024/03/26(火) 14:47:36.47 ID:Ws35mw3q0.net
読み心地良いかと言われるとうーんってなるけど、面白いんだよね。続きは気になるというか。
36:名無しさん:2024/03/26(火) 14:48:00.72 ID:5rXlYd5y0.net
なんか生命維持装置みたいなのが付いたカプセルに閉じ込められて宇宙を永遠にさまようのなかったっけ
カーズかよ
58:名無しさん:2024/03/26(火) 15:02:50.85 ID:kRsJet770.net
>>36
宇宙編かな
冒頭の展開がめっちゃワクワクした
38:名無しさん:2024/03/26(火) 14:49:41.71 ID:7NgMgx6y0.net
本編に関係無いほんの数コマだったけどロボットのおばあちゃんにゴキブリが侵入して食い荒らすのが1番のトラウマ
42:名無しさん:2024/03/26(火) 14:52:42.10 ID:3L1kAxw10.net
永劫とか未来とか輪廻とか、はたまた
極大と極小とか、サイズとか長さとか
それを認識する自分という主観とか客観とか
それまでのアホな俺は百万回聞いてもわかんねえ観念を
おぼろげにわかったつもりになった漫画
77:名無しさん:2024/03/26(火) 15:34:27.41 ID:cT7M6Jyy0.net
>>42
いやマジで仏教感やら本質の輪廻なんてのは習ったり聞いたりしてもピンとこない世界なわけだが、漫画の中で輪廻や宇宙の仕組みやったやつは雷が落ちたような衝撃だった
あのページは俺の人生に間違いなく影響を与えたわ
52:名無しさん:2024/03/26(火) 14:56:25.98 ID:sMV0IWT80.net
火の鳥の考え方の基準が分からない漫画
ちょっと慢心しただけの仏師にお前は二度と人間には生まれ変わらないと言ったのに
強盗の共犯者の女の子には逃げ込んだ星の地震を抑え込んだりサービスが凄かった
男性の子孫が産まれる手助けだけはしなかったけど
82:名無しさん:2024/03/26(火) 15:37:47.75 ID:cT7M6Jyy0.net
>>52
神は気まぐれだよなで消化してたわ
そもそもが一番初めに自分を殺しに来た弓彦にはたいした罰も与えず血あげるから許して言ってたくらいだからね
54:名無しさん:2024/03/26(火) 14:57:16.02 ID:kRsJet770.net
鳳凰編が一番評価高いか?
自分も地元の公民館か何かで映画見てまだ覚えてる
395:名無しさん:2024/03/28(木) 09:29:38.21
>>54
映画化で角川が宣伝やりまくったりKONAMIがゲーム化したから認知度が高いってだけ
評価が高いってわけじゃない
66:名無しさん:2024/03/26(火) 15:18:31.71 ID:z4QoGUZt0.net
ナメクジが進化して気象兵器を使うほど高度な文明を築いて滅んでいくのが最高にキモかったです
67:名無しさん:2024/03/26(火) 15:21:43.91 ID:VfuQ5h190.net
尼に扮した主人公が火の鳥の羽根を使ってお寺を訪ねる傷病人を治す場面で太陽編?の戦で傷を負った神さまの姿も書かれてて個別の各章が一つになっている描かれ方がすげぇなと思いました
91:名無しさん:2024/03/26(火) 15:45:08.46 ID:zsTyvMaM0.net
ヤマト編が怖かった
生きたまま埋められるやつね。
95:名無しさん:2024/03/26(火) 15:51:37.66 ID:xsvlVxl30.net
>>91
生き埋めも怖いし、煮えた油?か何かで目を潰されて追放されるシーンも子供心にトラウマになった
85:名無しさん:2024/03/26(火) 15:40:23.25 ID:xsvlVxl30.net
火の鳥に限らず主要人物でも容赦なく死ぬ(殺される)から、子供の頃手塚漫画は怖いというか悲しかった
94:名無しさん:2024/03/26(火) 15:49:54.70 ID:zmLNe6OZ0.net
ジョージ秋山のほうがよっぽどトラウマ作品残してるだろ
112:名無しさん:2024/03/26(火) 16:18:56.50 ID:pKUxwicJ0.net
トラウマ漫画家といえば
ジョージ秋山
日野日出志
127:名無しさん:2024/03/26(火) 16:41:55.29 ID:Q109Y8zI0.net
なぜか教室に置いてあった火の鳥とはだしのゲン
140:名無しさん:2024/03/26(火) 17:06:58.82 ID:6ys+siph0.net
なんかレス見ると相当面白そうだな…
でも大昔の作品だから販売は電子書籍のみだよね?
その手の古典は現物で読みたいなあ
144:名無しさん:2024/03/26(火) 17:13:54.32 ID:n02ldTfP0.net
>>140
図書館とかにあったりするよ
150:名無しさん:2024/03/26(火) 17:26:00.80 ID:7NgMgx6y0.net
火の鳥は単行本化されたり再販される時によく加筆、修正がされてるけどその辺を気にしなければ紙媒体でも普通に手に入るでしょ
こだわりだすとすげー高価なのとかあるけど
162:名無しさん:2024/03/26(火) 18:06:16.67 ID:y28PoJa40.net
手塚治虫は説教臭くてどうも
169:名無しさん:2024/03/26(火) 18:20:53.26
>>162
自分は宮崎駿のがキツイ
437:名無しさん:2024/03/29(金) 02:36:17.90
>>162
だから当時同じ雑誌に連載してた理屈っぽくない鉄人の方が
アトムより好きだって子供も多かったのよ
185:名無しさん:2024/03/26(火) 18:55:02.11
手塚治虫はテーマが重すぎて、コミックで扱う題材じゃないわな
トラウマになるような作品なら、コミックにもレーティングを導入すべきだし
195:名無しさん:2024/03/26(火) 19:22:59.83
>>185
ブラックジャックなんか社会悪の設定が偏向すぎて子供が読むとおかしくなるな
展開もだいたい主人公は悲惨な目に遭うか死ぬし
239:名無しさん:2024/03/26(火) 20:40:38.24
手塚治虫作品は結構トラウマになる作品が多い
ミクロイドSとかトラウマなことだけ覚えている
240:名無しさん:2024/03/26(火) 20:42:16.66
久しぶりに全巻読みたくなってきた

トラウマ級の因果応報… 手塚治虫『火の鳥』“子ども心に怖すぎた教訓エピソード”
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1711430766
関連記事

おすすめ記事

コメント

31328

本スレ347
> 決戦で生き残ったのはサタンのみだったが、
ネタバレになるから詳しくは書かないけどこれ、関東大震災後の世紀末的な世界を描くバイオレンスジャックで伏線として回収されたんだよな

2024/04/02 (Tue) 18:35 | あの頃の名無し #DvI991tw | URL | 編集
31329

予定では大地編のあともう1つ2つくらいあって
そのあとに現代編で終わるみたいだったね
読みたかったわ

2024/04/02 (Tue) 21:01 | 774@本舗 #- | URL | 編集
31330

火の鳥で初めてキャラとしての源義経を見たからか
どうにも判官贔屓になれなかった

2024/04/02 (Tue) 21:11 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
31333

元記事のロミの説明が、まぁ書きづらいのは分かるけど、逃避先の星には自分達しかいない事が書いていないので、唐突に人口を増やす必要がありと言われても意味が分からなくなっている
あと、自らが産んだ息子との間に子供をもうけた、という点もちとわかり辛かったな

それはともあれ、こうやって感想やらを見ると確り思い出せるという事は、それだけ印象深い作品だったんだと、改めて実感した
未来と過去を行き来しながら最後は現代の話になるという構想だと聞いた覚えがある
なので最後まで書かれなかった作品だと思っていたので、そこはとても残念だな
火の鳥自体も話が進むほどにインフレ?していったと思う
最初は鉄の矢で岩に縫い留められるレベルだったのに、後の方では時や空間を超えた超越的な観察者になっている
ちょっと色々掻き立てられたのでまた読んだみようかな

2024/04/03 (Wed) 14:16 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する