HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【グランプリの鷹】スーパーカーブームに乗じた作品の中でもリアル路線で大人なアニメ




【☞アローエンブレム グランプリの鷹

『アローエンブレム グランプリの鷹』(アローエンブレム グランプリのたか)は、東映動画制作のテレビアニメ。1977年9月22日〜1978年8月31日までフジテレビ系列で木曜19:00 - 19:30に放送。全44話。

いわゆるスーパーカーブームを受けてこの1977年秋(10月初頭前後)には、カーレースアニメだけで『激走!ルーベンカイザー』(テレビ朝日系)、『とびだせ!マシーン飛竜』(東京12チャンネル系)、『超スーパーカー ガッタイガー』(同)そして本作と4本も同時に放送が開始され、文字通りの競争状態となった。このうち、3クール(9ヵ月)以上続いたのは『グランプリの鷹』だけで、残り3作は2クール前後で放送を終了した。本作は、本来の予定だった2クール以降の延長を成し遂げた。

なお、元々の企画は『グランプリの虹』というタイトルの、女性レーサーによる少女向けアニメの企画だった。これは、当時少女に対して人気を誇った『キャンディ・キャンディ』の影響だろうとされている。

また、蛭田充によってコミカライズ版がテレビマガジン誌上で連載されていたが、"街道レーサー編"のようにアニメ化されていない時間軸がメインとなったオリジナル展開の時期もある。ただし、最終話は本編の8輪車誕生エピソードにつながる物語となっている。

日本中に「スーパーカーブーム」が吹き荒れていた頃、その流行に乗じて製作された本格派カーレースアニメ、グランプリの鷹。
スーパーカー」、「レース」というキーワードで、すぐに思い浮かぶアニメと言えば、「►マッハGoGoGo」ではないでしょうか。
他にもブームに乗じて製作されたアニメは多数あるようですが、それらの作品が有り得ない機能を搭載したマシンを登場させ、ある意味、荒唐無稽な娯楽作品が多いのに対し、「徹底したリアリズムの追求」という真逆なスタイルでレースの醍醐味に焦点を当てている点が本作の特色ではないでしょうか。

登場するキャラクターも実在するF1レーサー(ニック・ラムダ=ニキ・ラウダ)だったり、作中、モロに企業名(三菱、GoodYear等)が出てきたりして、作品のリアリティを一層高めています。
まあ、権利関係に緩い時代だった?から出来た演出で、現在なら絶対無理ですよね(^^;

■ストーリー

F1レースの参戦を目指して、自分一人でチューンナップしたマシンで、入門者向けレースに参戦した轟鷹也。
しかし、優勝目前で、マシントラブルにより火だるまになってしまう。
だが、鷹也の実力を認め、彼を励ます元トップドライバーのニキ・ラウダの力添えもあって、香取モータースのラリーカーに乗り、ラリードライバーとして世界のビッグラリーを転戦することになる。
日本製マシンによるF1レース制覇を目指して、自分のアイデアによるマシン「トドロキスペシャル」で世界に挑む日々がはじまったのだ。


それでは、オープニング、エンディング、行ってみましょう。


グランプリの鷹 OP/ED



歌っているのは、「水木一郎」。
かっこいいオープニングですねー。
勢いがあって、この手のノリには、やっぱり兄貴の歌声が似合います。

そして、エンディングは、夕日に向かって歩く主人公「轟 鷹也」の後姿・・・。
これも、カッコいいー。
渋い歌と映像がマッチしていて印象に残りますね。

ちなみに、2012年公開の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」で主要登場人物の「真希波・マリ・イラストリアス」が本作のオープニングを口ずさむシーンがあって、ちょっと話題になったようですね。


さて、グランプリの鷹。
主人公が操るF1マシン「トドロキスペシャル」は、徐々に改良が加えられ、「T1」、「T2」、「T3」の3種類が作中に登場します。
※T2とか言われたら、「ターミネーター」を思い浮かべてしまいますが(^^;

granprix-t1-toy.jpg

granprix-todoroki-sp.jpg

プロトタイプは6輪(後1軸並列ダブルタイヤ)だったが、轟鷹也の意見を元に前2軸4輪の8輪車に改設計されたT1。


granprix-t2-toy.jpg

granprix-todoroki-t2.jpg

実戦での経験をフィードバックし、勾配サーキット用で常に最適なダウンフォースを得られるように自動可変スポイラー(鷹也がフライト中の飛行機の主翼についているフラップを見てヒントにした、という設定)を装備したT2。


granprix-t3-toy.jpg

granprix-todoroki-t3.jpg

高速サーキット用に車輪配置を前後2軸ずつに改め、空気抵抗を減らし高速性能を改善したT3。
日本GP決勝(富士)で優勝する。

ほえー( ゚ ▽ ゚ ;)
8輪車となっ!
しかも、T3に至っては、後輪がダンプカーのような並列配置から、直列配置に!

近年のF1マシンのイメージを持ってる人は、6輪でも m9(^Д^)プギャー ってなるかもしれませんね。
でも、1976年、1977年のシーズンには、「ティレル(タイレル)P34」(Tyrrell P34)という6輪のF1マシンが存在したのですよ。

granprix-tirrell-p34.jpg

また、その他にも、フェラーリウィリアムズ、駆動輪を2軸にしたマーチなどが、6輪マシンの開発を行っていました。

マーチ
granprix-f1-machine.jpg

その後、1983年にF1のレギュレーションが変更され、4輪が明文化された為、6輪のマシンは存在し得なくなりました。
まあ、レギュレーション変更以前に、ティレル自身、1977年で6輪を辞めていますし、開発を行っていた他チームも実践投入できなかったことを考えると、6輪の優位性はあまりなかったようですね。


と、言う事で、グランプリの鷹。
ご都合主義的な改造もあるものの実際のマシンに近く、他のスーパーカーアニメより本格的なカーチェイスを主体とした作品に仕上がってます。
その分、他のスーパーカーアニメより派手さがないかもしれません。
また、レースを通した主人公「轟 鷹也」の成長譚は、尋常ではないスローペースで展開しますので、スーパーカーを操ってスカッと勝っちゃう展開を期待してると、イライラするかもw
とにかく、最初の方はレースで勝てない、上位入賞すらできませんので。
スピードに命をかける若者の青春ドラマとして、レース界という特殊な舞台をシリアスに描いた「ちょっと大人」な作品。
それが、グランプリの鷹。

以下のチャンネルに、第1~40話がアップしてあります。
※なぜか、最後の4話(第41~44)だけありませんが(^^;


デジタルリマスター版のDVD-BOXは、2015年1月にBOX1(第1~23話)が、2月にBOX2(第24~44話)が発売されたばかりです。

granprix-taka-dvd.jpg

興味のある方は、ぜひ。


以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております

【グランプリの鷹】
スーパーカーブームに乗じた作品の中でもリアル路線で大人なアニメ
関連記事

おすすめ記事

コメント

469

同時期にスーパーカーのアニメ、いくつかやってたな

その中でグランプリの鷹はかなり異色だった

最初から毎回レースバトルを行う他の作品と違って、全然F1レースの話にならないし、

子供向けなりにモータースポーツの世界をきちんとドラマとして描いてた

2015/10/26 (Mon) 22:48 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
471

8輪だと早くなるんだろうな、と本気で思ってた(笑)

2015/10/27 (Tue) 11:22 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
473

うろ覚えだけど話が進むとFゼロとかあったよな
最近提案されてるキャノピー付きF1みたいなマシンで競ってた

2015/10/27 (Tue) 16:43 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
475

F0あったあった
内容はあまり覚えて無いけど言葉は印象に残ってて
スーファミでF0が出た時、このアニメ思い出したよ

2015/10/27 (Tue) 22:28 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
476

当時、マシンハヤブサが同時期に放送されて両方を比べながら見てたなあ
個人的には、マシンハヤブサの方が分かりやすくて好きだった

2015/10/28 (Wed) 13:46 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する