HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【イタダキマン】タイムボカンシリーズ最後の作品、その最後はあまりにもあっけない・・・




【☞イタダキマン

『タイムボカンシリーズ イタダキマン』は、『タイムボカンシリーズ』第7作目としてフジテレビ系列で1983年4月9日から同年9月24日まで毎週土曜夜7時30分 - 8時00分に全20回(ただし、野球中継のために本放映では第19話が未放映)が放映された、タツノコプロで制作されたテレビアニメ。 タイムボカンシリーズ最後のモノラル放送でもある。

各種設定は『西遊記』をモチーフにし、前作までの巨大ロボット路線から巨大変身するヒーローものになっている。本作ではタイムトラベルはしないが、シリーズの主たるテーマだった「モノ探し」の要素が復活。作風も前番組『逆転イッパツマン』にあったシリアスな要素が払拭され、シリーズ本来のコメディーとなり、原点回帰を目指した。

その上で、「主人公が素性を隠して平素は三悪人と行動している」「イタダキマンの毎回の敵は妖怪であり、三悪人は妖怪の戦闘をサポートするセコンド的立場となった」「これまでメカに乗り込んで戦ってきたヒーロー自身が巨大化変身して戦う」など、新たなアイデアも導入している。

企画段階では「オシャカマン」というタイトルだったが、「おしゃかになる」が「だめになる」という意味になり縁起が悪いために改題された。『イタダキマン』のタイトルの由来は「視聴率を戴く」という意気込みを込めたものである。

はい、イタダキマン。
「►タイムボカンシリーズ」第7作目。
昭和の時代、フジテレビ系列で放送された最後のタイムボカンシリーズ作品となり、残念ながらシリーズは、この作品で一旦、終了します。
この後、「タイムボカンシリーズ」を冠する作品は、2000年にテレビ東京系列で放送された「タイムボカン2000 怪盗きらめきマン」まで17年間も待つことになります。

また、放送開始時間についても、前作までは、土曜日の18:30~が定番でしたが、本作は、19:30~に変更になっただけでなく、わずか20話で打ち切りに合うなど、それまで人気だったタイムボカンシリーズに大きな変化がありました。
更に、不幸な事に、第19話は、プロ野球中継の為、7回に渡り放送が延期されたあげく、とうとう未放送のままとなってしまうという、何とも不運な作品でもあります。

ちなみに、イタダキマン。
あらすじを、掻い摘んで説明すると、

遙か昔にお釈迦様が地球にもたらしたとされるオシャカパズル。
これをめぐって、 名門オシャカ学園に在籍する、三蔵法師一行の子孫、「三蔵法子」、「サーゴ・浄」、「猪尾ハツ男」の3人の建前トリオと、

itadakiman-tatemae.jpg

万年浪人生である「ヤンヤン」、「ダサイネン」、「トンメンタン」の二束三文トリオが、世界をまたに駆けて争奪戦を行う。

itadakiman-rounin.jpg

しかし、法子たちがどこかで襲われるとイタダキマンがやってきて悪玉トリオをやっつける。

itadakiman-battle2.jpg

itadakiman-battle.jpg

と、いうもの。

まあ、大筋はタイムボカンシリーズの定番のパターンですね。
ただ今回は、巨大人型ロボットは登場せず、イタダキマン自身が巨大化する事ができる点が大きな特徴です。
一方で、原点回帰と言える昆虫や動物をモチーフにしたメカを登場させたり、

カブトゼミ
itadakiman-mecha1.jpg

ペリギン
itadakiman-mecha2.jpg

シリアス路線だった前作「►イッパツマン」から、コメディ中心とした低年齢層向けの解り易い設定に戻されました。

itadakiman-mecha.jpg


それでは、そんなイタダキマンのオープニング、エンディング、行ってみましょう。


イタダキマン OP



オープニングは、シリーズで唯一、主演声優が歌っている曲です。
歌っているのは、主人公・孫田 空作(まごた くうさく)=イタダキマンの声を担当している、「田中真弓」さん。
ドラゴンボールのクリリンでお馴染の声ですが、その他にも多くの作品に出ている名声優ですね

また、曲は、歌詞の末尾が必ず女性の名前になっていて、とても面白いです。
出てくる名前は、「アキナ」、「ヨシエ」、「キョウコ」、「クミコ」、「セイコ」、etc.
と、なっていて、どの名前も、当時の女性アイドルから取ってるっぽいですね(^^;


イタダキマン ED



エンディングを歌っているのは、「きたむらけん」さん。
ああ、この声、過去のタイムボカンシリーズでも主題歌を歌ってた人でしょ?
と、思ったら、それは間違い。
タイムボカンシリーズでお馴染の歌い手は、「山本正之」さんで、全く別人です(^^;

いやー、しかし、声、似てるよね。
「山本正之」さんの自身も、この曲に関して、多くのファンレターが届いたことに驚いた、と語っている通り、当時、間違えた人は多かったようですね。

ちなみに、この曲を含め、タイムボカンシリーズの主題歌を作詞・作曲してたのは、山本正之さんです(^^;


さて、イタダキマン。
視聴率低迷の為、わずか20話で打ち切られたのは、上に書いた通り。
この視聴率がどれくらいだったかと言うと・・・

平均視聴率9.4%

「►ヤットデタマン」以降、視聴率は下降ぎみだったようですが、それでも、コンスタントに20%は超えていただけに、かなり低い数字です。
(まあ、今の時代なら十分な数字だと思うんですけどね)

この視聴率の低下は、放送時間の変更が原因の一つと言われています。
チーフディレクターの「笹川ひろし」は、番組の内容自体は面白かったと自負しつつも、時間帯の変更により、定着していた視聴習慣が新しい時間帯にはなかったのではないかと述べています。
そもそも、放送時間の変更は、視聴者層の拡大を狙って、ゴールデンタイムに移動したにも関わらず、それが裏目に出てしまったことは何とも皮肉な結果です。

でも、まあ、一番の原因は、やっぱり、「マンネリ」を打破できなかったことでしょう。
シリーズ初期からの視聴者は年齢が上がっていることもあり、シリアス味の増えた「イッパツマン」の路線を継承していた方が良かったのかもしれません。

と、言う事で、イタダキマン。
タイムボカンシリーズの実質的には最後の作品でありながら、あまりにも、あっけない幕切れ。
更に、シリーズのメインスポンサーだった「タカトクトイス」も、本作が不振で打ち切られたところに同時期にスポンサーだった他作品の不振が追い討ちをかけ、本作打ち切りから8か月後の1984年5月に倒産することととなりました。
何だか一時代の終わりを感じますね・・・。

また、本作では、長年タイムボカンシリーズの主要スタッフであった「小山高生」と「山本正之」が降板させられる等、ちょっと雰囲気も良くなかったようですし・・・。
タツノコプロは、本作の打ち切り後も2年間フジテレビでのアニメを数本制作しましたが、ほぼすべてが視聴率低迷のため打ち切られています。
この事からも、やはり、状況が大きく変化していた時期なのかも知れません。

DVDは、2003年3月に発売されています。
こちらには、テレビ未放送であった幻の?第19話も含まれています。

itadakiman-dvd.jpg
itadakiman-dvd2.jpg

興味のある方は、ぜひ。

以上



※みなさんの感想、思い出など、コメントお待ちしております
【イタダキマン】
タイムボカンシリーズ最後の作品、その最後はあまりにもあっけない・・・
関連記事

おすすめ記事

コメント

435

ずっと野球中継ばっかりやってたから、いつの間に最終回を迎えたんだ思ってたら
その時点では終わってなかったんだな

2015/10/21 (Wed) 19:44 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
437

空作はなぜイタダキマンになれるのか?
イタダキマンが2段変身するときのパーツはどこから飛んでくるのか?
全て謎のまま終わってしまったね

2015/10/21 (Wed) 21:12 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
439

イタダキマンも、過去のシリーズと同様、小学館のてれびくんや学年別雑誌に
掲載されていたら、視聴率が伸びてたかも知れない・・・。
タツノコプロとと小学館の間で何かあったのだろうか?

2015/10/22 (Thu) 13:23 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
440

スピリチュアルやってる「小山高生」が設定にぶち切れたというのは本当だったのかなぁ?

2015/10/22 (Thu) 16:32 | 中山高生 #- | URL | 編集
445

ウィキ情報だと小山著の書籍の中で触れてるみたいだからマジっぽいですよ。
「オチャカ校長にお釈迦様の霊が乗り移った」という設定に小山が「不謹慎だ」と反発した、と。

2015/10/22 (Thu) 21:23 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
446

あーやっぱり。
昔、その書籍の元になったエッセーを、アニメ雑誌で読んだ覚えがあるんだ。

2015/10/22 (Thu) 21:45 | 中山高生 #- | URL | 編集
494

このあと半年で終わるループが続いたんだよな。アルペンローゼをすぐにやってるから小学館とはなにも無かったんじゃないの?あかぬけ一番が好きだった。

2015/10/30 (Fri) 17:51 | 豊川稲荷 #- | URL | 編集
1288

イタダキマンは83年放送いうことはドラゴンボールのはじまる前年か 鳥山明作品はタツノコアニメの影響濃いと思うがイタダキマンもDBに影響を与えてたと思うと報われるかな?

2016/03/12 (Sat) 09:05 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
4099

ありとあらゆる意味で残念すぎる作品でしたね。
「タイムボカンシリーズ」と銘打っているけど、「ヤッターマン」以後は全部、過去の焼き直し(もしくはマイナーチェンジ)みたいな作品ばっかりで、その呪縛からやっと解放された感じの「イタダキマン」だったから…。

演じた田中真弓さん、後年の「おそ松くん(カラー版)」でチビ太をやっていましたが、チビ太が何かをかっさらう場面で「いただきいただき!♪イタダキマンボでウー!誰も覚えてねえってーの!」と、ドサクサ紛れの早口でアドリブを入れていたのを覚えてます。(←それこそ、誰も覚えてねえってーの!)

2017/02/06 (Mon) 12:31 | 岬寿司 #- | URL | 編集
17259

ゼンダマン後半からイッパツマンまで
視聴した私は、これを見ていない。
だって、イッパツマン最終回の次回予告、
「さあ、次回はいよいよ未来警察ウラシマンだ!」
ですよ?後継はウラシマン?それ、既に放送中の
番組のはずだが?と思いつつ1回だけ見て、
興味もてなくてやめた。後継がイタダキマンで
別の時間でやってたのを知ったのは、
しばらくたってからだった…
あの次回予告で、時間を移してイタダキマンを
やることを告知していたら…と、惜しまれます。

2019/10/06 (Sun) 20:27 | 名前 #0zP8qUP2 | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する