HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事

【一休さん】アニメは可愛いけど、実際は、クソ坊主だからね!




はい、今回は、一休さんです。
よく見てたはずですが、実は、あんまり内容は覚えてません。
「屏風の中のトラを捕まえろ」、「橋を渡るな」、などの無理難題をとんちで回避する話、すごく有名ですね。
この有名な話の記憶が、アニメからの知識なのか、有名なので自然に耳に入ってきた知識なのか、よくわかりません(^^;

【☞一休さん

『一休さん』(いっきゅうさん)は、日本の禅僧・一休宗純の子供時代の説話『一休咄』などを基にしたテレビアニメである。

1975年10月15日から1982年6月28日まで、NETテレビ(日本教育テレビ、本放送中の1977年よりテレビ朝日)系列で全296話が放送された。中央児童福祉審議会推薦番組。

制作は東映動画(現・東映アニメーション)。東映および東映アニメーションが製作してきたシリーズでない単体のアニメ作品としては、2007年に『ONE PIECE』に記録を塗り替えられるまで、長らく最長の話数を誇っていた。

もともとは1クール(3ヶ月)の予定だったとされる。

初期は日本船舶振興会(会長が笹川良一の時代。現:日本財団)の一社提供番組で、間のCMは山本直純作曲「火の用心のうた」がよくOAされていた。当初は水曜19:30からの放送だったが、半年後に月曜19:30に移動した。放送末期のスポンサーはハウス食品の一社提供となっていた。

1960年代末に日本の民話をアニメ化する企画がこのアニメの原案である。その際、他の物語が数案あったが、最終的にこの物語に決定した。しかし、衣装の古さや仏教色の強さなどから、作品が日の目を見るには、本放送期間並みの年月を要することになった。


一休さん OP/ED



「いっきゅうさ~ん」「は~い」で始まるオープニング、めちゃくちゃ懐かしい。
歌詞もほぼ完璧に覚えてますね。
しかし、楽しくてノリの良い曲だ(^^)

エンディングは、悲しいね。
一休さんが母上に当てた手紙の内容が歌詞になってる・・・
当時は、考えたこと無かったですが、改めて聴くと切ない歌ですねぇ。

結構、長い期間やってた印象がありましたが、やっぱりそうで、2007年に破られるまで、最長記録のアニメだったんですね。
すごい!
記録を破ったのが、現代、最高の発行部数を記録してる漫画「ワンピース」のアニメ、というところも何だか、時代の変わり目を感じますね。

ところで、一休さん、賢い子供、という設定ですが、実際、こんな子供がいたら、むかつくこと間違いないwww
しかも、かわいい絵で描かれることが多いですが、絶対、そんなはずはない!

だって、本物は、コレ↓ですよ。



何か長渕剛っぽい?
・・・いや、マッキーだ!




完全に一致。

ちなみに、一休さんの本名は、☞一休宗純
とても変わった人で、しかも、破天荒(禁を破りまくり)のお坊さんだったんですよね。

いや、まぁ、人柄が肖像画によく現れてると思う。
これは、絶対クソ坊主だwww

あっ、何か一休さんを貶める内容になってるけど、好きですよ、一休さん(^^;

中央児童福祉審議会推薦番組、ですからね。
今の世の中、こんな教育的な娯楽アニメってないですよね。

と思ってググッたら、1990年放送の第1期「ちび丸子ちゃん」は、中央児童福祉審議会推薦番組でした。マジか。
でも、今は違うよね、何で?と思ったら、この会は、1999年に解体されてました・・・
あ~、やっぱり時代は変わっているのねぇ~。


※みなさまのコメント、お待ちしております。

【一休さん】
アニメは可愛いけど、実際は、クソ坊主だからね!
関連記事
スポンサーサイト

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する