HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



江戸時代に商売を始めても確実に売れる現代の商品

1:名無しさん:2022/05/13(金) 23:03:45
ゆかり

シソは一度植えると勝手に増えるで有名でビジネス的にも効率的だし
異様に米ばっかり食べてた当時の人にはゆかりの味はたまらんはず

2:名無しさん:2022/05/13(金) 23:04:38
結構いい線いってるな
3:名無しさん:2022/05/13(金) 23:05:09
>>2
だろ?
乾燥させれば保存も効くし軽くて持ち歩ける
6:名無しさん:2022/05/13(金) 23:08:14
ヨーロッパの黒胡椒のような存在になったかもしれんな
8:名無しさん:2022/05/13(金) 23:08:58
俺が煽ったら絶対ゆかりブーム起こせるもん
ヨーロッパで胡椒流行ったのと同じだよ
飯にゆかりたまんねー!って絶対なる
4:名無しさん:2022/05/13(金) 23:05:24
マヨネーズ
5:名無しさん:2022/05/13(金) 23:07:23
カスピ海ヨーグルト
7:名無しさん:2022/05/13(金) 23:08:41
100円ライター
16:名無しさん:2022/05/13(金) 23:13:09
>>7
火打ち石と付け木が庶民の火起こし道具だからそこまで広まらないだろうな
9:名無しさん:2022/05/13(金) 23:09:03
無線機
10:名無しさん:2022/05/13(金) 23:09:30
腕木通信
12:名無しさん:2022/05/13(金) 23:11:11
電子レンジでパスタが作れる容器
14:名無しさん:2022/05/13(金) 23:12:13
作り方

梅酢に漬けておいた紫蘇は、よく広げて天日で3日間程干します。
乾燥した紫蘇は30秒づつレンジにかけ、パリパリになるまで乾かします。
ミキサーかすり鉢ですり、紫蘇を粉々にし、最後に塩をお好みの量入れれば完成です。
ビンなどに入れ、湿気ないように保存してください。


これ当時でも思い立ってからすぐに生産工場起こせるな
梅酢必須だから和歌山まで行くのか…きっつ…
13:名無しさん:2022/05/13(金) 23:11:16
最初の種はどこから調達するの
15:名無しさん:2022/05/13(金) 23:13:02
浄水器持っていって水を売る
17:名無しさん:2022/05/13(金) 23:13:40
どう考えてもソーラーパネルと風力発電機と波力発電機と冷蔵庫だろ
18:名無しさん:2022/05/13(金) 23:13:41
テンガ
19:名無しさん:2022/05/13(金) 23:13:52
肉鍋かなあ
牛馬は食わずに処分してたみたいだし
商品化の余地大きいだろう
しばらくゲテモノの扱いだろうけど
21:名無しさん:2022/05/13(金) 23:14:45
44マグナム
22:名無しさん:2022/05/13(金) 23:15:31
ふ漫画喫茶
23:名無しさん:2022/05/13(金) 23:17:13
江戸時代にメガネってあったのかな
メガネ作っちゃおう
26:名無しさん:2022/05/13(金) 23:21:47
>>23
現代ほど一般的ではないがメガネもあったぞ
25:名無しさん:2022/05/13(金) 23:19:50
えんぴつ
28:名無しさん:2022/05/13(金) 23:24:15
洋服とか
24:名無しさん:2022/05/13(金) 23:19:47
プラスチックのタッパーとか
いやプラなんでも売れそうだな
27:名無しさん:2022/05/13(金) 23:23:42
下手に高度なもの持ち込んで伴天連とか言われたら終わりじゃね?
29:名無しさん:2022/05/13(金) 23:24:36
紫蘇がどこで手に入るかわからんがうちの近所たと住宅街のコンクリの隙間に生えてるからあるとこにはあるだろうから
とりあえず梅酢目当てで和歌山に行って梅干し農家の信頼を得つつ紫蘇あるとこ知らんか聞き歩いてゲット
直に植えとくだけで増えるらしいから試しに畑作って成功したら製法を広めて領主に献上して「これうま!」と思わせつつ「江戸で売って紀州藩に利益をもたらしますよ」と媚びを売りまくる

江戸時代に商売を始めても確実に売れる現代の商品
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1652450625
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する