HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事

【マシーンブラスター】戦隊ヒーローを意識した?4体の主役巨大ロボを登場させてみた結果




【☞ブロッカー軍団IVマシーンブラスター

『ブロッカー軍団IV マシーンブラスター』(ブロッカーぐんだんフォー マシーンブラスター)は、1976年(昭和51年)7月5日から1977年(昭和52年)3月28日までフジテレビ系で毎週月曜日19:00 - 19:30に全38話が放送された、日本アニメーション・葦プロダクション(現・プロダクション リード)製作のロボットアニメ。

一峰大二による漫画版が『冒険王』に連載された。

尚海外で本作を呼称する名称はAstrorobotないしはAstro Robotとなり、この題にて海外展開もなされている。

日本アニメーション初のオリジナルロボットアニメ。実際の製作はタツノコプロから独立したばかりの葦プロダクションが担当している。他のロボットアニメとの差別化を図ろうとした意欲的な取り組みは随所に見られ、「主役格の人型ロボが複数登場する」「円月廻転などのブロッカー陣形を駆使して戦う」など特徴的な設定、演出がなされている。しかし大枠においては、製作の葦プロが関わっていたタツノコプロ作品に似ており、敵キャラのデザインが『タイムボカン』シリーズの悪役を彷彿とさせる、敵軍団が用いる固有のかけ声が『新造人間キャシャーン』などの軍団員のかけ声を連想させる、など旧来のアニメ作品と大きくかけはなれるものではなかった。

「番組宣伝用セルなどに何度も用いられた、騎馬戦のようなブロッカー陣形は本編では一度も使われなかった」「敵の熾烈な攻撃は既に始まっているのにパイロットの4人の内1人しかおらず、慌てて探す(第1話)」「主人公が地回りやくざ(天丼組)に殴り込むだけでロボットが一切合切出てこない(第24話)」「『敵を追い詰めて滅ぼす』最終決戦が敵側視点から描かれ、『追い詰められ、滅ぼされていく』まったく救いのない展開となる(第38話)」など、制作側の不手際や演出が本来の意図とは違った受け止められかたをしたために、カルトな作品として記憶されることもしばしばある。

また、エンディングの映像が途中で一部変更されている。

一部でカルト的人気の「►ギンガイザー」を製作した「葦プロダクション」の記念すべき、第1作目の作品。
ブロッカー軍団Ⅳは、シリーズ4作目の意味ではなく、巨大ロボが4体登場する意味のⅣです。
例えば、3機のマシンで合体する「►ザンボット3」とか、5機合体の「►ボルテスV」みたいな感じ。

ストーリーは、

2億年間、地球の海底に潜伏していた異星人モグールが復活した!
女帝ヘルクィーン5世が率いるモグールの帝国が狙うは地上征服。

一方、故・北条博士は来たるモグール帝国の地上制服を阻止すべく、「世界の平和の盾」となる超能力ロボット軍団「マシーンブラスター」に関する資料を由利博士に託していた。
由利博士はそれを元にマシーンブラスターを造っていたが、それを動かせるのは「エレパス」と呼ばれる超能力を使える人間だけだった。

由利博士は全国からエレパスを持った若者を探し出し、遂に4人が揃う。
北条博士の助手をしていた石田厳介、ビリー剣城、早見仁太、そして飛鳥天平だ。
こうして彼らと地上征服を企むモグールとの戦いが今始まる!

と、いうもの。
主役の巨大ロボが4体も登場し、協力して敵と戦うという設定は、正に巨大ロボと戦隊ヒーローを合わせた感じ。
しかし、残念ながら、このスタイルは流行ることなく、後には合体ロボが主流となり、歴史の中に埋もれて行きました・・・。

確かに、かなりマイナーなロボットアニメだと思うんですよね。
実は、私も詳しくないので、「ブロッカー軍団Ⅳ」と言うべきか、「マシーンブラスター」と言うべきか、どっちが一般的な呼称なのか、よくわかりません(^^;
とりあえず、「マシーンブラスター」の方を使ってますけど。

とりあえず、オープニングとエンディング、行ってみましょう。



オープニングは、ロボットアニメとしては、ちょっとテンポ遅めで珍しい感じですね。
そして、エンディング。
こちらは、完全に昭和の演歌、入ってますね(^^;
何か、どちらも今聴くと斬新です。

ちなみに、作曲は、「小林亜星」さん。
オープニングを歌ってるのは、「ヒデ夕樹」さんですね。
※ヒデ夕樹さんは、「秀夕木」名義で、70年代の特撮やアニメの主題歌をたくさん歌ってる方です。
 有名どころだと、「►キカイダー」とか「►イナズマン」とか・・・
 「►スパイダーマン」もか。
 あと、日立のCMでお馴染みの「この木なんの木」のオリジナルも、そうらしいです。


さて、マシーンブラスター。
主役ロボット4機を見てみましょう。

■ブロッカー1:ロボクレス

machineblaster-robo1.png
machineblaster-char1.png

石田厳介」が搭乗するコードネーム「ブロッカー1」と呼ばれるリーダー機。
機体色は青と黄色と白。
頭部が「フリーダムⅠ」という小型機に分離する。


■ブロッカー2:ブルシーザー

machineblaster-robo2.png
machineblaster-char2.png

ビリー剣城」が搭乗するコードネーム「ブロッカー2」と呼ばれる重装型。
機体色は緑と白。
頭部が「フリーダムⅡ」と呼ばれる小型機に分離する。


■ブロッカー3:サンダイオー

machineblaster-robo3.png
machineblaster-char3.png

早見仁太」が搭乗するコードネーム「ブロッカー3」と呼ばれる格闘型。
機体色は小豆色と黒と白。
頭部が「フリーダムⅢ」と呼ばれる小型機に分離。


■ブロッカー4:ボスパルダー

machineblaster-robo4.png
machineblaster-char4.png

主人公「飛鳥天平」が搭乗する。
彼のエレパスが最も強力であるが故に、4機中最も戦闘力が高い。
機体色は赤と青と白でコードネームは「ブロッカー4」。
頭部が「フリーダムⅣ」と呼ばれる小型機に分離する。


そして、こちらが、その玩具。

machineblaster-toy1.png

配色で何となく分かると思いますが・・・
フリーダムⅠ(左下)
フリーダムⅡ(左上)
フリーダムⅢ(右上)
フリーダムⅣ(右下)

machineblaster-toy2.png

こうやって、並んでると格好良いんだけど・・・。
ギンガイザーと同様、どうも、ロボットのデザインに線が少なくて、チープな感じがしてしまいます(^^;
ロボットと言うより、一昔前のヒーローのコスチュームのような「のっぺり」感。
まあ、作画の関係でシンプルにしてるってのもあるんでしょうけどね。


さて、ブロッカー1~4を操縦する4人のエレパス(超能力者)達。
世界の平和を守る為に、一致団結・・・とは、いかないのが、このアニメの見所。

ロボットを設計した博士の助手である「石田 厳介」以外は、ほぼ拉致同然の状況で連れてこられ、ほぼ無理やりパイロットに任命されちゃうんですよね(笑)
まあ、世界の存亡がかかってるわけですから、パイロットのご機嫌取ってる場合じゃないのも分かる気はしますが。

特に、主人公である「飛鳥 天平」は、天涯孤独の身で、親の愛情を知らずに育ち、不良少年として少年院に収監されているような、筋金入りのDQNです。
「地球の平和なんて知ったことか!」ってな感じで、戦いに出てもチームワークを乱す乱すw
このクソヤローを愛せるかどうかで、本作の見方が変わりそうな気がします。
いきなり「地球の為に戦うぞ」と心変わりする展開より、よっぽどリアリティがあると思いますけどね。


と、言う事で、ブロッカー軍団Ⅳマシーンブラスター。
主役の巨大ロボット4体が協力して戦うという、当時としては珍しい、他のロボットアニメと差別化を図った作品です。
残念ながら、デザインが悪かったのか、ストーリーが悪かったのか、メジャーになることなく消えて行きましたが、数多くある合体・変形ロボットアニメとは、また一味違った作品であることは間違いありません。

2009年に、初の全話ソフト化され、DVD-BOXが発売されています。
また、2014年9月19日より、ニコニコ動画にて「マシーンブラスターチャンネル」が設置され、動画配信も開始されています。

マシーンブラスターチャンネル
※(第1~3話のみ無料)。

興味のある方は、この機械に、ぜひ。

以上



※みなさんの感想、思い出等、コメントお待ちしております

【マシーンブラスター】
戦隊ヒーローを意識した?4体の主役巨大ロボを登場させてみた結果
関連記事
スポンサーサイト

おすすめ記事

コメント

403

ロボットアニメの主人公が前科者ってよく考えたらスゴイ設定
そいつに地球の未来を託すなんて(笑)

2015/10/15 (Thu) 20:21 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
406

ガッチャマンの科学忍法火の鳥みたいな技があったような?違ったかな。

2015/10/16 (Fri) 14:09 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
593

リアルタイムで視てましたね

ブロッカー1の名前が、ずーっと思い出せなかったんで参考になりました


4機が揃って出す技は、大車輪アタックや不動組だったと思います

OPテーマ曲は、格好良いですよ
ED曲は演歌調なんですよね
現在もレコード持ってます

2015/11/13 (Fri) 23:11 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する