HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



「造船の神様」の過ち…太平洋戦争中、日本の軍艦が次々と沈没していったワケ



1:名無しさん:2020/09/27(日) 16:04:41.30 ID:CAP_USER.net
【科学で検証】太平洋戦争中、日本の軍艦が次々と沈没していったワケ

----------
あまり知られていないが、太平洋戦争では日本の軍艦は魚雷攻撃に非常に弱く、いとも簡単に沈没していた。そのため戦艦大和は行動が制限され、海軍の基本戦略は齟齬をきたしたのである。

なぜ日本の軍艦はそれほど脆かったのか?

映画『アルキメデスの大戦』で製図監修をつとめ、大和などの設計図をすべて描いた船舶設計のプロが、このほど上梓した『日本史サイエンス』(講談社ブルーバックス)で指摘した、日本の軍艦の致命的な欠陥とは?
----------

■「常套句」に隠されたもの

太平洋戦争における日本の敗因は、そもそも米国と戦ったことだとは、よくいわれるところです。たしかに開戦直前の国力の差は、GNPで比べると日本は米国の約9%にすぎませんでした。これでよくも開戦したものと驚くばかりです。

しかも、日本が乏しい国力を傾けて建造した戦艦大和は、ほとんど出撃しないまま終戦直前に沈没し、戦後になってピラミッド、万里の長城と並ぶ「無用の長物」と揶揄されました。

そんなものをつくった海軍は時代遅れの「大艦巨砲主義」に陥っていたと非難され、ただでさえ不利なのにこれでは勝てるはずがなかった、などと総括されています。

しかし私は、そうした常套句だけでこの戦争を語るのは、何か大事なものを見過ごすことになるように思われてならないのです。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e7da3d000fc63ab2b39d45440b3e1d75357b4279


2:名無しさん:2020/09/27(日) 16:14:45.19 ID:BT6a9Vig.net
横転しないように反対側へ注水できたんでしょ。
被害が大きすぎただけのような気がシル
23:名無しさん:2020/09/27(日) 16:44:38.40 ID:HpNF+Nso.net
>>2
う~ん、それが苦肉の策だったって事なんですかね
26:名無しさん:2020/09/27(日) 16:47:45.34 ID:gCvxObzX.net
>>2
正解。被害が大きすぎた
大和は条約型戦艦なら二隻沈められるほどの被害で沈んでいった

大和は強かった。耐久性は非常に強い。だがアメリカは圧倒的な攻撃で沈めたんだ
115:名無しさん:2020/09/27(日) 21:20:03.70 ID:pJZCNntt.net
>>2
大和は一方に攻撃が集中したので反対舷にも注水した
記事では「船体の中央を縦に走り、左右を隔てる縦隔壁が入っていました。」
とか訳分らん事書いているがそれがあろうと無かろうと結局は同じというか
この隔壁が無ければ史実以上にさっさと沈没しただろうな
なぜなら一気に浸水していくだろうから
277:名無しさん:2020/09/29(火) 00:13:50.32 ID:J6aEWKxB.net
>>2
沈めるのに砲弾二千発くらい撃ち込んだ船もあったしな。
実際、鉄が不足するまでは耐久性高かったと思うよ。
日本が負けたのは資源不足が主な要因だし。
5:名無しさん:2020/09/27(日) 16:17:24.09 ID:aucGQ/hf.net
>>1
負けたのは陸軍のせい
海軍は無謬
じゃなかったのか?
149:名無しさん:2020/09/27(日) 22:57:58.15 ID:ZA3PU2Mj.net
>>5
>海軍は無謬
海軍の暗号はアメリカに解読されてた
そのことに気づかないまま
真珠湾で空母撃ち損じ
とミッドウェーで負けた
陸軍の阿南大臣は海軍の米内光政を斬れと
遺言して自決した
無能の山本五十六を無闇に持ち上げるのも作戦なw
35:名無しさん:2020/09/27(日) 16:59:46.54 ID:bD3bU04Y.net
>>5

それ、逆だよ。日本海軍は戦略的視点が無く、「艦隊決戦しか頭になかった」
それで、日本陸軍への補給線があちらこちらで寸断され、多くの陸軍兵士が飢餓に苦しんだ。

しかし、戦後、東京裁判の時、海軍の面々は、陸軍を悪玉にしたてあげ、すべての責任をおっかぶせた
37:名無しさん:2020/09/27(日) 17:00:54.06 ID:BbBHAXXS.net
>>35
だいじょうぶどっちもどっち
ただそれにアメリカが騙されたのが現在日本の破滅の原因だねwwwwww
221:名無しさん:2020/09/28(月) 06:54:53.89 ID:wwYd7h4G.net
>>35
陸軍は牟田口富永という二大無能が生き残ったのがまずかったね
105:名無しさん:2020/09/27(日) 20:20:28.64 ID:w2nfVMtm.net
>>35
東郷平八郎が存命でご意見番のようにふるまっていたのも原因と言われている
118:名無しさん:2020/09/27(日) 21:22:29.91 ID:pJZCNntt.net
>>105
山本五十六は東郷元長官は老害過ぎで困ったお人だと思ってたらしいで
7:名無しさん:2020/09/27(日) 16:23:04.90 ID:aKvMUlpL.net
武蔵仕留めるのに苦労したから
片側集中攻撃するようになるのは当たり前の結果。
日本も逆の立場なら同じ事したさ。
269:名無しさん:2020/09/28(月) 22:38:17.37 ID:58Y7dM3Y.net
>>7
と、攻撃された側は思っていたが、実は米航空隊側にはそのような意図はなかったらしい
8:名無しさん:2020/09/27(日) 16:23:31.20 ID:l9og1uA4.net
なるほどねえ神様に進言出来なかったのが敗因の一因だったのか
10:名無しさん:2020/09/27(日) 16:26:12.91 ID:cWtVREV4.net
どんな船も沈まない船は無い
バカなの?
11:名無しさん:2020/09/27(日) 16:27:42.29 ID:7O+GM2IY.net
艦対艦ではなく
圧倒的な敵の空軍力に負けたのだが
29:名無しさん:2020/09/27(日) 16:52:19.27 ID:xQnEISmM.net
>>11
潜水艦にも負けたな…
そして今の自衛隊の装備群がある。
12:名無しさん:2020/09/27(日) 16:28:11.44 ID:w35QcjMw.net
これなあ。他国が賞賛しながら取り入れないのは何故かと。
13:名無しさん:2020/09/27(日) 16:29:03.06 ID:NIwSH4gs.net
レーダーや戦闘機の開発に集中したアメリカが賢明だった
戦艦大和は日本人の情緒に染み入るが、客観的にはウドの大木だった
変な忖度で正しい批判ができなくなるのは、ジャパニーズの民族的欠陥だと思うよ
17:名無しさん:2020/09/27(日) 16:36:39.82 ID:3e516Ggk.net
>>13
そんな日本ですら大和型の三番艦は空母に変更になったくらいだから戦略的に時代遅れだった以外の何ものでもないね。
そもそもアメリカと(表向きで)全面戦争にしちゃった時点で海軍は陸軍よりアホだったような気もするけど。
146:名無しさん:2020/09/27(日) 22:51:30.77 ID:W40VAJB1.net
>>13
嘘つけ
日本軍は開戦後に完成した大和武蔵以外は新たな戦艦1隻も建造してないが
アメリカは時代遅れの戦艦を8隻も建造してる
27:名無しさん:2020/09/27(日) 16:51:37.27 ID:gCvxObzX.net
>>13
1942年に戦艦をあきらめた日本
1944年になっても戦艦を就役させたアメリカ

どちらに先見の明があったかのかは明らかだ

日本は用意周到だった
空母もアメリカより少ないし短期間で建造もできないことは事前にわかっていた
だから短期間で空母に改造できるよう事前工事を済ませた船をあらかじめ作っていた
88:名無しさん:2020/09/27(日) 19:31:27.79 ID:UCjiu9Qr.net
>>27
アメリカは余力があっただけ。空母を何十も作るよりは2、3隻減らしても万一のために戦艦作ってただけ
大体日本だってもし空母が一隻も沈んでなければ信濃は戦艦になってたろうよ全く状況が異なる
14:名無しさん:2020/09/27(日) 16:29:53.50 ID:Vq6KRp7f.net
もっと早く負けとけばよかった
無駄な抵抗でしかない
212:名無しさん:2020/09/28(月) 03:45:39.30 ID:0No7DDzt.net
>>14
> もっと早く負けとけばよかった

日本人戦死者、死者の9割が終戦までの1年間に集中。
サイパンを失ってB29の絨毯爆撃が可能となったこと、
制空権と制海権を両方失い出撃のたびに狙い撃ちだったこと、
いろいろ有るが、戦争は閾値を超えると一方的な展開になる。

この状態で1年も引っ張った軍部はやはり無能無責任集団。
無謀な支那事変の拡大で日本を戦争に巻き込んでおきながら
自分達で戦争を終わらせられず極端な被害の拡大を招いたのだからな。
214:名無しさん:2020/09/28(月) 05:21:01.26 ID:N8GxSn0e.net
>>212
はいはい軍部悪玉論
GHQの洗脳のまんま
勝手に国体護持の条項を削除した
トルーマンの飲めないポツダム宣言で
原爆投下の実験にされたんだがw
15:名無しさん:2020/09/27(日) 16:31:34.87 ID:KEnjA9Zn.net
砲塔が重すぎたこと。実績を重視してディーゼルエンジンを採用しなかったこと。
砲撃をすると船の揺れがあまりにも激しく、震動が落ち着くまでに時間が掛かる。
特に正面ではなくて側方に向けて主砲を撃つと揺れが極端に酷い。
また主砲の発射寿命は僅か3000発という設定だった。
上空が雲に覆われているときに、敵飛行機集団がいそうなところへ向けて
散式弾を撃ってみようとすらなぜしなかったのだろうか。
16:名無しさん:2020/09/27(日) 16:36:24.66 ID:n/bV2jLX.net
>>15
実際、ディーゼルを実験的に採用した大鯨は散々な結果だった。
機関は信頼性が重要。
21:名無しさん:2020/09/27(日) 16:42:43.63 ID:StRSTZRB.net
>>15
蒸気タービンでなくディーゼル機関で動いていた戦艦がいるのか?
47:名無しさん:2020/09/27(日) 17:19:02.53 ID:gCvxObzX.net
>>21
無いね
戦艦に採用できるディーゼルはどの国も持ってない
ドイツもアメリカも開発できなかった
18:名無しさん:2020/09/27(日) 16:38:46.09 ID:F4SQTyt/.net
俺は天皇制を応援してるタイプだが、日本人はすぐ他人を神格化して、反論せずに意見を受け入れるだけ

っていう悪癖は天皇の存在が遠因になってると思うよ。電気の神様とか設計の神様とか色々いるけど、

実績あっても10年経てばロートルなんだからさ。社会の風通しが悪くなるよ。
22:名無しさん:2020/09/27(日) 16:44:04.48 ID:F4SQTyt/.net
大和ってさ、いまでも日本人の誇りとして何十年ものあいだ頻繁に取り上げられてるんだから、

元は取ったよね。実用重視でブサイクな小型艦10隻より、役立たずでも格好良い大和の方が観光資源として

結果的に良かったと思う。大鳳も爆沈するなら鮮明な写真くらい残して欲しかったわ。
19:名無しさん:2020/09/27(日) 16:39:06.77 ID:hDtN9CFN.net
まあ、宇宙に行けるように改良したし
今度やったらアメリカにも負けないだろうさ

「造船の神様」の過ち…太平洋戦争中、日本の軍艦が次々と沈没していったワケ
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1601190281
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する