HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



元ル・クプル 藤田恵美が回想する『ひだまりの詩』大ヒット当時の本音



1:名無しさん:2020/09/17(木) 20:30:03.48 ID:CAP_USER9.net
元ル・クプル 藤田恵美が回想する『ひだまりの詩』大ヒット当時の本音

「これが最後の仕事になるかもしれない、という気持ちはありました」

'97年に放送されたフジテレビ系ドラマ『ひとつ屋根の下2』。劇中で流れ、空前のヒット曲となった『ひだまりの詩』を歌った元ル・クプル藤田恵美は、当時の心境をこう振り返った。

「『ひだまりの詩』は藤田恵美さんと藤田隆二さんの夫婦デュオ、ル・クプルの5枚目のシングル曲です。ドラマの放送開始からおよそ1か月後に発売され、初週はオリコン78位と低調でしたが、ドラマが盛り上がるにつれ順位がどんどん上昇。7週目には2位にまで浮上しました。ドラマ終了後も売れ続け、200万枚近いセールスを記録。'97年の日本レコード大賞優秀作品賞を受賞し、紅白歌合戦にも出場。ふたりは一躍、時の人となりました」(音楽ライター)


藤田恵美


◇はじめての売れる経験

しかしその後、この曲を超えるヒット作には恵まれず、'05年に活動を休止。'07年に離婚を発表すると、事実上の解散となった。あれから13年がたったが、当時の心境を改めて聞いてみた。

「デビューから2年半ほどたっていたころです。それまでは鳴かず飛ばずで、私たちもそろそろクビかな、辞めたら何しようかな、なんて思っていたときにお話をいただいたのが『ひだまりの詩』でした」

『ひだまりの詩』はドラマに合わせて作られた歌だった。その歌い手を決める際、初期のアルバムを聴いていて藤田の声を気に入っていたドラマのディレクターが、ル・クプルを抜擢したのだという。

「当初は“劇中で使われるかどうかわからない”という話だったんですが、3話目くらいで、長いシーンのときに曲をずっと流してくれたんです」

存在感を示したはずなのにエンドロールではタイトルも歌手名も紹介されなかった。気になった視聴者からの問い合わせがフジテレビに殺到。

「ここまでヒットするとはまったく思っていませんでした。売れるっていうのが初めての経験だったので、とにかく毎日必死で。メディアへの露出も増えて、顔を隠さなくちゃいけなくなったり、コソコソ生活しなくちゃいけなくなったりして、ちょっと生きづらさも感じていました」

◇元夫との交流は現在も続いている

'01年からはソロ活動をスタート。洋楽のカバーソングアルバム『camomile(カモミール)』はアジア圏で大当たり。“理解に苦しむほどの人気ぶり”だった。

「香港チャートの洋楽部門で1位を獲得したんですよ。そのときは2位がエミネム、3位がMOBY。世界を代表するアーティストの上に自分の名前があることに驚きました。5万枚以上売れ、日本ならミリオンヒットに値するくらいの売れ行きでした。

その後、台湾やシンガポール、韓国などアジア各国で同じようにヒットして、シリーズ累計で45万枚以上を売り上げたんです」

'10年からは『OMOIYARIプロジェクト』として日本全国の学校を回る活動を開始。子どもたちやその親の世代に“思いやり”の心を伝える活動を精力的に行っている。

「'08年にいじめ防止のキャンペーンとして『OMOIYARIのうた』をつくり、その2年後から各地の学校などを回る音楽会を始めました。10年間で181か所、3万4000人以上の人に音楽を通して思いやりの心を伝えています。'18年には小学4年生の道徳の教科書にも歌詞が載ったんです」

元夫の隆二さんとは今も交流があるそうで、昨年亡くなった義母の葬儀へ参列したり隆二さんの妹がライブに来てくれたりしているという。

「誕生日にメッセージを送り合ったりしています。おせっかい焼きで今も何かあるとメッセージをくれるんです」

離れ離れでも“ひとつ屋根の下”は変わっていない。

https://www.jprime.jp/articles/-/18876




2:名無しさん:2020/09/17(木) 20:30:54.96 ID:v+RKuuBS0.net
わたしは今~
176:名無しさん:2020/09/18(金) 02:08:05.27 ID:Fw4qQnAQ0.net
>>2
南のひと~つ星を~
プラ~イド~
3:名無しさん:2020/09/17(木) 20:34:18.19 ID:UHYEk8Dt0.net
>>2
それ今井美樹だろ
5:名無しさん:2020/09/17(木) 20:36:18.64 ID:Kmg5eUB50.net
2は女湯シーンがあるから再放送されないの?
11:名無しさん:2020/09/17(木) 20:39:35.79 ID:sczn7LBI0.net
>>5
教師びんびん物語もそうだがシーズン2はなぜか過小評価されがちだよな
7:名無しさん:2020/09/17(木) 20:37:13.26 ID:0e7iK7660.net
作詞か作曲かしておいたのか?
印税どんなもんなんだ!
今もがっぽりなのかい?
139:名無しさん:2020/09/17(木) 22:56:05.59 ID:1LPC7w7l0.net
>>7
ひだまりの詩は作家が作ってたと思う
ドラマの音楽手がけてた日向敏文とかじゃなかったか
だから印税の恩恵はあまりないだろう
8:名無しさん:2020/09/17(木) 20:37:57.12 ID:sczn7LBI0.net
自分の持ち歌はもちろん他人に提供した歌も空前の大ヒットした槇原敬之はやはり才能バケモノなんだな
12:名無しさん:2020/09/17(木) 20:40:31.45 ID:5mjIhC6z0.net
エミネムは未だに健在だがモービーなんて今何してんだ
15:名無しさん:2020/09/17(木) 20:42:01.33 ID:KbPE+9Fc0.net
EXILEも使われるか分からないドラマ挿入歌で
流れたら問い合わせ殺到って金スマで見たわ
27:名無しさん:2020/09/17(木) 20:47:23.28 ID:PuHKlfd90.net
>>15
三代目JSBも去年のUSJのハロウィン用に作ったラッタッタがブレイクしたけど
あんなに流行ると思ってなくてMV作ったの今年の1月末なんだよな
18:名無しさん:2020/09/17(木) 20:43:34.14 ID:tYn4DVMs0.net
紅白で歌い出し間違えてたよね
17:名無しさん:2020/09/17(木) 20:42:42.62 ID:iX2BDAg20.net
まーるで血溜まりでーしーたー
19:名無しさん:2020/09/17(木) 20:43:46.15 ID:ANMrWWtj0.net
ヒーリンソングのソロアルバムは良かったというか、最高だった
20:名無しさん:2020/09/17(木) 20:44:45.06 ID:8MkWDrpi0.net
カズンとごっちゃになる
49:名無しさん:2020/09/17(木) 20:56:54.51 ID:+stwmZb90.net
カズンと書こうとして躊躇してやめたが
書いてる奴がいてワロタw
21:名無しさん:2020/09/17(木) 20:44:48.04 ID:BqlyxUBn0.net
ひだまりの詩がなければ離婚もしなかった
152:名無しさん:2020/09/17(木) 23:59:19.96 ID:AYcCn+Ex0.net
>>21
かもねえ
23:名無しさん:2020/09/17(木) 20:45:59.68 ID:Km7Fo56N0.net
ひとつ屋根の下はこの曲ももちろん良かったけど
劇中で使われてた財津さんの「ぼくのつくった愛のうた」の方が好きだった
25:名無しさん:2020/09/17(木) 20:46:38.74 ID:5NBGSc600.net
ザ・カップル
121:名無しさん:2020/09/17(木) 22:30:07.18 ID:pVwmUmnO0.net
>>25
何かそう書くとアレだなwww.
149:名無しさん:2020/09/17(木) 23:52:38.02 ID:XRkQTAj90.net
>>25
素人盗撮AVのタイトルっぽい
35:名無しさん:2020/09/17(木) 20:49:55.22 ID:BqlyxUBn0.net
恵美が歌ったその曲はたちまち話題になり、180万枚もの大ヒットを記録した。しかし、この華やかな成功が夫婦の運命を狂わせていく。

その原因となったのがヒット曲の呪縛だ。ヒット以降、しばらくはツアーや曲の制作を続けたものの、隆二は一度もヒット曲を書く事ができないまま。気がつけばル・クプルは一発屋のレッテルを貼られていた。すると、家庭での隆二に変化が起こった。

隆二「おい、曲も売れないでこれからどうしていく気なんだ!」
恵美「そんなの、私にだって分からない……」

隆二は、口を開けば仕事の不安を恵美にぶつけるようになっていった。

恵美「やっぱりあの、危機感がすごかったのかなと思います。毎日怒っているみたいな感じで……」

そしてあることがきかっけで夫婦に完全に亀裂が入ってしまう。それは恵美のソロ活動だった。

ル・クプルの停滞を心配したスタッフが、恵美にソロ活動を提案したのだが、それが隆二の逆鱗に触れてしまう。

隆二「お前、ソロなんかで本当に成功すると思ってんのか? 俺がいないのに売れるわけないだろ!」

だが少しでもル・クプルのためになるのであればと考えた恵美は、ソロで『カモミール』という洋楽カバーアルバムを発売した。

するとこれが、香港でヒットを記録したのだ。恵美の癒やしの歌声は大ヒットし、CDショップやラジオチャートで軒並み1位に。更に香港だけでなくアジア全体のヒットにまでなった。

外国人としては異例の累計35万枚を売り上げ、恵美はソロ歌手として大成功を収めていった。

そしてこの成功が隆二を更に逆上させる。
73:名無しさん:2020/09/17(木) 21:13:28.60 ID:K4CfZQdM0.net
>>35
これは知らんかった
どうせなら邦楽のカバーアルバムも出していたら、もしかしたら日本でもヒットしたんじゃね
111:名無しさん:2020/09/17(木) 22:13:45.14 ID:uTdWk82l0.net
>>35
え!


しらなんだ!ニュースになってた?
112:名無しさん:2020/09/17(木) 22:19:31.68 ID:hovQROVQ0.net
>>111
爆報かなにかでやってた
DVもやってたって
40:名無しさん:2020/09/17(木) 20:52:02.59 ID:BqlyxUBn0.net
隆二「おい、お前はル・クプルの藤田恵美でもあるんだ。忘れてんじゃないだろうな?」
恵美「忘れてなんかない」
隆二「じゃあどうするつもりだ!おい答えろ!!」

隆二は執拗に恵美を責めるようになっていった。成功する妻と落ちぶれていく夫。かつての物腰柔らかい温厚な夫は見る影もなくなり、豹変していく。

隆二「昨日のライブはなんなんだ!?」
隆二「お前はダメだ!」「ダメだダメだダメだ!」

恵美「もう大声で、とにかくこう罵倒するような言葉とか。それが続くと、なにがよくてなにが悪いのか、なにが本来の自分の感情なのかとかもう麻痺しちゃってて」

恵美は隆二の支配下に置かれるようになったが、天涯孤独の身なため家庭を失う事を恐れ、我慢の日々を送っていた。だがついに隆二の口から恵美が最も恐れていた言葉が飛び出す。

隆二「離婚だ!」「離婚、離婚、離婚!!」

そう言い放つと家を出て行った隆二。2007年に2人は離婚した。
124:名無しさん:2020/09/17(木) 22:35:03.27 ID:ynx44mHo0.net
>>40
旦那から出てったんだ
まだまともな部分があったな
185:名無しさん:2020/09/18(金) 03:37:15.99 ID:KglVOEWV0.net
>>40
無能なのに嫉妬まみれのみっともない奴のどこが可哀想なのやらwせめてひだまりの唄がこいつが作ったというならまだしも。
38:名無しさん:2020/09/17(木) 20:51:22.39 ID:3O6zJ7eN0.net
いい歌だよな
39:名無しさん:2020/09/17(木) 20:51:43.99 ID:/nP3KzUe0.net
今井美樹とKiroroが邪魔してきてどうしても思い出せない
169:名無しさん:2020/09/18(金) 01:43:33.41 ID:dxNlZC0g0.net
>>39
これw
44:名無しさん:2020/09/17(木) 20:53:19.32 ID:1+FM9MIe0.net
とにかく声がいい
50:名無しさん:2020/09/17(木) 20:57:13.84 ID:AywQK5al0.net
世間に認知された大ヒット曲が有るなら、仕事選ばなきゃ
花*花みたいに地道に活動は出来るよな。

イベントに来て知ってる曲歌ってくれたらファンでなくても盛り上がるし。
71:名無しさん:2020/09/17(木) 21:09:45.07 ID:du/HlOLn0.net
いい曲だよなぁこれ
86:名無しさん:2020/09/17(木) 21:26:16.23 ID:hcvN97Bx0.net
いい歌だよね~
62:名無しさん:2020/09/17(木) 21:05:21.77 ID:Kds64gA80.net
>離れ離れでも“ひとつ屋根の下”は変わっていない。

これ言いたかっただけだろ

元ル・クプル 藤田恵美が回想する『ひだまりの詩』大ヒット当時の本音
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1600342203
関連記事

おすすめ記事

コメント

21896

> 今井美樹とKiroroが邪魔してきてどうしても思い出せない
わかるw
1の動画見るまでキロロの歌を思い浮かべてたわ

2020/09/18 (Fri) 22:29 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する