HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



【ふたり鷹】アニメは残念な終わり、漫画は新谷かおるのバイク(画力)が堪能できるよ




【☞ふたり鷹

『ふたり鷹』(ふたりだか)は、新谷かおるによる日本の漫画作品、およびそれを原作としたテレビアニメ作品である。

本作は、『週刊少年サンデー』(小学館)1981年(44号)から1985年(32号)まで連載された。新谷はそれまで月刊誌と隔週刊誌の連載経験のみであり、本作が初の週刊誌連載である。タイトルは日本映画にありがちなダサいものらしく、ダサくダサくして決定したという。

単行本は全19巻、復刻版(スーパービジュアルコミックス版)は全7巻、文庫版(スコラ漫画文庫シリーズ版、MFコミックス版)は全11巻が刊行されている。第30回(1984年度)小学館漫画賞受賞。漫画作品で初めて耐久二輪レースを主題にした本格的な題材描写と、ラブコメやドタバタギャグを多分に含みながらも時には人の生死や複雑な人間関係を重く描いたエピソードもあり、娯楽性の高いストーリー構成となっている。

連載開始当初は読者人気投票での順位が伸びず、新谷はレースになぞらえ「下位からのスタートで、打ち切り寸前だった」と語っていたが、週刊誌向けにストーリー構成を練り直すなどの試行錯誤を経て徐々に順位を上げ、最高で2位まで上り詰めた結果、上述の通り小学館漫画賞を受賞し最終的に同誌の看板作品の1つとして高い人気を得た。

また、1984年にはフジテレビでテレビアニメ化された。

はい、ふたり鷹。
同じ日に同じ病院で生まれ、さらに「鷹」という同じ名前を持つ二人の主人公「沢渡 鷹」と「東条 鷹」。

futaritaka2.jpg

左の黒髪が「沢渡鷹」、右の金髪が「東条鷹」。
沢渡は、峠や暴走族を相手に走っているストリートライダー、一方、東条は、レーシングチームに所属する生粋のサーキットレーサーとして日々を過ごしていたわけですが、何やかんやあって、やがて耐久二輪レースの世界を舞台に戦うライバルとなります。
二人の「鷹」は、ライバルとして互いを高め合い、共に世界の頂点を目指していく、が、実は、この二人には、当人達も知らない出生の秘密が隠されていた・・・ってのがあらすじです。
ちなみに、読みは、ふたり「たか」じゃなくて、ふたり「だか」ね。

ちょうどバイクブームの頃にアニメが放送されていた記憶。
アニメは、1984年9月27日から1985年7月12日まで、全36話がフジテレビ系列にて放送されています。
常に見ていたわけではないので、知りませんでしたが、このアニメ、制作会社である「国際映画社」が倒産してしまい、中途半端な形での終了してしまったようです(^^;

放送時間は、毎週木曜日19:00~20:00という、いわゆる「ゴールデンタイム」にて放送されていました。
しかし、第13話から毎週金曜日17:00~17:30に変更され、更に第24話以降は「夕やけニャンニャン」の放送スタートに伴って毎週金曜日16:30~17:00の放送枠に変更されたようです。

何とも不運なアニメwww
でも、確かに、ゴールデンタイムに放送されてたはずなのに、いつの間にか「夕焼けニャンニャン」の前にやってて、不思議に思った記憶、ありますわ。
特に、「夕焼けニャンニャン」はよく見てたので(^^;覚えてますね。

それでは、オープニング、行ってみましょう。


ふたり鷹 OP



ぐわぉ、な、懐かしい(^^;
めちゃくちゃ覚えてるよ、この曲。
結構、かっこいい!好きな曲です。
そして、実写を使った映像、これも記憶にありますね。
事故るシーンばっかで「怖えー」って思ってました。

それより、今知った驚きの事実。
この曲、歌ってるの「陣内孝則」じゃないっすかwww

futaritaka-jinnai.jpg

リーゼントのようなヘアスタイル、陣内孝則がまだ「ロッカー」してた頃ですね。
陣内が「ロックンローラーw」だったのは知ってるけど、この曲だったとは、全然、知らなかったなー。
ちなみに、曲のタイトルは、「ハートブレイクCrossin'」

はい、続いて、エンディングです。
こちらも、もちろん、歌ってるのは陣内孝則。
タイトルは、「サヨナラを言わないでくれ」です。


ふたり鷹 ED



やっべー、こっちも完璧に歌えるよwww
懐かしいな。
と言うか、いい歌だよね。

ところで、ふたり鷹。
上でも書いたように、当時、ちょうどバイクブームだったように思うんですよね。
メーカーが色んなバイクを出してて、中でもレーサーレプリカが人気だった頃じゃないかと。
それで、アニメとタイアップした玩具(プラモデル?)も発売されていたようです。

futaritaka-toy1.jpg

futaritaka-toy2.jpg

futaritaka-toy3.jpg

futaritaka-toy4.jpg


それから、私は、アニメ以外に、単行本もちょこちょこ読んでたんですが、とにかく、バイクのエンジン部分とかが凄く細かく書いてあって、上手いなーと感心してた思い出。

futaridaka-bike2.jpg

futaridaka-bike.jpg

とにかく「新谷かおる」の描く絵は見やすくて綺麗。
別にバイクに興味があったわけではないですが、素直にかっこいいなと思ってましたね。
新谷かおると言えば、「エリア88」が有名ですが、乗り物(メカニック)を描くのがホント上手いよね。

はい、と言うことで、ふたり鷹。
アニメは、残念ながら製作会社倒産の為、途中で打ち切りになりましたが、漫画は、サンデーコミック全19巻、復刻版は全7巻、文庫版は全11巻、出ています。
新谷かおるの描く綺麗でかっこいいバイクが堪能できますよ。
興味のある方は、ぜひ、コミックを読んで見てくださいね。

以上



※みなさんの感想、思い出など、こめんとお待ちしております
【ふたり鷹】
アニメは残念な終わり、漫画は新谷かおるのバイク(画力)が堪能できるよ
関連記事
スポンサーサイト

おすすめ記事

コメント

301

バイクファンじゃなかったけど、ふたり鷹はおもしろかった
コミック集めてたなー

2015/09/21 (Mon) 15:54 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
303

新谷作品ならガッデムが好き

2015/09/21 (Mon) 19:51 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
500

OP/EDは作曲が芹澤廣明さんなので、悪いわけがないですね。(笑)

ただ、EDは同時期のチェッカーズの曲に激似…。(^_^;)

まあ、当時チェッカーズ以外にもたくさん書いてましたから、似た曲が出るのは仕方ないし、他の作曲家(高見沢さんや小室さんなど)でもそういう事例はありますからね。

でも曲調やご本人のコーラスが入ってることで「あ、芹澤さんの曲だ!」とニヤリとするのが、ファンの楽しみともいえるかな。

2015/10/31 (Sat) 11:18 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1085

アニメ版は個人的に「なかったことリスト」に入っています。

2016/02/14 (Sun) 00:59 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
1802

新谷かおるはいつも適当なウソをつく。
最後のマシンは完全にレギュレーション違反だ。

2016/06/18 (Sat) 19:45 | あの頃の名無し #- | URL | 編集
5730

>>1802
どの辺が?

2017/06/27 (Tue) 17:09 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する