HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



無名の“宮崎駿”がブレイクした瞬間 『未来少年コナン』で見せた「天才」ぶり



1:名無しさん:2020/06/12(金) 12:38:54.25 ID:LhWYGaz/9.net
無名の“宮崎駿”がブレイクした瞬間 『未来少年コナン』で見せた「天才」ぶり

「西暦2008年7月、人類は絶滅の危機に直面した。核兵器をはるかにこえる超磁力兵器が、世界の半分を一瞬にして消滅させてしまった」。

そんなシリアスなナレーションで始まった、SFアニメ『未来少年コナン』。最終戦争から20年後の荒廃した世界を舞台にした、野生児コナンの冒険物語です。

放送時37歳だった宮崎駿氏が、シリーズ全26話の演出を手掛けており、実質的な監督デビュー作として知られています。2020年5月3日より、毎週日曜の深夜にNHK総合で再放送中です。

NHK総合で『未来少年コナン』が初放映されたのは、1978年4月~10月。当時はまだ「宮崎駿」の名前は、一般の視聴者には知られていませんでした。

『ルパン三世』第1シリーズや『侍ジャイアンツ』(ともに日本テレビ系)のキャラクターデザインを担当した作画監督・大塚康生氏の描く、洗練されていながらも親しみを感じさせるルックスのキャラクターたちが出ていたことから、気になってチャンネルを合わせていた子供たちが多かったように思います。

NHK初のTVアニメということで注目を集めた『未来少年コナン』ですが、1978年はスティーブン・スピルバーグ監督の『未知との遭遇』(1977年)やジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』(1977年)といった本格的なSF映画が日本で劇場公開された年でした。

巨大UFOやライトセーバーでの戦いが描かれたハリウッド超大作に比べると、『未来少年コナン』はかなり地味な作品に感じられました。

今でこそ、暗い未来社会を題材にした「ディストピアもの」はSF映画の人気ジャンルとなっていますが、1970年代の日本の子供たちにはなじみの薄い世界でした。

原作としてクレジットされていた米国の作家アレグザンダー・ケイの小説『残された人びと』も、まるで聞いたことのない題名でした。

『未来少年コナン』は面白いのか、つまらないのか。判断を下すのに迷っていた当時の子供たちの目を釘付けにしたのが、第6話「ダイスの反乱」です。

太陽エネルギーの秘密の鍵を握る少女・ラナ(CV:信澤三恵子)は、科学都市インダストリアの中枢・三角塔に拉致監禁されていました。人間離れした身体能力の持ち主であるコナン(CV:小原乃梨子)は、三角塔を素手でよじ登り、ラナを救出しようとします。

太陽エネルギーを独り占めしようとするレプカ(CV:家弓家正)、レプカを嫌うダイス船長(CV:永井一郎)、ラナを命がけで助け出そうとするコナン。三つどもえの争いとなるのです。

(中略)

それまでのアニメーションは横の動きが主流だったのに対し、宮崎監督は高低差を生かしたダイナミックな演出で有名になります。

第6話でのラナを抱えたコナンが三角塔から飛び降りたシーンに続く、第8話での月に向かってのコナンの飛翔シーンは、宮崎監督の天才ぶりの発露だといえるでしょう。

第8話を観た子供たちは、『未来少年コナン』はこれまでにはなかった特別なアニメーションだと気づくことになったのです。

コナンの飛翔シーンの後も、素晴らしい場面が第8話には待っています。生死のギリギリの境目をくぐり抜けてきたコナンとラナは、浜辺で目を覚まします。

コナンと出会え、生きていることを実感できたラナは、愉快そうに笑います。いつもは、ちょっと影のある雰囲気のラナが屈託なく笑う姿は、とても印象的でした。

『新世紀エヴァンゲリオン』(テレビ東京系)の第6話「決戦、第3新東京市」のラストシーンと同じくらい、視聴者の胸に残る名シーンではないでしょうか。

『未来少年コナン』の「行き過ぎた科学への警鐘」というメッセージ性は、劇場アニメ『風の谷のナウシカ』(1984年)へと受け継がれ、冒険活劇としての面白さは『天空の城ラピュタ』(1986年)に凝縮されることになります。

天才クリエイターには、それまで蓄えていた才能をいっきに開花してみせる、ブレイクする瞬間があります。その瞬間を視聴者がリアルタイムで目撃したのが、『未来少年コナン』の第7~8話だったのではないでしょうか。(長野辰次)

全文はソースをご覧ください

https://magmix.jp/post/29538


2:名無しさん:2020/06/12(金) 12:39:57.08 ID:24c2sGll0.net
アルプスの少女ハイジの時から有名だっただろ
28:名無しさん:2020/06/12(金) 12:56:23
>>2
レイアウトだけだからそこまで有名ではない
212:名無しさん:2020/06/12(金) 17:09:02.94 ID:xV9VVOPG0.net
>>2

w
これだからパヤヲ信者は w
77:名無しさん:2020/06/12(金) 13:37:55.15 ID:5U3xo0nO0.net
>>2
それは後付けだろ
後の世で「ハイジの制作スタッフに宮崎もいた」って感じで
90:名無しさん:2020/06/12(金) 13:51:55.32 ID:yz95SiFf0.net
>>77
もいた。とかいうレベルじゃないよ
全話全カットレイアウト担当
ハイジという作品は駿の脳内世界を覗いてるようなもん
142:名無しさん:2020/06/12(金) 15:02:19.96 ID:5U3xo0nO0.net
>>90
だからそんなのなんて一般人が知る訳ねえだろ、ってのw
305:名無しさん:2020/06/12(金) 20:08:55.11 ID:girnQiGB0.net
>>90
ハイジは端から端まで高畑の演出
雲に乗るハイジ、服を脱いで走り出すハイジ、ハイジと一緒に飛び跳ねるヤギ、全部高畑の演出
宮崎はハイジが高畑作品の最高傑作だと言ってる
5:名無しさん:2020/06/12(金) 12:42:00.91 ID:fzthBgN70.net
探偵のコナンはこれのパクりなん?
151:名無しさん:2020/06/12(金) 15:09:12.72 ID:lri9oB1u0.net
>>5
うん、そうだよ。
舞台を現代の日本に置き換えて、
主人公を体力馬鹿の孤児から、頭の切れる元高校生の小学生に置き換えて、
インダストリアを巨大犯罪組織に置き換えて、
ラナを、空手好きの女子高生に置き換えて、
ラオ博士を発明家の博士に置き換えて、
ジムシーを女性研究員の小学生に置き換えて、
近未来SFものから犯罪ミステリーものに置き換えたパクりだよ。
122:名無しさん:2020/06/12(金) 14:40:13
>>5
アーノルドシュワルツェネッガーのパクりだよ
167:名無しさん:2020/06/12(金) 15:27:37.45 ID:xsyUOjFE0.net
>>12
>>122
コナンザグレートより未来少年コナンの方が数年先ですがな
175:名無しさん:2020/06/12(金) 15:36:00
>>167
ハワードの原作は1932年から。
残された人々は1970年。
6:名無しさん:2020/06/12(金) 12:42:39.94 ID:+Ft3Vytr0.net
ギガントの演出はすごいわな
7:名無しさん:2020/06/12(金) 12:43:17.57 ID:1B6NDweC0.net
この作品、手塚治虫は見たのだろうか
411:名無しさん:2020/06/13(土) 00:28:14.98 ID:jlZ4Jmfb0.net
>>7
そりゃもちろんさ

アニメはダメダメだったと評価の低い手塚先生だが
虫プロは後に日本のアニメ界を牽引する人を何人も排出してる
手塚先生様さまだぞ
415:名無しさん:2020/06/13(土) 00:32:33.23 ID:oJtLG2oU0.net
>>411
ここで一人前になったら出なさいを推奨してたからなぁ

確かトキワ荘メンバーに原画書かせたんだっけ アトムで
422:名無しさん:2020/06/13(土) 00:37:39.70 ID:jlZ4Jmfb0.net
>>415
石ノ森章太郎とか
426:名無しさん:2020/06/13(土) 00:40:31.67 ID:q9i0pDoM0.net
>>411
手塚さんは当時 未来人カオスという作品連載してたね
子供心になかなかこわい作品だったような・・
11:名無しさん:2020/06/12(金) 12:47:11.90 ID:U5GrZd9E0.net
コナンの中盤は全然面白くない件
61:名無しさん:2020/06/12(金) 13:28:23.96 ID:xz3aUhlT0.net
>>11
というか
最近見直してみたら中間すっかり忘れてた
子供の頃の記憶はインダストリアばかり
多分、子供心に面白みが少なかったんだろう
今見ると、そこまでひどくはないんだけどね
73:名無しさん:2020/06/12(金) 13:36:16.82 ID:xfA2XB090.net
>>11
ハイハーバー編好きなんだけどな
46:名無しさん:2020/06/12(金) 13:09:44
>>11
ガキの頃は確かにそう思ってたけどアレがいい緩急になってんのよ。。
14:名無しさん:2020/06/12(金) 12:48:52
未来少年コナンをクソエバと同列に語るな
80:名無しさん:2020/06/12(金) 13:40:15
>>14
これ。いきなりエバ挟んできやがって興ざめ。
15:名無しさん:2020/06/12(金) 12:49:13.20 ID:kpbE1diH0.net
ハリウッドを例に出さないで松本零士ブームだったと書けよ
同時期におハゲはダイターン3、出崎は宝島と快作が続出した時期でな
18:名無しさん:2020/06/12(金) 12:50:33.68 ID:26b+Rft70.net
リアルタイム視聴者としては、世界観と第一話のコナンの動きですでに「これは他のテレビまんがとは違うぞ」と思ったものだが
21:名無しさん:2020/06/12(金) 12:52:03.42 ID:EcZmvXj30.net
ギガントの上昇シーンは手描きアニメーションの枠を超越した表現力があった
24:名無しさん:2020/06/12(金) 12:53:28.43 ID:TX5Ch8sc0.net
原作が良かっただけやろ
105:名無しさん:2020/06/12(金) 14:08:22.77 ID:A0WCJOOk0.net
>>24
読んでから書け
30:名無しさん:2020/06/12(金) 12:57:16.51 ID:pEgnI+d90.net
>>24
『残された人びと』読んだことあるんだぁ
珍しいね。感想聞かせて
64:名無しさん:2020/06/12(金) 13:29:55.95 ID:X59yCKml0.net
>>24,30
原作は時代設定と津波が来るってのが使われてるくらいで
完全に別物だけど。
33:名無しさん:2020/06/12(金) 12:57:48.25 ID:O5dtRSFW0.net
リアルタイム世代の人は宮崎駿の名前を何で知ったのよ?
ちなみに俺はテレビでやったラピュタだけど。
269:名無しさん:2020/06/12(金) 19:09:28.18 ID:UP4nKB1Z0.net
>>33
俺も俺も。シータを模写してたら、あれ、ラナちゃん
じゃない?と。当時はそう簡単に調べられなかったから
必死だった。
273:名無しさん:2020/06/12(金) 19:13:48.89 ID:rUVoAGdM0.net
>>33
俺もラピュタだったな
TV初放送の時のビデオは何度見返したか分からん
番組の最後で変な外人が解説してる奴

あと「クボタがクボタが田植えを変えたっ!チャチャチャッチャ!」っていう田植え機のCMソングが脳に刷り込まれた
131:名無しさん:2020/06/12(金) 14:50:35
>>33
個人的にはもののけ姫で知った
トトロとかは後から宮崎駿だったのかと認識した
44:名無しさん:2020/06/12(金) 13:07:04.55 ID:pEgnI+d90.net
>>33
アニオタ以外はカリオストロでしょ
アニメ映画の監督、しかも面白いという事で認知されたのでは。といっても若者限定だけど
ハイジもコナンも観ていたけど宮崎駿作品として認識していたかは疑問
宮崎駿作品として観ていた人も一部にはいるだろうけど、大半はどこかで記憶のすり替えが起きていると予想
504:名無しさん:2020/06/13(土) 04:15:57.61 ID:vIBGtRT80.net
>>44
カリオストロもナウシカもラピュタもトトロも興行成績は振るわなかったじゃん。全部、となりの山田くん以下だぞ。
ジブリの一般知名度が上がったのは魔女の宅急便から。クロネコヤマトをスポンサーにつけた広告戦略。
ラピュタやトトロと比べて3倍の興行成績を叩き出した。それでもハウルの1/6程度。
528:名無しさん:2020/06/13(土) 06:45:40
>>504
88年のラピュタのテレビ放送
あれがお子様たちの心を一気に掴んだと思う
あとはとなりのトトロの主要映画賞での受賞ラッシュ
あれが大人たちの関心も引いて魔女宅公開前のトトロ、ラピュタ放送の高視聴率と魔女宅の観客動員につながった
56:名無しさん:2020/06/12(金) 13:18:51
>>33

コナンもカリオストロの城も当時は楽しんで観たけど、監督の名前を意識したのは
やっぱりナウシカからだな。原作もやってたしプロモーションでもそういう流れだった
当時はアニメ監督で作品観てた人なんてガチのオタク層しかいなかったし
そういう人たちも今とは比べ物にならないぐらい少なかった
37:名無しさん:2020/06/12(金) 13:03:12.06 ID:w4BYJ+fB0.net
誰も気が付いていないけど、宮崎はロリコンだと思う
47:名無しさん:2020/06/12(金) 13:10:47.75 ID:XcWh9KBM0.net
当時の子供は制作スタッフなんて興味ない
純粋に面白いかどうかしか見てない
52:名無しさん:2020/06/12(金) 13:16:29.61 ID:WlDAMwf90.net
>>47
まぁそうなんだけど
うちの子供がこんな古いアニメをめっちゃ食いついて見てる。やっぱ引き付けるものはあるんだろうな
41:名無しさん:2020/06/12(金) 13:04:54.12 ID:u5nTsPK+0.net
初見だけど早くあのバカデカイ飛行機が飛ぶとこが見たい
不気味だけど物凄い惹かれてしまう
50:名無しさん:2020/06/12(金) 13:14:26.76 ID:SSrezlWg0.net
何回も再放送してその度にほぼ毎回見てるけど、NHKでの再放送は滅多に無いよね
自分も見たのは他の民法での「子供まんが劇場」みたいな枠での再放送ばっかり
放送時間の関係からか、OPとEDに歌がないバージョンだった
あれってやっぱり民法での放送を意識して作り直したんだろうか
60:名無しさん:2020/06/12(金) 13:23:18.69 ID:u7IVeFmk0.net
>>50
当初、NHK用に30分枠目一杯で製作されたので、民放で再放送される時には、CMが入る分、
ごっそりカットされている。
54:名無しさん:2020/06/12(金) 13:17:00.81 ID:F38hASSQ0.net
ニルスとかホームズは見てたけどコナンは見た記憶がないな
58:名無しさん:2020/06/12(金) 13:19:13.62 ID:fprDp3jV0.net
コナンとカリオストロとかのナウシカ以前は宮崎と大塚二人でアニメージュとかで取り上げられてたな

書籍も二人セットで出てた

59:名無しさん:2020/06/12(金) 13:22:13.11 ID:WlDAMwf90.net
>>58
この一枚だけですげぇ面白そうだもんなぁ・・・
才能の枯渇ってのは悲しい
84:名無しさん:2020/06/12(金) 13:43:58.44 ID:f+bRO/lY0.net
>>58
これ当時でも4500円くらいしたわ
67:名無しさん:2020/06/12(金) 13:31:05.52 ID:0VNZHACC0.net
今みてるんだけどほぼ毎回原画に近藤喜文入っててビビる
そら早死にするわなあ
322:名無しさん:2020/06/12(金) 20:59:26.43 ID:PqK/CXSI0.net
>>67
近藤さんがやってるのは序盤の話数だけだな
他作品やるから仕方なかったのだが
68:名無しさん:2020/06/12(金) 13:31:37.33 ID:tUiGwnFp0.net
のちの宮崎駿アニメにつながる要素、キャラがほとんど詰まってるよな
映画ばっかりじゃなくTVシリーズをもっと作って欲しかった
40:名無しさん:2020/06/12(金) 13:04:13.34 ID:pXnAQHMD0.net
リアルで見たガキだったけど面白かったよなあ、コナン

無名の“宮崎駿”がブレイクした瞬間 『未来少年コナン』で見せた「天才」ぶり
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1591933134
関連記事

おすすめ記事

コメント

20670

オタク以外の一般人にも宮崎駿が認知されたのってもののけ姫じゃないの

2020/06/13 (Sat) 21:12 | あの頃の名無し #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する