HOME Twitter Facebook RSS 昭和年代別タイトル一覧 タイトル索引
ブログについて お知らせ 最新記事一覧 人気記事一覧 おすすめ記事



驚愕の保存状態!奇跡の恐竜化石、世紀の大発見!



1:名無しさん:2020/04/18(土) 12:16:10
奇跡の恐竜化石、世紀の大発見 写真18点

写真家ロバート・クラーク氏は、何度も驚嘆の声を上げずにはいられなかった。

クラーク氏はこれまで40本を超す「ナショナル ジオグラフィック」誌の特集の写真を撮影してきた。専門は太古の生命や文化だ。

中国では見事な羽毛恐竜の化石を撮影した。5000年前に氷漬けになり、ミイラ化した有名なアイスマン「エッツィ」が研究者の手で解剖された際にも、その様子を見つめた。

2300年前に生きていた人々が沼の中で保存されているのが見つかると、革細工のようになった彼らの顔を撮り、親しみを感じさせる肖像を残した。

だが、カナダのロイヤル・ティレル博物館にやって来て、これから撮影する被写体を初めて目にしたとき、クラーク氏は笑ってしまった。






目の前にいたのは、1億1千万年前の恐竜、ノドサウルス類の化石だった。植物を食べる鎧(よろい)竜の1種だ。墓場が海底だったおかげで、外側の装甲、皮膚の斑点、軟組織の一部、さらには最後に食べた餌の残りかすとみられる内容物まで化石化していた。

この化石は2011年に鉱山作業員が発見し、2017年5月12日に初めて公開された。これまでに見つかっているノドサウルス類の化石としては最高の保存状態であり、この数十年で産出した化石の中でも、見た目のインパクトは抜群といえる。

「『ゲーム・オブ・スローンズ』に登場するドラゴンのようでした」とクラーク氏は言う。「とても立体的で、映画用のつくりものかと思いました」




あまりに良質な保存状態に圧倒されたクラーク氏は、この化石の素晴らしさを「ナショナル ジオグラフィック」2017年6月号で正確に伝えようと工夫を凝らした。標本の特徴が細部までよくわかるよう、照明の当て方に苦心した。

「これまで見てきた化石の中で、間違いなく最も感動的です」とクラーク氏。「優れた化石標本はいくつも見たことがあるのですが、これはレベルが違います」




クラーク氏は、この化石を永遠に記録する責務を感じたと話す。というのも、保護ガラスなしで標本を撮影することを許可された写真家は、彼を入れても数人しかいないとみられるからだ。

今回の写真は、化石の科学的価値を記録するだけにとどまらない。一般の人々、特に子どもたちの興味をいかにかき立てられるかが重要であることもクラーク氏は承知している(中には私より恐竜に詳しい子どもが間違いなくいるでしょう、と彼は付け加えた)。

「私の娘は8歳なのですが、その同級生何人かに写真を見せたんです」とクラーク氏。「目の前で『ボン!』と爆発が起こったみたいに、あっけに取られていました」

その他の画像はソースで
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/17/052200118/


3:名無しさん:2020/04/18(土) 12:21:06
夜中に行くなよ

動いてるから
4:名無しさん:2020/04/18(土) 12:24:44
確かに保存状態は良さそうだな
5:名無しさん:2020/04/18(土) 12:25:05
すげー!!
逆鱗獲れそう
7:名無しさん:2020/04/18(土) 12:31:14
栄養分の少ない冷たい湖に落ちて死ぬと
そのまま、腐らずに鱗とかが残って
化石化されることもある
10:名無しさん:2020/04/18(土) 12:37:56
1>「とても立体的で、映画用のつくりものかと思いました」
あっ、バレちゃったかー。
11:名無しさん:2020/04/18(土) 12:39:46
最初に発見されたイグアノドンの親指の爪なんて
復元された時鼻につけられてたからなw
13:名無しさん:2020/04/18(土) 12:42:18
前にも見たぞこれ
14:名無しさん:2020/04/18(土) 12:50:11
やっぱ見た目は爬虫類チックなんだねぇ。。
12:名無しさん:2020/04/18(土) 12:40:06
おぞましさを感じるレベルだな
18:名無しさん:2020/04/18(土) 12:55:48
恐ろしい程の保存状態なのは事実だけど下半身はごっそり削れてるんだよねこいつ

25:名無しさん:2020/04/18(土) 15:40:53.23 ID:wj4ZgJCZ.net
化石って骨が鉱物に置換されたから何万年も残っているんだよね。
これは皮膚がどう変化した訳?
33:名無しさん:2020/04/18(土) 19:16:09
>>25
ノドサウルス類は分厚いケラチン質のウロコで全身が覆われているので
カルシウム質のとても細かい海底沈殿物の中で
そのケラチンが鉱物質に置き換わって、極めて細密な皮膚の状態が保存された

90年代にもオーストラリアでミンミというノドサウルス類が同じような地層から見つかったが
アレはだいぶ腐敗して全体が膨らんでるような姿だった
20:名無しさん:2020/04/18(土) 13:09:14.53 ID:FDBmIBf1.net
すべての化石の起源は激変でだけ説明できる
今、この瞬間に俺が死んでも、化石にならず腐ってしまう
化石になるためには、腐るよりも早く、化学変化で以外の組成を石化しなくてはならない
そのためには、化学変化促進のための高温高圧かつ酸素を遮断できる環境が必要

いま、世界中どこを見渡しても決してクラゲが化石になることはないが、クラゲの化石は多数発見される
すべての化石は激変の証拠
そして、その激変が、今は起きていない
21:名無しさん:2020/04/18(土) 13:18:30.85 ID:p0/+U6Rt.net
すごい
作り物みたい
骨じゃなくてこんなリアルな状態で残ってたんだ
想像上の姿まんまだな
23:名無しさん:2020/04/18(土) 14:45:14
ほとんどの恐竜に毛があったかのような最近の風潮に反する
24:名無しさん:2020/04/18(土) 14:55:46
>>23
鎧竜というか曲竜類は、羽毛の有無に関していえば
多分一番、羽毛とは縁がないような仲間だろうなあ
全身が装甲だらけだし

でも今のアルマジロなんかは装甲の間に毛が適度にあるね
あんな感じだった可能性はどうか

鳥盤類全体だと、ヒプシロフォドンの仲間で羽毛があったものがいたり
また、ヒプシロフォドン類は高緯度では穴を掘って過ごしていたなどと言われている

プシッタコサウルスも羽毛があったのでは?という説があるのか
36:名無しさん:2020/04/19(日) 02:05:43.35 ID:dBc8JDBl.net
>>24
プシッタコサウルスは実際毛の痕跡が見つかったんじゃなかったっけ
その影響で今はプロトケラトプスが似たような感じで毛が生えてたと思われている
42:名無しさん:2020/04/20(月) 15:51:34.54 ID:ExLonW2d.net
ドラゴン!
41:名無しさん:2020/04/19(日) 13:43:01
>>1
ティガレックスw
31:名無しさん:2020/04/18(土) 18:39:01
一番似てそうなCGがジュラシックワールドエボリューションだった
27:名無しさん:2020/04/18(土) 17:44:23.21 ID:saTO6Zbu.net
モンハンのモンスターぽい
29:名無しさん:2020/04/18(土) 18:33:05
想像以上にモンハンだった
良いサンプル見つかってよかったな
組織の色とか研究進んで解明できるんじゃない
32:名無しさん:2020/04/18(土) 18:54:45
かっこよすぎて泣けてくる

夢を守ってくれた
34:名無しさん:2020/04/18(土) 20:30:06
次の作業は、この化石を生き返らせること。

驚愕の保存状態!奇跡の恐竜化石、世紀の大発見!
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1587179770
関連記事

おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する